銀行がろくな査定もしないことが悪いとかいいますよね。
はじけてからの、土地などの担保物権の下落による、不良債権化と景気の後退のメカニズムはなんとなく理解できるんですが、バブル経済の生成過程がよくわかりません。
それと、なぜ弾けるのかもわかりません。
わかりやすい言葉で教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.eda-jp.com/books/sirius/kan-1.html

固いお話になりますが、下記のページをお読みください。

バブルの発生と崩壊
http://www.eda-jp.com/books/sirius/kan-1.html

バブル経済の発生・崩壊要因とマクロ政策
http://www.pem.u-tokai.ac.jp/~kawanobe/macro/pap …
    • good
    • 0

面白い解説があるので紹介します。



1987年の1月に株価が2万円の大台に達し、公定歩合が2.5%に引き下げられた。
低金利時代の幕開け-これが後にいう「バブルの始まり」である。
日銀の公定歩合が引き下げられ、市中銀行に資金が出回る
-これはなぜ起こったのか?
一般には「日本の貿易黒字が増え、円高となり、日本経済が輸入中心から、
内需拡大への転換を迫られたから」ということになっていた。
しかしこれは、あまりにも不十分な説明である。
(中略)「内需への転換」が、なぜ「低金利時代」へと直結するのか?
輸出を減らし、それまでの輸入で蓄えた金を国内で使えばいいだけなのに、
なぜ余分な金を国内に溢れさせたのか?
(中略)既に日本には金があった。かつては銀行の融資に頼っていた企業が、
自前の金を持つようになっていた。
その現実によって「金貸し」である銀行は存在理由を薄れさせていった。
だからこそ金貸しは、低金利のバーゲンセールをやってでも、
自分の仕事を増やしたかった。そのため、日銀の金は、
金貸し業務を本来とする市中銀行に流れ込み、
更にろくでもない方向へと貸し付けられた
-すなわち「バブルの誕生」である。
それは、限界に達した世界経済と、既に役目を追えた銀行救済のために生まれた。
「バブル」とは、破綻の先送りだったのである。

以上、橋本治著「20世紀」より抜粋しました。
    • good
    • 0

 思惑の値段と実際の価値の差額がバブルといわれているものです。

その思惑の値段でも買う人がいるから、バブルが発生し、誰もいなくなったとき、バブルが崩壊すると理解しています。

参考URL:http://www.mfi.or.jp/kumiya/stock111.html
    • good
    • 0

「経済のニュースが面白いほどよくわかる本」日本経済編


細野真宏 ・中経出版
はおばかな私でもすっごくよくわかりました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。 バブル時代はバブルの恩恵を受け

【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。


バブル時代はバブルの恩恵を受けなかったバブルって何だったんだろう無縁だったなあって言う人もいたわけですよね?

ITバブル時代にITバブルの恩恵を一切受けずにというか気づかなかったという人もいますよね。

どのくらいの割合の人が恩恵を受けたのでしょう?

Aベストアンサー

売上が毎月前年度130%越えを達成し、毎月報奨金と言う名の臨時ボーナスが社員全員に10万づつ配られてました。お給料もボーナスもよかった。結果経済が回るので更に消費が進んで毎日楽しかった時代!
ジュリアナ世代です。扇子振ってました。

Qサブプライム問題と米国景気の後退

サブプライム問題のために景気が後退するのか、
景気が後退してきたからサブプライム問題が表面化したのか、
どちらが本当なのでしょうか?
分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

卵が先か鶏が先か・・ですね。

まず、サブプライムローンとは本来なら銀行が貸し付けしない低所得者やブルーワーカーなどに、住宅購入資金を貸し付ける融資です。

貸す方は元々返済能力の低い人への貸付を行うわけですから、リスクが高いわけです。そのため金利を高く設定しています。

このローンは、例えばの話
最初の2年間は毎月3万円ずつ返済すればいいですよ。と客を呼び込みます。
しかし、2年後からは毎月10万円ずつの支払いになりますよ。
という約束での融資です。

毎月3万円のローンは支払っていけた人でも2年経ち、毎月10万円は支払えなくなりました。その時には家を売って返済するという約束だったのですが、上昇を見込んでいたはずの住宅価格が下がってしまったのです。
住宅価格の上昇を見込んで次々に住宅を供給したために地域によっては供給過多で住宅価格が下落してしまったのです。

ここで、ローンを支払えなくなった人々が自己破産などしたため、本来なら化した人が住宅を売ってそのお金を回収しようとしても元の価格より下がってしまったのですから、お金を貸した人は大損です。
大損したのはお金を貸した人ですが、一つの会社、一人の人がお金を貸した訳ではなくて、大金持ちの皆から集めたお金を一つの箱に入れてその中から貸していたのです。(債権の証券化)
大金持ちの人たちやお金が余っている会社は、貸したお金が全額返ってこず、大損しました。
元々大金持ちの人たちは株などもやっていますから、サブプライムに投資して損したお金を取り戻そうと株を売って株式市場から沢山のお金が引き上げられました。需要が減った株は下落し、株式投資をしていた小金もちも大損しました。
引き上げられたお金は投資先を失い、これからは原油だ!と思った大金持ちは挙って原油を買いに走りました(原油先物)

これらにより原油が高くなり、バイオエタノールの原料である穀物価格も上昇し、物価が上がりました。
小金持ちたちは株で損したため消費を控え、普通の人たちも物価上昇したため消費を控え、株式低迷のニュースを聞いた人たちが消費を控え、サブプライムに投資した会社の社員のボーナスなどが減り消費を控え、
景気が悪い方向へと向かっている最中です。
景気が悪ければ当然住宅は売れず、さらに住宅価格が落ち込み、サブプライムローンはどんどん破綻へと向かいます。
これから2~3年かけてサブプライム破綻のピークがやってきます。

余談ですが、ではここで一番大儲け得したのは誰でしょう。原油を売っている人です。原油を売っている人はお金がガッポリ余ってしまいました。
先日アメリカのシティバンクがサブプライム関係の巨額損失を計上し虫の息になりましたが、お金がガッポリ余っている原油を売っている人が、シティバンクに沢山のお金を供給して助けました。
お金はうまく世界をグルグル循環しています。

結論:卵が先か、鶏が先か。どちらかはよくわかりませんが発端は住宅価格の下落と過剰なローン貸付でしょう。
英語の読めないメキシコからの移民などにローン契約書にサインさせていたと言うのですからメチャクチャですね。

卵が先か鶏が先か・・ですね。

まず、サブプライムローンとは本来なら銀行が貸し付けしない低所得者やブルーワーカーなどに、住宅購入資金を貸し付ける融資です。

貸す方は元々返済能力の低い人への貸付を行うわけですから、リスクが高いわけです。そのため金利を高く設定しています。

このローンは、例えばの話
最初の2年間は毎月3万円ずつ返済すればいいですよ。と客を呼び込みます。
しかし、2年後からは毎月10万円ずつの支払いになりますよ。
という約束での融資です。

毎月3万円のローンは支...続きを読む

Q利上げと景気の関係、中国の景気と日本の景気の関係

経済の事で質問です。

新聞に
「中国が利上げの判断を誤り景気の腰折れを招いた場合、貿易や直接投資などで日本経済を直撃する…。」
とありました。

(1)なぜ利上げする事で景気が良くなったり悪くなったりするのでしょうか?

(2)なぜ中国の経済状況の推移が日本に影響を及ぼすのでしょうか?

お詳しい方教えてください。
よろしくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

利上げをすると、お金を借りにくくなりますから産業への投資が減ります。それで、基本的に景気が悪くなります。

いま、中国はバブル経済と言われています。景気が異様な状態で上向きを続けています。なので、このまま行くと日本も経験したバブル崩壊が生じると思われます。それで、崩壊になる前にちょっと景気を冷やす必要が生じているわけです。なので、利上げをして上を向きすぎた景気の拡大を冷やそうとしているわけです。

しかし、こういった調整は程良く行くと成功するのですが、やり方をミスすると景気を悪化させてしまう事もあるのです。日本のバブル崩壊も、異様な景気の上向きを調整し様として金融引締めをしたのがきっかけとなりました。

中国が、景気の調整として利上げをした場合、やり方をミスするとバブル崩壊が生じる可能性があるのです。中国の通貨である人民元は暴落するので価値が無くなり貿易で外貨を稼いでいる中国経済は大打撃を受けます。

また、多くのお金を中国に投資した日本の企業は、その投資した価値が暴落してしまいます。日本でもバブルがはじけて買った土地が暴落して資産が無くなり多くの企業が倒産しましたが、中国に投資した会社も同じ目にあいます。

人民元が暴落して紙くずのようになると、外国から借りた借金を返すために膨大な金額を払わなければならなくなります。暴落前なら1万元返せば良かったのに2万元、3万元と返さなければ成らなくなるからです。

そうなると、中国は元々共産主義国家ですから本来民間企業は無い国です。外国の投資や借金で作った多くの会社をある日「国有化宣言」をしてしまう事さえ夢話ではないです。

そして、現在日本国内で景気が良いと言われている企業の多くが中国の好景気によって実は恩恵を受けている事が多く、数少ない日本に好景気をもたらしている大きな要因が消滅すると、日本の経済界にわずかに燈る明るい火が消し飛んでしまいます。

利上げをすると、お金を借りにくくなりますから産業への投資が減ります。それで、基本的に景気が悪くなります。

いま、中国はバブル経済と言われています。景気が異様な状態で上向きを続けています。なので、このまま行くと日本も経験したバブル崩壊が生じると思われます。それで、崩壊になる前にちょっと景気を冷やす必要が生じているわけです。なので、利上げをして上を向きすぎた景気の拡大を冷やそうとしているわけです。

しかし、こういった調整は程良く行くと成功するのですが、やり方をミスすると景...続きを読む

Qバブル景気→平成不況

平成初めのバブル景気と呼ばれた好景気から、平成不況と呼ばれる不景気になるまでの推移が分かる表または折れ線グラフがあるようなサイトのURLを教えてください。また、景気の推移を調べる指標は、「経済成長率」や「景気動向指数」でいいんでしょうか。他にどんな指標があるのでしょうか。

Aベストアンサー

バブルから平成不況までということですので、数年間にわたる景気の曲線ですよね。私は「経済成長率」をお勧めします。内閣府のホームページにある実質GDPの前年比がそれに当たります。年度ごとや四半期ごとの括りがありますが、初心者には年度ごとの方が分かりやすいでしょう。

景気動向指数も内閣府が発表しています。毎月発表しているので、これを全部数年にわたってプロットするとかなりぎざぎざします。それに景気動向指数のDIは景気の変化方向を見るもので、高ければ高いほど景気が良いと言う物ではないので、あまりお勧めしません。

他には「大口電力カーブ」と言うものがあります。これは景気を見るのに非常に優れた指標ですが、2000年の電力小売の自由化に伴い、全国値が発表されなくなりました。それ以前のデータでしたら、電気事業者連合会あたりに問い合わせてみれば良いでしょう。

参考URL:http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

Qバブル 1988年の地価下落

一般に、地価バブルの崩壊を招いたのは総量規制と言われています。
しかし、総量規制が施行されたのは1991年で、地価は1988年から1989年にかけて暴落しています。
では、なぜ地価は暴落したのでしょうか?

1989年の地価バブルの崩壊の理由
また、総量規制が一般になぜ地価暴落の原因とされているのかを教えてください

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本の地価のピークは90年で、それまで右肩上がりで来ていました。
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/html/koo02_1.html

右肩上がりが常識化し、それを当然と思いこんでいた投機家の間では、総量規制という制度変更によって土地価格が暴落したという話で語られるようになりました。
しかし実態は総量規制の施行はむしろ遅すぎたというのが実態でした。投機の加熱は86年頃から始まっており、投機を中心とした実需を加味しない土地価格上昇や株価上昇が続きました。
日銀の公定歩合政策、米国との関わりなど他にも要因はいくつもありますが、バブルが異常に膨らんだ87年以降では、バブル崩壊に至るのは必然の定であったのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報