水道水or飲料水中に含まれる次亜塩素酸ナトリウムを定量したいのですが、
具体的方法が分かりません。

初心者でも、出来る様に回答を頂ければと思います。

また、当方は甲種危険物取扱者の資格を取得しており、化学系の大学を
卒業しておりますので、少々、専門的なことでも構いません。
(ただ、分析専門ではないので、丁寧だと、有り難いですが...)

方法が載っている、webサイトを教えて頂けても構いません。

是非是非、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。



補足拝見しましたが,やっぱり先の回答の方法ではダメみたいですね。

次亜塩素酸ナトリウムの定量とのことですが,実際は次亜塩素酸陰イオンの定量になると思います。で,具体的な方法はわかりませんが,陰イオンの定量であれば,電気化学検出器を用いたイオンクロマトグラフィ-で分析できるのではないでしょうか。


なお,今日大学の書籍コ-ナ-にて次の成書を見かけました。直接はお役に立たないと思いますが,何かの参考になれば幸いです(既にご存知でしょうか)。

「水の分析(第4版)」,日本分析化学会 編,化学同人,1994年
 ISBN:4-7598-0252-5,22 cm,493p,\5,300
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
近くに書籍がありませんが、探して、参考にさせていただこうと思っています。
本当に、ご親切にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/08 08:27

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「多項目簡易水質検査試験紙の基礎的検討」
http://www.aquachek.net/1-36.html
(シリンガルダジン法による有効塩素測定)
=======================================
この試験紙は、測定範囲が0~600mg/lと広範囲なこと
=======================================
ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.yamato-net.co.jp/products/kagaku/kens …

この回答への補足

ありがとうございます。
早速、教えていただいたURLに行ってみて、参考にさせていただきました。

ジュース中に含まれる次亜塩素酸ナトリウムの定量にそのまま用いるのは
無理のような気がしますが、参考になりました。

もし、ジュース中の次亜塩素酸ナトリウムの定量方法が分かるようなところが
あれば、又教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/05/07 16:02
    • good
    • 0

法律上問題になるのは「残留塩素:水中に溶存する遊離残留塩素(遊離形有効塩素)およびクロラミンのような結合残留塩素(結合形有効塩素)」ですが,これではなくて「次亜塩素酸ナトリウム」そのものの定量でしょうか。



残留塩素の定量でしたら,参考 URL のペ-ジに記載があります。

「次亜塩素酸ナトリウム」そのものの定量でしたら,「第十一改正 日本薬局方解説書」(廣川書店,1986)に「次亜塩素酸ナトリウム試液,アンモニウム試験用」の定量法がありました。この方法が,水道水や飲料水に適用可能かどうかわかりませんが,一応記載しておきます。

試験液 10 ml を正確に量り,水を加えて正確に 100 ml にする。この液 10 ml を正確に共栓フラスコにとり,水 90 ml を加えた後,ヨウ化カリウム 2 g 及び薄めた酢酸(1→2)6 ml を加え,密栓してよく振り混ぜ,暗所に5分間放置する。遊離したヨウ素を 0.1 N チオ硫酸ナトリウム液で滴定する(指示薬:デンプン試液 3 ml)。同様の方法で空試験を行ない補正する。
0.1 N チオ硫酸ナトリウム液 1 ml = 3.7221 mg NaClO


一応書きましたが,この方法ではご希望の測定は困難なような気がします。測定されたい次亜塩素酸ナトリウムの濃度はどれくらいでしょうか。補足下さい。

参考URL:http://www.humeco.m.u-tokyo.ac.jp/~minato/labome …

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
レスがあって、大変感激しています。

0.1 ~ 50 ppm 位の次亜塩素酸ナトリウムが対象です。
(定量出来ていないので、正確には含量がわからず、予想です。)

なので、滴定には無理があるかな???と...。

食添基準品の次亜塩素酸ナトリウム(市販品)の定量では確かに上記方法が
公定書にも記載がありますし、良さそうですよね。
(標品として必要ですし...)

でも、飲料水中に含まれている、次亜塩素酸ナトリウムの含量を測定したいのが
一番の目的なのです。

もし、分かるようでしたら、よろしくお願いいたします。

大変恐縮ですが、来週の月曜日(5/7)まで、チェックできそうにありませんが...。
でも、必ず、5/7には観るので、どなたか、よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/05/02 17:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次亜塩素酸ナトリウムと酢酸を混ぜたときのpHを計算したい。

0.04%の次亜塩素酸ナトリウム1リットルと1%の酢酸1リットルを混合させたとします。
ここから得られるpHはいくつになるでしょうか。

塩素ガスが発生し、一般にはまぜるな危険ですが。
化学反応は以下の通りですか。
2NaClO+2CH3COOH→2CH3COONa+2H2O+Cl2

Aベストアンサー

反応が完結し塩素が完全に抜けた後であると考えると、って言うかそれしか正確に答えられないが、
0.04%の次亜塩素酸ナトリウムのモル濃度を計算する。それがナトリウムとして残る。だからナトリウムイオンの最終濃度は次亜塩素酸ナトリウム濃度の1/2。
1%酢酸のモル濃度を計算する。それを1/2する。
この酢酸の濃度からナトリウムイオンの濃度を引く。すると「残っている酢酸の濃度」が分かる。ナトリウムイオンの最終濃度は酢酸「イオン」の最終濃度と等しい。
あとは酢酸の解離定数(酢酸のpKaからも求まる)を用いれば水素イオン濃度が分かるのでpHを求める。生じる水は無視して良い。
です。^^

Q甲種危険物取扱者を取得するのに、わかりやすい化学の参考書

 甲種危険物取扱者試験の勉強をするのですが、化学のわかりやすい本を教えてください。

 現在、全国危険物安全協会から出版されている「危険物必携(実務編)」で勉強しているのですが、基礎的な化学の部分がよく理解できません。
 これらの部分に関しては、いろいろ調べたのですが、高校の化学の教科書を勉強すればよいとわかったのですが具体的にはどれがよいのかわかりません。

甲種の資格をお持ちの方で、よい教科書や参考書があれば、ぜひ教えてください、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も勉強中ですが、まず、弘文社のわかりやすい甲種危険物取扱者試験がわかりやすく説明してあります。ただし、最近の甲種の化学は難易度が高いケースもあるので、私は次の3冊のテキストで補っています。1、「有機化学がわかる」技術評論社、2、「理解しやすい化学I、II」文英堂、3、高校の教科書の「化学1B」東京書籍   特に、1の技術評論社の本はかなりわかりやすいです。また、危険物の性質では、多種多様な危険物の物性がわかるように、新星出版社の危険物ハンドブックと、少々高価ですが、朝倉書店の危険物用語辞典を手元に置いています。あと、そのような高価な本がなくても、インターネットで検索すれば、たいていの危険物の物性を知ることができます。お互いがんばりましょう!

Q次亜塩素酸ナトリウム 5・RT? 5・70? なんのこと?

ABSの耐次亜塩素酸ナトリウム性を調べています。
その中で、
・次亜塩素酸ナトリウム{5・RT}
・次亜塩素酸ナトリウム{5・70}
の違いがあり、RTと70が何のことなのかわかりません。

こちらが意図する次亜塩素酸ナトリウムは食塩を混ぜた水道水を電気分解することによって得られる100ppm前後の除菌水です。
これがRT、70どちらに属するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

「5%というのは濃度のことで、℃というのは液体の温度」
です。
これは、何かの試験をするときの条件で、こういう試薬があるということではありません。
たとえば、5%の次亜塩素酸ナトリウムに室温でABSをつけたときの耐食性はどうだったかということです。この条件を[5・RT]とあらわしているのです。
したがって、あなたの質問の「100ppm前後の除菌水です。
これがRT、70どちらに属するのか教えて下さい。」
というのは意味を成さないのは明らかでしょう。どちらでもありません。

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Q次亜塩素酸ナトリウムで手の消毒はできますか?

手の消毒に次亜塩素酸ナトリウムのものはありますか?

学校からのお便りによると、ロタウイルスが流行っているそうです。

それによると殺菌には、熱湯、次亜塩素酸ナトリウムとあります。

そして逆性石鹸やアルコールには殺菌効果はありません。とのことです。

手の消毒用のアルコールを買っていたのですが、効果がないということで、手の殺菌はどうすればよいのか教えてください。

うちにあるキッチンハイターは、次亜塩素酸ナトリウムがはいっていましたが、それを薄めて使うのは怖い気がしますが、いいのでしょうか。

ロタでも除菌できると信じていた家にある洗濯用のワイドハイターは、次亜塩素酸ナトリウムは含まれず、過酸化水素がはいっていました。
洗濯用にも次亜塩素酸ナトリウムのものが必要ですね。

Aベストアンサー

次亜塩素酸ナトリウムは飲み水やプールなどにも使い比較的安全な消毒方
法です。(適当な濃度はありますが)しかし皮膚の消毒にはむきません。
しっかりたらいをした後に数分間つける必要があります。手は荒れます
し、独特なにおいが残ります。皮膚が荒れることによる免疫・防御力の低
下の方が深刻です。

結論を言えば、家庭ではこれらは必要ないとおもいます。これらを使うこ
とによるリスクの方が大きいように思えます。“水”を消毒薬と捉えれ
ば、水ほど優秀な消毒薬はありません。石鹸を使い指のまた、爪の先など
入念に洗いましょう。

どうしてもというのであれば、イソジンなどに使われるポピドンヨードが
良いと思います。
http://www.meiji.co.jp/drug/isodine/products/wash/index.html

Qさらし粉の有効塩素の定量について

さらし粉溶液にKI溶液とHCI溶液を加えるのですが、必ずKI溶液を先に加えるのはなぜですか??

Aベストアンサー

 先に塩酸を入れると、次亜塩素酸イオンから塩素が発生して一部が外に逃げるため、分析値が低くなります。
 KIを入れておくと、次亜塩素酸イオンはI-を酸化してしまうので、回収率が低下しません。

Q次亜塩素酸ナトリウムとアルカリ

次亜塩素酸ナトリウム溶液に水酸化ナトリウムを加えると、有効塩素の減少を防げると聞いたのですが
どのような機構によるものですか?また,有効塩素10%程度の次亜塩素酸ナトリウムを保存するのにどの程度の水酸化ナトリウムを加えればよいのか教えてください。
 ちなみに有効塩素として定量されているのはどの成分なんでしょうか?

Aベストアンサー

次亜塩素酸イオンは加水分解して次亜塩素酸を生じ、
  (1)   ClO- + H2O ←→ HClO + OH-
生じた次亜塩素酸が次亜塩素酸イオンと反応して塩素酸イオンと塩化物イオンを生じます(不均化反応)。
  (2)   ClO- + 2HClO → ClO3- + 2H+ + 2Cl-
全体の反応式は、
  (3)   3NaClO → NaClO3 + 2NaCl
このように分解して有効塩素が減少しますが、アルカリを加えると(1)式の加水分解が抑制されて分解が防止されます。
他に、酸素を発生する分解もあります。
  (4)   2NaClO → 2NaCl + O2

水酸化ナトリウムを加える量は、1~3%ぐらいでいいのでは?(自信なし)

有効塩素は
    NaClO + 2HCl → Cl2 + NaCl + H2O
以上の反応で生じた塩素の量を表わす方法と、次亜塩素酸イオンの量で表わす方法があるようですが、食品添加物公定書では前者の方法を使っています。一般的にも前者の方法だと思います。この方法だと有効塩素量は
    有効塩素量[%]=次亜塩素酸ナトリウムの量[%]×0.9525
と、大体次亜塩素酸ナトリウムの量に等しくなります。

次亜塩素酸イオンは加水分解して次亜塩素酸を生じ、
  (1)   ClO- + H2O ←→ HClO + OH-
生じた次亜塩素酸が次亜塩素酸イオンと反応して塩素酸イオンと塩化物イオンを生じます(不均化反応)。
  (2)   ClO- + 2HClO → ClO3- + 2H+ + 2Cl-
全体の反応式は、
  (3)   3NaClO → NaClO3 + 2NaCl
このように分解して有効塩素が減少しますが、アルカリを加えると(1)式の加水分解が抑制されて分解が防止されます。
他に、酸素を発生する分解もあります。
  (4)   2NaClO → 2NaCl + O2

水...続きを読む

Q比色法と重量法の二つの定量法の長所、短所わかる方是非教えてください.

比色法と重量法の二つの定量法の長所、短所わかる方是非教えてください.
お願いします!

Aベストアンサー

何の分析か特定して下さい。
それとも一般的なお答えが必要なのでしょうか?

Q次亜塩化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウム

化学にはとても疎いので、是非とも教えて頂きたいと思います。

英語で sodium hypochloride という化学物質の日本語名を調べています。
インターネットで検索した結果、
sodium hypochloride ==> 次亜塩化ナトリウム
というものを見つけたのですが、ヒット数が非常に少ないです。
そこで、いろいろ調べてみた結果、sodium hypochloride は sodium hypochlorite(次亜塩素酸ナトリウム)の誤称だという説明を見つけました。
ということは、日本語で「次亜塩化ナトリウム」と「次亜塩素酸ナトリウム」というのは同じ物質なのでしょうか。
インターネットで検索すると、「次亜塩化ナトリウム」はヒット数が少ないのですが、これは「次亜塩素酸ナトリウム」の誤称なのでしょうか。

どなたか教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

ええと、もっと単純に考えましょう。
>sodium hypochloride は sodium hypochlorite(次亜塩素酸ナトリウム)の誤称だ
まで調べられていらっしゃるのですから、同様に
「次亜塩化ナトリウム」は「次亜塩素酸ナトリウム」の誤称とお考えいただければいいのです。

なお#1さんの回答は亜塩素酸ナトリウムについてであって、今回のものとは無関係ですね。

Q「次亜…酸」の命名公式はある?

よろしくお願いしたします。

高校化学の教科書で「次亜…酸」という化合物を見かけました。
「次亜…酸」という化合物のネーミングについての質問です。

例:
次亜塩素酸HClO、次亜ヨウ素酸HIO、次亜リン酸H3PO2


「次亜…酸」のネーミングの公式というものはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

無機化合物の正式名称は、IUPAC という機関で決められた無機化学命名法に基づいているそうです。

完全に定着している伝統名も正式名として採用されていまして、例えば有名な硫酸(慣用名。正式名はテトラオキソ硫酸)もそうです。
次亜塩素酸、次亜ヨウ素酸、次亜リン酸なども正式名称として登録されています。
次亜塩素酸の別名:オキソ塩素酸
次亜ヨウ素酸の別名:オキソヨウ素酸水素
次亜リン酸の別名:ホスフィン酸
も登録されています。
ちなみに、「亜りん酸」は誤記で、「亜リン酸」が正しいそうです。


人気Q&Aランキング