私は趣味でキャンドルを作っています。
今年はiショップを開店させたくて、今準備をしているところなのですが、
「訪問販売法に伴う表記」で、代表者の名前を書くようになってますが、
これは、本名でなくてはいけないのでしょうか?
今まで、使っていたペンネームで作品を販売できたらいいなぁと思っています。
実際ご購入頂くお客様にはもちろん本名をお伝えしたうえでお取引をしようと思っています。
アーティストとして活動している方はどのように表記していらっしゃるのか教えてください。
あと、サイト上で個人情報を公表することにとても不安に思います。
どこまでの情報を公開するのが義務付けられているのかもはっきりと分かりません。とくに電話番号とか...。
いろいろなサイトの表記も見てみましたが、いろんな方がいらっしゃるようで、迷うばかりです。

なたか詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

iショップは、「訪問販売」になるのでしょうか。

どういう様式かわからないですが「通信販売」のように思いますが、たとえば、「ジャパネットたかた」さんが本名で出ているとは思わないのですが・・。
    • good
    • 1

私もネット上で「あみぐるみ」を販売するHPを持っています。


HP上で住所等公開するのはやはり抵抗があったので「販売業者」は自分のHP名をブランド名として載せ、住所については県名だけ載せて「詳細はご注文をいただいた後の確認メール上にて明記」と書いています。
そして御注文頂いた方へのメールに本名・住所を記載するようにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MARURIさんありがとうございます。
 私もMARURIさんと同じでくまったく表記しないのではなく一部(住所ならせめて町まで)だけを表記するなどいろいろ考えていました。
やっぱり、趣味の範囲でお小遣い程度の目的での販売になると、ちょっと納得がいかないところもあります。
現に知り合いにもネットに表記したために、いたずら電話や教材の勧誘などのDMなどが、次から次に届くといった被害にあって困っていた人もいました。
 たしかに、消費者を保護する法律は必要だと思うのですが、
自宅でお仕事をする以上、プライバシーは守りたいし、一緒に生活をしている家族も被害から守りたいと思う気持ちはみなさん同じだと思います。
でも、きっちりと法律で定められてるのは確かだし...(T-T)
本当に無知な私がいけないとは分かっているのですが、法律って難しいですよね...。

うだうだといろいろ書いてしまってスミマセンでした。
MARURIさんもあみぐるみがんばって作り続けてくださいね♪ ありがとうございました♪

お礼日時:2001/05/02 22:39

ペンネームの件は良く判らないので


割愛させて下さい
訪問販売法の中での”訪問販売法に基づく表記”は
最重要項目ですよね
検索で”訪問販売法”で探すと表記例が
沢山見る事が出来ます
一度それらを参考にしたらどうでしょうか
まず参考URLに訪問販売法を載せておきます
少し覚えて下さいね

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/houmon_h.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shonanboyさんありがとうございます。
http://www.ron.gr.jp/law/law/houmon_h.htm へは
一応 知り合いにも聞いていたので、ひととおり読んでコピーもとってあります。
ココへ質問をする前に検索でも、いろいろと調べて他の方々の表記をみてみましたが、いろんな表記をされている方がいらっしゃるのでどこまでを参考にしてよいのか分からなくなっていました。
でも、
>訪問販売法の中での”訪問販売法に基づく表記”は 最重要項目ですよね
と、いうことはやはり、すべてを表記しなくてはいけないということになっているとゆうことなんですね~
やはり、ちょっと趣味の延長で商品を販売するという考え方では、いけないかも...って反省させられました。 ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/02 22:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通信販売に関する表記って電話番号じゃなくスカイプの

IDとかでも大丈夫か?もしくは携帯とかだと印象悪いですか?

Aベストアンサー

印象が悪いという以前に、特定商取引法に違反する可能性が非常に高いですね。

財団法人 日本産業協会(http://www.nissankyo.or.jp/)の解説によれば
『販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称、住所及び電話番号』これは、必ず表記しなければならないとなっています。

「氏名又は名称」については、個人事業者の場合は戸籍上の氏名又は商業登記簿
に記載された商号を、法人にあっては、登記簿上の名称を記載することを要し、通称や
屋号、サイト名は認められない。「住所」については、法人にあっては、現に活動してい
る住所(通常は登記簿上の住所と同じと思われる)を、個人事業者にあっては、現に活
動している住所をそれぞれ正確に記述する必要がある。
また、「電話番号」については、確実に連絡が取れる番号を記載することを要する。

万人がスカイプを知っていて、かつ使えるという時代が来れば、スカイプ表記でも問題ないとは思いますが、今はまだそんな時代とは言えませんね。

ま、『特定商取引法に基づく表記』『特定商取引法に基づく表示』と検索して、他の通販会社が記載している内容を読めば、何を表示しなければならないか参考になると思います。

印象が悪いという以前に、特定商取引法に違反する可能性が非常に高いですね。

財団法人 日本産業協会(http://www.nissankyo.or.jp/)の解説によれば
『販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称、住所及び電話番号』これは、必ず表記しなければならないとなっています。

「氏名又は名称」については、個人事業者の場合は戸籍上の氏名又は商業登記簿
に記載された商号を、法人にあっては、登記簿上の名称を記載することを要し、通称や
屋号、サイト名は認められない。「住所」については、法人にあっては、現に活...続きを読む

Q旧姓、ペンネームなどで仕事をされている方へ質問です。

現在、主婦業のかたわら、イラストやデザインの仕事などをチョコチョコ請け負っています。

この先少しずつ仕事を請け負う量を増やしていこうと思い、色々な理由から名刺を旧姓で作ろうと考えています。

こういった場合、旧姓やペンネームで仕事されている方はどこまでその名前を使っていますか?

○名刺
○請求書
○通帳
○領収書 ...など

申告はもちろん本名ですが、名刺以外は申告に絡んでくるので、結局ほとんどは本名じゃないとだめなのかなぁ。そうするとまた、名刺と請求書の名前が違うのもややこしいなぁ。なんて考えております。

この他にも、本名以外の名前を使う上での注意点などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

すみません、1のものです。

追記ですが、本名と旧姓をつかいわけている事は今までは結構面倒でした。(時々どっちだったか?なんて間違えてしまうし/笑)
しかし、今はすっかり慣れて、今まではいちいち、請求書と名刺の名前が違います、、、などとクライアントや仕入先に説明していましたが、最近は特になんの説明もせず、契約書の署名も、請求書も渡した名刺と違う本名を記入しています。

変な話ですが、通常旧姓は一生変わらないものなので、私は事務所の名前にも入れてしまっています。友人にもそういう方が多いです。

なので、momomoll さんの場合も、ご自分のご意志次第だと思いますよ*
もちろん、名前をきっちり統一してしまったらスッキリするかも、、。実は私も時々本名にしちゃおうかな?なんて迷う時もあります。

Q営利販売と、不用品販売の区別

現在は私物をオークションに出品しており、今後は古物商の免許申請と個人事業届けを出す予定です。
今後、業者から仕入れて販売するほか、今までどおり私物(新品など)を販売する場合に、どう区別するのか疑問です。

例えば、店やオークションで購入した物を売る場合も販売営業となるのでしょうか?
仕入れ同様に、仕入額・売上額として計算するのでしょうか?
それとも趣味の範囲として除外するのでしょうか?

Aベストアンサー

>今までどおり私物(新品など)を販売する場合に…

少なくとも新品として販売できるだけの価値があるものは、不要品とは言わないでしょう。

もちろん、買っては見たもののいらなかったということも、まれにはあるでしょう。
たまに一つそういう例が出たのなら、不要品との主張も頷けます。
しかし、頻繁に新品を販売していたら、やはり事業目的の仕入と取られます。

>例えば、店やオークションで購入した物を売る場合…

仕入が卸問屋に限るなどという決め事はありません。
販売目的で買い入れる限り、小売店から買おうがオークションで買おうが、仕入は仕入です。

Q本名以外で仕事はできますか?

sohoをしている者です。

最近、自分のニックネームを仕事では使いたいと思うようになってきました。
本名はネットでさけたいという気持ちやプライベートと仕事を分けたいという理由からです。
このような事は初めてなのですが、特に気をつけるような事などありますでしょうか?
例えば、名刺や請求書の振込先名が本名なことなど、、、

アドバイスいただけると幸いです。

Aベストアンサー

私はライターでペンネームで仕事をしていますが、特に問題はありません。ただし、業界にもよると思います。取引先が出版業界などでは当たり前のことですが、そういう業界でなければ、不審がられるかもしれません。

名刺は、ペンネームで作成しています。たまに本名と並記したりするような人もいるようですが、両方の名前を覚えてもらうのは、ややこしく、混乱の原因にもなります。その代わり、名刺に書かれた名前で郵便物等が届くように、表札は本名と並記しています。ちなみに、ペンネームだけの表札に変えたりすると、引っ越ししたと勘違いされ、本名宛のものが届かなくなったりするケースがあるようですので、お気をつけください。並記が安全です。名刺の住所の最後に「(本名)方」と入れておく方法もあります。あまりかっこうよくありませんが。

振り込み口座は本名ですが、請求書に口座番号とともに口座名を明記していますので、これまで問題になったことはありません。給与は本人口座にしか振り込めないということがありますが、商取引では代金は請求した側の指定口座であれば、何でもいいようで。

契約書は、実際に社会で通用している名前であれば、本名でもペンネームでも問題ないようです。私は、ペンネームの印鑑も作成してあります。

確定申告では、申告書の屋号欄にペンネームを記載して、本名で申告します。支払調書は本名で来る物と、ペンネームで来る物がありますが、まとめて添付して問題になったことはありません。通常、まとめたほうが税額は上がりますから、正直に申告していれば、税務署はあまり文句は言わないようです。

ただし、税務署でも、地方でペンネームを使って仕事をするような人が少ない地域では、なれていないので根掘り葉掘り聞かれて大変だという話を聞いたことはあります。

私はライターでペンネームで仕事をしていますが、特に問題はありません。ただし、業界にもよると思います。取引先が出版業界などでは当たり前のことですが、そういう業界でなければ、不審がられるかもしれません。

名刺は、ペンネームで作成しています。たまに本名と並記したりするような人もいるようですが、両方の名前を覚えてもらうのは、ややこしく、混乱の原因にもなります。その代わり、名刺に書かれた名前で郵便物等が届くように、表札は本名と並記しています。ちなみに、ペンネームだけの表札に変えた...続きを読む

Q本名を公開しなければいけないのは・・・?

1:ブログやサイトを作り、それにアフィリエイトとして広告を貼って収益を得ようとする場合、本名を公表する必要はありますか?

2:ブログやサイトでの収益を維持する為に、メルマガを発行する場合。

3:情報商材を売る場合

あとこれらは全て携帯サイト・パソコンサイトの両方に当てはまりますか

自分はこれからブログやサイトを作り、アフィリエイトで広告を貼って収益を上げる事を計画しているのですが、絶対に本名は公開したくないです。
なので上の3点が気になります(3の情報商材は手を出すつもりはありませんが参考までにお聞きします)。

精通している方いましたら回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

直接的な回答はNo1様の通りです。

私は以前10年くらい前ですが)趣味でやっていたサイトで毎月平均10万くらいの広告料を稼いでいましたが、昨今ではほとんど儲かりませんよ。
問題は
>はこれからブログやサイトを作り
ここかなと思います。
相当魅力的なコンテンツで集客力とリピート率が高くないと無理でしょう。
目的が「アフィリエイトで広告を貼って収益を上げる事」なので本末転倒って感じですね。
数年前ならばそれでもなんとかなったのですが、今や無理に近いですよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報