ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

棚卸資産の評価損の計上方法には、洗替法と切放法がありますが、
洗替法の場合は利益が出ることもあるのでしょうか?



<例>
前期に100円で取得した商品の時価が、前期末には80円に下がったため、
20円の評価損を計上した。

20円の評価損は洗替法で処理していたため、今期首、20円を戻し入れた。
その後、今期末、商品の価格は90円になった。

この場合、今期、10円の利益が出るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

平成23年度の税制改正で切り離し法が廃止になりました。



この以前であれば切り離し法がありましたのでこの方法によると、時価が上がっても評価替えがありませんので利益にはなりませんが、洗替え法を適用していた場合は前年に低価法で切り下げた棚卸資産の時価が当期末に上昇すれば、その差額は当期の利益に加算になります。
今後はこれが原則になりますので、場合によっては益が出ます。

ただこれは利益が出たというよりは前年の評価の修正による戻し益というほうが近いかなと思います。
またあくまで原価と時価の比較ですから、原価よりも時価が高くなっても原価が最高限度でそれ以上の利益にはなりません。



http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/h …
    • good
    • 0

利益とは収益から原価・費用・損失を差し引いたものです。

質問では原価の計算のごく一部を書いているだけなので、この内容だけで利益がどうなるかなんて判断できません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洗い替え方式とはなんですか

会社の部品管理で洗い替えと言う言葉をよく聞くのですが、よく分かりません。どなたか分かりやすく教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 Yfukuさんのおかげで荒い替え方式。この言葉に再会したと言っても過言でありません。少しオーバーだけど有難う(^・^)

☆ さて本題に入ります。

※ 荒い替え方式・・・・棚卸資産を評価する際の低価法の一つの方式で、原価時価比較低価法と呼ばれるように、取得価格と時価とを比較して低い価格をとる。
つまり、ある決算期に原価と時価とを比較し、時価が低いので時価で評価した場合でも、次期の評価額を計算する際に基礎となるのは実際の原価とするもの。
ある決算期に評価を切り下げても、次期にはその分を戻して考えるわけ。

Q経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。

経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。
具体的な仕訳を挙げて説明していただけると助かります。

Aベストアンサー

#1さんがお答えになっているのが非常にわかりやすいと思います。
その例を使わせていただき、もう少し細かくすると。
例えば平成18年3月期に100の貸倒引当金を計上するとします。
(平成18年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 100 / 貸倒引当金 100
(平成18年4月1日の仕訳)
貸倒引当金 100 / 貸倒引当金繰入 100
ここで昨年のをすべて洗い替えるようにもどに戻します。
その上で平成19年3月の貸倒引当金が120とするなら
(平成19年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 120 / 貸倒引当金 120
とまた今年度分を仕訳します。

仮に「洗替」をしない場合には平成18年4月1日の仕訳は行わず
平成19年3月31日の仕訳で
貸倒引当金繰入 20 / 貸倒引当金 20
前年ですでに100は引当金を計上しているので残りの20だけ追加で
計上します。

Q原価洗替とは?

原価洗替ってどういうことなんでしょうか?
すごく簡単に説明していただけるとありがたいのですが・・・

Aベストアンサー

低価法の洗替法のことかなと思いますのでそれについてかきます。

100円で買ったものが期末に在庫としてあった場合、
例えばそれが95円の価値しかない(新商品でなくなったとかで価値が下がる)とします。

この時
評価損5/商品5
と言う仕訳をいれて商品の帳簿価格を95円にして決算を行ないます。

翌期に
商品5/戻し5
ってして商品の帳簿価格を100に戻すのが洗替法

戻さない(商品は95円のまま)のが切放法です。

Q洗替の意味と基本的な仕訳を教えてください

よくテキストで、「洗替によって・・・」とかいう言葉が出てきます。その意味と基本的な仕訳を教えてください。

Aベストアンサー

前に回答した者です。

>新たに費用計上して、貸倒引当金という勘定科目でつくったという
ことでしょうか

厳密に言うとちょっと言葉が適切ではないところがあるかもしれませんが
そのような理解の仕方でいいと思いますよ。
「貸倒引当金」の意味については、こんなサイトがありました。
(余計分かりにくくなっているかも…)↓
http://lanavi.net/bookkeeping3/story/18.html

Q売上在庫の評価減後の取扱い

売上在庫の評価減について質問です。仮にある在庫について今期100%の評価減をした場合、価値は0円になりますが、この在庫について来期売ることは可能なんでしょうか。または何か条件があるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

100%の評価減をした商品というのは、経済的に無価値ということですから販売の可能性はゼロというのが前提です。

その状態は評価減ではなく廃棄処分というべきでしょう。
評価減をしてなおその商品を保有するということはその経済的価値をある程度認識しているからであって、少なくとも備忘価額は残すべきでしょう。

従って、前提として多少でも売れる可能性があれば最低限の評価金額で残すべきです。

0円にした後売っても良いかということでは、実際需要がついたのならば売れるでしょう。これは可能かどうかというよりも欲しがる相手があるかどうかの問題です。
そのような買い手が出てくればたとえ1円でも売れれば会社の利益ですから売ったらよいことです。

でもそういう事情が出るとはたして前期の評価減は何であったのかという疑問が出てきます。

その後の税務調査でこのような事実が発覚すると、在庫の信頼性について追求される恐れが大です。

100%の評価減ということではなく、そのような場合は即廃棄すべきであるという方針が適当と思います。


私はかつて旧製品の部品で特注のものについて、殆ど使用される可能性はないがメンテナンス上は持っておかなければならないというものを、1円で評価して封印の上保管するということをしたことがあります。実際殆ど使用されることはなかったのですが、現物をそのように持っていることについて、税務調査では全く問題にされませんでした。

100%の評価減をした商品というのは、経済的に無価値ということですから販売の可能性はゼロというのが前提です。

その状態は評価減ではなく廃棄処分というべきでしょう。
評価減をしてなおその商品を保有するということはその経済的価値をある程度認識しているからであって、少なくとも備忘価額は残すべきでしょう。

従って、前提として多少でも売れる可能性があれば最低限の評価金額で残すべきです。

0円にした後売っても良いかということでは、実際需要がついたのならば売れるでしょう。これは可能かどうかと...続きを読む

Q減損、評価損、評価減の違い

経理部に属していてこれらの処理をみることがあります。
これらの単語の違いがいまいちわかりません。
会社では評価減は使用不可の貯蔵品の価値を会計上0円に。
減損は既に使用していない、価値のない固定資産に対して
会計上簿価0にする処理をしているようなのですが
評価損と減損の違いがわかりません。
自分の認識もあまり自信がないので詳しい方教えてください。
この3つの単語を比較して教えていただけると助かります。
ヒントでもHPでもかまいませんよろしくお願いします。
なお、簿記2級~3級程度の知識です。

Aベストアンサー

これは、難しいですね。普通に使い分けているので、これを整理してみると…
まず、評価減とは資産の評価額を減少させることをいい、この処理により出てきた損失が評価損ということになります。
減損は評価損の一種ですが、評価損は時価的な意味合いが強い(評価益というものもある)のに対し、減損は取得原価主義の下収益性の低下による回収不能分の切捨てに対して使用しているように思えます。

しかしながら、貯蔵品の評価損は減損ではないのかというと、そのようには使用しないということで、減損という言葉自体が新しいものであるため、ただ単に歴史的経緯による使い分けに過ぎないような気もします。
実際、棚卸資産の会計基準をみると、ほぼ同じような評価額の切り下げの定義に対し減損という言葉を使っていません。

したがって、この用語の使用区別は、その評価方法や処理方法ではなく
固定資産→減損
流動資産→評価損
という整理でいいのではないでしょうか。もちろん、固定資産の中にも評価損といっても違和感のないものもあるので、おおよそです。

Q評価損を計上した場合の期首の金額は?

08年04月よりの棚卸資産の評価に関する会計基準を
適応しましたが、PL(損益計算書)の期首商品棚卸額はどのようになるのでしょう?
洗い替え法を採用します。評価損は原価で処理。
下記の仕訳をおこします。

前期末仕訳

(借方) 商品    100,000 (貸方) 期末商品棚卸額 100,000
(借方) 商品評価損  20,000 (貸方) 商品 20,000

当期首仕訳

(借方) 期首商品棚卸額  100,000 (貸方) 商品  100,000
(借方) 商品    20,000 (貸方) 商品評価損戻入 20,000

BS(貸借対照表)の前期末(当期期首) の商品は80,000 ですが、
PLの期首商品棚卸額は100,000でしょうか? 80,000でしょうか?

洗い替えなので下記のようにPLを作成したんですがBSが評価損分
金額が合わなくなりました。

期首商品棚卸額 100,000
当期商品仕入額  50,000
期末商品棚卸高 100,000

売上原価      50,000

上記の仕訳は合っているのでしょうか?

解りづらいと思いますが、よろしくお願いいたします。

08年04月よりの棚卸資産の評価に関する会計基準を
適応しましたが、PL(損益計算書)の期首商品棚卸額はどのようになるのでしょう?
洗い替え法を採用します。評価損は原価で処理。
下記の仕訳をおこします。

前期末仕訳

(借方) 商品    100,000 (貸方) 期末商品棚卸額 100,000
(借方) 商品評価損  20,000 (貸方) 商品 20,000

当期首仕訳

(借方) 期首商品棚卸額  100,000 (貸方) 商品  100,000
(借方) 商品    20,000 (貸方) 商品評価損戻入 20,000

BS(貸借...続きを読む

Aベストアンサー

期首残高=前期末残高ですから、期首商品棚卸高は80,000です。
(借方) 期首商品棚卸額 80,000 (貸方) 商品 80,000
なお、この仕訳は普通、期末棚卸高と洗い替えで期末にまとめて計上します。
http://www.kanjyoukamoku.com/kimatsushouhinntanaoroshidaka.html

売上原価については30,000になります。

Q貯蔵品を使用した際の資産上の操作について

購入後すぐに使用しない予備品の取扱いについて教えてください。
購入後1年以内に使う見込みのあるようなもの(予備品)を購入
した場合、、固定資産とせず貯蔵品とし、半期毎に棚卸し作業を
行なっています。(1年を超えて保管する見込みのあるものは建
設仮勘定で残しています)
ここまでは正しいと思うのですが、貯蔵品としたものを使用した
場合、どうすればよいのでしょうか?
棚卸し作業により、貯蔵品リストからは消えていますが、これだ
けで良いのでしょうか?
素人の質問で申し訳ありませんが、教えて下さい。

Aベストアンサー

#3です。

質問者は、勘定科目の理解が不充分です。

「貯蔵品」という勘定科目は、未使用の文房具、郵便切手、などを計上するときに使用します。未使用の固定資産を計上するときは、やはり固定資産勘定を使用し、「貯蔵品」は使用しません。

「建設仮勘定」は、建物や機械などの有形固定資産の建設または製作のために支出する金額で完成前の金額を処理する科目です。未使用の固定資産を計上処理する科目ではありません。

Q決算仕訳の洗替え

職種はお弁当屋さんなのですが、原材料の洗替えの勘定科目を教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

決算整理での「たな卸し」のお話ですね。(売上げに対する売上原価(売上げに対応する仕入れ)の算定)

日常の手続きでは、次のような仕訳であることを前提にお答えします。

 仕 入/現預金 XXX
 
  または…

 仕 入/買掛金 XXX
 買掛金/現預金 XXX

期末では次のような期末整理仕訳を計上することにより売上原価を算定し、売上高との対応を取ります。


【翌年以降期末】
 期首棚卸高(仕入)/(繰越)原材料 ×××× ← 期首原材料棚卸高(前期在庫)
 (繰越)原材料/期末棚卸高(仕入) ×××× ← 期末原材料棚卸高(当期在庫)


※上記で使用した勘定科目を資産、負債、資本、収益、費用の5つの区分で整理すると次のとおりです。

 現預金   … 資産科目です。
 原材料   … 資産科目です。
 買掛金   … 負債科目です。
 仕 入   … 費用科目です。
 期首棚卸高 … 費用科目です。
 期末棚卸高 … 費用科目です。

 (注)上記の勘定科目名は、わかりやすい名称としましたが、実際は会計ソフトでも簿記学校のテキスト等でもそれぞれ若干の違いがありますのでご承知おきくださいませ。

決算整理での「たな卸し」のお話ですね。(売上げに対する売上原価(売上げに対応する仕入れ)の算定)

日常の手続きでは、次のような仕訳であることを前提にお答えします。

 仕 入/現預金 XXX
 
  または…

 仕 入/買掛金 XXX
 買掛金/現預金 XXX

期末では次のような期末整理仕訳を計上することにより売上原価を算定し、売上高との対応を取ります。


【翌年以降期末】
 期首棚卸高(仕入)/(繰越)原材料 ×××× ← 期首原材料棚卸高(前期在庫)
 (繰越)原材料/期末棚...続きを読む

Q輸出時の関税?消費税?

FEDEXから、立替関税・消費税の請求書が届きました。
書籍を空輸した際に課税されたようです。(書籍を販売したわけではありません)

2,200円のうち、1,000円強(曖昧ですいません)が立替手数料なので、税額分を租税公課にして(仮払い消費税が適当でしょうか?)残りは事務費か雑費にしようと思います。
請求書をまじまじ見ましたが、立替手数料の国内消費税に関する記載がまったくありません。
そこで、通常の外国宛の宅配送料の請求書も見ましたが、これにも国内消費税の記載が見つけられません。

外国宛宅配料って、、、、消費税非課税なんでしょうか?まさかそんなことはないですよね。
なんだか頭の中が真っ白になってしまいました。

◇書籍の輸出(贈呈品)には関税・消費税がかかる。
◇外国宛宅配送料や立替手数料には、記載が見つけられなくても、請求額に国内消費税5%が含まれている。

以上で、間違いないでしょうか?
(おたおたしているうちに18時過ぎてしまってFEDEXに聞けない)
そしてFEDEXが立替えた税金は「租税公課」と「仮払い消費税」とどちらが適当でしょうか?
・・・・まさか輸出先の国の税金???????

FEDEXから、立替関税・消費税の請求書が届きました。
書籍を空輸した際に課税されたようです。(書籍を販売したわけではありません)

2,200円のうち、1,000円強(曖昧ですいません)が立替手数料なので、税額分を租税公課にして(仮払い消費税が適当でしょうか?)残りは事務費か雑費にしようと思います。
請求書をまじまじ見ましたが、立替手数料の国内消費税に関する記載がまったくありません。
そこで、通常の外国宛の宅配送料の請求書も見ましたが、これにも国内消費税の記載が見つけられません。

外...続きを読む

Aベストアンサー

国際貨物の配送料は輸出免税です(0税率)。

請求された「税金」は、宛先国の関税の立替額だと思いますので、租税公課でいいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング