痔になりやすい生活習慣とは?

ある仕事を、個人のデザイナーとして請け負っています。

制作するにあたり、近くでどのような人が関わっているかというと、
A:本を出す出版社側の人
B:その出版社に、外部として関わっている編集者
C:編集者Bサイドに頼まれた、外部のデザイナー=私
といったかんじです。

Bさんが、AさんとBさんとのやりとりや決定事項を、私に伝えるというような構図なのですが、
問題は、Bさんがデザイナーがどんな仕事をするのか把握していない方で、
それで介在するので、肝心なことが伝わらなくて、後で知ってイライラするということです。
また、こちらが常識として知っているだろうと思われることを放置しておくと、
後で、え?なんでー、と思わされたりします。
先に知らせてもらえなければ徒労になるので困るという事項も、
つっこんで初めてポロっと言ったりします。
(本のサイズが実は未定なので、まだ取りかからなくていい、など。)

Bさんが以前在籍していたのは、大きな出版社だったのですが、
大きいだけに役割分担があったようで、隣合わせの職種の仕事についての認識がないようです。
あと、かなりお年で、失礼ながら、頭の回転や機転なども関係していると思います。

自分の中で考えたこととして、
フォローしてさしあげるのも仕事のうち、
頼りにされるように、今の状況を逆手に取る、
自分だって、至らないところがあるだろうし・・・、
と言い聞かせるのですが、
このスムーズでない進行に直面すると、時折切れそうになります。
状況を持ち直そうと、やりとりする程、
Bさんの中で、こんがらせてしまったりする時もあるのです・・・。
でも私もフリーランスなので、お金のことを考えたら、関係性を切る訳にもいきません。

こういった方と仕事する場合、どのようにすればいいでしょうか。
Aさんと私がやりとりするのは、構図的にないです。
それに、それを申しでても、Bさんに阻止されると思いますし、
打ち合わせに同席することもないと思います。
Aさんの出版社の仕事以外でも、お仕事をする予定なので、
今回のケースだけでなく、【Bさんとの仕事の仕方】をどうにかしたいと思っています。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

伝言ゲームみたいな感じで、伝えてほしいことが質問者様に伝わってこない、というようなことですよね。


Bさんはおそらくプライドが高くて、質問者様を頼れないのだと思います。契約の関係もあって、打ち合わせに同席させたり、メールでのやり取りをメーリングリストなどで同時受信したり、という体制は無理なのですよね?

私がBさんの立場とレベルなら、デザイン関連の打ち合わせは、即答できない可能性もあるので、打ち合わせの同席をお願いするかもしれません。
でないと、伝えたいことが伝わっていない、ということは起きますし、勘違いのまま進行していて、「こういうイメージではなかった」ということが起きるのは避けたいからです。

打ち合わせの同席や、メーリングリストなどでの情報共有が難しいようであれば、質問票のようなものを作って、うめてもらうということは可能なのでしょうか。

> (本のサイズが実は未定なので、まだ取りかからなくていい、など。)

こういう情報は、伝えてもらえないと、作業が無駄になることもあるわけですよね?
これまでBさんが原因で、無駄に負荷がかかったことなどを質問票に書き出して、

本のサイズ (1)○○ (2)△△ (3)未決定

などのように選択肢もあると、うめやすいのではないでしょうか?

私はWebの仕事ですが、やはりBさんのようなかたが間に入っていて、質問をしても「なんでわからないんですか?!」などと切れられたりするので、Aさんに聞いてしまったりしますね。
契約上いけないのですが、Aさんもこちらに直接問い合わせてきたりしますしね。
ちなみに、Aさん、Bさん、Cさんは会社単位でメーリングリストで連絡を取り合っているので、Aさんからの情報が、Bさんに電話でいかない限りは伝わってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなりました。

>伝言ゲームみたいな感じで、伝えてほしいことが質問者様に伝わってこない、というようなことですよね。

そうなんです。
Bさんが、肝心なことも曖昧な解釈で事を進めるので、後で「えっー?」という状況が分かったりします。

>契約の関係もあって、打ち合わせに同席させたり、
メールでのやり取りをメーリングリストなどで同時受信したり、という体制は無理なのですよね?

契約というか、Bさんは、Aさんから仕事を請けている立場なので、
とにかく「余計な口出しが発生するのを避けたい」というのが頭にあって、それの1点張りです。
私が入って正確な情報を知った方が、てっとり早いし、ストレス大幅ダウンなのですが。。。
やりとりは阻止されています。かろうじて、メール転送はしてくれました。

>こういう情報は、伝えてもらえないと、作業が無駄になることもあるわけですよね?
これまでBさんが原因で、無駄に負荷がかかったことなどを質問票に書き出して、

無駄になります!それを自覚していただいてないようなのです。

質問表は、初心者向けのようですね。。。
こういうことを、気にしてさしあげなければいけないと、精神的に疲れてしまいます。。。
このようなことのために、別途請求などはできるのでしょうか?

お礼日時:2011/10/18 19:38

お若い方なんでしょうか?


先日も、旅行の質問されていましたよね。
まぁいいんですれど、ちょっとプロ意識がないのかな…どのみち、あまりキャリアがおありの方とは思えませんが…

>例えば、普通だったら伝えられる情報がなくて、
>こちらがやったことが徒労に終わったりすることがしばしある

では、作り始める前にきちんと確認すれば済む話ではないでしょうか。
しっかり確認して、全てBさんの承認をもらってから進めればいいかと。
確認作業の工程で、Bさんの頭の中の情報を全ていただく感じで行けばいいのではないかと。
その作業後に、追加の直しが入ったとか、やっぱり何かは違っていました、ということは、もう仕方がないと思いますけど。
この仕事っていうのはそういうものなので。

やることは全てやり、万全を期したのに、問題が生じることなんて当たり前です。
何もしないのに天から火の粉がふってきたら、天を恨むのではなく、火の粉を払いのける方法を考えるしかないですよ。
そのBさんの仕事は「火の粉」だと思って、振り払いつつ請けるしかないですよね。
それが出来ないなら、Bさんは切るかしないと…ここで質問して解決するような話じゃないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>作り始める前にきちんと確認すれば済む話ではないでしょうか。
しっかり確認して、全てBさんの承認をもらってから進めればいいかと。

「確認しなければならない」状況というのは、
何をBさんがうっかりしているのかまで気をまわさなければならず、疲れるのです。
その苦労が伝わってなくて、イライラするのです。

「火の粉」というより、多大なストレス原です。

お礼日時:2011/10/18 19:41

実際に、具体例をおしえていただいたほうが、適確なアドバイスが出来ると思うのですが。



ただ、質問を拝読して感じたのは、外注だから私のテリトリーはここからここまでよ、というように
ご自分の領域を決めつけず、仕事上必要なことは、ご自分から進んで確認するなり、提案するなりすべきではないかな。
そしてそれを実行するには、ご自身の仕事ぶりや成果に、絶対の自信がなければダメでしょうね。
ダメダメなものを出してくるくせに、口ではいろいろ言ってきやがる…と思われないためにも。

仕事で関わる人物が全て、常識的でまともでいい人とは思わないほうがいいです。
特にフリーは、いろいろな人と仕事を共にしますので、調整能力を磨くことも肝要。
デザインできるからいいでしょ、ではなく、
クリエイティブのスキル以上に大事なことではないかと思います。

与えてくれないから困る、ムカつく…ではなく、
質問者様がその時点で必要なものは、こちらから手を出してつかみ取る、という感じで。
これが出来ないと、とてもではないですが、フリーは勤まりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体例など、詳細は書くのが難しいです。すみません。

例えば、普通だったら伝えられる情報がなくて、
こちらがやったことが徒労に終わったりすることがしばしある、ということです。
徒労と、自覚していただいているのか分からないイライラに、苛まれているというかんじです。

まさに、
>与えてくれないから困る、ムカつく…
です。

提案というかフォローですよね。
でも他の相手とは、このようなエネルギーは使わないのです。(泣)
それを言ったところで仕方がないですが。

お礼日時:2011/10/15 22:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング