プロが教えるわが家の防犯対策術!

西洋占星術を勉強しようとしているんですが、
自分の出生時刻を知りません。
自分は4才くらいの頃両親が離婚しまして、そのごたごたで母子手帳がどこにあるか、またどちらが持っていったのかわからないみたいなんですね。

わからない場合は太陽の位置を12時のポジションに合わせるという話を聞いたことがありますが、自分自身の事を正確に占えないとなると、学習のモチベーションが低下するのではないかと心配しています。
出生時間がわかればいいんですがね。

占いに関わっている方で自分の出生時刻を知らない方っていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

質問者様のように出生時間が不明の方は占い師にもたくさんいますよ。


だから出生時間を割り出す手法も各占術に必ずあります。
(東洋系占術では寝相で出生時間がわかると聞いたことがあります^^;)

西洋占星術には出生時間を過去の出来事から計算して割り出すレクティファイという技法があります。
ただこれはかなり手間が掛かる複雑な手法なので(最低でも3重円が読みこなせないとダメ)西洋占星術を始めたばかりの方には少々ハードルが高いかもしれません。

出生時間がわからないとモチベーションが下がるかもと案じておいでのようですが、
反対にこのレクティファイで自分の出生時間を割り出すことを目標にしたらいいと思います。

出生時間が不明な場合ハウスが確定できないのがつらいですが、そういう場合はアスペクト重視で読むことになります。
出生時間を12:00に設定するというのは進行の早い月の度数の誤差を最小限に抑えられるからで、他の天体の度数は時間が変わったからといって然程影響はありません。

サビアンという惑星の度数で占う方法やミッドポイント・調派・恒星で占う方法など、
ハウスが使えなくてもいろいろな角度からアプローチできるのが西洋占星術の素晴らしいところです。
諦めないで挑戦してくださいね。
    • good
    • 3

時間はきにしなくてもいいです、月以外は他の星はゆっくり移動しますので


時間はあまり私の場合、気にしないで他の方を観ています、それで yohooでの
場合ですが ベストアンサー率 50%ですよ でも正確無比ですよ 
    • good
    • 1

すみません勘違いしていました↓母子手帳見たら『六歳の記録』まであるので小学校卒業ではなく小学校入学までの間違いでした↓誤った回答すみません。

でも母子手帳の様な大事なものを無くされるなんて考えられないです(汗)
    • good
    • 0

 母子手帳が小学校卒業まで!真っ赤なウソです。

惑わされないで。普通は、小学校の入学で母子手帳の本来の役目は“ほぼ終わり”ます。自治体にもよりますが、極端な例ですが二十歳になっても提示してほしいと(子宮頚がんワクチン接種などで)

 で本来の出生時刻が知りたい・・・出生地はおわかりですか?カルテを取り寄せるのも手です。本人であればですが。ただし、質問者様の年齢によりますがカルテの保存期間がすぎていて破棄されていたら無理。そこで、次の手を考えます。分娩台帳。それでも追いかけれなかったら・・・。月の満ち欠けで類推ですね。
 
    • good
    • 0

回答にはなりませんが、確か母子手帳は小学校卒業までいるものなので、引き取られた側にあるのでは?探してみてください

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の出生時間が、何時何分が知るにはどこで?

自分もしくは、知り合いの生まれた時間が、何日の何時何分に生まれたのかを知れる場所ってどこでしょうか?区役所のような場所で書類で見れるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていましたので、若干の知識があります。

 私がとりあえず思いついた方法は次の3つです。皆さんのお答えと重なる部分も多いですがご了承下さい

(1)母子手帳を見る

 時間も書かれていると思いますので、母子手帳が残っていれば見てください。

(2)病院で確認する

 カルテが残っていれば確認できます。
 但し、医療法上のカルテの保存期間は5年ですから、ない可能性が高いです。ただし、5年を越えて残してはいけないというものではありませんから、医療機関によっては残っている可能性もあります。

(3)本籍地の地方法務局で出生届の写しを請求する

・市区町村に提出された貴方の出生届は、一定期間(本籍地に提出した場合は1ヶ月間、本籍地以外に提出された場合は1年間)保管された後、本籍地の地方法務局で保管されます。保管期間は存じていないのですが、相当期間は保管されているようですから、出生届の写しを請求してみてください。

・ちなみに、出生届の右半分が医師の診断書になっていまして、そこに、生年月日が時分まで書かれていますから、写しを取得されると時間が分かります。

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていましたので、若干の知識があります。

 私がとりあえず思いついた方法は次の3つです。皆さんのお答えと重なる部分も多いですがご了承下さい

(1)母子手帳を見る

 時間も書かれていると思いますので、母子手帳が残っていれば見てください。

(2)病院で確認する

 カルテが残っていれば確認できます。
 但し、医療法上のカルテの保存期間は5年ですから、ない可能性が高いです。ただし、5年を越えて残してはいけないというものではありませんから、医療機...続きを読む

Q占星術の出生時間

今度私のホロスコープなどを作ってもらう予定なのですが、
母子手帳の出生時間は数分ずれている可能性が高いので、
これまでに起きた出来事などから逆算して実際の生まれた時間
を出したほうがいいといわれました。
その方がいいのでしょうけども、料金が2万ほど余計にかかって
しまい、私としては複雑です。
母子手帳に記載されている時刻を使ってもいいと思うのですが
どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

>事象が3つや4つの場合なら全てに共通する一つの出生時刻が見つかるような
>気もするのですが、それが50や100の事象となると、全ての条件を満たす一つの
>時刻を見つけるのは不可能のような気もします。
>例えば事象(1,3,5,7,9)から導き出される時刻はAだけれども、事象(2,4,6)を考慮に
>いれると時刻Bになり事象(8,10)はむしろ時刻Cとなるような気もするのですが、

 これらの疑問は、おそらく「人生の上で起こる様々な事象は何の法則性も無くランダムに発生している」とお考えになっておられるために起きる疑問だろうと思います。
 しかし、出生年月日時・出生地まで細かく観る占星術(ホロスコープ、紫微斗数、四柱推命)を研究してみると分かりますが、日常の些細なすり傷きり傷程度のことは別として、人生の転機となったような出会いや出来事・事件など、その人の人生の中でかなり重大な出来事と考えられるような出来事を発生させる星の配置のパターンというものは、その種類や性質ごとにある程度決まっているのです。

 多くの人は信じたくないだろうと思いますが、その人の持って生まれた『ホロスコープ』や『命盤』から外れた事象というものは、国家規模やその地域全体が巻き込まれるような災害など特殊な場合を除き、まず起きません。
 そのため、参考とした事象が3つや4つ程度でも、それをもとにして作成した『ホロスコープ』や『命盤』で、他の50でも100でも、その人の人生の上で重大と思われる出来事のほぼ全てを説明することができます。
 これは「後からいくらでもこじつけて説明できるよ」という意味ではありません。繰り返すようですが、その人の人生の中でかなり重大な出来事と考えられるような出来事を発生させる星の配置のパターンというものは、その種類や性質ごとにある程度決まっているのです。
 それらのパターンに適合しない日時には、良くも悪くも人生の転機となるような重大な事象というものは起こりません。そのため、これを逆に用いれば、ある人に起きた事象の発生日時をもとにして、その人の『ホロスコープ』や『命盤』を作成することもできるのです。

 例えば、このご質問の2つ後ろにlovepaoさんというかたが引越しについて質問なさっておられます。このかたの場合、出生時刻は午前11時とだけ記載なさっておられます。
 しかし、このかたが午前11時過ぎの生まれである場合、この時期に転居を考えるはずはなく、逆に、午前11時前の生まれである場合には、今年中に転居するであろうことが分かります。おそらくこのかたの「つむじ」は眉間の正中線上から少し外れていると思われます。午前11時過ぎの生まれであるならば、「つむじ」が眉間の正中線上にあるはずです。

 このように、その人の人生の上で転機となった事象の発生した(する)日時や身体的特徴をもとに、『ホロスコープ』や『命盤』を作成する上で基本となる出生日時を特定することができるのです。

 しかし、占星術についてはあまり深くお考えにならず、お遊び程度にお考えになられたほうが良いでしょう。あまり深く知ることは、時に知りたくなことまで知ってしまうこともありますから。


 以上、ご参考まで。

>事象が3つや4つの場合なら全てに共通する一つの出生時刻が見つかるような
>気もするのですが、それが50や100の事象となると、全ての条件を満たす一つの
>時刻を見つけるのは不可能のような気もします。
>例えば事象(1,3,5,7,9)から導き出される時刻はAだけれども、事象(2,4,6)を考慮に
>いれると時刻Bになり事象(8,10)はむしろ時刻Cとなるような気もするのですが、

 これらの疑問は、おそらく「人生の上で起こる様々な事象は何の法則性も無くランダムに発生している」とお考えになって...続きを読む

Q自分の出生届のデータを閲覧できる条件とは?

 個人的な事情で、自分自身の出生届の内容を確認したいと思っていました。1970年生まれですので、原本はもちろん残っていないだろうし、何らかのデータも残っているか不安でしたが、ともかく出生地の市役所に行ってみました。

 窓口で相談してみると、出生届の内容を記録したデータなら残っているとのこと。そこで閲覧の手続きを取らせてもらおうとしたのですが、対応してくれた職員はなにやら奥に相談しに行きました。戻ってきて言うことには、「法律に基づく命令がないと閲覧できない」とのことでした。

 自分自身のことを知る手がかりを断たれたショックと、何を言っても覆りそうにない雰囲気だったのでそのまま諦めて帰ってきました。でもそのあと、もう少し詳しくきいておけばよかったなと思っています。「法律に基づく命令」というのは、例えばどのようなものでしょうか? また、自分自身に関する情報なのに、なぜ出生届のデータを閲覧することが困難になっているのでしょうか?

 ご存知の方がいらっしゃったら、お教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人的な事情というものがどのようなものかによると考えます。
単なる興味本位であれば体よく門前払いとなるでしょうし、記載内容を確認することにより質問者様
に客観的な利益があるのであれば内容の確認が可能です。

出生届の内容を記録したデータというのは1970年生まれとのことですので、和紙にインクで書かれた
「受附帳」のことかと想像しますが、それのレゾンデートルは戸籍の記載内容が正しくあること、また
戸籍が滅失等の恐れに直面した場合の担保という意味が大半です。

>また、自分自身に関する情報なのに、なぜ出生届のデータを閲覧することが困難になっているのでしょうか?

「受附帳」にかかることであれば、戸籍に全て書かれていていますので、改めて「受附帳」の記載内容
を確認する必要性が無いからです。

届出人、医師、役所の誰かが誤って戸籍の記載事項が事実と反することになっているので、それを訂正する
ためということであれば客観的理由に該当しますので行政証明書として発行はされますが、他の方々の
情報もありますので「閲覧」は不可能です。

戸籍法
第48条 届出人は、届出の受理又は不受理の証明書を請求することができる。
《改正》平11法087
2 利害関係人は、特別の事由がある場合に限り、届書その他市町村長の受理した書類の閲覧を請求し、
又はその書類に記載した事項について証明書を請求することができる。

ということです。特別の事由とは一般に戸籍の記載が誤っているため訂正の用に用いるということであり、
それ以外の目的ではほぼ証明はされないと思われます。

>出生届の原本は、提出されたあとしばらくして監督省庁(たしか法務省と言っていたように思います)
に移管されるそうで、市役所には保存されていません。原本は既定の年数が経つと廃棄されてしまうそう
で、期限内で保存されている場合でも特別な場合以外は閲覧できないとのことでした。

出生届に限らず、戸籍届書は日本国籍の方の場合本籍地を管轄する法務「局」に27年間保存されます。
27年経過後は法務局によりそのまま保存を続けるところもあり、自治体に返却するところもあるようです。

戸籍届書については、例えば在日韓国、朝鮮人の方のように戸籍がない方の場合には戸籍代わりに届書
の写しが証明書として発行されますが、日本国籍の方の場合は戸籍訂正等々の理由がない限りは証明書としての
発行を求めるのは困難かと思います。

かなり以前に実務をやった記憶ですので、その後に法改正があればご容赦を。

個人的な事情というものがどのようなものかによると考えます。
単なる興味本位であれば体よく門前払いとなるでしょうし、記載内容を確認することにより質問者様
に客観的な利益があるのであれば内容の確認が可能です。

出生届の内容を記録したデータというのは1970年生まれとのことですので、和紙にインクで書かれた
「受附帳」のことかと想像しますが、それのレゾンデートルは戸籍の記載内容が正しくあること、また
戸籍が滅失等の恐れに直面した場合の担保という意味が大半です。

>また、自分自身に関する情報...続きを読む

Q自分自身の出生の調べ方について

はじめまして。教えて頂きたいことがあります。実は、出生についてお聞きしたいのですが・・・・。私自身(30歳以上です)の生まれた時間が知りたくて、その調べ方を探しています。一応、母子手帳は紛失してしまいまして、母子手帳以外での方法を教えてください。
追伸:法務局で問い合わせしてところ、「記録はあるけど、本人でも非公開」って言われました・・・。
不思議な質問で恐縮ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です、訂正ついでに・・
あるところで訊いてみたところ、法務局(やはり転送されるそうです)における出生届の保存期限は「27年」だそうです。残念ながら「少し」過ぎちゃってますねぇ(失礼・・笑)
法務局でお尋ねになった通り、仮に残っていたとしても、閲覧や証明をもらうのはまず不可能だそうですね。産院での赤ちゃんの取り違え(昔そんな事件がありましたね)とかいう特殊なケースでもない限り、ということなんでしょう。

ちなみに誤回答した「戸籍の時刻の記載」は、「死亡」の場合で、混同してました。お恥ずかしい・・
相続が発生した際、被相続人と相続人の死亡順序(事故等で一緒に亡くなったりといったケース)によって相続人の相続分が変化(ややこしいんですが)することがあるので、厳密に記載されているようです。お金持ちの遺産相続のもめごとを防ぐため(半分冗談ですが)なんでしょうか、法律で細かく規定しているのでしょう。
ウチは貧乏なので、縁のない話ですが・・(苦笑)

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/index.html

#2です、訂正ついでに・・
あるところで訊いてみたところ、法務局(やはり転送されるそうです)における出生届の保存期限は「27年」だそうです。残念ながら「少し」過ぎちゃってますねぇ(失礼・・笑)
法務局でお尋ねになった通り、仮に残っていたとしても、閲覧や証明をもらうのはまず不可能だそうですね。産院での赤ちゃんの取り違え(昔そんな事件がありましたね)とかいう特殊なケースでもない限り、ということなんでしょう。

ちなみに誤回答した「戸籍の時刻の記載」は、「死亡」の場合で、混同して...続きを読む

Qタロット占いで悪い結果が出たのに、良い結果になったことはありますか?

こんにちは。
 私は自分でも時々面白半分にタロットをやります。よく友人に頼まれて占ってあげたりします。
 しかし昔、少しだけお付き合いした彼のことで占うと、結論が「別れ」で結論までのプロセスが「私は彼の本性を知ってショックを受け、嫌いになる」という感じでした。後で考えてみると本当にそんな別れ方をしていました。そしてその次に好きになった男性のことを占うと、結論までのプロセスはお互いすごく前向きな気持ちはあるという感じだったのですが、結論は「破局」でした。その時は全く気にしていなかったのですが、これも後で考えると、本当にその通りの別れ方でした。
 でももう、占いなんて絶対に気にしたくない!私の考えすぎだ!と思っている反面、やはり不安になってしまうときもあります。
 今、お付き合いに至りそうな男性がいます。もう2度と失敗したくないと思っているのですが、先日この彼とのことを占ってみました。するとまた、お互いに前向きな気持ちはあるのに最後は破局になっていました。
 もう絶対気にしたくない、過去のことも、今のことも・・・と思っていますがどんなに打ち消そうとしても気になります。

 こんな風にタロットは最終結果は最悪だったけど、全然違うよい方向に行った方、いらっしゃいますでしょうか?皆様の体験談をお聞きしたく、投稿しました。
 宜しくお願いします。

こんにちは。
 私は自分でも時々面白半分にタロットをやります。よく友人に頼まれて占ってあげたりします。
 しかし昔、少しだけお付き合いした彼のことで占うと、結論が「別れ」で結論までのプロセスが「私は彼の本性を知ってショックを受け、嫌いになる」という感じでした。後で考えてみると本当にそんな別れ方をしていました。そしてその次に好きになった男性のことを占うと、結論までのプロセスはお互いすごく前向きな気持ちはあるという感じだったのですが、結論は「破局」でした。その時は全く気にして...続きを読む

Aベストアンサー

西洋占星術とタロットの占い師、ジプシーキャットです。

えっとね、簡単に『結果』や『プロセス』を聞いても正しく答える事って難しいんだ。
やっぱり、どの位置にどのカードがあるかではんだんするからね。


まず、結論から言うね。
タロット(だけじゃなく、占い全般)には結果に対する根拠や対応策が必ず出てるんだよ。

『○○が○○だから結果がこう。っでそれに対する対応や対策は○○』って感じにね。

未来ってこれから起こる事なんだから、いきなり未来が来る訳じゃないよね。
そこにたどり着くまでには流れがあるわけでしょ。

貴方なりの言い方なら『プロセス』ね。
それを先に知ることができるんだから、防ぐ事もできるわけ。

だから当たる占いって役に立つんだよ。

考えてみて、来週、事故に合うって出て、そのまま事故にあったら占いをした意味がないよね。

貴方の文章の例で言うと
>「私は彼の本性を知ってショックを受け、嫌いになる」
って事は彼の事を知らなかったって事でしょ。
結局、本性が悪い事であれば、別れて正解だったんだよね。
それとも真実を知らずに続けたかった?
心に留めておけばその本性を許せたかも知れないし、また、知って傷つく前に別れたって事もある。

どっちにしても『知ってても役に立てなかった』って事だよね。

今回の流れが詳しく書いてないからアドバイスはできないけど、必ず流れを知っていれば対応は出来る。
とりあえず、これでいいかな。

あと3つアドバイスね。
まず、
>占いなんて絶対に気にしたくない!私の考えすぎだ!と思っている反面、やはり不安になってしまうときもあります。

気持ちは判るけど、これは貴方の占いに対する姿勢が悪い。
占いは『心の拠りどころ』でも『都合のいい夢を与えるもの』でもないよ。

占いはこれから貴方に『起こる事』じゃなく、
占いはこれから貴方に『出来る事』を知ることなんだ。

だから『好きな人をどうなるんだろう?』って気持ちじゃなく、
『好きな人にどうすればいいんだろ?』って気持ちじゃなきゃね。

『良い事出ますように』って気持ちで占いをおみくじと同じ物にしないでね。
占いはクジじゃないんだから。

2つ目は
>こんな風にタロットは最終結果は最悪だったけど、全然違うよい方向に行った方、いらっしゃいますでしょうか?

最終結果1枚で全てを知る事はできませんよ。全部に意味があるのだから。
それと『悪い結果だから』って都合のいいようにしたいってのも甘い。

逆に悪い結果なら避ける事を考えなきゃね。
占いは予言じゃないんだよ。
雨が降るって判ったら雨って事を拒否るんじゃなく、雨に濡れないこと考える。そのヒントは必ず出てる。

最後は占いじゃなく、恋愛としてね。
>今、お付き合いに至りそうな男性がいます。もう2度と失敗したくないと思っているのですが

誰もが失敗してもいいなんて気持ちはないでしょう。
当り前だよ。
だからって『不安を解消したいから良い結果が出て欲しい』って事を占いに託すんじゃなく、『最後の恋にしたんだけど、どうしたらいい?』って感じね。

『自分の安定や幸せ』じゃなく『相手の安定や幸せ』を考えるようにね。
恋愛や対人関係には大切な気持ちだよ。
がんばってね。

西洋占星術とタロットの占い師、ジプシーキャットです。

えっとね、簡単に『結果』や『プロセス』を聞いても正しく答える事って難しいんだ。
やっぱり、どの位置にどのカードがあるかではんだんするからね。


まず、結論から言うね。
タロット(だけじゃなく、占い全般)には結果に対する根拠や対応策が必ず出てるんだよ。

『○○が○○だから結果がこう。っでそれに対する対応や対策は○○』って感じにね。

未来ってこれから起こる事なんだから、いきなり未来が来る訳じゃないよね。
そこにたどり着く...続きを読む

Q母子手帳に記載されている出生時間について。

母子手帳に記載されている出生時間というのは、
具体的に出産過程のどの状況の時間なのですか?
「おぎゃ」っと泣いた瞬間なんですか?
その基準は、どこの病院・どの先生でも共通なんですか?
もし、人為的な「違い」があるとしたら、
その誤差は前後何分程度と考えたらいいのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。わたしは2児の母です。

母子手帳に記載されている出生時間というのは、
具体的に出産過程のどの状況の時間なのですか?

母子手帳の出産の状態というページがあります。
そこには、出生時間という記載はありません。娩出時間と分娩所要時間という記載はあります。
娩出時間はお腹から出てきた時間です。「時計見て。○時○分」といっていました。お腹から出てきても羊水を吸っているので羊水を胎内から出してあげてからオギャーとなくので、時間差があります。といっても1から2分ぐらいの差ではないでしょうか。
一人の人だけがお産にかかわることはまずないので時間には大きな差はないようです。2人とも違う医者で出産しましたので。(1人目は大学病院、2人目は個人産院)
分娩所要時間は陣痛が始まってから誕生までのかかった時間です。

Q占いするのに必要な条件

よく占いをするのに生年月日などを使うと思うのですが
占いとは24時間もの幅があって平気なものなのでしょうか?

同じ日に生まれた人の運勢が似ているよりも

全く違う日違う時間に生まれた人と運勢が似るほうがよっぽどありえそうな気がするのですがどうなんでしょうか?

もう一つ質問なのですが占いは客観的なものですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>しかしながら事故や事件に関して言えば・・・・逆宝くじのようなものですね。

 ある人自身に起こる事故や事件、ある人の財産や不動産に対して起こる事件、夫婦間の離婚騒動、転職・転勤、ご両親の不幸なども、それらを生じるある一定のパターンが存在しており、事前には分からないというものではありません。
 それらを避けることができるかというと、避けることができるものもあるけれども避けられないものもあります。

 私が前回お話しした、ある日時に発生した事象にも独自の『命盤』があるという趣旨の発言をもう少し詳しく述べます。
 ある集団の中で主導的役割を果たしている人物の運勢傾向と、その人物が率いている集団が辿る運勢傾向は、ほぼ同期します。
 ですから、例えば、ある家族が引越しをしたとします。その家族の構成員の生年月日時などはわかりません。しかし、そのような状況下でも、その家族の引越しが完了した日時の『命盤』を作成することによって、その家族で主導的役割を果たしている人のおおよその性格・家庭環境・運勢傾向などが分かります。
 上棟式・開館式などのその建物にとっての重要なイベントが発生した日時によって、その建物に住む家族あるいはその建物で働く集団のおおよその性格傾向と運勢傾向が分かります。
 そういうことです。



>問題は受け取る側にあるのだと思いました。(胡散臭さを感じる原因)

 そうとも限りませんよ。『タロット』『易』『八卦』などによって占断することを商売にする人の中には、「占いで未来のことなんか分かるものか!」と思いながら商売にしている人もいるようですから。
 胡散臭さを本人自身が十分に認識していながらやっている場合もあるわけです。
 しかし、そういう人たちは絶対にこの世の中から消え去るべきかというと、私はそうは思いません。前々回にも申し上げたように、必ずしも正確に出すことだけが人々の幸せにつながるとは限らないのです。そのような胡散臭いことを占う本人自身が認識している人たちの言葉でも、それによって救われる人がいればそれはそれで良いと私は思うのです。



>また、同時に資格などはないのだから誰を信じていいのか分かりませんね

 その通りだと思います。



>占いをしたことないというか占い師に運勢を見てもらったことがないので
>よく分からないのですが実際的に言って
>しっかりと勉強した上で占いしている人というのは
>どのように区別すべきものなのでしょうか?

 まず人に頼るばかりで自ら考えることをせずに観てもらっている間は、本当に信頼できる人に観てもらえる確率というのは、それこそ宝くじに当たるようなものだと思います。
 自ら学んで一つ一つ検証し、この人、もしくは、この理論は信頼できると思うものを見つけていく以外無いと思います。No3のj_shimaさんのように。
 ただ、自ら学ぶにしても、この世界は単に知識を詰め込めば分かるというものではなく、この世界に対する「縁」の有無も重要な要素です。
 No2の回答の中に、初学者がおそらく疑問に思うこと、あるいは、疑問にも思わずに本に書いてあることや人から言われたことを訳も分からずそのまま使っている可能性の高いことを基本から分かり易く解説しておいたつもりですが、学べば学ぶほど迷路に入って行ってしまうことが多いのもこの世界です。この世界に「縁」の無い人や、「縁」はあってもまだ生じていない人は、途中で挫折することが多いものと思います。
 weaselさんの場合、このような場で質問をなさっていることから考えても、「占い」の世界に興味はおありなのだと思いますが、いまだ「縁」は生じていないように思われます。とりあえず強い興味や必要性を感じていないのであれば、「占い」に関しては忘れてしまってはいかがです?
 強い興味や必要性を感じ、「縁」もあったのであれば、その時こそ本物に出会うことができると思いますよ。

>しかしながら事故や事件に関して言えば・・・・逆宝くじのようなものですね。

 ある人自身に起こる事故や事件、ある人の財産や不動産に対して起こる事件、夫婦間の離婚騒動、転職・転勤、ご両親の不幸なども、それらを生じるある一定のパターンが存在しており、事前には分からないというものではありません。
 それらを避けることができるかというと、避けることができるものもあるけれども避けられないものもあります。

 私が前回お話しした、ある日時に発生した事象にも独自の『命盤』があるという...続きを読む

Q独学で四柱推命を学ぶ本

入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。
今の所、”未来予知学としての四柱推命学入門(武田孝玄)”
を注文してあります(まだ届いていません)

四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?
ご存知の方がいらしたら、その違いもわかりやすく教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものがありますので、
  そちらも参考までにご覧になってみて下さい。算命学のみならず、四柱推命に
  おいても、同様の部分で諸流見解が分かれています。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=365738)

 まず、どなたのでも構いませんから自分がとっつき易そうだとお思いになる本をお読みになってはいかがでしょうか。その後、様々な流派や学派、関連する書籍等をお読みになって、理解を深め、それらの異同について学ばれた上で実占し、その結果からどの主張がより信頼に値するものであるのかを研究なさっていかれれば良いのではないかと思います。

 そして、どうせ学ばれるのでしたら、gimpeiさんも推薦なさっておられるように阿部泰山流に属する以下の本はお勧めです。但し、「安部」ではなく「阿部」、「三木照三」ではなく「三木照山」です。

 (1) 『泰山全集 四柱推命学の要諦』伊藤泰苑著/京都書院/定価 3,800円(昭和52年当時)
 (2) 『最新版 四柱推命の完全独習』三木照山著/日本文芸社/定価 2,500円+税(平成13年当時)

 上記の本は、阿部泰山氏、または、『阿部泰山全集(全22巻)/京都書院』が元になっていますが、内容に若干の異同があります。同じ流派に属していても、必ずしも結論が同じとなるわけではないことが分かります。また、これは勉強なされればお分かりになると思いますが、泰山流は『用神』や『格』についての採り方が難しく、なかなか理解ができないと思います。
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=323859)
私も判断に迷う時は、他の占術の結果と照らし合わせながら判断するようにしています。
 日付が変る時刻について、泰山流は現在の考え方と同様、午前0時としています。他の四柱推命の諸流や同じ中国系占星術の『紫微斗数』では23時をもって日が変るものと考えています。
 また、時刻の採り方についても、『紫微斗数』ではかなり厳密に考えますが、『四柱推命』の多くの流派は、あまり厳密に考えていないものが多いです。しかし、本来の時刻の考え方を理解し、実際に実占すれば、この点についてどのように考えるべきか自ずと分かってくるものと思います。
 (参考までに、時刻の採り方について、以前私が回答したURLをご紹介して
  おきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=475981
 この質問者の方は、後で気付いたのですが、私が以前、この方の別の質問で再婚に関する占いの結果を回答したことのある方だったようで、
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=241428)
その時の私の回答内容が気に食わなかったらしく、それからどうも私は嫌われているようです。 (^v^) )

 あまり流派に偏りが無く、「通変星」について概略を知る上で参考になるものとして、
   『四柱推命学』千種堅著/光文社/定価850円(1996年当時)
を揚げておきます。
 ただ、この本は「通変星」については詳しいですが、その他の点についてはほとんど触れられていないので、やはり最初に上げた2冊はなるだけお読み頂きたい所です。日付の変り目や他のいくつかの点を除き、私が『四柱推命』で判断するに際しては基本にしている考え方です。

 それから、月の変り目については、以前他の方の質問に私が回答した
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=468417
を参考になさって下さい。



>四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?

 中国系の占術は、多かれ少なかれ『陰陽五行説』の理論を取り入れて成り立っています。それはこれから勉強なさるようになればイヤでもお分かりになると思います。

 それから、「奇問遁行」ではなく『奇門遁甲』です。これは方位術です。自ら移動したり、普請・増改築などをしたりする時に、その日時と方角を看る場合に用います。
 「『奇門遁甲』について」と「『奇門遁甲』と日本の『気学』の違い」については、以前他の方の質問に私が回答したURLを紹介しておきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=456058
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=469064

 四柱推命に限らず、占術には様々な流派が存在しています。上でも述べたように、結局ご自分でそれらを学んだ上で少しずつでも極めて行くしかないと思います。
 大成されんことをお祈り致しております。

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものが...続きを読む

Q日々の星占いってどうやって占ってるの?

毎日テレビや雑誌で星占いの結果が載っていますよね。星座ごとに全体運、ラブ運、金運、仕事運を占うのが一般的です。
その日の星の位置で占うんだと思いますが、どうやってやってるんでしょうか?
一般的なやり方を教えてください。

Aベストアンサー

 毎日の星占いの様に、短期間の星座占いは、動きの速い月と生まれた時の太陽が位置した星座との位置関係で占います。通常の星座占いで言われる星座とは、生まれたときの太陽がどの星座にあったかで○○座と分類しています。月は約2日半で1星座を通過しますから、変化を与えて娯楽性を高めるという意味では適切な方法かもしれません。

 月を基準に占い結果を出している占いは、短い周期で良くなったり悪くなったりすると思います。しかし、運勢として影響力が大きいのは、動きの遅い火星・木星・土星等の天体の影響力であり、月のような動きの速い天体の影響力は、感情や気分を表すと思った方がいいでしょう。対人運は水星の星座で、恋愛運は金星の星座でというように、本格的な占星術は10個の天体の位置関係で運勢を判断します。

 では、テレビや雑誌のように太陽の星座だけで、どうやって対人運、金運などを占っているのかですが、理論的に矛盾しない範囲で考えられる方法は、ソーラーサインハウス(太陽星座の0度を基準に第1ハウスとして30度づつ12個に等区分)と、(たぶん月重視でしょうが)トランジット天体によるハウスとの位置関係でしょう。仕事・知性運は第3ハウスと第6ハウス、恋愛運は第5ハウス、対人運は第7ハウスにあたる星座と言う感じで見ていく方法ではないかと思います。

 本来の人の運気は、長期的にじわじわと影響を与える動きの遅い天体の影響に左右される要素が多いので、動きの遅い天体と対象星座の位置が悪ければ、平均的に悪いという結果になります。テレビや雑誌は視聴者や読者に不快感を与え続けないように、短期的な変化の多いポイントで、いい悪いが短期間で変わるように判断していると思います。所詮、星座占いはエンターテイメント向けにつくられた「太陽以外の9種類の天体の位置」という占いでの重要なポイントが抜けている占いなので、娯楽レベルです。ですから、理論的な正しさや的中率を求めるのは野暮なことなのでしょう。

 毎日の星占いの様に、短期間の星座占いは、動きの速い月と生まれた時の太陽が位置した星座との位置関係で占います。通常の星座占いで言われる星座とは、生まれたときの太陽がどの星座にあったかで○○座と分類しています。月は約2日半で1星座を通過しますから、変化を与えて娯楽性を高めるという意味では適切な方法かもしれません。

 月を基準に占い結果を出している占いは、短い周期で良くなったり悪くなったりすると思います。しかし、運勢として影響力が大きいのは、動きの遅い火星・木星・土星等の天体...続きを読む

Q天戦地沖について

天戦地沖とは、本当に恐ろしいのでしょうか?
今年、どうやらこの年に当たるらしいのですが
どういったトラブルが予測されるか分かるかたいらっしゃいますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 YoshickVさんのおっしゃっていることは正しいのです。しかし、YoshickVさんがお書きになった説明だと、専門家には分かりますが一般の人にはおそらくチンプンカンプンだと思います。

 占いの本の場合、売れるためには出来る限り単純であった方が売れるのです。また、良いことよりも悪いことを強調した方が売れるのです。「天中殺」や「大殺界」と同様、この「天戦地冲」もその一つだと思います。

 これらは干支暦というものを用いた推命術(『四柱推命』・『算命学』など)において、その判断要素の一つであることは間違いありません。しかし、これらのどれ一つをとっても、それだけでは何の判断もすることは出来ないのです。

 おそらくご覧になった本には、生まれた日の「干支(かんし):十干と十二支のこと」の内、上の十干(天干と呼ばれる)が、今年の十干「丙」を剋すか、逆に剋される関係にあり、かつ、生まれた日の十二支が、今年の十二支「戌」を刻すか、逆に剋される関係になっているのだと思います。

 しかし、そもそも年運一つ見る場合であっても、生まれた日の干支のみを取り出し、それのみで判断することなど出来ないのです。

 年運を見る場合、まず生まれた年月日時を構成する全ての干支の関係を細かく分析し、それらのうち、何がどういう働きをしているかを見極めます。その後、年運として巡って来た干支が、自分の生年月日時を構成する全ての干支に同時に作用すると考えて改めて分析します。それらの作業を終えて初めて何らかの結論を導くことができるのです。

 したがって、上記のお話からお分かりかと思いますが、結論としてはYoshickVさんもおっしゃっておられるように、生まれた日の干支と年運干支との関係が天戦地冲であっても、それのみを取り出して「どういう年になるの?」と質問されても、お答えのしようが無いのです。

 敢えて何らかのお答えしようとするならば、「人によっては良いと考えられる場合もありますし、悪いと考えられる場合もあります。また、全く特別のことは起きないと考えられる人もいます」程度にしかお答えのしようがありません。

 結局のところ、普通の方は「天戦地冲」など、全く気になさる必要はありません。

 どうしてもお気になるのであれば、『四柱推命』について本格的に研究なさってみられることです。そうすれば、単に商売として売り出されているに過ぎないものかどうか判断も出来ますし、それらに一々振り回されることもなくなると思います。

 ご参考まで。

 YoshickVさんのおっしゃっていることは正しいのです。しかし、YoshickVさんがお書きになった説明だと、専門家には分かりますが一般の人にはおそらくチンプンカンプンだと思います。

 占いの本の場合、売れるためには出来る限り単純であった方が売れるのです。また、良いことよりも悪いことを強調した方が売れるのです。「天中殺」や「大殺界」と同様、この「天戦地冲」もその一つだと思います。

 これらは干支暦というものを用いた推命術(『四柱推命』・『算命学』など)において、その判断要素の一つ...続きを読む


人気Q&Aランキング