Excel97のVBAマクロでOracle8iと接続するプログラムを作成するのですが、
OracleObjectForOLEとADOのどちらを使うのが一般的ですか?
どちらの方法でも接続できるのですが、パートナーと意見が分かれています。
そもそもの違い(仕組み)とメリット・デメリットを教えてください。
また、それは単純にVBでOracleに接続する場合にも同じ事が
いえるのでしょうか?

A 回答 (1件)

基本的にはどちらもそれほど大きくこちらでないとという、メリットはないように思います。


それよりも、経験のある方を選んだ方が良い物ができると思います。

両方とも経験がなく、これからという場合は、次のメリット・デメリットを参考にして下さい。

ADO
メリット
Oracleに限らず他のRDBMSなどに接続する可能性がある場合、ADOは、プログラムの変更が最小になる可能性があります。
デメリット
OSなどのアップデート(Windows UpDateやOfficeのアップグレードなど)で、動かなくなる可能性があります。また、ストアドプロシジャのコールが苦手です。

oo4o(OracleObjectForOle)
メリット
Oracle純正であることを考えても分かるように、パフォーマンス的にも機能的にもOracleに最適化されています。
デメリット
使用法法にちょっと癖があります。(例えば、デフォルトプロパティが正常に働かない時がある。)あと、開発用ライセンスが必要になり、ライセンスが非常に高価です。

あと、VBの場合ですが、基本的には同じだと思いますが、VBで開発の場合、Excelなどよりも、更新、削除の割り合いが多くなる傾向があるように思います。そのため、ストアドプロシージャの使用も増える可能性が増えますので、oo4oの方が使いやすくなるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
『開発用ライセンスが必要になり、ライセンスが非常に高価です。 』
の部分が気になりますが、会社としてはすでにoo4oを使用しているので
問題ないと判断しました。
これで安心してoo4oで開発することに決定できました。

お礼日時:2001/05/07 10:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ