最新閲覧日:

アメリカの医学界の最高峰「ラスカー賞」の日本人受賞者には、
4人の方がおられますが、

花房秀三郎氏は、1982年にがんの発生する仕組みを解明して受賞され、

利根川進氏は、1987年に多様な抗体が作られる遺伝的原理で受賞され、

増井禎夫氏は、1998年に細胞分裂のカギを握る物質を発見して受賞されましたが、

西塚泰美氏の功績がわかりません。1989年にどのような功績で受賞されたのですか。

A 回答 (1件)

 ラスカー賞ではありませんが、1992年に京都賞をもらったときの受賞理由が下のURLにあります。

それによりますと「タンパク質リン酸化酵素「Cキナーゼ」の発見とその機能の解析により、新しい細胞内情報伝達系を解明し、多彩な生命現象の調節機構や癌化機構を明らかにするなど、生命科学の進展に多大な影響を与えた」とあります。
氏は他に顕彰として朝日賞,学士院賞,文化功労者,文化勲章,京都賞,ラスカー賞(米国),ガードナ賞(カナダ),スローン賞(米国),デールメダル(英国),ウォルフ賞(イスラエル),ディアズ賞(スペイン),シェーリング賞(ドイツ),ブレメンダル賞(オランダ)等受賞
され、会員として日本,英国,米国,独国,仏国,スペイン,インド等各国学士院,アカデミー会員 があります。

参考URL:http://www.inamori-f.or.jp/KyotoPrizes/contents_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shoyosiさん、ご回答ありがとうございます。
リンク先の西塚氏の京都賞受賞のサイト拝見しました。
リンク先からさらに、そのリンク先を調べていくと、
1989年までの英語の文献もほぼ、Cキナーゼに関することのようなので、
どうやら、ラスカー賞の受賞理由も京都賞と大きく変わらないようですね…。

また、ラスカー賞受賞者の6割が、その後ノーベル賞を受賞しているそうなので、
西塚氏には、花房氏、増井氏と共に期待しています。

お礼日時:2001/05/04 04:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ