子供の希望する学校の国語で出題された文章です。


・田隆史
「考える力をつける本2」
・W・サンローヤル著 伊丹十三訳
「パパ・ユーア クレージー」
・佐藤 美津子
「言葉のキャッチボール」
・工藤 直子
「ライオンのしっぽ」
・林山 司
「イルカと話したい」
・坪内 稔典
「子規のココア漱石のカステラ」
・津島佑子
「二十年ぶりに巡り会った星空」
・田中ランディ 
「もう消費すら快楽じゃない彼女へ「白州正子と無意味な世界」」
・山口仲美
「日本の歴史」
・竹下文子
「風町通信」
・小池昌代
「屋上への誘惑「バスに乗って~」」
・木下史青
「博物館に行こう」
・藤田紘一郎
題名なし
内容 飲み水についてのグローバル化について
・小川洋子
「博士の本棚」
・稲垣栄洋
「キャベツにだって花が咲く」
・日本経済新聞
坂上弘
「ある入学」


≪学校からのメッセージ≫

入試の素材文は、なるべく小学6年生の生活感覚で読み取れるものを選ぶようにしています。どんなジャンルでも、人生を前向きにとらえられるもの、例えばがんばれば努力が報われる、成長につながるようなプラスのメッセージがあるものが好ましい。課題文を読み、問題を解いて何かしら学ぶところがあったり新しい発見があるものを選びたいと思っています。

高校入試や大学入試の課題文はマイナスイメージが強いものが多いと感じます。中学入試では12歳の彼女たちにとって、これからの人生がワクワクするものであること、励ましになるようなプラスのメッセージを文章を通して伝えたいと思っています。

生死を扱ったものは悲しい思いをするので、最終的に希望が持てる内容でも取り上げません。また、いくら名文でもあまりに世俗的な内容も避けています。読後が爽やかで、前向きな気持ちになれるものをできるだけ選ぶようにしています。

最近は物語文を出していませんが、その理由の1つは、採用するとなるととても長い文章を載せなければならないこと、もう1つは、最近の物語文は内容が薄い、深みがないものが多いため、候補になっても採用には至らないのです。友達関係や親子関係をテーマにした“よい素材文”があれば、積極的に取り上げたいと思っています。



もし、本のタイトルと学校からのメッセージを読んで頂いて、これはと思う本があれば、子供に読ませたいと思います。
ご意見宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

答えになっているかどうか。

次のサイトに斎藤孝・明大教授(最近中学受験でいろいろご活躍のようです)のコラムが載っていて、最後に推奨する本があります。現在2回目で、まあこれは誰でもそう思うよね、という本(太宰治と夏目漱石でした)なので、別に推奨されなくてもという気がします。ただ、今後どんな本を進めてくれるのかわからないので、気をつけておいてもいいかなと思います。

 会員制サイトのようですが、このコラムは会員にならなくても読めるようです。

サイト名:読売受験サポート 斎藤孝の「自分を磨く受験!」
https://yorimo.yomiuri.co.jp/servlet/Satellite?c …

参考URL:https://yorimo.yomiuri.co.jp/servlet/Satellite?c …
「中学入試で読んでおいた本があるでしょうか」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そちらのサイトを参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/10/22 11:13

物語文は現代作家の小説を、説明的な文章は論説文(評論を含む)を読ませてあげてください。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバスをありがとうございます。

お礼日時:2011/10/22 11:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学受験ママさん

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の平均点数が悪くても実力にそぐわない学校を受験させる親御さんも多数見てきました。

中学受験ママは大学受験ママや高校受験ママともちがう感じがします。大学受験ママや高校受験ママは私にとってわかりやすいのですが・・・。

なんと言ったらいいかわかりませんが、どうしても中学受験ママの考えがわかりません。

中学受験経験者ママや塾関係者に聞きたいのですが、彼女たちはその後どういった考えになっていくのでしょうか?
なにか大切なことに気付いたりするのでしょうか?

塾関係者の方は中学受験ママに違和感みたいなものは感じませんか?こんなふうな疑問を抱くのは私だけでしょうか?

質問がまとまらず恐縮ですが、思う節書いて頂ければ幸いです。

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の...続きを読む

Aベストアンサー

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言えども、子供を医者にしなければいけないのです。お医者さんの奥さんから、お医者さんのお母さんにならないと自分の老後は安泰と言えないのです。
3.親のメンツ
特にお嬢さん学校などに娘を入れるタイプです。子供を入れて、親のメンツを保とうとするのですが、本当の良家の子女ではない場合、本人は辛い場合が多いようです。
4.親の楽
公立中学はトラブルがあるととにかく親が出ていかなくてはいけません。私立は生徒とその親はお客様。扱いが違うのでは?
大学進学も上に大学がない所などは、きめ細かく対応してくれるようです。
また、 中高一貫のところが多いので、一番大変な高校受験をしなくてすむ。

こんなところでしょうか。
あなたがお受験ママに違和感を抱くのは、子供に良い教育を施す為の中学受験はあくまでも手段でしかないのですが、多くのママは目的になってしまっていることです。人間必死になると、目的のためには手段を選ばないと言うことになりがちで、周りから見るとおかしく思えるのですが。

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言え...続きを読む

Q中学生 国語の文章問題の解き方のコツ教えて!

国語の文章問題の解き方のコツ教えてください!
私は答えを探すのに時間がかかってしまいます。
コツっていうか、みなさんはどんなふうにといてますか?

私は、文章全部読んで
次に問題読んで
もっかい文章読みながら
その問題の鍵となる部分に線を引いて
少し考えてといてます。
文章読むスピードが遅いんだと思うんですが、早く読むと 内容が全然頭に入ってきません!

Aベストアンサー

良い子は早く寝るのだ。おっちゃんは子供じゃないから夜更かしして……かあちゃんに叱られる始末だ。
国語の文章問題の解き方は、論説文と物語文とで分かれる。今回は論説文について考えよう。
論説文は、要するに「筆者は何が言いたいか」を突きとめればいい。そのためにこそ、読解するのである。次の(1)~(3)の手順を踏む。

(1) まず、問題を先に読む。先に文章全部読むのは、残念な子(アホな子)だ。
とは言っても、問題は細かくいろいろなことを要求して来るので、問題をすべて頭に入れてから文章を読むのは、なかなか無理である。だいたいでいいから、問題をひととおり読む。

(2) 次に文章を全部読む。このとき、線を引きながら読む。波線または直線である。

波線
指示代名詞、接続詞に波線を引く。これは文法の品詞分類が目的じゃなくて、文章全体の中で文や段落がどうつながっているかを知るためである。この段落でいうと、「これ」に波線を引くわけだ。指示語的な語句、接続語的な語句にも波線を引く。例を挙げると、「というわけで」は文法的には接続詞ではないが、接続語的な語句といえる。

直線
「たぶんここが筆者の言いたいポイントかも」と思われるところに、線を引いておく。

(3) もっかい問題を読んで、それに対応する文章の部分を読み、解いていく。
波線を引いた語句が、それぞれどこを指しているか、あるいは、どことどう接続しているかを考えると、役に立つ。「どう接続しているか」には、逆接、言い換え、具体例、理由、結論などがある。
文章全体の中で文や段落がどうつながっているかが分かれば、話の流れが見えて来て、筆者が結局何を言いたいかを把握できる。

ちなみに、物語文の読解は「追体験」が大切である。「登場人物(または筆者)はどう感じたか」を、読者が追体験する、すなわち相手の気持ちになって考えてみるのである。

良い子は早く寝るのだ。おっちゃんは子供じゃないから夜更かしして……かあちゃんに叱られる始末だ。
国語の文章問題の解き方は、論説文と物語文とで分かれる。今回は論説文について考えよう。
論説文は、要するに「筆者は何が言いたいか」を突きとめればいい。そのためにこそ、読解するのである。次の(1)~(3)の手順を踏む。

(1) まず、問題を先に読む。先に文章全部読むのは、残念な子(アホな子)だ。
とは言っても、問題は細かくいろいろなことを要求して来るので、問題をすべて頭に入れてから文章を読む...続きを読む

QZ会と中学受験

首都圏で中学受験を考えています。

基本的には中学受験専門の塾を考えています。
他に、個別指導や家庭教師も、調査をしています。

Z会の通信教育は中学受験に対してはどうなのでしょうか?
大学受験では、Z会は通信教育界の最高峰ですよね。

Aベストアンサー

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多いので、中学受験に強い塾や家庭教師などで、コツのようなものをしっかり教えてもらったほうが速いのではという感じがします。(時間をかけてじっくり取り組めば解ける問題も多いかもしれませんが、受験となるとスピードと正確さが求められますし、問題によっては「どうしてこんなこと聞くの?」というようなものもありますし・・・・)

でも独学で合格する人もいるのですから、学校レベルをZ会で習得し、プラスアルファーを他の教材等を用いて学習する方法もあるかもしれません。・・・・ただし、通常受験する子供たちは学校レベルの学習を、学校よりかなり早く終えて、難しい問題をやっていくので、毎月来るZ会ではどうかなと心配もありますが。

参考のページも下に書きます。

参考URL:http://www.mrsnet-jp.com/study/gakuryoku_up/200304/200304_1.html

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多い...続きを読む

Q国語の試験に向けて。来月一般入試で、特待生試験を受けます。私は国語とデッサンを選ぶ予定で

国語の試験に向けて。




来月一般入試で、特待生試験を受けます。
私は国語とデッサンを選ぶ予定です。
過去問を二つほど受け取って、試しに解いてみましたが、どちらも60点前後しか取れませんでした。
苦手なところは、「~とあるが、なぜこうなのか。30字以内で解け。」という感じの問題です。
たぶん読解力が欠けてるんだと思うのですが、どうすれば得意になるでしょうか。
間違えたところは見直そうと思っています。
それ以外に勉強法はありますか?
やはり数をこなすべきでしょうか。

Aベストアンサー

>やはり数をこなすべきでしょうか。

そうです。

付け焼刃で考え方は変わりませんから、数をこなすしかありません

Q中学受験(算数)の教え方についてアドバイス下さい

こんにちは。塾講師や家庭教師で生計をたてている者です。
私自身は中学受験の経験はなく、公立高校→国立大学→国立大学院の理系です。
ぼちぼち実績も出てきだしたところで、何件か中学受験の家庭教師を打診されています。
試しに地域No2~3あたりの中学校の算数の入試問題を見てみましたが、まるでパズルのようで、解法へ至る思考プロセスが定義しづらいなと感じました。

それでも中学受験のプロと呼ばれるような先生方は、どのような難問にでも確実に対処されているのだと思いますが、私が感じた内容は、単にこのような問題に慣れていないせいでしょうか?
中学受験を経験したことの無い教師が中学受験生を指導するには、どのようなトレーニングを積めばよいでしょうか?
中学受験向けの先生方は、「ひらめき」ではなくご自身の経験に支えられた「何らかの解法プロセス」をお持ちなのでしょうか?

Aベストアンサー

塾講師、家庭教師経験者です。
中学受験の家庭教師は確かに難しいですね。
公式を使えば簡単に答えは出るような問題でも、
公式を使わせずに、いかにその答えにたどり着いたかを見る問題もあります。
例えば1+1=2ではなく、どうして1足す1は2になるかを
生まれて10年かそこらの子供にわかるように説明しなければならないのですから。
早くから受験勉強を始め、できる子は、向こうも問題慣れしていますのでいいのですが、
ボーダーのお子さんは結構苦労します。
あなたのように優秀な方なら余計に戸惑うかもしれません。
中学受験の問題は、やはり慣れだと思います。
あとは絵や図を多用し、子供に問題を可視化させるような工夫も必要です。
新幹線ではなく各駅停車に乗ったつもりで教えてあげて下さい。

Q特別支援学校の中学部もしくは高等部の、知的障害児クラスの「国語」の

特別支援学校の中学部もしくは高等部の、知的障害児クラスの「国語」の
授業について質問させて頂きます。

(1)授業形式は、少人数の一斉授業か、それとも個別授業か、どちらでしょうか?

(2)授業の内容は、国語のテキストを用いた授業か、自立活動メインの授業か、
 どちらでしょうか?

特別支援学校について、興味を抱いたのですが、授業の様子まではわからない
ため、質問させて頂きました。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

愚息が卒業した高等部では、少人数(5~6名、担任二人)の一斉授業で、各人の能力に応じて教材を選んで指導を受けました。漢字を読めるが書けない生徒は、読書が中心で、漢字を書ける生徒は書き取りや作文が中心でした。

Q中学受験を目指す子にはどのような指導をしたらいいですか?

こんにちは。

家庭教師のアルバイトで中学受験を目指す小学4年生の子を教えることになったのですが、正直、私自身も私の周りの者も中学受験というものを経験したことが無く、どのようなことを指導すればよいのか皆目見当もつきません。

小学4年生だからまずは基礎をとのことですが、中学受験の基礎が何かすらわかりません。本屋で中学受験に関する書籍を立ち読みしてみましたが、小学4年生ではまず、何から取り組めばよいのでしょうか?受験経験者、または指導経験者のかたがいらっしゃいましたら教えてください。ちなみに指導教科は算数と国語です。

Aベストアンサー

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていましたが、説明も載っていて、わかりやすかったです。その他の有名な中学受験塾でも、ネットなどで簡単に問題集を注文できると思います。何から取り組んだらいいかわからないようでしたら、そういう問題集を購入してもらい、やらせてみるのが早道ではないでしょうか。また、本屋さんでも「中学受験」とうたった問題集を売っていますが、それは四谷の問題集と、塾独自の教材とは別に、補助教材として使っていました。
あとは国語も算数の文章題も、文を読みこなす力が必要ですし、作文のある学校も多いので、文章力をつける指導をしてあげてください。

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていま...続きを読む

Qどーーしても小学校時代の読みたい国語の教科書があります。

私が何年生の時か忘れました。教科書の会社名も忘れました。

タイトルは「霧のアンカレッジ」です。
もちろん作者も覚えていません。

おっさんになった今、どうしても読みたくなりました。

今もあるでしょうか?どうしても手にいれたいです。
昭和何年の(平成?) どこのメーカーの教科書でしょうか。

どなたか教えて下さい!!

Aベストアンサー

こちらのページで蔵書検索してみたところ、
東書文庫
http://www.tosho-bunko.jp/

1986(昭和61)年と1989(平成1)年の東京書籍「新訂新しい国語 6下」に、
「霧のアンカレジ着陸」迫守治
という物語がありましたので、それのことでしょうか。

もし、運良く上記の東書文庫(東京都北区)の近くにお住まいであれば、当時の教科書を読むことができます。


なお、著者の迫守治氏の著作を国会図書館のサイトで調べてみましたが、
「こちら機長席」(筑摩書房 1981)
の1作品しか見つかりませんでした。
http://opac.ndl.go.jp/index.html

もしかしたら、上記作品からの一部抜粋なのかもしれません。(ちなみにあらすじは「太平洋を渡り、あるいは北極海を越え、数百人の人命を乗せた飛行機をあやつり、定時に安全に目的地まで運航する使命をもつ機長の仕事を紹介」というものでした)

お近くの図書館のサイトで検索して、もしあれば一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
(参考)公共図書館リンク
http://www.jla.or.jp/link/public.html

こちらのページで蔵書検索してみたところ、
東書文庫
http://www.tosho-bunko.jp/

1986(昭和61)年と1989(平成1)年の東京書籍「新訂新しい国語 6下」に、
「霧のアンカレジ着陸」迫守治
という物語がありましたので、それのことでしょうか。

もし、運良く上記の東書文庫(東京都北区)の近くにお住まいであれば、当時の教科書を読むことができます。


なお、著者の迫守治氏の著作を国会図書館のサイトで調べてみましたが、
「こちら機長席」(筑摩書房 1981)
の1作品しか見つかりませんでし...続きを読む

Q中学受験について

最近は中学受験にむけて塾に通っているお子さんが多いと聞きます。

(1)塾のほうが良いのでしょうか?家庭教師は駄目ですか?

(2)中学受験はどのように志望校?目標校?をきめるのでしょうか?

(3)塾や家庭教師はなにを基準に決めますか?(例えば評判が良いとか・・・)

一人っ子の娘がいます。小学3年生です。まだ本人は中学受験に興味はまったくありません。来年から中学受験にむけて塾に行ったほうが・・・と聞きました。アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるからです。みんながやってるからという理由でやるのはおすすめしません。(お金もかかります)

 家の家計が大変でも「子供が一生懸命勉強している姿を見ると頑張ろうと思う」このようなスタンスなら家計が苦しくても乗り越えられますが、そうでないと無理です。(家計に余裕があっても無理です)

 ここからは受験する前提で書きます。
(1)塾・家庭教師に関してですが両方に長所があります。
 お子さんが競争意識が強いなら塾、一人でこつこつやるタイプなら家庭教師がおすすめです。
 塾というのは生徒全体の底上げやトップの子の合格を重要視します。そのため多少気の弱いお子さんな どはケアができない場合があります。ただ講師の立場で言うと「塾の友達」はお子さんが初めて持つ「ライバルであり戦友」という学校の友達とは違うものがあり私は好きです。この塾の友達は結構うるさいのが多いのでそれが肌に合うかどうかです。また塾によってもお子さんは結構違うのでご自身で見学に行かれるといいです。 
 家庭教師は生徒に最適なペースで授業をします。ただ料金が塾より高いのが普通です。また初めてのお子さんの場合、お母さんが不安になる場合もあるようです。塾にいると父母会などが多くそうしたものが家庭教師の場合すくなかったりない場合があります。

(2)志望校の決め方
  …わかりやすく例をあげると家を買うのと同じです。
  家の予算=受験ではお子さんの偏差値・学費
  敷地面積=通学圏内
  レイアウト=校風

 決め方に決まりはありません。同じ偏差値でも大学受験特化校か大学付属校かで全然違います。
「お子さんがどうなりたいか・お子さんにどうなってもらいたいか」でご判断下さい。
 (早稲田と慶應を両方受験されるお子さんがいますが医者志望であれば早稲田でなく巣鴨等のほうをおすすめしています)

(3)われわれは決まられる立場ですが親御さんから聞くのは
 「成績が伸びそう」
 「子供が気に入った」等が多いようです。
 ただお子さんや親御さんの考えに沿わないようであればお断りする場合もあります。これは高飛車な考えでなく両方(塾もご家庭も)が不幸にならないためです。
お子さんがたのしく通える塾か学べる家庭教師をお探しください。
ご参考までに。

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるか...続きを読む

Q国語総合・国語表現I(近代以降の文章)

国語総合・国語表現I(近代以降の文章)って何が出ますか??
大学の入試試験範囲なのですが・・・。
総合ってことは古典、漢文も出ますか??
松尾芭蕉などの俳句は古典でしょうか??

Aベストアンサー

一般的に、国語の大学入試範囲を示す場合、
「近代以降の文章」=現代文分野のみの出題
ということです。
つまり、今回の場合、
「国語総合」「国語表現I」より古文・漢文を除く
というわけです。
近代以降=明治時代以降、ということですから、
江戸時代の松尾芭蕉の俳句などは出題の範囲外です。
なお、「古典」とは、「古文」+「漢文」を指しますので、
「古典分野を除く」という表記も同じ意味となります。
不安ならば、大学へ直接問い合わせてみればいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報