プロが教えるわが家の防犯対策術!

小学生の頃から、なんとなくぼんやりと、
自分は早くに死にそうだ、と第六感のようなものを感じます。

このような経験をしたり、実際に予測していた年齢で亡くなった方はいたりするのでしょうか?

A 回答 (3件)

はじめまして。



回答にはならないかもしれませんが…

私の場合は自分の事は解らないのですが、主人の周りの方達の事故や亡くなる時に誰かが教えに来るなど不思議な事ばかり経験しています。

主人の祖母と同級生が危篤状態の時に夜中に寝ていたら、お線香の香りがして耳元で、お経が聞こえ…朝早く主人の実家から主人の同級生(交通事故)と祖母が亡くなったと連絡があり、主人の従妹が事故で危険な状態の時も真夏なのに鳥肌が立つ酷い寒気がし主人に「何か嫌な予感がするんだけど…」と言ったら翌朝、主人が出勤してから主人の携帯に主人の親から連絡があり「○○○が事故に合い輸血が必要らしいから、お前同じ血液型だから○○○○病院に直ぐに行ってくれ」と言われ輸血しに主人は行ったそうです。

主人の叔母が亡くなる直前が今でも一番怖かったと記憶に残っているのですが私と子供が夜ベッドに入ってテレビを見ていたら(私は横向きで)カーペットの上に上半身だけの昔の兵隊さんみたいな格好の人が私の方を、ずっと見ているのが何故か背中で感じ動けなくなった事がありました…。
振り向いて見た訳では無いのですが、どんな格好で、どんな表情かが感じて、とても怖かったです。
やはり、夜中に主人の実家から叔母が亡くなったと連絡がありました。

後は、主人の弟が事故を起こす前に「何か大きい物とぶつかるよ…気をつけて」と弟さんに言った数日後にトラックとぶつかったと弟さんから聞きました。

いつも、このような感じで誰かに知らされる時などは、ハッキリ目には見えていないのですが…
自分でも不思議ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのような不思議な事があるのですね…
参考になりました!ご回答有難うございましたm(_ _)m

お礼日時:2011/10/10 17:12

いるようです。


ですが、それらが全て表に現れている訳でもないでしょう。
誰にも言わずに予感通りの死を迎えたと言う人も沢山いるでしょうから。
死んでしまったらもう誰にも伝えることは出来ませんよね。

そして逆に、予感が外れて生き続けている人もまた、沢山いるでしょう。
このデータを得ることは、どう考えても無理があります。たとえデータをフィールドワークを行なって採集したとしても結局は自己申告であり、信憑性と言う点でデータとしての態を成さないでしょう。

この手のサイトを利用して“自分が予感していた死ぬ時期を過ぎても生きている、という方いますか?”といった感じのアンケートを行なってみたら、何件かは回答を寄せて頂けるかもしれませんね。
とは言え、それも気休めにしかなりません。
結局のところ当人にとっては大変気になる事だと思いますが、出来るだけ気にせずに生きて行くべきだと思いますよ。
可能であれば、自分の予感が当るかどうかを楽しみに生きて行く、或いは、予感を信じることでより充実した人生を歩んで見せる、という姿勢で生きて行くことが出来れば自分にとってプラスになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!

ちなみに私はマイナスに考えてはいません(汗)説明不足でした、すみません!
ただ、死ななかった場合予定がないなぁと…(笑)

ご回答有難うございました!

お礼日時:2011/10/10 12:23

いません。

そういうことばかり考えていたら先に進めません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング