出産前後の痔にはご注意!

縄文時代一万年前ころ、弓矢の製作使用が始まったと書物に記載されていますが、この弓矢の製作使用は我が国独自で発明されたものなのでしょうか?
それとも大陸などから伝播してきたものなのでしょうか?
もし、独自ならば、狩猟道具、武器などとして、どこの民族、種族も発明する「歴史の必然」があったのでしょうか? なんとなく素朴な疑問として・・・・どなたかご教示ください。

A 回答 (3件)

確かに、弓矢は縄文以前から使われていたと言われています。


しかし、鏃しか残っていないのでその起源や性能はNo.2の方が言われるように
今後とも謎で有り続けるでしょう。

縄文時代では弓矢は森の小動物を狩る狩猟の為の道具であり、No.1の回答に
有るように戦争の道具では無かった事は大きなヒントかも知れません。
http://www.daily-tohoku.co.jp/kikaku/tyouki_kika …

日本列島に移ってきた古代人が、大きな動物は少なく、小動物が多いこの島の
森で狩をするには弓矢は有用な道具だったと思います。
これは、縄文時代の石鏃が弥生時代の石鏃よりも小さく、同じ弓矢に違う鏃を
取付けた再現実験では、命中精度が弥生時代の弓矢より高かった、と言うことからも
縄文時代に弓矢は小動物を狩る狩猟用具として完成されていたと推測されます。
これに対して、集落間で争いの有った弥生時代の鏃は、命中精度は劣るものの
殺傷能力(的の板を貫通または割る力)は高かったという、使用目的の違いを示す
結果が出ています。

縄文人が、日本列島に彼らの文化を持ち先に住み着いて居た。
弥生人は、彼らの文化を携え先住民の居る島に移住してきた。
これから想像を逞しくすると、縄文人は弓矢を彼らの小動物の狩猟用という
完成形まで発展させた。
これに対し、弥生人は狩猟用を経て対人兵器に発展させたと言えます。
弓矢のルーツが同一かは判りませんが、完成形は違っているのは明らかです。

ただ、縄文や弥生人とは時間も空間も離れたニューギニア等では今でも
原始的な弓矢を使う孤立した部族が居ます。鏃も無いような、竹の矢もまだ
使われています。
つまり、遅い早いの差は有れ、動物を狩るという共通の目的からどの種族部族でも、
どこに住んで居ようが石に代わる飛び道具として考案されたのではないかと
推測されます。

ただその先の弓の発展は民族や地域によって様々です。
興味が有るのは、例えば日本の弓の上が長い非対称な形状です。
戦後まもなく「騎馬民族征服論」が話題に成りました。皇室の祖先は北方系の
騎馬民族で日本列島に移り短期間に征服したという説です。
騎馬民族では行われている馬の去勢が日本では行われていない、
騎乗で射るに有利な短弓が定着しなかった、等からほぼ否定されています。
西洋では上下対称な短弓は、より強力なクロスボウに進化しています。
日本では上下非対称で長く扱いにくい今の形で定着しています。

二週間程TVのナショナルジオグラフィックのTV番組を見ていたら、日本の弓
に付いての謎が解けました。日本の弓は同じ時代の西洋の弓よりも鎧に対する
貫通力が高いのです。弓が長いために矢が長く、引きを大きくできることが
その理由のようです。良質な竹が有ったことも今の形状に成った理由の一つでしよう。
つまり、弓の起源は不明でも、発展形態はその土地や周囲の環境、気候風土や敵対
部族の有無、により異なる訳です。

さて起源は?石鏃だけでなく、矢も出土して、年代測定が世界中の鏃で行われ、
同時代性が見られれば独立的発生。系統的なら、何処かで発明され伝播でしょうか。
    • good
    • 2

何とも言えません。


弓本体が残っている事例は少なく、石器としての「矢じり」が見つかっても「弓の存在が推定される」ということでしかないため、弓としてどう成立したかをさぐるかはむずかしいです。
大陸から伝播した可能性もありますし、構造的に複雑なものではないので自然発生的に発明されたとも言えます。
    • good
    • 0

専門家ではなく考古学好きです。



最初にことわっておきたいことは、日本だけの話ですが
縄文時代には戦争すなわち人の集団同志の戦いは
殆どなかったということです。
約三千年前の三内丸山遺跡からは、戦争の痕跡は
見付かっていません。   他の縄文遺跡も同様。

人口が少なく衝突するほど近くには、他の集団がなかった、
食糧が割合潤沢で飢饉が少なかったためでしょう。

武器でなく狩猟道具としての弓矢しかなかったのです。
狩猟道具としては先ず、棒投げから先端に石器や骨器を
付けた槍へ自然発生的に進化したでしょう。
弓矢のようなものも自然発生即ち、歴史の必然でしょうが
これは日本全体として見た場合で、地域差は当然あり
他の集団から教わることはあったでしょう。

ただ素朴だった槍や弓、矢の改良については、当時の
先進国であった中国など大陸から伝わったと思います。
五、六千年前既に大陸と行き来があったというので。

大陸ではもう戦争が始まっており、武器の進歩は急速に
進んだ筈です。

金属器への進歩も戦争のお蔭でしょう。
すぐれた武器と金属機器で敵を威圧しました。
悲しいけれどもその後の時代も戦争で技術が進みました。
今は遊びで技術が進み、武器はその技術のお蔭を蒙って
います。   これが続くとよいですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界の弓の威力について

歴史上の戦闘でもっとも威力があって射程距離が長かった弓はどこの国の何時代の弓ですか?それと比べて日本の弓の優劣はどのようですか?またそういったことを扱ってる本とかURLをご存知の方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

当方弓道をやっておりますので、知る範囲でお答えします。
威力と射程は矢により変化(一般的に矢重に比例する威力と、矢重に反比例する射程はトレードオフの関係)するので、弓自体の性能についてお話しします。

 一般論になりますが、弓は当然ながら”強い弓”をより引き尺をとって使えば威力・射程とも上がります。
しかし引き絞った時に強いからといって弓にパワーがあるというわけではありません。
 正確には、「引き絞っていく途中の加重の積分値」が弓のエネルギーになります。
(平たく言えば、弓の引き尺に対しての加重をプロットしたグラフの、その曲線の下の部分の面積)
 木製・合板の弓や単純な湾曲の弓ではこの引き尺と加重がほぼ比例します。(和弓もだいたい比例します)
 しかし、強靭な材料を使い、湾曲を複雑にすれば、この曲線を上に膨らますことができるので、前者の弓と引き絞ったときに同じ加重でも(つまり、同じ筋力の射手でも)、より威力のある矢を飛ばせます。
 
この後者の条件に当てはまるのが、騎馬民族系の大きく湾曲した弓で、トルコ弓などとも呼ばれます。
(ちなみにコンパウンドボウという現代の弓は非常に高効率、正確なことで知られていますが、この弓をヒントに作られました。)

 そのため形状で言えば単純湾曲弓より、上記のような特徴を持つ湾曲弓のほうが高性能でしょう。実際、トルコ弓の最大飛距離は実用の矢で400m、遠矢用で約600mだそうです。
材質は、木だけのものは、折れるのを防ぐため引き尺が取れず(ロングボウは折らずに引き尺をとるために長いのです)しなりが少ないため不利で、木竹をあわせた合板弓(和弓はこれ)や、さらにはより強靭な角・腱・革を使ったもののほうが高性能でしょう。

結論として、ご質問のものは時代はわかりませんが、騎馬遊牧民族系の弓だと思います。

和弓では、長い距離を飛ばす競技で最高400mという記録がありますが、これは専用の軽い矢を使った記録なので、征矢では最大でも200m位だと思います。
因みに和弓は、番える位置が中心より下寄りになっているため矢は先端をやや上げて飛行し、遠くに飛びやすくなっています。

有効射程となると一口で言うのは難しいですが、
~2,30m だいたい急所を狙える
~40m だいたい人を狙える
~7,80m だいたい騎馬を狙える
くらいだと思います。
威力ですが、フライパンぐらいなら結構簡単に射抜けますし、
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/kyouken/kamakura/kyuba.html
かつて明珍の鉄兜を串刺しに射抜いた人もいます。

書籍ですが、確か歴史群像シリーズの『北条時宗』で蒙古弓と和弓の比較をしていたと思います。
あとは検索で見つけましたが
http://www.coatl-head.com/arc.html
の『武器の歴史(Weapons)』(マール社)が詳しそうです。
キャッシュでしか見られませんが
http://72.14.203.104/search?q=cache:gEp-EUHAqMkJ:
www.if-n.ne.jp/member2/netdh/Item/mktext.pl
%3Fcorpus%3D0%26id%3DOTAwNjU
も詳しいです。

当方弓道をやっておりますので、知る範囲でお答えします。
威力と射程は矢により変化(一般的に矢重に比例する威力と、矢重に反比例する射程はトレードオフの関係)するので、弓自体の性能についてお話しします。

 一般論になりますが、弓は当然ながら”強い弓”をより引き尺をとって使えば威力・射程とも上がります。
しかし引き絞った時に強いからといって弓にパワーがあるというわけではありません。
 正確には、「引き絞っていく途中の加重の積分値」が弓のエネルギーになります。
(平たく言えば、弓...続きを読む

Q旧石器時代には弓はなかったが、弥生時代になって弓が使われた理由は?

先日乗った電車内の日能研の問題です。
だいたい以下のような問題でした。

「旧石器時代の遺跡からは弓はほとんど出土していない。
しかし弥生時代の遺跡からは弓が出土している。
これについて、旧石器時代よりも弥生時代のほうが気温が高くなっていることと
関連付けて40文字以内で説明せよ」

学生時代、歴史の勉強をさぼっていたのでわかりません。
どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

このへんのことですかね。
http://rekishimanga.cocolog-nifty.com/uosusume/2016/04/post-ef5e.html

弥生時代というより縄文時代から?
更新世(だいたい旧石器時代)は寒くて大型動物が多かった。
完新世(主に縄文時代以後)は温かくなって大型動物が減って、中小動物が増えた。

大型動物は槍で狩ったけど、小さい動物は弓矢で仕留めた。

これらをうまくまとめてください。

Q名誉革命という名付けについて

名誉革命という名付けについて

なぜ「名誉革命」と名付けられたのでしょうか?
無血革命だからという回答が返ってきそうですがなぜ無血が名誉なのか?

Aベストアンサー

もちろん、イギリスにすら『単にオランダ軍(プロテスタント、つまり"異教徒")
に負けたのをごまかしてるんじゃねーの?』という学説を
発表されている方も居るんですが(・・・このあたりの発想の自由さは、
さすが自由主義の発祥国ですかねー)それでもなお、イギリス議会は
公式にこの"革命"をクラウン(栄誉)であるとしています。


名誉革命については、完全に無血というわけではなく
アイルランドで武力衝突が起き、当のイングランドでも
多くのカトリックに対して排斥運動が起きています。
ただ、他国の進駐という異常事態においても、当時はまだ
普通に起こりえた軍による略奪は回避され、
一般市民を巻き込まなかった点が評価されているわけです。
これがまず一つ。


もう一点が、やはり『権利章典』の制定ではないでしょうか。
この革命は結果として数百年前のマグナカルタのように王に約束を認めさせ、
絶対王政(つまりカトリック的な神の権威を根拠とした支配形態)
を終焉に向わせた一大転機となりました。
王は議会の同意なしに法の中断を出来なくなり、
『王家の(つまり"神の正義を行う")軍隊』の行動についても
議会の承認を必要とするようになったわけです。

一部の人間にのみ権力を認める宗教の時代が終わり、
万人が合意する法の支配という民主主義の原点が
未成熟ながらも現出したのです。


ただ、クラウン("栄誉")と同時に、クラウン("王冠")が残ってしまった
ことが後々にまでややこしさを残してしまった点はあるかと思います。

もちろん、イギリスにすら『単にオランダ軍(プロテスタント、つまり"異教徒")
に負けたのをごまかしてるんじゃねーの?』という学説を
発表されている方も居るんですが(・・・このあたりの発想の自由さは、
さすが自由主義の発祥国ですかねー)それでもなお、イギリス議会は
公式にこの"革命"をクラウン(栄誉)であるとしています。


名誉革命については、完全に無血というわけではなく
アイルランドで武力衝突が起き、当のイングランドでも
多くのカトリックに対して排斥運動が起きています。
ただ、他国の進...続きを読む

Q本格的な弓矢を作りたいです

ずっと弓矢に憧れていて、いつか使いたいと思っていたのです。
しかし、弓矢なんて売っている店も見かけませんよね…
また、弓矢を売っている店を見つけたとしても高そうで、経験もない私は買わないと思います。
そこで、自分で作ってみたいのですが材料から作り方までなにも知りません(>_<)
初心者の私にも分かるように弓と矢の作り方を教えて下さい!
お願いします☆

Aベストアンサー

「なんの知識も経験もない素人が本格的な弓矢を自作したい」ってところで無理フラグが立ちそうですが、
簡易的な弓矢なら「弓矢 つくり方」で検索すると山ほどヒットしますよ。
多くは木や竹、変わったところでは塩ビパイプで弓を作ってます。

小学生のころに学校の工作で作ったのは竹の弓でしたね。
80cmくらいの長さの乾燥した竹を割って節を取って、凧糸を張って完成。

弓道で使うような長弓だと自作はかなり難しいかと。
素材は竹や木で3~4層構造になってるそうですし。

矢は‥‥正月に神社で売ってる破魔矢を参考にすると良いかと。

Q同じ漢字を使った四字熟語

ナンクロの問題を解いています。

1番目と3番目に同じ漢字を使った四字熟語(又は4文字の言葉)で複数存在する物を教えて頂きたいのですが・・・。

例えば、「一」を使った熟語ですと、
一期一会 一長一短 一喜一憂 一言一句 一世一代 一木一草 一国一城 一向一揆 一朝一夕 一進一退 一宿一飯 一栄一落
などが出てきました。

「一」だけではなく、他の文字を2つ使った言葉があれば教えてください。
このような四字熟語を集めたサイトの紹介でも結構です。

Aベストアンサー

ナンクロをするためにと、クイズの本から抜き出したもの、熟語辞書類(図書館から借用) 等から引用したものなど、自分で集めた四文字熟語が現在5900語弱りあります。

この中から 「1番目と3番目に同じ漢字使った漢字」 をリストアップすると、367語ありました。 コンマ区切り形式で列挙します。


悪衣悪食,悪因悪果,易往易行,異端異説,一印一明,一飲一啄,一栄一辱,一栄一落,一往一来,一丘一壑,一薫一蕕,一芸一能,一言一句,一言一行,一期一会,一五一十,一伍一什,一闔一闢,一合一離,一治一乱,一字一句,一字一点,一汗一菜,一汁一菜,一上一下,一杖一鉢,一代一度,一日一善,一分一厘,一木一草,一問一答,一遊一予,一利一害,一里一銭,一龍一猪,一列一体,一喜一憂,一貴一賎,一客一亭,一裘一葛,一虚一盈,一虚一実,一挙一動,一琴一鶴,一句一章,一句一直,一間一花,一向一揆,一高一低,一国一城,一絲一毫,一弛一張,一失一得,一種一瓶,一宿一飯,一觴一詠,一蔀一元,一笑一顰,一心一意,一心一向,一進一退,一世一代,一成一旅,一世一元,一世一期,一世一代,一世一度,一千一厘,一銭一厘,一措一画,一即一切,一束一本,一旦一夕,一短一長,一調一管,一張一弛,一朝一夕,一朝一夕,一長一短,一長一短,一得一失,一得一失,一徳一心,一瓢一箪,一顰一笑,一夫一婦,一腹一生,一服一銭,一腹一対,一歩一喘,一歩一趨,一飽一襲,溢美溢悪,允文允武,栄耀栄華,誨淫誨盗,戒驕戒躁,化学化石,各人各様,我利我利,感謝感激,閑人閑話,危言危行,気随気侭,気随気儘,機知機略,共存共栄,極惨極毒,去兵去食,空手空拳,空理空論,空論空策,愚夫愚婦,九分九厘,愚問愚答,桑原桑原,群策群力,傾国傾城,傾城傾国,難兄難弟,恒産恒心,呼牛呼馬,虎穴虎子,五公五民,五時五教,五十五刻,古色古香,五善五悪,五智五仏,五分五分,古貌古心,五倫五常,五輪五体,再三再四,三陰三陽,三経三緯,三釁三浴,三辞三嬢,三者三様,三者三様,三十三身,三十三天,三戦三走,三多三上,三炭三露,三長三本,三町三所,三度三度,三不三信,三法三到,三木三鳥,三問三答,自学自習,四角四面,自画自賛,自画自賛,驚惇驚雄,自給自足,至緊至要,自業自得,自業自得,自業自縛,至公至平,而今而後,自作自演,自作自演,自作自受,自粛自戒,自縄自縛,至大至剛,七檎七縦,七擒七縦,七縦七擒,自重自戒,四百四病,自暴自棄,自暴自棄,自問自答,自由自在,十全十美,十人十色,十人十色,十人十腹,主知主義,叙位叙勲,正直正路,正真正銘,正真正銘,私利私欲,自立自存,自立自存,人山人海,新郎新婦,寸土寸金,誠歓誠喜,誠惶誠恐,誠心誠意,整理整頓,整理整頓,積衰積弱,絶対絶命,絶体絶命,善因善果,全心全力,全身全霊,全知全能,善男善女,粗衣粗食,相思相愛,相思相愛,相談相手,即断即決,粗雑粗笨,粗酒粗肴,粗酒粗餐,即決即断,大慈大悲,大人大耳,多感多情,多岐多端,多技多能,濯纓濯足,多事多患,多事多患,多事多端,多事多難,多事多難,多種多様,多情多感,多情多恨,治山治水,中肉中背,直言直筆,九十九髪,九十九折,九十九折,適材適所,適材適所,徹骨徹髄,徹上徹下,徹頭徹尾,手練手管,手練手管,天上天下,同軌同文,同種同文,童男童女,同文同軌,同文同種,同文同種,同袍同沢,党利党略,時世時節,独立独往,独立独行,独立独歩,難解難入,難透難徹,年百年中,吠影吠声,馬車馬的,八元八,破筆破墨,派利派略,半覚半醒,半官半民,半死半生,半死半生,半信半疑,半神半象,半睡半醒,半生半熟,半醒半睡,匹夫匹婦,百依百順,百戦百勝,百人百様,百挙百全,百発百中,不朽不滅,不屈不攘,不時不食,不将不迎,不承不承,不生不滅,不即不離,不撓不屈,不同不二,不偏不党,不眠不休,不眠不休,不要不急,不離不即,不老不死,暴飲暴食,本家本元,未練未酌,無位無冠,無為無策,無為無能,無始無終,無私無偏,無想無念,無知無学,無知無能,無二無三,無念無想,無辺無礙,無辺無際,無偏無党,無味無臭,無理無体,無理無法,乱筆乱文,乱飛乱外,良知良能,旅進旅退,令聞令望,連戦連勝,連戦連勝,六十六部,百戦百勝,百人百様,百挙百全,百発百中,不朽不滅,不屈不攘,不時不食,不将不迎,不承不承,不生不滅,不即不離,不撓不屈,不同不二,不偏不党,不眠不休,不眠不休,不要不急,不離不即,不老不死,暴飲暴食,本家本元,未練未酌,無位無冠,無為無策,無為無能,無始無終,無私無偏,無想無念,無知無学,無知無能,無二無三,無念無想,無辺無礙,無辺無際,無偏無党,無味無臭,無理無体,無理無法,乱筆乱文,乱飛乱外,良知良能,旅進旅退,令聞令望,連戦連勝,連戦連勝,六十六部


クイズ用にと四文字熟語を集めた字典のようなものも発行されているとか....。

ナンクロをするためにと、クイズの本から抜き出したもの、熟語辞書類(図書館から借用) 等から引用したものなど、自分で集めた四文字熟語が現在5900語弱りあります。

この中から 「1番目と3番目に同じ漢字使った漢字」 をリストアップすると、367語ありました。 コンマ区切り形式で列挙します。


悪衣悪食,悪因悪果,易往易行,異端異説,一印一明,一飲一啄,一栄一辱,一栄一落,一往一来,一丘一壑,一薫一蕕,一芸一能,一言一句,一言一行,一期一会,一五一十,一伍一什,一闔一闢,一合一離,一治一乱,一字一句,...続きを読む

Q何故日本の戦国時代では投石器を使わなかったんですか

石垣があるから石がないわけでもないしフビライの時代にはカイカイ砲という投石器が城攻めに使われてましたし、当時はポルトガルや東南アジアとも交流があったのでたぶん伝わっていたと思うんですが、不思議です  誰か歴史に詳しい人 教えてください。

Aベストアンサー

戦国時代の攻城戦て、思ったより短期戦なんですよ。小田原城や大阪城のように何ヶ月にも渡る攻防戦になるのはまずまれで、長くても1ヶ月程度、だいたい数日で片付いてしまうことが多いんです。
秀吉と北条氏の戦いの一環であった八王子城攻防戦は、実質的にたった一日の戦いで大勢が決しています。八王子城は当時関東では小田原城は別格としても屈指の大規模なお城だったんですけどね。

戦国時代の軍事行動って、補給の関係で長期の作戦というのは難しかったのです。だいたい出陣して帰陣するまで長くても3ヶ月程度が目安。家を出てから帰宅するまで数ヶ月ですから、相手の城のところまで行って帰ってくる日数を考えると攻め込んだ相手の城でそんなに長居できるわけではありません。
普通に戦ってもものの数日で片付くことが一般的だと考えると、いちいちそんなもん作るのは面倒くさいとなるでしょう。終わった後の後片付けも面倒くさいし。

また当時の城というのは基本的に「仮設建築物」です。普段は使わず、合戦のときだけ使いました。だから壁も板や柵を使うことが多くて、「城というとアレ」の土壁が普及するのは平和な江戸時代になってからです。いちいちカタパルトを使ってまでして壊したくなるようなモノではないということですね。
それに、真っ平らな地形がほとんどない日本では、カタパルトを移動させるだけでも一苦労です。馬も小型でかつ貴重品、偉い武士のステイタス的意味合いが強かったので、騎馬民族やヨーロッパのように馬で引っ張ることもできません。実際には、ほとんど使い物にはならなかったでしょうね。

また弩ですが、戦国時代にはもう鉄砲があったのでわざわざ弩を使う理由はなかったと思います。なにより、早合を使えば発射速度は鉄砲の方が上だし、何より鉄砲の方が実は射手の技術が要りません。弓は使いこなすのに技術が必要なんです。元々弩が日本ではほとんど使われませんでしたしね。
じゃあなんで弩が日本では普及しなかったのかというと、これはたぶんなんですが、弓をメイン武器にしたのは源平時代からの武士です。源平から鎌倉時代の武士といえば流鏑馬ですよね。弩だと、馬上で走りながら矢をつがえることができません。弓というのは前述のように使いこなすには技術が必要で、武士にとって「弓が撃てる」ということはステイタスでありアドバンテージであるわけで、農民風情には使われては困るんですね。弩は歩兵用の武器ですので、武士は弩が農民に普及することは望まなかったと思いますね。

戦国時代の攻城戦て、思ったより短期戦なんですよ。小田原城や大阪城のように何ヶ月にも渡る攻防戦になるのはまずまれで、長くても1ヶ月程度、だいたい数日で片付いてしまうことが多いんです。
秀吉と北条氏の戦いの一環であった八王子城攻防戦は、実質的にたった一日の戦いで大勢が決しています。八王子城は当時関東では小田原城は別格としても屈指の大規模なお城だったんですけどね。

戦国時代の軍事行動って、補給の関係で長期の作戦というのは難しかったのです。だいたい出陣して帰陣するまで長くても3ヶ月程...続きを読む


人気Q&Aランキング