神永学さんの山猫と天命探偵はシリーズものですか?

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

gothの時も回答ありがとうございました

お礼日時:2011/10/04 21:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神永学さんの「山猫」と「天命探偵」は・・・

神永学さんの山猫と天命探偵はシリーズものですか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%B0%B8%E5%AD%A6#.E5.B0.8F.E8.AA.AC

Aベストアンサー

ここを利用されてみてはいかがでしょうか?

http://www.easyseek.net/


いくつ同タイトルがありますが、ポプラ社版(で、いいんですよね?)は現在1冊みたいです。
↓これがポプラ社版だと思いますが。データには出版社名がないので、購入の際には確認してください。
他の出版社に比べて少々高めみたいですが。他の角川版などは文庫のせいかもう少しお安くなってました。

http://www.easyseek.net/i_detail.php3?i_no=3658774&c_no=479

Q神永学さんの「心霊探偵八雲」のような・・・

神永学さんの「心霊探偵八雲」や
船越百恵さんの「名探偵症候群」「眼球蒐集家」
のような話を探しています。

あと、笑える小説・エッセイも探しています。
おすすめがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ホラーテイストのミステリーなら
栗本薫「伊集院大介シリーズ」は如何でしょうか?
コメディー風なら
有栖川有栖「幽霊刑事(デカ)」
天野頌子「警視庁幽霊係」
なんてのがありますが...

Qアガサ・クリスティの作品で、「探偵が被害者」というパターンのものはあり

アガサ・クリスティの作品で、「探偵が被害者」というパターンのものはありますか?
私は、アガサ・クリスティの大ファンで、クリスティ女史の作品(とくに探偵小説)はほぼ全て読んだと思うのですが、先日、トミーとタペンスのシリーズの解説の中で、「アガサ・クリスティは、『記述者が犯人』、『被害者のうちの一人が犯人』、『容疑者全員が犯人』、『探偵が被害者』という限界的なパターンを創出し」云々とあったのですが、最後の「探偵が被害者」というパターンの作品がどうしても思い当たりません。その解説の中には、作品名は書かれていませんでした。
 アガサ・クリスティの小説で、「探偵が被害者」というパターンの作品の題名をご存じの方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミステリファンならこの質問に回答してはダメなんだと思いますが(クリスティが一生涯をかけて作品群に埋め込んだもののネタバレだと思うんで)、多分間接的に、カーテンを指してるんじゃないかと思います。

Q神永学の確立捜査官御柴岳人について

先日、神永学の確立捜査官御柴岳人を購入したのですが
この本はコレで完結ですか??
シリーズ物で続きがでますか?

最後のぺージに、「了」と書いてありましたが・・・

意味の分らない文ですみません

Aベストアンサー

ご質問にある本は読んでおりませんが、一般論で回答させてください。

〈了〉と記されているなら、まずそこで作品は終わります。それが作者の意思の表れです。
しかしながらその作品が予想より売れ行きが高かった場合など、続編が出版される事もあります。そうなるかは、質問者様はじめ、読者の反響次第でしょう。


なお、作者は続刊を構想して一作目を刊行しても、売れ行きが伸びず、あえなく尻切れトンボに終わった例はよくある事は言うまでもありませんね。

Q作品数の多い探偵・刑事もののシリーズ

・浅見光彦シリーズ(内田康夫)
・宮之原警部シリーズ(木谷恭介)
・浦上伸介シリーズ(津村秀介)

あたりが好きでよく読んでいます。

上記のように作品数が50以上ある推理小説・探偵(刑事)小説を教えていただけませんか。

作品数は多くありませんが,池袋ウエストゲートパーク(石田衣良),安積班シリーズ(今野敏)も好きです。

Aベストアンサー

和久峻三先生の名作・赤かぶ検事シリーズは
「疑わしきは罰せよ」が『野生時代』1975年3月号掲載、翌年 角川文庫で出た後、
転勤しながら、各社で刊行、
昨年、発表の「涙は血よりも濃し」光文社文庫 で
178作、101冊目

フランキー堺さんの熱演が懐かしい\(^^;)...

他にも多作はあると思いますが、50冊以上のミステリーシリーズで
私が全部、読んでいるのは、これだけ。

SFなら、グイン・サーガとかペリー・ローダンとかありますが。


※でも、
初期の作品から、定年まで あと数年と言っていたような\(^^;)...
しかも、この作品、第一作のころの相棒の刑事は署長に出世してるし、
息子は、大学行かず旧司法試験で判事補なっているし、
赤かぶ夫妻のみ 年をとらない 不思議な作品( ^^) _旦~~

Qfc2ブログとgooブログ、アクセス数の違い。

gooブログで歴史についてのブログを書いてるんですが
fc2ブログに引っ越したいと考えています。

それでためしにfc2ブログでインテリアのブログを作りましたが、
ブログの引越しというのがよくわからないので
インテリアブログで試してみようと思い、一旦fc2ブログをしめました。

そして3日前インテリアブログをgooブログにつくりました。
いくつか記事を書いたところでfc2ブログに引っ越す予定です。

ところが、気になることが出てきました。
それは、インテリアブログの訪問者数・アクセス数がfc2ブログとgooブログで全然違うのです。

fc2ブログでは訪問者数はトータルでたったの2名(!)ほどだったんですが
gooブログでは初日の訪問者数約100人、アクセス数約300
2日目の訪問者数約180人、アクセス数約400

ちなみに内容はほぼ同じです。
タイトルはgooブログのほうが具体的で興味を引きやすいかと思います。
fc2ブログではブログランキングに参加していました。
gooブログではブログランキングのほか、ブログ村にも参加しています。

このアクセス数の違いはどこからくるんでしょうか。
もしかしてgooブログのほうが検索されやすいんでしょうか?
fc2の私のインテリアブログの訪問者数、異常に少なくありませんか。

考えられる要因など教えていただきたいです。

gooブログで歴史についてのブログを書いてるんですが
fc2ブログに引っ越したいと考えています。

それでためしにfc2ブログでインテリアのブログを作りましたが、
ブログの引越しというのがよくわからないので
インテリアブログで試してみようと思い、一旦fc2ブログをしめました。

そして3日前インテリアブログをgooブログにつくりました。
いくつか記事を書いたところでfc2ブログに引っ越す予定です。

ところが、気になることが出てきました。
それは、インテリアブログの訪問者数・アクセス...続きを読む

Aベストアンサー

同じアクセス解析を使っておられますか?
gooブログは訪問者数にrssやロボットが多数含まれており、人が見たわけではない可能性が高いです。
fc2は人のみを抽出しようとし、カウントしている可能性があります。

数だけで比べるなら、同じ解析を使う必要があります。gooブログ付属のアクセス数は水増しや捏造説があるサービスですので数字を信用されず、気になるなら他のアクセス解析を使われることをお勧めします。

Q名コンビが探偵役の推理小説(できればシリーズもの)を教えてください

こんばんは。
タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。
(頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ)
面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。
事件のタイプは問いません。
(大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも)
どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。

例えば、
有栖川有栖さんの火村英生とアリス
島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己
作者失念・・・猫何とか先輩?とか
※他にもあったと思うのですが、思い出せません・・・。

好きな作家は
乃南アサさん
若竹七海さん
宮部みゆきさん(時代小説は読まないのですが)

綾辻行人さん、霧舎巧さん、赤川次郎さんなんかも以前読んでいました。

ちなみに、京極夏彦さんのシリーズはちょっと・・・です。
(読むと面白いのですが、本が厚すぎてなかなか読む気になれず・・・)
あと篠田真由美さんの建築探偵系もちょっと苦手です・・・。
(探偵が美形だという描写が多すぎた印象が・・・。)

よろしくお願いします。

こんばんは。
タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。
(頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ)
面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。
事件のタイプは問いません。
(大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも)
どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。

例えば、
有栖川有栖さんの火村英生とアリス
島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己
...続きを読む

Aベストアンサー

北村薫さんの作品はいかがでしょうか?
どれもおもしろいですが、名コンビで言えば
『覆面作家は二人いる』シリーズ
『空飛ぶ馬』など「円紫さんと私シリーズ」
『冬のオペラ』
『街の灯』

本当にどれもオススメです。
上に挙げられた作家がお好きなら、絶対にお気に召すはずです!!
是非どうぞ。

Qブログでこんな悩みありますか?

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私のブログには滅多にコメント入れないのに」なんて思うことが何度もあったんです。
そして、「きっと私のブログは魅力がないんだ」なんて思って落ち込みました。

もちろん、そんなことは個人の自由ですし私には何も言う権利がないのは承知しています。
でもBブログの人は私のブログがきっかけでAブログの読者になったという事実をつい考えてしまうんです。

自分でも小さい人間だなぁと思います。
でもどうしようもないんです。

私と同じように考えているブロガーの方っていますか?
こういうこと話せる人がいないので、すごく悩んでいます。

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私...続きを読む

Aベストアンサー

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そうじゃないなら、あなたのブログを中継点にほかのブログ同士が仲良くなるのは止められないですよね?
読者としては、それでいやな顔されたらその中継点となったブログにコメントするのを控えるような気がするし。

とはいえ、そのあたりを踏まえて、自分のルールで線を引くというのは無意味じゃないし、やっぱり「まじめで強い人だな」と思います。

あと、コメントに関しては、面白い、面白くない以上に、
「コメントする要素があるか」という部分もあると思います。
面白くても、それで完結してたら、コメントは入れづらいわけで。
なので、一概には言えないんじゃないかと。

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そう...続きを読む

Q新井素子さんの「星へ行く船」シリーズ

新井素子さんの「星へ行く船」シリーズを久々に読みました。このシリーズのヒーローである、太一郎さんが遭難したころの話もいずれ書かれるということだったみたいですが、実際出版されたんでしょうか?ご存知のかた、教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。新井素子さんの大ファンです。残念ながら太一郎さんが遭難した話は書かれていないはずです。わたしも読みたいです~。
参考までにここに著作リストがありますよ。
新井素子研究会 http://moto-ken.cool.ne.jp/
わたしも久しぶりに読みたくなりました。太一郎さんは永遠のヒーローですっ。

参考URL:http://moto-ken.cool.ne.jp/


人気Q&Aランキング