『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

今 フェンダーのギターを一本購入しおうかと思っています、ストラトなんですが色々と種類も多ければ音も違うわけですし、気になっている三つの中から選ぶのであればどれが一番いいのかアドバイスがほしいです! 弾くジャンル:ポッピュ、パンク系からハードロック? 主にライブで活用しおうかと。
まず fender road worn player stratocaster
http://www.fender.jp/products/detail.php?pid=1800
次: fender american deluxe n3
http://www.fender.jp/products/detail.php?pid=ADS …
最後に:jeff beck stratocaster
http://www.fender.jp/products/detail.php?pid=1169
以上この三つで迷っています。
アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 個人的趣味をタップリ入れつつ、それぞれの感想をお送りします。



>次: fender american deluxe n3

 一見汎用性の高いストラトって、実は『ギブソン使い』から見ると重いトーンがどうしても出せないという致命的欠点がありますが、アメデラは軽いながらもよく研究されていると思います。セレクター回路もオリジナルのストラトより凝っていて、マイクの使い方のバリエーションが多くなっています。
 アメスタとかアメデラって、クラシックフェンダーのファンからは『ゴミ』『フェンダー史の汚点』などと切り捨てられていますが、ワタシは近代的で使い易いよいギターだと思います。

>最後に:jeff beck stratocaster

 このモデルズバリは知りませんが、過去のジェフ・ベックモデルは・・・『あのトーン』しか出ないんですよねぇ。
 ジェフ・ベックファンなら選択の余地は無いんでしょうし、そもそもこのモデルが過去のジェフ・ベックモデルと同じ性質とは限りませんが・・・ワタシにとっては『最も要らないストラトの一つ』ってところで。

>まず fender road worn player stratocaster

 こんなモデルがあるとは知りませんでした。キャンディアップルレッドにS-S-Hのマイクって、もしかして往年のブラッド・ギルスモデル???
 これがブラッド・ギルスモデルを下敷きにしている、或いはソレを狙っているなら、ハードロックにはコレしかありません、ってか、ヘヴィなディストーションではギブソンにも負けないでしょう。
 価格がすごく安いところが気がかりですが(フェンダーUSAの安いヤツは、価格分ストレートに木材のクオリティが下がる様です)、オリジナルのブラッド・ギルスモデルは重たいアッシュボディなので、アルダーならクオリティが低い方が相性がよいかもしれません。
 ただリヤのダンカンのパーリーゲイツって、やたらハイが出るハムバッカーではなかったか?と。ブラッド・ギルスのトーンを期待しているとガッカリの可能性も。

・・・っというワケで個人的な好みで言いますと、この3本で最も弾いてみたいのはROAD WORNです。(要するにアメデラはよく知っているし、ジェフ・ベックモデルはまたまたあのトーンしか出なかったら・・・と考えると手が出せません。)

この回答への補足

今日deluxeとjeff beckのストラト実物を見てきました!
感想といいましては、まずデラックスですが、SSHのものを演奏して見ました、ブリッジのピックアップはディストーションをかけるといい音がします!ローの出方も良くミッドブースター?なボタンも良かった!しかしクリーンは好きではなかったです>< なんかストラトっぽい音がしないような? ネックのピックアップがいまいちすぎて合いませんでした。
jeff beckのストラトわやはり違いますね、高級感が出てますし、弾きやすさも◎そしてシングルながらも歪ませると気持ちの良いディストーションがちゃんと出ました、若手ローが足りなく感じたのは普段レスポールを使っているせいでしょう、こちらのギターはネック側のピックアップがすばらしいw これでソロを弾くとすごく気持ちの良いトーンが出ました!。クリーンもとても綺麗でしたのでこれは新品で買ってもいいぐらい良かったです。
jeff beckモデルで レースセンサーもありますがどうなんでしょうか? 気になりますね。

road wormは見当たりませんでした。

補足日時:2011/10/16 19:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもとても参考になる回答をありがとうございます。
実はレスポールを2本もっていまして、最近やたらストラトの音がカッコイイと思うようになって、”何でもいいから”一本ほしいってのがありまして、私は一度買ったものは売らないので買うならやはりいい物を買いたいっという気持ちです!

アメデラックスはSSHタイプもあるのでとても気になっているんですよね~。
jeff beckシグネチャーはあのトーンが出せるのなら是非一本はおしいですね!
road wormはyoutubeでたまたま動画を見て、いい音がしていましたので候補に。

お礼日時:2011/10/16 03:08

目ためだったら高額なアーティストモデルを選ばなくても、ストラトのカラーバリエーションは豊富なので、選択肢はもっと広いと思います。



そもそも、ストラトは汎用性の高いモデルなので、アンプやエフェクターでかなり多彩な音が作れますよ!
    • good
    • 0

どれを買われても目的のジャンルはクリアできますよ!



ちょっと心配なのですが、この三本を見た目だけで選んでないですよね(⌒-⌒; )?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます、はい、そのとおりです。 まずは見た目でこの三つにしぼりyoutubeで動画など音のサンプルを集めてきて、好きな音がなっていたのは間違いないのですが、いまの所jeff beck stratocasterが一番音は好きですね。
この三つのギターの中で特にこれはいいよ~、とかこれはだめだね、っとかアドバイスをお願いします!。

お礼日時:2011/10/13 23:27

候補に、ハム仕様のストラトが混じって入ますね。



これは、完全に知識不足ですね。
これだけキャラクタが違う場合は、迷わないと思いますが。

値段も倍ほど違いますし、ギターの特徴もリンク先にちゃんと
記載されています。

あとは、何を優先するかと、実際の試奏ですぐに結論は
出るはずです。

もし、意味が分からないようなら、購入はもう少し先にして、
まずはギターを熟知する方が良いと考えます。
初心者が気軽に買うようなモデルではないことは確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもすいません、間違った質問をしてしまいました・・迷っているのではなく、気になっているでした、そしてどれもまだ実際に触って演奏したわけでもなく、時間に余裕があれば楽器店へ自分で演奏してみますので。
質問した理由は好きなジャンルにこの三つのギターはどうなのか、jeffericさんがおっしゃるとおりストラトに関しては無知です。
値段が倍のギターは良い中古品を探そうと思っていましたのでどれも同じぐらいの値段になるんじゃないかと思って。 

お礼日時:2011/10/13 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFENDER USAのラッカー塗装について

ラッカー塗装がされているギターで、シン・スキン ニトロセルロースラッカーフィニッシュ(Thin-skin Nitrocellulose Lacquer Finish)とシン・ラッカーフィニッシュ(Thin Lacquer Finish )とありますが両者は同じ塗装方法なのでしょうか?

またトップだけラッカー塗装で仕上たギターはポリ塗装のギターより音が良いということはあるのでしょうか?

やはり、ビンテージシリーズのように、薄く、全てラッカー仕上げでないとラッカー塗装の良さは引き出せないのでしょうか?

自分でも何故かわかりませんが、”ラッカー塗装”というだけで”ポリ塗装”より良い音が鳴る印象や、魅力を感じてしまいます。

Aベストアンサー

シン・スキン ニトロセルロースラッカーフィニッシュとシン・ラッカーフィニッシュの差ですが、多分ニトロセルロースラッカーと水溶性ラッカー(アクリルかもしれない)の違いかと。
前者は昔ながら、後者は最新?のラッカーみたいな感じです。

鳴りについては・・・どうなんでしょうかね、良いと、思う。多分。少しだけ。

ラッカー塗装の良さはやはり風合いですからね、下地からトップまでラッカーならビンテージの風合いも出てきますよ、そのうち。

一応ラッカーとポリの特長とかをまとめたので、これで判断しといてください。

ラッカー塗装
・ギターには主にニトロセルロースラッカーが使われる。
・塗装を薄く仕上げられるのでポリに比べて音の鳴りがいいとされる。
・塗装の強度が弱いので傷が付きやすく変質しやすい。また周囲の環境にも大きく左右される。
・自宅の管理も思いのほか大変だったりする。
・いわゆるビンテージギターはほぼこの塗装で、塗装が弱い故に弾いていくうちに徐々に塗装が剥げ、自然な傷や打痕が付いて、クラックや変色などが生じあのような独特の風合いを出している。
・特にウェザークラックと呼ばれる横、もしくは縦に入るヒビはラッカー特有の症状で綺麗に出るとこれがまたいい。
・爆薬などにも使われるため管理や扱いが難しく、塗装方法も面倒なので高価なことが多く、高級ギターに使われる。

ポリ塗装
・確か水溶性ポリウレタンだったはず。
・塗装が厚いのでギターが鳴りにくいとされる。
・強く硬い膜を形成するので傷や摩擦、周囲の環境に影響されにくい。
・使っていてもなかなかビンテージっぽさは出てこない。
・管理が簡単でラッカーに比べて簡単に塗装が可能なので安価なギターや量産品によく使われる。
・近年Fenderなどが非常に薄いポリ塗装方法を開発し商品化しているので、そのギターは鳴りも改善されている。

音の良し悪しは塗装の厚さに依存しているだけだから、もはやラッカー=音いいではない。
そもそも限りなく同じギターをポリとラッカーとで別々に塗装してやらないと比べられない。
あくまで薄いから鳴るだろうと言う話です。

シン・スキン ニトロセルロースラッカーフィニッシュとシン・ラッカーフィニッシュの差ですが、多分ニトロセルロースラッカーと水溶性ラッカー(アクリルかもしれない)の違いかと。
前者は昔ながら、後者は最新?のラッカーみたいな感じです。

鳴りについては・・・どうなんでしょうかね、良いと、思う。多分。少しだけ。

ラッカー塗装の良さはやはり風合いですからね、下地からトップまでラッカーならビンテージの風合いも出てきますよ、そのうち。

一応ラッカーとポリの特長とかをまとめたので、これで判断...続きを読む


人気Q&Aランキング