こんばんわ

普通のスーパーや酒屋さんで売っているおいしい日本酒、特に純米酒を教えてください。
出来ればあまり高くないもので…
ほんの最近、日本酒を飲み始めたばかりで全く分からないのです。

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

久保田の千寿・万寿はおいしいと思いました(あまり飲むほうではないですが)。

「幻の銘酒」といわれてましたが、結構普通に酒屋さんやスーパーで見かけます。最近はジャ○コで売ってました。一升瓶はちょっと高くて買うのは悩むところですが(そんなに飲みきれないし)、720mlびんなら手が出せるお値段でした。(確か千寿で2000円くらいかな?)百寿、千寿、万寿とあり、百寿が一番安いです。
あとは、利き酒セットって言う200mlくらいのちっちゃいビンのお酒が3~6本セットになった「お試し品」なんかあるので、そういうので探してみるのもいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

利き酒セットっていうのがあるのですか~ 良いですね。
探してみたいです!
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 10:11

こんにちは、mondayと申します



yuma1210さんはどこにお住まいですか?まずは、地元のお酒から試してみてはどうでしょう。
地元のお酒でも、数銘柄あります。その中にお気に入りが見つかれば、それをベースに全国のお酒にチャレンジするのが、いいと思いますよ。地元のお酒なら、お近くのお店で売ってますしね。
#2さんのおっしゃっている通り、まずは、いろんなのを飲んでみましょう。そのうち、自分にあった銘柄が見つかります。
全国には、いろんな銘柄があり、たくさんの人が「おいしい」と言っています。それだけ、奥が深いのです。

私は、料理を楽しむなら、山形の「住吉」
   お酒を単独で飲むなら、岡山の「備中杜氏」です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地元のお酒か~と思って、さっそく近所のスーパーに行ってきました!
色々京都のお酒(今、京都に住んでいるので)が売っていて、その中からおいしそうなのを買ってきました。
これから色々飲んで見たいと思います。備中杜氏も飲んでみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 09:56

好みの問題でしょうが「一の蔵」純米大辛口がお勧めです。

名前のとおり辛口ですが飲みやすいですよ!

雑味が少なく、町場の酒屋で720ミリ1,000円程度の価格ですから酒の安売りなどではもっと安いでしょう・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「一の蔵」飲んでみたいです。探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 09:59

店によっておいてあるものはまちまちなので、何とも言い難いのですが・・・。

とにかく、原材料のところを見て、醸造アルコールと書いてなければ純米です。

最初は日本酒の揃った飲み屋でいろいろ試してみるのが吉だと思いますよ。もし自分で買うのだったら、小さい瓶でいろいろ試してみてください。そうこうしてるうちに好みもはっきりしてきます。

ちなみに私のイチオシは神亀です。どこかで見つけたら、是非いちどご賞味ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね~いろいろためしたいです。
神亀も飲んでみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/15 10:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒の違いはどういった違いですか?

吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒の違いはどういった違いですか?

また、格はどういった順番なのでしょうか?

日本酒をプレゼントしたいのですが、こういった頭書表示がわからなくて困っています。

この他の種類でもなにかありましたらお願いします

Aベストアンサー

日本酒には、単純に純米のものと、それ以外(醸造用アルコール)が入った物と分けられます。
また、米を磨く度合い(表面を削っていき、より芯に近い物)によって分けられます。

より芯に近いところまで削った米を使って「お酒」にした物を「吟醸酒」と呼びます。
(精米歩合60%以上)
吟醸酒には、吟醸香と言う「香り」が特徴ですが、あえて吟醸をうたわずに、55%まで磨いたお酒もあり、瓶に張ってある、ラベルだけでは判断できません。

また、純米をうたっていない吟醸酒には、醸造用アルコールが添加されているのが普通であり、好みによりますが、私はアルコール添加の酒は好きではありません。

さらに、米の種類にも注目していただきたい。
日本酒には、酒好適米と言うものがあり、一般的に食べられているコシヒカリやササニシキでも作れますが、やはり酒米に適したコメ「山田錦」「五百万石」「美山錦」夏子の酒のモデルとなった「亀の尾」の方が良いとされています。(精製するため、米の粒が小さいと芯が壊れる)

最近では、安い純米酒も出回っていますが、極端な事を言えば「くず米」でも作れますので、おして知るべし。

お勧めは、「純米吟醸」と言う事になりますが、製造方法だけで選ぶのは乱暴な話です。
「格」と言うより、味と香りの違いとなりますかね。

ワインは作ったワイナリーの数だけ味が違うと有名ですが、日本酒も蔵元の数だけ、日本酒の味は沢山あります。
大きく分けて、淡麗と濃醇・・・甘口と辛口・・・酸度・・・香り
そしてこれらを組み合わせて味は決まります。(水も重要ですが、ここではあえて触れません)

結局は、プレゼント相手の「どんな味が好みなのか」を探る事が重要ではないでしょうか?

ちなみに、私は「純米で濃醇」のものが好きで、甘辛両方いけます。
純米で濃醇は少ないですけどね。
て私の事は聞いていないね。w

こんなブログがあったので貼っときます。

参考URL:http://yottinn.blog75.fc2.com/blog-entry-131.html

日本酒には、単純に純米のものと、それ以外(醸造用アルコール)が入った物と分けられます。
また、米を磨く度合い(表面を削っていき、より芯に近い物)によって分けられます。

より芯に近いところまで削った米を使って「お酒」にした物を「吟醸酒」と呼びます。
(精米歩合60%以上)
吟醸酒には、吟醸香と言う「香り」が特徴ですが、あえて吟醸をうたわずに、55%まで磨いたお酒もあり、瓶に張ってある、ラベルだけでは判断できません。

また、純米をうたっていない吟醸酒には、醸造用アルコールが添加され...続きを読む

Q日本酒 味の違い 吟醸酒、純米酒、本醸造酒

酒屋の広告のためのホームページを作っています。

内容を充実させたいのですが、私はお酒が全く呑めません。そのため日本酒のことがわかりません。

私がホームページで調べたことは以下のことですが、店長は違うことを言っています。しかも酒は原料と製造方法が違うだけで皆同じような味だとか、蔵が違っても味に違いはない、とも言っています。
吟醸酒・・・吟醸香、淡麗ですっきりした上品な味、のどごしのなめらかさなどが特徴
純米酒・・濃醇な酒、こくがある
本醸造酒・・香りが高く、スッキリした味

本当のところはどうなんでしょうか。酒の種類で味を大別することはできないものなんでしょうか。私の計画では、軽く違いを説明して、それと取り扱っているお酒を比べて説明しようと思っています。

Aベストアンサー

こんにちは。

>上質な日本酒と言うのは、一升○万円するような予約してでも買えないという幻のお酒のことでしょうか。

いやそういうわけではなく、一升二千円ぐらいからいいものはあります。
四、五千円ぐらいだせばけっこうな質のものが買えます。
ただ経験的に、1500円を切ると、あんまり結果がよくないようです。

上質なといったのは、これは感覚的な表現になっちゃうんですが、
蔵の気合いの違いです。
気合いのない蔵は、上級品を飲んでみても、
「まずくはないんだけど、なんか、感動がない…」という味になってしまいます。

淡麗・芳醇というのを説明しますと、
淡麗な酒は、微妙な味の肴を一緒に食べても(たとえば白身魚の刺身)、じゃましないような味であり、
芳醇というのは、濃厚な肴(たとえば煮込んだおでん)を食べても負けないような味です。
それぞれの極限が「水」と「みりん」となるような感じです。
でも「水的」「みりん的」ではちょっとなんだから、
「すっきり」「ふくよか」ぐらいの表現ではどうでしょうか。

Q【日本酒】特別純米と純米吟醸の違い

日本酒の特別純米と純米吟醸の定義の違いが分からず困っています。


両方ともに、精米歩合が60%以下で純米、ということで、同じだと思うのですが、何か違いはあるのでしょうか??

Aベストアンサー

特別純米と純米吟醸両方ともに、精米歩合が60%以下の白米を使用し純米という条件だけが客観的基準です。酵母の指定、発酵温度の基準も粕歩合の基準も品質検査もありません。吟醸造りをしたかどうかは蔵元の考え方の問題です。蔵元が吟醸造りをし吟醸酒で売りたいと思えば吟醸と表示し、特別純米で売りたいと思えば特別純米と表示します。商品政策によりどちらでも表示できます。品質の責任は蔵元が負います。

ご参考になれば幸いです。

Q純米酒と日本酒

『純米酒』と『日本酒』の違いは、純米酒の原材料は米と米こうじだけなのに対し、日本酒はそれに醸造アルコール(+糖や酸味料)が入っていることですよね。
理屈を言えば、米と米こうじで作った『純米酒』だって『醸造アルコール』の一種だと思います。
日本酒に添加される『醸造アルコール』とはどんなものなのか(材料・醸造方法など)、体に悪いようなものなのか、ご存知の方がおられたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

原材料表示のアルコールとは酒税法施行令(清酒の原料)でいうアルコールです。簡単に言うと蒸留酒(ニュートラル)です。

酒税法3条
清酒の定義
七  清酒 次に掲げる酒類でアルコール分が二十二度未満のものをいう。
イ 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
ロ 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(こうじ米を含む。)の重量の百分の五十を超えないものに限る。)
ハ 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

酒税法施行令
(清酒の原料)
第二条  法第三条第七号 ロに規定する清酒の原料として政令で定める物品は、アルコール(法第三条第九号 の規定(アルコール分に関する規定を除く。)に該当する酒類(水以外の物品を加えたものを除く。)でアルコール分が三十六度以上四十五度以下のものを含む。以下同じ。)、しようちゆう(連続式蒸留しようちゆう又は単式蒸留しようちゆうをいい、水以外の物品を加えたものを除く。以下同じ。)、ぶどう糖その他財務省令で定める糖類、有機酸、アミノ酸塩又は清酒とする。

法第三条第九号
 連続式蒸留しようちゆう アルコール含有物を連続式蒸留機(連続して供給されるアルコール含有物を蒸留しつつ、フーゼル油、アルデヒドその他の不純物を取り除くことができる蒸留機をいう。次号イ及び第四十三条第六項において同じ。)により蒸留した酒類(これに水を加えたもの及び政令で定めるところにより砂糖(政令で定めるものに限る。)その他の政令で定める物品を加えたもの(エキス分が二度未満のものに限る。)を含み、次に掲げるものを除く。)で、アルコール分が三十六度未満のものをいう。

清酒の表示
酒税法では「日本酒」でなく「清酒」です。日本酒という名称を使うことも認めています。清酒=日本酒です。
酒類表示基準
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/sake/8-09a.htm

酒税法上で清酒製造に使用できるものは「アルコール」です。一般的にはサトウキビの搾り汁から砂糖を生成するときに副生する糖蜜を酵母でアルコール発酵させ、連続蒸留器で不純物を取り除いたアルコールです。実際は焼酎甲類です。しょうちゅう乙類も使用可能ですが清酒の商品価値を損ない使われません。なお、石油や天然ガスを原料としたエチレンから化学合成したアルコールを添加することは認められていません。

>なぜ、原料表示が法律で言うアルコールでなく醸造アルコールなのか?

表示に関する国税庁通達に従っているからです。醸造アルコールとは醸造で作ったアルコール(蒸留したもの)という意味です。アルコールでは消毒用と思う人もいるかもしれません。
>醸造用アルコール
以前は原材料表示に「醸造用アルコール」を使用していました。これは意味不明ですね。

>『純米酒』と『日本酒』の違いは

純米酒は清酒(日本酒)です。製法条件を満たせば純米酒と表示”でき”ます。あくまでも清酒(純米酒)です。
清酒は製法基準を満たせば吟醸酒、純米酒、本醸造酒表示が”でき”ます。(しなくてもいい)

>体に悪いようなものなのか
アルコールは純度が高く有害な不純物はありません。衛生に関しては食品衛生法が適用されます。
量が過ぎればいかなる酒も体に良いものはありません。

原材料表示のアルコールとは酒税法施行令(清酒の原料)でいうアルコールです。簡単に言うと蒸留酒(ニュートラル)です。

酒税法3条
清酒の定義
七  清酒 次に掲げる酒類でアルコール分が二十二度未満のものをいう。
イ 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
ロ 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(こうじ米を含む。)の重量の百分の五十を超えないものに限る。)
ハ 清酒に清酒...続きを読む

Q日本酒 酒屋の定価より高い価格

日本酒好きで、最近日本酒にこだわりのある酒販店で地酒を購入しています。
ところが、後々調べると、メーカー(酒蔵)のHPにある(希望小売価格)よりも高い価格設定をよく見ます。

一時のプレミア物では無く、普通の地酒で上乗せ額も50円から200円と小さなものですが、もっとも(希望小売価格)はあくまで希望で、販売店が価格を決めるものですが、大方は希望小売価格よりも安くなるのが常です。

希望小売価格には流通経費も含まれていると思いますが、この地酒に上乗せされている小さな金額はどういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

都内某所でお酒売っている者です。

流通経費ですが、卸問屋からの仕入れでは、既に仕入れ値に上乗せされていますので、ほぼ蔵元の希望小売価格で販売できますが、蔵元と直接取引している場合はそうは行きません。
出荷最低数量というものがあって、それ以下だと送料が掛かってしまいます。
蔵元によって違いますが、一箱500円から1000円、クール便だと2000円かかる場合があります。

ですので、質問者様が利用しているお店の価格は正当なものだと思います。

因みに、泡盛は東京と沖縄では卸問屋から仕入れても、物によって一本当たり、50円から500円違います。
日本酒も、立山は県外の送料は着払いですから、お店によって価格はバラバラですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報