口腔粘膜からDNAを抽出したいと考えていますが、操作法がわかりません。どなたか教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

rei00 です。



口腔粘膜から DNA を抽出して検査するのが,DNA 親子鑑定では標準の方法のようですね。

で,DNA溶解液ですが,おそらくこれは試薬として市販されていると思います。一例をあげておきますが,これと同様に,口腔粘膜を採集した綿棒を溶解液に浸けて処理してはいかがでしょうか。

「Plasmid DNA抽出用試薬キット MagExtractor -Plasmid-」
 http://www.toyobo.co.jp/seihin/xr/olul/upld40/pi …


また,ご質問の目的であれば,Medline 等で文献検索された方が良いかも知れません。「PubMed」(参考 URL)で「oral mucous membrane」,「DNA」OR「deoxy nucleic acid」,「PCR」,「saliva」で検索していくと最終的に13件残りました。この中の次の文献は参考になるかも知れません。

Ohhashi A, Aoki T, Matsugo S, Simasaki C.
[PCR-based typing of human buccal cell's DNA extracted from whole saliva and saliva stains].
Nippon Hoigaku Zasshi. 1993 Apr;47(2):108-18. Japanese.

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。教えていただいた文献を取り寄せ、実際に読んで見ました。今回の質問内容に限らず、今後の研究の進め方のヒントになるような情報がたくさんありました。また何か質問する機会がありましたら、ぜひ色々と教えてください。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/01 19:20

DNA抽出の試料に口腔粘膜ですか。

ちょっと厳しいような気もしますが、一応
参考URLを載せておきます。
もしかしたらこういう実験じゃないかも知れませんが、専門知識がない方ならこれ
が一番近道かと思います。参考にどうぞ。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~yasuhisa/ktinDNA.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ回答をありがとうございました。参考URLも興味深く見させていただきました。ところで、口腔粘膜からのDNA抽出というのは難しいものなのでしょうか?血液が一番良いということを聞いたことがありますが、血液以外のものからDNA抽出ができたら良いなと考えています。実験書なども参考にしていますが、DNA溶解液からの操作法が書いてあるものが大半で、そのDNA溶解液というものをどうやって作るのかがわからずにいます。採取した口腔粘膜はその後どのように扱えば良いのでしょうか?具体的な操作法をおわかりでしたら、よかったら教えてください。よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/05/04 20:00

私は専門外なので回答できませんが,専門家の方の回答を得られるようにアドバイスを致します。



ご質問の内容が広すぎるのとあなたのレベルがわからないので,回答が付きにくいと思います。

例えば,

・あなたは DNA を扱った事はありますか?扱った事がない場合,RNA はどうでしょうか?

・生化学や分子生物学の手法についてはなれておられますか?

・わからないのは,口腔粘膜からの試料の採集方法ですか,それともその後の試料の処理方法ですか。

・抽出した DNA をどう使いますか。

少なくともこういった事がわからないと回答しづらいと思います。特に実験手法を尋ねる場合には必須でしょう。


なお,一般的な実験手法でしたら「生化学」や「分子生物学」の実験書が多数出版されています。図書館にもあると思いますので,御覧下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございました。確かに、質問の範囲が広すぎたようです。
DNAはPCR反応にかけるために抽出しようと考えています。現在所属の研究室が、あまりDNA関係を扱ったことがない所なので、実験書などではなかなか必要な知識が得られず困っています。口腔粘膜からの抽出は恐らく綿棒などでこすりとるのだろうと思いますが、その後の操作がわかりません。綿がついたまま操作を続けて良いのか、どのようなバッファーに溶かせば良いのかなど、専門の方がいらっしゃればお伺いしたいと思い、質問させていただきました。このような質問に対し、わざわざご指摘をいただきありがとうございました。

お礼日時:2001/05/04 19:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDNAの電気泳動用バッファーについて

DNAの電気泳動をする時にTAEバッファーとTBEバッファーが良く用いられると聞きましたが、どうやって使い分ければ良いのでしょうか?
ホウ酸が入っているためにTBEの方が緩衝能が強い、TBEの方がシャープなバンドとなる、大きいバンドを見たいときにはTAEの方が良い、とか言われますが理由が良くわかりません。
また、EDTAは何のために入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

プラスミドやPCRプロダクトを見るにはほとんど一緒だとおもいます。
ただ、PAGEで数ベースぐらいのさを見る時はTBEを使うのが通常です。

TBEの方が緩衝能が強いというのも確かで、何回か使い回しができます。TAEでも何回か使い回しができますが、回数的にはTBEのほうが有利でしょう。

ホウ酸は環境にあまりよくないかもしれないという観点から避けている人もいるようです。

昔のゲルからDNAを抽出するキットはTBEと相性がわるいものが結構ありました。そういう意味でTAEを使う人もいるかと思います。

EDTAはMg++などを除くためですMg++などはDNAとコンプレックスを作る可能せいがありますので、構造を変化させ移動度を変化させる可能せいがあります。あとDNaseの活性をブロックするという役割もあると思います。
さすがにパルスフィールドになるとバッファーについて語る知識はありません。

QDNA抽出実験でDNAが消えた・・・

実験でブロッコリーと鳥のレバーからそれぞれのDNAの抽出を行いました。
方法は以下のとおりです。

両試料を冷凍させてから(ブロッコリーは穂先のみを)すりおろし、たんぱく質を切り離すため界面活性剤を加えて、乳鉢・乳棒を使ってよくすりつぶす。
2M食塩水を40ml加え5分ほど湯銭にかけ、ガーゼで濾過する。
ろ液を良く冷やして、冷エタノール20mlを静かに入れる。

ここでまだ不純物を含んだDNAが繊維状になって出てくる。--------★

巻き取ったものを別のビーカーに入れ、2M食塩水40mlを加えてよく溶かす。
再び湯煎する(3分間)。
厚いうちに濾過をする。
ろ液を良く冷やしてから、冷エタノール20mlを静かに入れ、ガラス棒で静かにかき混ぜる。
すると純度の高いDNAがでてくる。

といった実験だったのですが、鳥レバーに関してはうまくいったのですが、ブロッコリーのDNAが★の時点ではかなり多く出てきていたのに最終的に影も形も出てきませんでした。

最初の試料の量が少なかったのかと思い、試料量を二倍にして同じようにしてみたのですが、やはり★の時点では出てくるのに最終地点では消えてしまいました。
どんな理由が考えられるのでしょうか?
教えてください!

なお最初の試料量は穂先だけで20gを用いました。
最終の時点での溶液は浮遊物もなく無色透明でした。
冷エタノールはあらかじめ冷蔵庫で冷やしていたものを用い、加える量を増やしても変化はありませんでした。

実験でブロッコリーと鳥のレバーからそれぞれのDNAの抽出を行いました。
方法は以下のとおりです。

両試料を冷凍させてから(ブロッコリーは穂先のみを)すりおろし、たんぱく質を切り離すため界面活性剤を加えて、乳鉢・乳棒を使ってよくすりつぶす。
2M食塩水を40ml加え5分ほど湯銭にかけ、ガーゼで濾過する。
ろ液を良く冷やして、冷エタノール20mlを静かに入れる。

ここでまだ不純物を含んだDNAが繊維状になって出てくる。--------★

巻き取ったものを別のビーカーに入れ、2M食塩水40mlを加...続きを読む

Aベストアンサー

DNA分解酵素(DNase)によって分解してしまったのでは。DNaseは材料となる生物試料の中にはもちろん、環境中(手垢、汗、つば、器具や試薬の汚れ、ホコリなど)に普通にあるものです。研究の現場では、器具や試薬は蒸気釜で滅菌したものを使い、試料中のDNaseがすばやく不活性化するように試薬や手順が工夫されています。

今回はそこまで厳密な実験ではないようですから、DNaseの影響はかなりあったでしょう。レバーからうまくいったのは、たまたま試料中のDNase活性が低かったからではないでしょうか。

湯煎は何度でやりましたか。おそらくここでしっかり熱を加えておけばDNaseはほぼ完全に失活し、うまくいったのではないでしょうか。研究室でやる方法では、タンパク質が変性し、DNAが変性しない温度、65度から70度くらいで、最低でも10分から15分は加熱します。液量が40 mlもあると失活温度に達するのに時間がかかり、酵素反応に適した温度がかなり続いたと思います。すばやく失活温度にするように工夫したほうがいいですね。

QDNAの電気泳動の際に使うバッファーの交換目安は何ですか?

DNAなどの電気泳動に使用するTAEもしくはTBEバッファーの交換の目安はなんですか?
例えば,泳動回数や使わないときに置いておける期間はどのくらいなのでしょうか.

みなさんどうされているのか聞いてみたいです.

Aベストアンサー

ゲルからの切り出し、ブロット、泳動像をデータとして論文に使う可能性のあるときなどを機会に、新しいものに換えます。ふだんの、ちょっとしたチェックを目的とした泳動では、泳動槽に入れっぱなしです。蒸発して減った分は蒸留水で補います。これをバッファーで補ってしまうとイオン強度が高くなってしまい、移動動がおかしくなったり、過電流が流れてパワーサプライのヒューズが切れたりします。
もともと室温でも長期間保存できるものなので、2,3週間使い続けることもありますが、長期間使わないとき(使わなかったとき)は、潔く捨てます。

バッファーの試薬代なんか微々たる物なので、本当は毎回換えてもいいくらいですが、経済性でやってるわけではなくて、要らない手間はかけない(抜けるところは手を抜く)というポリシーからです。

Q最近DNAの電気泳動がうまくいきません。どなたかアドバイスよろしくお願

最近DNAの電気泳動がうまくいきません。どなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

まず問題なのは、プラスミドの大きさが明らかに小さくでてしまうということです。
このプラスミドは大腸菌に組み込んでいて、タンパクの発現も確認できています。
インサートのみですが、シーケンスで確認もとれているのですが、ベクターのどこかが
欠けているのでしょうか。
また、欠けているとしてもその状態で菌のなかで安定に存在せきるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

インサートとベクターが分かれるように切って、ベクターが小さいのなら、問題です。

ベクターがpGEXの場合、でインサートが毒である場合、プラスミドが排除され断片化されたように汚くなることがあります。この場合の対処は、発現するたびに新たにトランスフォームします。新たにトランスフォームせずに、菌体を冷凍、冷蔵するとよくないです。

QDNAの電気泳動を行う際に、バッファーはゲルが1~2mm程度下に沈むよ

DNAの電気泳動を行う際に、バッファーはゲルが1~2mm程度下に沈むように注ぐ、と、
ネットで見たプロトコルには書かれていたのですが、自分が1% Ager gelでそれを実行
しようとすると、ゲルがフワフワ浮いてしまいます。
これは、ゲルが悪いのでしょうか。
このような現象になった方はいらっしゃいますか。
ちなみに1%(w/v)で作っています。

Aベストアンサー

型枠ごと泳動槽に入れてますか?泳動するときはゲルだけでなく
型枠ごといれれば浮いてくることはないと思います

Q皮膚と口腔粘膜の違いについて

勉強していて疑問に思ったので質問します。
皮膚は重層扁平上皮で覆われていて、口腔粘膜も重層扁平上皮で覆われています。
同じ、重層扁平上皮で覆われていますが、口の中は皮膚とは言いません。
皮膚と口腔粘膜は何が違うんですか?
皮膚に特徴的な構造を呈示しながら、教えてください。

Aベストアンサー

皮膚と内臓の粘膜の特徴的な違いは角質層があるかないか、粘液で覆われているかいないか、が分かりやすいですね。

皮膚
・重層扁平上皮
・角質層がある
・乾燥している(粘液で覆われてない)
・毛根や汗腺、脂腺があるが粘液腺や漿液腺はない
・メラニンがあり紫外線に強い(日焼けする)

内臓粘膜
・重層扁平上皮だけでなく単層円柱上皮などもある
・角質層がない
・粘液で覆われている(乾燥に極端に弱い)
・粘液腺や漿液腺はあるが毛根や汗腺や脂腺はない
・メラニンはない

一方、口腔粘膜は皮膚と内臓の粘膜の中間の構造を持っています。すなわち

口腔粘膜
・重層扁平上皮
・一部だけ角質層がある
・粘液と漿液で湿っている(明確な粘液層はなく乾燥にもある程度は耐える)
・毛根や汗腺や脂腺はないが粘液腺と漿液腺がある
・メラニンはない

といった具合です。

QDNAのハイブリダイゼーション条件について

63bpのdsDNAをssDNAとして精製しました。
PerfectMatchとNCの2種類の63merのオリゴDNAに対して、ハイブリダイゼーションを行い、dsDNAの形成するorしないを確認したいと思っています。

確認の前段階として、2つのDNAをハイブリさせなければなりません。
ハイブリダイゼーションの温度はTmよりも5~20度低い温度で行うと聞きましたが、
ハイブリダイゼーションのバッファーはどうしたらいいのでしょうか?

50%Formamide,10mMリン酸バッファーpH7.0や100mM KCl,100mM Tris-HClpH7.4,2mM MgCl2などの例がありましたが、
FormamideやMaCl2を入れる理由がわかりません。

2つの質問になりますが、ご存知の方教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

Formamideを使うと、低い温度でハイブリができるので、目的に応じて、ターゲットを高温にさらしたくないとき、あるいは全くの実験者の好みで、DNA/RNA ブロットハイブリやin situ ハイブリのとき使われます。

特別の考えがないのであれば、formamideなしの系でいいのではないでしょうか。

おそらく、
>50%Formamide,10mMリン酸バッファーpH7.0
は、塩濃度が低く50% formamideを含むので、かなりアニールしにくいとみました。

>100mM KCl,100mM Tris-HClpH7.4,2mM MgCl2
これは、ほとんどTaq polのバッファーですね。
理論式で計算するとTm75℃前後になるでしょうか。

Molecular CloningにはオリゴDNAの鎖長、GC%、塩濃度からTmを計算する理論式も出ていますから、塩濃度と温度が妥当な条件を選んでみたらいいと思います。

Q生物の質問です。 遺伝子組換えの操作で、 一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んで

生物の質問です。

遺伝子組換えの操作で、
一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んでも、目的とするタンパク質は生産させることができません。(真核生物のDNAはイントロンをもつが、大腸菌ではスプライシングが起こらないため)

これは理解できるのですが、では一体、遺伝子組み換えの際にどのようなDNAを使っているのでしょうか?

分かる方教えてください。

Aベストアンサー

そのような場合、cDNAを用いています。cDNAはmRNAを逆転写して作られます。
また、真核生物の遺伝子の中にはイントロンを持たない場合もあります。

Q粉体のDNAを溶かす

こんにちは。
最近DNAの実験を始めたものです。

とても初歩的な質問なのですが、粉体のDNAを液体に溶かすとき、超純水やバッファーなど溶媒によるちがいってあるのでしょうか?
現在、私は超純水に溶かしてそれを冷蔵庫で保存しているのですが、時間が経ったらDNAの質が変わってしまったり、ということはありますか?また、その溶液を使用する前にはボルテックスしたほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

♯1です。

>冷蔵庫での保存は短時間です。といっても、保存期間はだいたい2週間くらいなのですが(実験している先輩は3ヶ月は大丈夫と言っていましたので)

3ヶ月は大丈夫??
なにをもって大丈夫と判断しているのでしょう?
私には怖くてできませんね。
少しは分解したりしているかもしれませんよ。
そんなものを試料には使いたくないですね。
そこからクローニングしたり、遺伝子を読んだりしても
分解していたら意味ありませんから。

私が考える短時間はこの場合せいぜい1日(その日のうちに使うという意味で実質半日)です。
-20度で冷凍保存です(量が多かったり、よく使うものはいくつかに分けた上で)。
使うときは氷中で解凍です(しばらく常温においてある程度溶けてから氷中に移すときもありますが)。
量が少なければ大して時間はかかりません。
実験は正確さが第一です。
どんなに早くても不正確ではそのデータを最終的に使うことはできません(予備試験ならある程度ラフでも構いませんけど)。
なお、先輩が言うことはすべて正しいわけではありません。
自分なりに調べるなりすることが大事です。
ちなみに
実験関係の参考書としては
イラストレイティッドシリーズが大変わかりやすいです。
出版社などは忘れましたが図解も多く、説明も1ステップずつ丁寧に書いてあります。
すくなくともタンパクの精製と遺伝子関係の2種は確実にあります。
そのほかにもあるかもしれません。

>容器と溶媒はオートクレーブではなく、UV照射で滅菌していますが、だめでしょうか?

UVで溶液の中まで滅菌できるとは思えません。
例え水中にUVランプを入れてもです。
殺菌にはなっても滅菌レベルは難しいでしょう。
オートクレーブが確実です。
オートクレーブができない理由があれば別ですがUVでは不安です。
第一酵素は失活しないのでそういう意味でもやる意義が低いです。
容器に関してはUVでも可能な気もしますが市販の滅菌容器はガンマ線滅菌だったと思います。他になにか酸化力のあるガス(エチレンオキサイドだったかな)も使っていたものもあったような気がします。やはり心もとないです。オートクレーブすべきです。

♯1です。

>冷蔵庫での保存は短時間です。といっても、保存期間はだいたい2週間くらいなのですが(実験している先輩は3ヶ月は大丈夫と言っていましたので)

3ヶ月は大丈夫??
なにをもって大丈夫と判断しているのでしょう?
私には怖くてできませんね。
少しは分解したりしているかもしれませんよ。
そんなものを試料には使いたくないですね。
そこからクローニングしたり、遺伝子を読んだりしても
分解していたら意味ありませんから。

私が考える短時間はこの場合せいぜい1日(その日のうちに使...続きを読む

QDNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラ

DNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラーゼの違いがわからなくて困ってます。
調べていると両者とも同じものじゃないかと思えてきましたが、アミラーゼとアミレイスのように同じ綴りで発音が違うわけではなさそうです。

誰かご存知の方がいらっしゃいましたら助けてください!

Aベストアンサー

「ご存知の方」じゃないけど, ちょっと調べた限りでは同じもの.
どちらも EC3.2.2 のグループ.

参考URL:http://science.jrank.org/pages/29019/%28DNA%29-glycosylase-or-DNA-glycosidase.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報