【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

CentOS 6 を利用してKVMで仮想化しました。
仮想マシンのインストールは完了しましたが、DVDから別のパッケージを
仮想マシンにインストールしたいのですが、仮想マシン上からホストのDVD
の利用方法がわかりません。マウントしようとしても、仮想マシンではなく、
ホスト上のDVDのためマウントできません。
どうすれば 良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

実機が手元にないので、うろ覚えな部分が入っていますが、仮想マシンマネージャー(virt-manager) というアプリケーションでの手順です。



1. ホストのDVD ドライブに DVDのディスクを入れておきます。
2. ホストで、アプリケーション → システムツール → 仮想マシンマネージャー と選択し、仮想マシンマネージャーを起動します。
3. 仮想マシンの一覧が表示されるので、DVDのディスクを認識させたい仮想マシン上でダブルクリックし、仮想マシン用の画面を開きます。
4. 画面上段の 「 i 」と書かれている青いアイコンをクリックし、仮想マシンに割り当てられているデバイス一覧画面を表示します。
5-1. この中に "IDE CDROM" というデバイスがあれば、それを選択すると、ホストの DVD ディスクを割り当てる画面が表示されます。
5-2. "IDE CDROM" がなければ、同画面の下部の "ハードウェアを追加" を選択し、"IDE CDROM" デバイスを追加した後に、手順 5-1 を行います。
6. 仮想マシンを起動します。

以上です。
    • good
    • 1

CentOSでの経験は無いが、Linux, UNIX系ともデバイスは、物理アドレスと、論理アドレスで管理されているので(Windowsでも同じだが物理アドレスが表に出る事がないのでほとんど意識しない)、KVM等で仮想化しても、実際のところのやり方(アクセスの仕方)は、ほとんど変わりません。



たぶん、その”変わりません”と言うのが誤解を生むところなのでしょう。

通常

/dev/

などに論理アドレスが最リンクされるので、同じとこをみれば、ホストOSの論理アドレスが見れてしまうのでしょう。

http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20080512/p1
http://orangesooda.com/no/kvm/
http://d.hatena.ne.jp/smode/20110818/1313674383
http://tipspc.blogspot.com/2009/08/rhel-54-kvm-2 …

なんて感じで、それぞれ導入しているようです。

http://search.yahoo.co.jp/search?b=1&n=10&ei=UTF …

これらをすでに、乗り越えて(導入済み)てのお話なら、それらの試行錯誤を記載すべきですね。

よくあるんですよね。回答すると、”実は”なんて事が。

なにせここの投稿の90%が、偽物の投稿なので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCentOSでのCDマウントがうまくできない

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです。


[root@centos ~]# mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt
mount: ブロックデバイス /dev/sr0 は書き込み禁止です、読込み専用でマウントします
mount: 間違ったファイルシステムタイプ、不正なオプション、
/dev/sr0 のスーパーブロックが不正、コードページまたは
ヘルパープログラムの未指定、或いは他のエラー
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so


マウントのやり方が基本的にわかっていないようなので困っています。
上記のやり方で何が間違っているのでしょうか?
初歩的な質問ですみません。よろしくお願いします。

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです...続きを読む

Aベストアンサー

> mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt

マウントポイントを指定すればよいと思います。
cd /mnt
mkdir cdrom
mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt/cdrom

/dev/cdrom
が不安であれば、
cd /dev
ls -al
と入れて、さがしてみるのがよいと思います。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qvmware上のゲストOSにpingが通らない

vmware上のゲストOSにpingが通らない

環境
?vmwareのゲストCentOS    ip 192.168.147.128 ゲートウェイ 192.168.147.1

?vmwareのホストwindowsxp ip 192.168.0.5 ゲートウェイ192.168.0.1

?ホストと同じセグメント上にあるMacosX ip 192.168.0.6 ゲートウェイ192.168.0.1

ゲストとホスト間ではpingが通るのですが、Macのパソコンからだとpingが通りません。
macでtracerouteコマンドを使うとLANのルータ(192.168.0.1)を通り、そのあとグローバルIP?(133.*.*.*)が2つくらい表示され結局ゲストまでたどり着きませんでした。
同じネットワークでないために、デフォルトゲートウェイに送り、そのまま外に出て行ってしまったのでしょうか?
こうなってしまう場合どうすれば、pingをゲストOSに通すことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.2の訂正です。
私の検証ではホストOSが192.168.0.0/24側(仮に1次側)に対してルーターの役割をしていないようです。
ゲストOSがNATの場合はホストOSが1次側からのアクセスをゲストOS側(仮に2次側)へ通過させませんのでルーティング情報を記述しても通信できません。(2次側から1次側への通信は可能)
従って、ゲストOSのネットワークアダプタはブリッジモードに設定しないと相互通信が出来ません。

QLinux KVMのゲストからcdを排出させる

LinuxのKVMで作成したゲストに、HV(ホストマシン)のローカルにあるcdromイメージが挿入されています。
これをうまく取り出すことができません。
具体的に書きますと、ゲストのWindowsXP上からマイコンピュータを見ると、CDドライブが1つあり、CD-ROMが挿入されている状態です。
例えば、ホストから
virsh attach-disk vm1 /var/datashared/cdromimage.iso hdc --type cdrom --mode readonly
みたいな感じで入れました。
これをゲストOSから完全に排出したいです。
ゲスト上でディスクの取り出しをやっただけでは、再起動後にまたディスクがマウントされた状態になってしまいます。
virsh detach-disk vm1 hdc
とかで排出したような気がするのですが、次のように表示され、うまくできません。
エラー: Failed to detach disk
エラー: unsupported configuration: This type of device cannot be hot unplugged
dumpxmlすると、CDROMドライブ付近は次のようになっています。

<disk type='file' device='cdrom'>
<driver name='qemu' type='raw'/>
<source file='/var/datashared/cdromimage.iso'/>
<target dev='hdc' bus='ide'/>
<readonly/>
<alias name='ide0-1-0'/>
<address type='drive' controller='0' bus='1' unit='0'/>
</disk>

この中のsource file・・の行をvirsh editで強引に削除したらディスクイメージは完全に排出されたのですが、普通はこんな強引なことしないですよね?
virsh attach-diskみたいなコマンドで取り出せたと思うのですが・・・
ちなみにホストはFedora15です。
何かご存じの方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

LinuxのKVMで作成したゲストに、HV(ホストマシン)のローカルにあるcdromイメージが挿入されています。
これをうまく取り出すことができません。
具体的に書きますと、ゲストのWindowsXP上からマイコンピュータを見ると、CDドライブが1つあり、CD-ROMが挿入されている状態です。
例えば、ホストから
virsh attach-disk vm1 /var/datashared/cdromimage.iso hdc --type cdrom --mode readonly
みたいな感じで入れました。
これをゲストOSから完全に排出したいです。
ゲスト上でディスクの取り出しをやっただけでは、...続きを読む

Aベストアンサー

エラーメッセージを見る限り、Fedora15 KVM では動作中のゲストからCD-ROMデバイスを取り外す(ホットアンプラグ)機能が提供されていないように見えます。

ちなみに、RHEL6 では、source エレメントがない状態の XML 定義ファイルを作成して、virsh update-device コマンドを使ってデタッチ(取り外し)するという手順が推奨されているようですので参考にしてください。


Red Hat Enterprise Linux 6
Virtualization Guide

Chapter 30. Managing guests with virsh

http://docs.redhat.com/docs/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Virtualization/chap-Virtualization-Managing_guests_with_virsh.html#form-Virtualization-Managing_guests_with_virsh-Attaching_and_updating_a_device_with_virsh

エラーメッセージを見る限り、Fedora15 KVM では動作中のゲストからCD-ROMデバイスを取り外す(ホットアンプラグ)機能が提供されていないように見えます。

ちなみに、RHEL6 では、source エレメントがない状態の XML 定義ファイルを作成して、virsh update-device コマンドを使ってデタッチ(取り外し)するという手順が推奨されているようですので参考にしてください。


Red Hat Enterprise Linux 6
Virtualization Guide

Chapter 30. Managing guests with virsh

http://docs.redhat.com/docs/en-US/Red_Ha...続きを読む

Q画面が真っ黒のままです

しばらく作業をしないで放置していたところ、画面が真っ黒のままになってしまいました。
スクリーンセーブの機能だと思うんですが、
escやエンターや矢印キーを押しても画面が出てきません。

これを解除する方法はあるのでしょうか。
事前にコマンドを打っておくみたいなのはみつけたんですが
真っ黒になってしまってからではこれもできません・・・。
もしかしてカーネルがフリーズしていたりするのでしょうか。
XScreenSaverが悪さしてたりとか。。。ってどこかで見ました。
その場合は、どうにかしてPCの再起動しか手はないですか?
(そのどうにかして・・・がまたわかりませんが・・・)
何かよい方法がありましたら、お教えください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

#2で書かれていますが、Ctrl+Alt+BackSpaceキーでXサーバを再起動させることができます。
これは「マシンの再起動」ではありません。GUI画面をリセットして、GUIのログイン画面に戻るだけです。
(マシン自体の再起動は、大抵Ctrl+Alt+Delキーが割り当てられています)

また、#3で書かれているようにCtrl+Alt+F1~F6キーでいったんコンソール(CUI)画面に切り替え、Ctrl+Alt+F7キーで再度GUI画面に戻してみる、というのもいいかもしれません。

GUIの画面が復旧したら、スクリーンセーバーの設定を直しましょうね。

QwiresharkでパケットモニタするとRetransmissionが多発しているという意味は?

現在、自分で作成したパケット送信クライアントプログラムをテストしており、3秒に1回のタイミングでインターネット上にあるサーバのグローバルipアドレスに対し、TCPパケットを発信させて受信するというテストを行っています。
しかし、3秒に一回データを送っているはずなのに、その間隔10秒とか20秒とか間隔が開いてしまう時があります。

wiresharkというパケットモニタソフトで送信側、受信側共にパケットモニタを行ってみたところ、”Retransmission”が多発しているということがわかりました。(tcp.analysis.retransmissionというフィルタ設定で検索)この現象はある時とない時があります。テストして10日ぐらい経つのですが、このパケットが確認されるのはお昼の12時頃と夕方の6時頃が多いのですが、このことからどのようなことが起こっていると考えられますか?

わかる方いらっしゃいましたらご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単に言うと「トラフィック過多によるパケットの再送が多発している」です。

噛み砕いて言えば「回線が混雑していて、送信したパケットが、他の誰かが送信したパケットと衝突(コリジョンが発生)してパケットが消えた。なので、もう一度、送り直した」と言う事。

>このパケットが確認されるのはお昼の12時頃と夕方の6時頃が多いのですが、このことからどのようなことが起こっていると考えられますか?

「お昼休み、終業時間の6時になると、みんな、メールをチェックしたり、個人的にインターネットを閲覧し、トラフィック過多が起き、回線が異常に混雑する」と言う事が起きていると考えられます。

解消するには以下の方法があります。
・「休み時間も、終業時間後も、プライベートでネットを使うな!」と言う「通達」を全社に出す
・社内LANを、トラフィック過多によるコリジョンが起きないよう高速で帯域のあるネットワークカード、LANハブ、ルーターに変える
・受信側と送信側を、社内LANから(電気的、アドレス的に)独立した別のLANにする

要は「混んでる時間帯なので仕方が無い」って事です。

簡単に言うと「トラフィック過多によるパケットの再送が多発している」です。

噛み砕いて言えば「回線が混雑していて、送信したパケットが、他の誰かが送信したパケットと衝突(コリジョンが発生)してパケットが消えた。なので、もう一度、送り直した」と言う事。

>このパケットが確認されるのはお昼の12時頃と夕方の6時頃が多いのですが、このことからどのようなことが起こっていると考えられますか?

「お昼休み、終業時間の6時になると、みんな、メールをチェックしたり、個人的にインターネットを...続きを読む

Qシェルスクリプトでファイル内の数値文字列を数値として扱うには

失礼します。
シェルスクリプトでファイル内のテキスト(数値文字列)を取得して、それを使って計算するにはどうすれば良いでしょうか?

str:ファイル内のテキスト(数値文字列)

res=$(( $str + 1 ))

・エラー
")syntax error: invalid arithmetic operator (error token is "


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをexprに書き換えたところ
$ ./test2.sh
Using expr
09:19:00.302748000
09:19:19.259990000

exprだと19秒ですが、$(( 演算 )) だと10秒程度なので、演算が多くなれば確かにexprは不利ですね。

bashをご使用と判断して

res=$(( $str + 1 ))
ではなく、
res=$(( str + 1 ))
だと思います。

> exprもやってみたのですが、処理が遅くなるので使いません。
興味があって以下のシェルで検証してみました。

#!/bin/bash

str=1
i=0

echo 'Using $((str + 1))'
date '+%H:%M:%S.%N'

while [ $i -lt 10000 ]
do
str=$(( str + 1))
i=`expr $i + 1`
done

date '+%H:%M:%S.%N'

exit

$ ./test.sh
Using $((str + 1))
09:18:46.290418000
09:18:56.929345000
これをe...続きを読む

Qtopコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について

topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。
CentOS5.4上で動作しているアプリケーションの使用メモリについて調査しています。
サーバのメモリ容量は512MBで、この上でスワップアウトしないようにアプリケーションの起動数(常駐)を調整しようとしています。

topコマンドでプロセスが使用している物理メモリ容量はRES項目を見れば良いことがわかっていますが、VIRT(仮想メモリの総量)とSWAP(スワップされたサイズ)が具体的に何を示しているのかがわからず、困っています。

topコマンドの出力結果は下の通りです。
この検証用サーバでは暫定的にパーティション設定でスワップ領域を作成していません。
しかしtopコマンドではVIRTとRESの数値は差異があり、SWAP項目も大きな値を示しているプロセスがあります。

スワップ領域が無いのではtopコマンドはVIRTとRESが同じになり、SWAPはゼロとなると予想していたのですがどうしてならないのですか?

top - 03:35:44 up 36 min, 3 users, load average: 0.13, 0.17, 0.20
Tasks: 90 total,  1 running, 89 sleeping,  0 stopped,  0 zombie
Cpu(s): 0.0%us, 1.3%sy, 0.0%ni, 98.0%id, 0.0%wa, 0.0%hi, 0.7%si, 0.0%st
Mem:  515340k total,  452152k used,  63188k free,  18132k buffers
Swap:    0k total,    0k used,    0k free,  347404k cached

 PID USER    PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM  TIME+ SWAP COMMAND
 4602 tomcat  25  0 645m 28m 6996 S 0.0 5.8  0:04.12 616m java
 2227 root   34  19 25656 10m 2108 S 0.0 2.0  0:00.12 14m yum-updatesd
 1680 root   17  0 11580 9964 240 S 0.0 1.9  0:00.02 1616 restorecond
 1936 haldaemo 18  0 5472 3676 1688 S 0.0 0.7  0:01.20 1796 hald
 2499 root   18  0 10540 2916 1504 S 0.0 0.6  0:00.03 7624 httpd
 3672 root   15  0 10064 2888 2308 S 0.7 0.6  0:02.50 7176 sshd
 3927 root   20  0 9916 2880 2308 S 0.0 0.6  0:00.34 7036 sshd
 2054 root   18  0 10116 2328 1696 S 0.0 0.5  0:00.04 7788 cupsd
 2500 apache  25  0 10540 2088 640 S 0.0 0.4  0:00.00 8452 httpd

どうしてもズレるので画像を添付してます。

topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。
CentOS5.4上で動作しているアプリケーションの使用メモリについて調査しています。
サーバのメモリ容量は512MBで、この上でスワップアウトしないようにアプリケーションの起動数(常駐)を調整しようとしています。

topコマンドでプロセスが使用している物理メモリ容量はRES項目を見れば良いことがわかっていますが、VIRT(仮想メモリの総量)とSWAP(スワップされたサイズ)が具体的に何を示しているのかがわからず、困っています。
...続きを読む

Aベストアンサー

答えにたどり着く前に、若干長めの説明が必要です。

> topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。

 RESは、ご認識の通り、そのプロセスの物理メモリ使用量です。

 VIRTとして表示されている仮想メモリ総量とは、そのプロセスの
仮想アドレス空間の中で、有効となっているページの総量です。
これに計上されるのは、参考リンクの「仮想記憶の概念図」でカラフルに
描かれている「物理メモリ」や「スワップ」に対応するページのほか、
以下のようなものも含まれます。

・プロセスが確保したメモリのうち、まだ一回もアクセスして
 いない部分。
  ⇒アクセスしたときに初めて物理メモリが割り当てられ、
   RESにも計上されていきます。
  (javaのRESに比べてかなり大きいVIRTは、これによるものと
   思われます。大きなヒープサイズを指定していませんか?)

・プロセスが ファイルを仮想メモリ空間にmmap(2) したが、
 まだ一回もアクセスしていない部分。
  ⇒Linux(UNIX) には、あたかもメモリをアクセスするかのように
   ファイルを読み書きできる mmap(2) という機能があり、
   かなり多用されています。mmap直後のファイルは、
   VIRTには計上されますが、物理メモリには読み込まれずRESには計上
   されません。ファイルをmmapした仮想メモリ空間にアクセスした
   部分が、物理メモリに読み込まれRESに計上されます。

> スワップ領域が無いのではtopコマンドはVIRTとRESが同じになり、
> SWAPはゼロとなると予想していたのですがどうしてならないのですか?

実は、SWAPとして表示される数値は、単に VIRT と RES の差です。

VERT(仮想メモリ総量)の中には、物理メモリ(RES)やスワップ領域の
使用量だけなく上記で挙げたような仮想空間の部分の合計が含まれ
ますから、スワップ領域がゼロでも、上記で挙げたような空間が
SWAP として表れているのです。

個人的にはこの数値をSWAPと呼ぶのは、かなり不適切だと思いますが、
多くのLinuxディストリビューションのtopコマンドで表示される
SWAP欄は、そういう計算をしているということです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E8%A8%98%E6%86%B6

答えにたどり着く前に、若干長めの説明が必要です。

> topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。

 RESは、ご認識の通り、そのプロセスの物理メモリ使用量です。

 VIRTとして表示されている仮想メモリ総量とは、そのプロセスの
仮想アドレス空間の中で、有効となっているページの総量です。
これに計上されるのは、参考リンクの「仮想記憶の概念図」でカラフルに
描かれている「物理メモリ」や「スワップ」に対応するページのほか、
以下のようなものも含まれます...続きを読む

QFINパケット、RSTパケットが返却される理由?

アパッチのヘルスチェックにて、パケットをみました。
シーケンス番号を追っていきましたが、下記のような
通常ではない動作がありました。

<ケース1>
(1)サーバからのHTTPのGETに対して、クライアントがFIN.ACKパケットを返却する。
(2)サーバがFIN.ACKパケットをクライアントに送る。
(3)クライアントからRSTパケットが返却される。
※RSTパケット内にて、broken tcpとの記載あり

<ケース2>
(1)サーバからのFIN.ACKパケットに対して、クライアントからRST.ACKパケットが返却される。


・質問1
それぞれについて、正常な動作とはおもえないのですが、
異常でしょうか?

・質問2
FIN.ACKパケット又はRSTパケットが返却されるのはどんな場合が想定されるのでしょうか?

・質問3
FIN.ACKパケット→RST.ACKパケットは異常な動作でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おつかれさまです。

質問1
ケース1というのはおかしいですね。
サーバからのHTTPのGETというのはありえません。
GETはクライアントから送信されるものです。
言葉のアヤでGETの応答電文がサーバから送信
されている間にFINがクライアンから来るという
ことであってもおかしくないと思います。

ケース2のRSTパケットについてもおかしくありません。
よくブラウザ上で通信途中(画面が全部表示されない)
で次のページへ移動することなどありますよね。
またサーバもクライアントも、keepaliveという
機能があります。一連のやりとりが終わっても、
次の通信のために一定期間コネクションを保持する
機能です。これは意外とおせっかい機能で時間が
たつと勝手にRSTを発行したりします。

質問2
FINは一連の通信が終わった時です。
上述のkeepaliveの機能も一応決まりがあって、
httpヘッダにカウンドダウンする数字があって
もうこの通信で終わりですよって1まで来たら
FINが発行されます。
またはkeepaliveのtimeout時間が過ぎると
RSTが出ます。
他のケースとしては通信不良で再送リトライ
オーバとなった場合とか、通信不良で通信の
シーケンスが合わなくなった場合とかに
RSTが出ることはあります。

質問3
FIN→RST クライアントがFINを出してコネクションを
開放した後に、FINをサーバが返してきたら、もう
コネクションはないのでサーバ側も開放してねと
RSTを投げるケースはあるでしょうね。

とにかく、
ケース1(1)以外はよくあることです。
クライアント(PCのブラウザだと思いますが...)は
人が操作しているので、ブラウザを×するとか
F5キー押すとか、いろんなことをやるでしょう。
WindowsやIEのそのあたりの動きは結構アバウトな
作りであることは確かですが....

いかがでしょう?

おつかれさまです。

質問1
ケース1というのはおかしいですね。
サーバからのHTTPのGETというのはありえません。
GETはクライアントから送信されるものです。
言葉のアヤでGETの応答電文がサーバから送信
されている間にFINがクライアンから来るという
ことであってもおかしくないと思います。

ケース2のRSTパケットについてもおかしくありません。
よくブラウザ上で通信途中(画面が全部表示されない)
で次のページへ移動することなどありますよね。
またサーバもクライアントも、keepaliveという
機能があり...続きを読む

QGNOMEパネルが表示されず何もできない(シャットダウンも)

アクセスありがとうございます。
このたびなんとかRed Hat Linux7.3のインストールに成功したのですが、まだほんのちょっとしか使ってないのにトラブルが発生してしまいました。
なんと使用中にふと気付くとパネルが無くなっていました。
そのため何にも出来なくなってしまいました。
他に見あたる症状としてはウィンドウのタイトルバーが消え移動できなくなっています。
なぜこのような状況になってしまったのかは全く不明です。
何しろ昨日インストールして今日起動後まもなくこうなってしまったものですから。
復旧方法が分かる方はいらっしゃいますか。
是非教えていただきたいです。
と、とりあえずはコンピュータをシャットダウンさせて心を落ち着かせたいです。

Aベストアンサー

う~ん、viエディタ知りませんか。。。

viエディタはUNIX/Linuxで必ず使えるエディタです。

% vi /etc/inittab

こんな感じでviを起動させて、ファイルを編集するのですが、はっきり言って、操作に慣れるのに時間がかかりますので、それまではgnomeのエディタを使うほうがよいですね。

マウスの中ボタンから、それらしいメニューを見つけてください。(今Linuxが手元にないので)

(だけどviは必ず習得しましょう。XWindowがinstallされていないLinuxもありますから。)

>どうも、そのつど「.gnome~」を移動して再起動すればパネルは表示されるようになるのですが次回起動するときにはまた表示されなくなってしまうようです。

どうもgnomeの環境が不安定ですね。
新しいユーザアカウントを作成して作業してみてはいかがでしょう?
または、今作業しているアカウントをいったん削除して、作り直してみるとか。

.gnomeXXXX 以外にも壊れているファイルがあるのかもしれませんので。

う~ん、viエディタ知りませんか。。。

viエディタはUNIX/Linuxで必ず使えるエディタです。

% vi /etc/inittab

こんな感じでviを起動させて、ファイルを編集するのですが、はっきり言って、操作に慣れるのに時間がかかりますので、それまではgnomeのエディタを使うほうがよいですね。

マウスの中ボタンから、それらしいメニューを見つけてください。(今Linuxが手元にないので)

(だけどviは必ず習得しましょう。XWindowがinstallされていないLinuxもありますから。)

>どうも、そのつど「.gnome...続きを読む


人気Q&Aランキング