オール電化の家というのは、なにも人体に影響はないんでしょうか。不動産屋さんに問い合わせをしたら、当然問題ないとの回答でした。もちろん、携帯電話や家電製品、わたしたちの身の周りに電磁波を出し、なにかしら人体に悪影響を及ぼしているものはたくさんあるので、気にしだしたらキリがないのですが…。ただ、オール電化だとコンロなんかがちょうどおなかのあたりにくるので、妊婦になった時、子供に影響がないか不安なのです。神経質になりすぎでしょうか。すぐどうこうなるという問題ではなくても、長いスパンで見ると、オール電化の家はそうでない住宅よりも多少の危惧はぬぐいされないのですが、どうなんでしょうか。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

オール電化の家が体に影響が・・・というのは、何か抽象的な表現というような気がします。

オール電化といっても結局は、温水器がついて・IHレンジかラジエントヒーターレンジあたりが増えるくらいで、通常より電化製品が増えるくらいで・・・
daixdaiさんの発言に、電子レンジとIHレンジの電磁波レベルが一緒だとありましたが、はっきり言ってIHレンジの方が電磁波量は多いと思います。但しかなりの指向性を持たせて、上方のみに集中するようになっていますし、周波数が違いますね。人体に直接影響はほとんど無いと思って構わないです。もしIHが心配ならば、ラジエントヒーターにするとかハロゲンヒーターにするという手もあります。
オール電化にした方の話を聞くと、ガスと比べて火力に遜色もなく、夜間の電気料金が1/3になるため使用量は増えても料金はさほど上がらず、ガス料金(基本料)を払わなくて済むため、かなりお得と聞きました。
その他、環境や騒音を考えても、電気がお勧めです。
vicky912 さんのおっしゃるとおり、電磁波よりも電波(電磁波の一種ですが)の方が心配なのではないかなと思います。
    • good
    • 0

 vicky912さんこんにちは


 電気コンロについて、具体的な機器があげられましたので、もう少し具体的な面を追加しておきましょう。キッチンの電気調理器具はtooffさんの回答にもあるとおり、主に、IHなどの電磁調理器と、ラジエントヒーターなどの加熱調理器があります。一般に、「電気コンロ」は後者を指します。
 前者、IHは、磁石のNとSを激しく入れ替えて、鍋自体に電流を起こして、鍋自体を発熱させる仕組みです。従って、磁石にくっつかない鍋(アルミ鍋や土鍋)は使えません。また、vicky912さんの心配の種である電磁波も多少漏れるでしょう。一方、ラジエントヒーターは、電熱線と言って、電気抵抗が小さい線に電気を流して発熱させる仕組みです。オーブントースターや電気ストーブなど赤くなって発熱している部分がありますね。あれと同じようなものです。街灯に使われている白熱電球なども同じ原理です。
 つまり、電気コンロは一般に危険と考えられる電磁波を出す部分が、どこにもありません。よって、影響を心配する必要はありません。敢えて、出ると言えば電源から来ている50/60Hzの周波数(→電気が振動する回数で1秒に50/60回電気の流れる方向が変わることを意味します)ですが、家庭レベルでこの周波数が危険という実態報告はありません、よほど環境ホルモンの方が危険ではないでしょうか。
 もし、電磁波アレルギーが心配ならば、テレビや蛍光灯、携帯電話を使わないようにする必要があります。テレビについては情報の必需品ですから、電磁シールドボックスといって、スチール(鉄)と銅の薄い板を交互に重ねたボックスの中にテレビを格納する方法があります。また、自然界からの電磁波もシールドする必要がありますから、家の壁も前述の特殊な金属合板で作ります。ただ、このような電磁波の遮断はアレルギーが認められる場合に必要であって、ふつうは必要ないと思います。
 なお、興味深い話題を一つ追加(笑)・・・外からの電磁波を遮断し、中で発生した電磁波は吸収する部屋を「電波暗室」といい、本来は実験・研究や脳神経外科の繊細な脳波測定に使います。↓

参考URL:http://www.tepco.co.jp/rd/system/shddgjyt/zatsuo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

TTakさん、どうもご丁寧に教えていただきましてありがとうございました、結局、オール電化の家には住まないことになってしまったので、おいおいって感じですが、とても勉強になりました。電磁波、電磁波って、なにもしらないくせに勝手にケチをつけていてはだめですねー。第一、安全性の低いものが一般に浸透するわけないですものね。あー、無知ってコワイです。赤ちゃんの話しは以前に聞いたことがあります。とても興味深い話しですよね。あと、お医者さんがお父さんだったりしてもレントゲンなんかを扱うことが多いので、女のこが生まれる確立が高いんですよね。とにかく、とっても詳しく教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2001/05/18 09:28

ホームページを探してみると、京都大学工学部 荻野晃也氏のレポートがありました。

「超低周波の危険性」についてです。電磁調理器に関しても触れています。
下記のURLを参照してください。

参考URL:http://www.saitama-j.or.jp/jssucces/denjirepo2.htm
    • good
    • 0

現在では、電磁波による人体に対する影響というのははっきりしていませんが、何らかの悪影響があるとの見解が一般的です。


電磁波の影響は、距離、時間、強さに比例するわけですから、弱くても肌に近い物や長時間近くにいる物は影響が大きいと考えられます。
ホットカーペットや電気毛布など直に長時間接する物には、欧米では電磁波の規制があります。日本製の物でも、輸出用は電磁波を押さえる装置が付いていますが、国内の物ではありません。日本国内に於いて、電磁波に関しての関心が薄いからではないでしょうか。
その他の物でも、電柱の上に付いているトランスや電線自体も電磁波の悪影響が考えられます。電磁波防止のグッズも売っていますが、電場は防止できても磁場は防止できません。日常から電磁波の発生している物は遠ざけるのが賢明ではないでしょうか。コンロなんかは電子レンジのカバーがないほど電磁波が強いと言いますし、子供の方が影響を受けやすいと言います。
最近は電磁波に関する本やホームページもあります。もしオール電化にされるのであれば、それらに目を通されてからの方がいいのではないでしょうか。後で、ガスの配管をするのも大変ですから。
何冊かそういった本を読みましたので、必要であれば後ほどお教えします。(今、外出先なので本の名前がわかりません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ええー!コンロって電子レンジのカバーがないほど、電磁波が強いんですか!それに子供のほうが影響大なんですね。うーん、やっぱりオール電化の家は考え物ですね。何年か先に電磁波の明確な悪影響が発見されたとしても、いきなり引っ越すわけにもいきませんので、避けたほうがぶなんかもしれないですね。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/05/02 16:04

vicky912さんこんにちは


最近の質問に電磁波の人体への影響ということで、質問があってますので、下記の通り回答したところです。参考になさってください。
さて、今後、オール電化やネットワーク化は益々進むと予想されます。ですが、オール電化の家とそうでない家の電磁波に関する違いはほとんど無いと言っていいでしょう。電化製品自体では電気コンロと電気温水器が追加される程度です。
 電気コンロについては、人体(胎児)への電磁波の影響はまず問題ないでしょう。影響が出ると考えられるのは、強電界強度(高圧送電線の直下)や、高周波(通話中の携帯電話の近く)です。それもかなり近い所です。したがって、電気コンロよりもむしろテレビやインバータ蛍光灯の方が電磁波の放出から見ると格段に高いのです。両者ともオール電化か否かには関係なく使われていて、しかも生活に支障を来すという話は聞きませんね。要は、あまり神経質にならないことです。
 なお、興味深い話題を一つ・・・。強い電磁波の影響を常時受けている所(変電所の近くや高圧電線の下)では、女児の出生率が高いという報告もあります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=68755
    • good
    • 0
この回答へのお礼

TTakさん、こんにちは!とてもわかりやすい回答、ありがとうございました。よかったー。オール電化の家も普通の家もほとんど変わらないんですね。不動産屋さん側はだいじょうぶですと言っても、売りたいばっかりでそんな悪いことは言えないだろうし、ほんとのところを知りたかったんです。でも、これですっきりしました。確かにオール電化の家にすでに住んでいる方はたくさんいるので、なにかあれば問題になっているはずですしねー。おっしゃるとおり、あまり神経質にならないようにしますね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/02 13:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオール電化orオールガス

地球にやさしく安いのはどっち?
将来の参考に。

Aベストアンサー

簡単には比較できません。。。どのような視点で考えるかにもよりますし。
地球温暖化防止という観点で考えれば、今は電気の方がトータルではよいのではと思われます。
理由は、

 ・ベース電力は原子力なのでCO2は出さない。
 ・深夜電力利用になるから、無駄に捨てている電気を活用できる
 ・今後も風力、太陽エネルギー利用の効率向上、つまりCO2削減が見込める
 ・値段も安い

ガスの場合は、石油よりはCO2発生量は少ないし(約6~7割)、エネルギー利用効率もよいのですが、電気の場合と異なりCO2の出さないものというのがありません。

ただ実は燃料電池によってはCO2を出さず、CとH2Oを排出という形に出来ないわけではないので、それが出来ると(今は研究段階で無理です)、ガスという可能性は秘めています。

地球に優しいという意味に放射性廃棄物を出さないなどのことも入れると、ガス有利になる要素はあるのです。

ガスのコスト高は、、、日本特有の構造ともいえます。
本当はロシアから海底パイプラインで直接もってくるようにすれば結構安く出来るという話もあるので。
ただガスが漏れると実はCO2など比較にならないほどの温室効果があるので、やっぱりあまり良くないか?という話もあります。。。。

と書いていくとどちらがよいのかは簡単に結論の出る話ではありません。。。。。

簡単には比較できません。。。どのような視点で考えるかにもよりますし。
地球温暖化防止という観点で考えれば、今は電気の方がトータルではよいのではと思われます。
理由は、

 ・ベース電力は原子力なのでCO2は出さない。
 ・深夜電力利用になるから、無駄に捨てている電気を活用できる
 ・今後も風力、太陽エネルギー利用の効率向上、つまりCO2削減が見込める
 ・値段も安い

ガスの場合は、石油よりはCO2発生量は少ないし(約6~7割)、エネルギー利用効率もよいのですが、電気の場...続きを読む

Qオール電化について

現在の家から引っ越しを考えています。
そこでお聞きしたいのですが、震災後電気に関しては色々と時代の流れ的にも考えが変わってきているように思います。
今からオール電化の家に引っ越し(賃貸)するのはデメリットが多いでしょうか?
これから電気代の値上げなどあったりするかもしれないので、トータル考えても高くつきますでしょうか?
計画停電などあったときに困るでしょうか。

良い物件がオール電化しかなく悩んでます。
オール電化の家に引っ越しするのは辞めるべきか、それとも問題は無いか、なかなか判断しづらく悩んでいるので何か助言頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

No.4です。
補足質問がありましたので、回答させていただきます。
オール電化に切り替えて、光熱費が高くなっていないかというお尋ねでした。
ガス・電気併用のときにくらべると、かなり光熱費は安くなっています。
ガスの基本料金を払う必要がなくなったことが大きいですね。
調理時間も、♯6様が分かりやすく説明されているとおりです。
IH専用鍋でお湯を沸かすと、とても短時間でお湯が沸きます。
クッキングヒーターの加熱ボリュームが1から10まであったとして、いつも4~5の範囲で調理しています。
フルパワー(10)までボリュームを上げて調理したことは殆どありません。
我が家の場合5人家族ですが、調理にかける時間は、夕食で30~50分くらいですね。
そのうちヒーターの使用時間は全部合わせて、長くても30分程度だと思います。
焼き魚やチキンのハーブ焼きなどでグリルを使うときもありますが、レンジ2口とグリルを同時に使用する時間は10分程度じゃないでしょうか。1時間なんて使うことはないです。
深夜電力をうまく活用すると、電気代は驚くほど安くなります。
また、洗い物のときも、給湯ポットに溜まったお湯を使いますので、その都度水を温める必要がなく経済的です。
横道に逸れますが、太陽光発電装置の余剰電力買取による電気料金への反映も大きなところです。
太陽光発電を設置すると、発電量と、買電・売電量が表示されるモニターが付きます。
天気の良い日は発電量が多く、電気を使いすぎると買電量の数値が上がります。
これを洗面所に設置しているのですが、温風ヘヤドライヤーを使うと、グンと買電量があがるので、娘たちは、これを気にしてタオルで十分髪の湿り気をとったあと短時間だけドライヤーを使うようになりました。
生活が電気中心になると、節電意識も生まれるような気がします。

No.4です。
補足質問がありましたので、回答させていただきます。
オール電化に切り替えて、光熱費が高くなっていないかというお尋ねでした。
ガス・電気併用のときにくらべると、かなり光熱費は安くなっています。
ガスの基本料金を払う必要がなくなったことが大きいですね。
調理時間も、♯6様が分かりやすく説明されているとおりです。
IH専用鍋でお湯を沸かすと、とても短時間でお湯が沸きます。
クッキングヒーターの加熱ボリュームが1から10まであったとして、いつも4~5の範囲で調理しています。
...続きを読む

Qオール電化について

春からオール電化のアパートに越してきました。

オール電化で暖房を使用する場合は、こまめにつけたり消したりするよりつけっ放しのほうが節約になるとのことでずっとつけています。

質問なんですが、家を何日以上空ければ暖房を消したほうが節約になりますか。



初めてのオール電化の環境なので、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>オール電化で暖房を使用する場合は、こまめにつけたり消したりするよりつけっ放しのほうが節約になるとのことでずっとつけています。
質問なんですが、家を何日以上空ければ暖房を消したほうが節約になりますか。



オール電化の経済面の特長は10電力会社別に若干の違いはありますが、深夜割引料金と昼間の割増料金、シーズンやマイコン割引制度があります。

◇例えば、我が家では凡そ1kwh当たりの電気料金
*ナイトタイム(23:00~翌朝7:00まで)→8円
*リビングタイム(7:00~10:00と17:00~23:00)→23円
*デイタイム(10:00~17:00まで)→31円

※従って、夜型中心の生活、深夜料金の電気利用(エコキュートや蓄熱暖房機)の場合に有利、節約メリットが大きい。

※夜間~早朝に出来るだけ使用する。
「洗濯衣類乾燥・炊飯器・アイロン・エコキュート・生ゴミ処理機・エアコン・床暖房」



◇電気代の主な用途別構成比は
*給湯  40%      → エコキュート(深夜料金)
*冷暖房 20~25%   → エアコン・床暖房・電気カーペット・電気ストーブ(極力、割り増し料金の昼間は使わない)
*調理・家電品25~30% → 冷蔵庫・IHクッキングヒーター・炊飯器・電子レンジ・ホットプレート・テレビ・洗濯機他
*その他(照明や待機電力)10~15% →証明器具・24H換気装置


質問の件ですが・・・
こまめに云々は、一般にエアコンは起動時(運転の開始)にインバーターの特性として最大能力で運転しますので、車と同じように、こまめにON/OF(車はアクセル/ブレーキ)を繰り返すと効率が悪いと言われてるのだと思います。

インバーター式のエアコンは能力の可変幅とサーモ&センサーの充実でつけっ放しでも省エネと快適性を追求した運転を行うのを、かえって節約になると表現されているのだと思いますが、実態は設定温度と実際の室温やON/OFFの間隔とか頻度に伴う程度の問題で変わります。

また、家を何日以上、空ければとの質問は?
おそらくエコキュートのことだと思いますが、実際にお風呂やシャワーを使用しない日があれば、停止日数を設定出来るタイプが多く、使用日の前日までは停止にしておけば、不便&我慢なく節約になります。

但し、余にも長期の場合は、タンクの防錆装置が働かず、赤水やバルブ等の影響も心配されるので、その場合はメーカーの消費者相談窓口に機種名と長期停止の件で問い合わせされる事をお薦めします。

もし、記載の通り、暖房の事であれば、居られない日、使わない時(在室者なし)は電源を切るのが一番の節約・安全・安心です。
早めに暖めておく必要があるケースは予約タイマー利用ですが、最新のインバーターエアコンでは余程の寒冷地・厳寒期でなければ、そんなに寒さに震えたりお待たせしません。

さらに、微妙な専門的な問題としては、待機電力の問題がありますが
(器具を使用していなくても、マイコンやセンサー&安全装置に微量の電流を流している)、可能な範囲でコンセントから抜く、ブレーカーを落としておく等が節約に繋がる事は確かですが、待機電力ゼロ商品も増えており→実際問題としては安全・安心・便利性で判断され、習慣的に実施可能な無理のない範囲で実行される事をお薦めします。

また、24H換気装置は、結露やカビ、臭い対策でなるべくは切らない方が良いと思います。

色々申し上げましたが、楽しく快適が暮らしには一番と思いますので、更に省エネ・節約・安全・安心が同時に実現出来れば、よりベター&ハッピーなので、Ka-m0様が創意工夫をされる場合のご参考までに、分り難い点も、多々あろうかと存じますが、難解・冗長な拙文を記載しました。

>オール電化で暖房を使用する場合は、こまめにつけたり消したりするよりつけっ放しのほうが節約になるとのことでずっとつけています。
質問なんですが、家を何日以上空ければ暖房を消したほうが節約になりますか。



オール電化の経済面の特長は10電力会社別に若干の違いはありますが、深夜割引料金と昼間の割増料金、シーズンやマイコン割引制度があります。

◇例えば、我が家では凡そ1kwh当たりの電気料金
*ナイトタイム(23:00~翌朝7:00まで)→8円
*リビ...続きを読む

Qオール電化かガスか?

こんにちは。

私は中古の家を購入して、お風呂は灯油、コンロはIHの状態です。
床暖房はなく、将来的にもつもりしてません。
家族は夫婦と乳児1人です。

コンロは古いガスコンロが残っていたため、買い替えることになり、
それならIHをと思い、IHに替えました。

そのときに、将来オール電化にするとしてもいける内容の工事をしてもらっています。

以前に住んでいた人がガスコンロを使っていたので、ガスの管もすぐつなげる状態ではあります。


お風呂もだいぶ古いので、近い将来、
お風呂を、灯油からガスor電気に替えようかと考え中です。

そこで質問ですが、オール電化にしてしまうか、お風呂だけガスにするか、
どちらがお得ですか?

周りの人から聞くには、オール電化にしたら得だ。とか言う人もいれば
エコキュートは寿命が短いわりに高いからもったいない。等々・・・


まったく知識がありませんので
詳しく教えてもらえると大変ありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1の方もおっしゃっていますけど、ガスというエネルギーに将来性は無いし、すでに時代遅れのエネルギーです。第一部屋の中で裸火を使う、人間がこの世に登場して火を使うようになってから全く進歩の無い方法ですね。ガスコンロ、ガス風呂、ガス暖房既に前世紀の遺物です。第一部屋の中をガスホースがうねうね通る、危なくてしょうがないですからね。臭い、中毒の恐れがある。高齢者や乳幼児がいる家庭ならなおさらですね。

あなたのお宅では既にIHクッキングヒーターをお使いなんでしょ。その時幹線工事や200Vの引きこみ等、全て完了しているのでしょ?それで旧態依然とした灯油の風呂を買い換えるのに、何故ガスにする必要があるのでしょうか。給湯器は電気ですよ。今は。
おっしゃるように、単なる昔の電気温水器に比べ、ecoキュートは寿命が短い(10~15年)と言われていますが、ガス給湯器はもっと寿命が短いですよ。概ね10年といわれています。ですから寿命を気にするより、快適性、安全性、ランニングコストを考えれば電気以外に選択肢はありません。

私の今住んでいるところはマンションで最初からオール電化ですが、実家は数年前にオール電化にしました。その結果ガスと電気を併用していた時より、光熱費が年間で10万円以上安くなりましたからね。母は大喜びですし、高齢の祖母にも安全に使えますからね。こんな良いことはありません。

ガスを薦める人の言い分ですが「停電すれば調理も出来ない風呂にも入れない・・・」ですけど、実際には今の最新型のガスコンロやガス給湯器は電気が無いと動きません。ガスファンヒーターももちろん電気を使います。それに、ガスの基本料金やガス漏れ警報機のレンタル代金を払うのもバカバカしいですからね。

No1の方もおっしゃっていますけど、ガスというエネルギーに将来性は無いし、すでに時代遅れのエネルギーです。第一部屋の中で裸火を使う、人間がこの世に登場して火を使うようになってから全く進歩の無い方法ですね。ガスコンロ、ガス風呂、ガス暖房既に前世紀の遺物です。第一部屋の中をガスホースがうねうね通る、危なくてしょうがないですからね。臭い、中毒の恐れがある。高齢者や乳幼児がいる家庭ならなおさらですね。

あなたのお宅では既にIHクッキングヒーターをお使いなんでしょ。その時幹線工事や200Vの...続きを読む

Qオール電化賃貸マンションの利点は?

オール電化賃貸マンションの利点を知りたいです。
1つはオーナーから見た利点。もう一つは入居者から見た利点。
この2点をどなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・オーナー
ガス配管の工事が不要ですし、設備としては安価です。
ガス漏れ検査などメンテナンスの費用も軽減できます。

・入居者
特段利点は無いように思われます。
給湯器やIHレンジの使い勝手が一概に良いというわけではありませんから。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報