Can you believe everything you see? Not always! You may see something one way, and then find out you were wrong. You might even "see" something that isn't there at all. Errors like these are called optical illusions. Optical means related to sight, or vision―the way we see things with our eyes. An illusion is something that is not what we think it is.

Vision is also a personal thing. You may not see things in the same way as someone else. Look at these optical illusions, and compare what you see with your classmates. Do you see the same things?

1、Which red dot is larger?
Most people say it's the dot on the left. Now measure the dots. They're the same size. The red dot on the left seems larger in relation to the blue dots around it.

2、Do you see dark dots inside the white circles?
They're not really there.The difference between the dark squares and the white circles confuses your brain. Therefore, your brain thinks you see the dark dots.

3、Look at this picture of a vase. Can you see the faces?
Look again! Your mind has to choose the correct image, so it keeps changing between the vase and the faces.

Vision is not always straightforward. Sometimes, your eyes see something, and your mind undestands it easily. At other times, you may need to look twice. When this happens, you may be seeing an optical illusion.

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あなたは、見るものすべてを信じることができますか?常にとは限らない!あなたは1つの方法で何かを見ているかもしれません、そして、間違っていたとわかるのです。

あなたは、まったくそこにはない何かさえ「見る」かもしれません。これらのようなエラーは、optical illusions(錯視)と呼ばれています。optical(視覚の)とは、視力や視覚ーすなわち、私たちが自分の目で物を見る方法に関わっていると言う意味です。illusion(幻想)は、我々がそれがそうだと思うている物とは実際には違う何かです。

視覚は、また、個人的なものです。他の誰かと同じ様には、あなたは、事物を見ていないかもしれません。これらの錯視を引き起こす絵を見てください、そして、あなたが見る物を同級生と比較してください。あなた達は、同じものが見えますか?

1. どちらの赤い点がより大きいですか?大部分の人々は、それが左側の点であると言います。さて、点を測ってください。それらは、同じ大きさです。左側の赤い点は、それのまわりの青い点との関係で、より大きいように思えるのです。

2. あなたは、白い円内の黒っぽい点が見えますか?それらは、本当は、そこにはありません。黒っぽい正方形と白い円の違いが、あなたの脳を混乱させるのです。それ故に、あなたの脳は、あなたが黒っぽい点を見ていると考えるのです。

3. 花瓶のこの絵を見てください。あなたは、顔を見ることができますか?もう一度見てください! あなたの心は正しいイメージを選ばなければならないので、それは花瓶と顔の間で変化し続けるのです。

視覚は、必ずしも正直ではありません。 あなたの目が、何かを見て、あなたの頭が、簡単にそれを理解する時もあります。あなたが、二回見る必要があるかもしれない時もあります。 この様な事が起こる時、あなたは錯視を見ているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
本当に助かりました。
またお願いします。

お礼日時:2011/10/12 22:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報