最新閲覧日:

よろしくお願いしますぺこ <(_ _)>
そろそろタイヤ交換の時期が来まして、いろんなメーカーのタイヤを物色中なのですが、現在各メーカーからいわゆるecoタイヤが出ていますが、イマイチ従来のタイヤとの違いがわかりません。
謳い文句にあるようなecoタイヤは燃費向上に繋がるのでしょうか?
毎日通勤に往復約20Km、あとは買い物と病院への通院ぐらいにしか車は使いませんが、このような乗り方でもecoタイヤと従来のタイヤには差は出て来るのでしょうか?
すいませんがどなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

タイヤが燃費に強く影響を及ぼすのは


ゼロ発進の時なんですが
エコタイヤと呼ばれるタイヤは
このゼロ発進時の抵抗を軽減させています。

その効果は、メーカーのテストで3~5%位と聞いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますぺこ <(_ _)>

お礼日時:2011/10/17 16:30

ecoタイヤと従来のタイヤとの違いは、「転がり抵抗」の違いです。



この「転がり抵抗」はタイヤの空気圧や温度、その他色々の要因で決まりますが、タイヤの摩擦係数もその要因の一つになります。

この路面との摩擦係数を下げれば、転がり抵抗もすくなくなります。

しかし摩擦係数を下げると、コナーのグリップ力の低下や雨天時のウェット性能の低下の原因になります。

ですから、いかに転がり抵抗を下げて、グリップ力を確保するかがメーカーの腕の見せ所なのです。

さて、質問者さんの様な車の使い方でも燃費に差が出る場合もあるし、アクセルワークの方が違いが出る場合もありますので、何とも言えません。(一つ言える事は、圧倒的に差が出る事はありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますぺこ <(_ _)>
気にするほどの差はないんですね<参考にさせて頂きます

お礼日時:2011/10/17 16:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ