12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

ファンケルやDHCなどのビタミンのサプリメントと、エスエス製薬や塩野義製薬や武田製薬のビタミン剤は何が違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メーカーがサプリメントと称すればサプリメントで、ビタミン剤と称すればビタミン剤です。

    • good
    • 0

食品(栄養機能食品や栄養補助食品などの医薬部外品)と(一般用)医薬品の違いでしょう。

食品として作るか,薬事法に従って作るかの違い。中味については,それぞれを詳細に見ないとなんとも・・・。
    • good
    • 0

サプリは栄養補助食品なので、通常の食事+欠乏している成分をサプリで補うのが一般的な利用法です。


ファンケル、DHCを飲んでも、自分の欠乏成分が分からないと意味はありません。

ビタミン剤は成分のほとんどがブドウ糖なので、一時的に元気になるドリンクです。
(点滴などの血管注射ではないので、即効性と持続力はあまり期待できません)
・・・ビタミン剤は常用すると糖尿病の元になります。

一番健康なのは栄養バランスの取れた食事を採ることですね・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビタミン剤とビタミンサプリの違い

 
薬局で売っているビタミン剤(アリナミンなど)とスーパーの食料品売場にあるビタミンサプリの違いは何ですか。

使い分けとかあるのでしょうか。
 

Aベストアンサー

アリナミンは医薬品です。そこで医薬品とサプリメントの違いを説明します。

医薬品は日本薬局法の基準に基づいて作られており、効果・効能をうたうことが認められています。当然表示の成分がきっちり含まれてないといけません。

一方サプリメントは特にこのような基準はなく、効果・効能はうたえません。(うたうと薬事法違反になります)従って、サプリメント(以下サプリ)は表示どおり成分が含まれていないものもあるかも知れません。ただ信頼のおけるサプリメーカーのものなら表示の成分は含まれているでしょう。

サプリは直接効果・効能はうたえませんが、3段論法で効果・効能を連想させているケースが多いです。たとえば「物質○○は××に効果があります。このサプリは○○をこれだけ含んでいます。(だからこのサプリは××に効果ありと連想させる)」と表示します。これなら違法ではありません。

ビタミン不足で疲れた人には、それを補う医薬品を飲めは効能がありますが、ビタミンが足りていても疲労しているケースがあり、そんな人が同じ医薬品を飲んでも、疲労は回復しません。
逆にビタミン不足で何らかの症状が出ている人へは、サプリでビタミンを補えば、症状は回復します。

昔ビタミン不足で起きた脚気や壊血病は、サプリのマルチビタミンを用法どおり飲んでいれば未然に防げます。

私は毎日いろいろなサプリの世話になっていますが、日々快調です。

アリナミンは医薬品です。そこで医薬品とサプリメントの違いを説明します。

医薬品は日本薬局法の基準に基づいて作られており、効果・効能をうたうことが認められています。当然表示の成分がきっちり含まれてないといけません。

一方サプリメントは特にこのような基準はなく、効果・効能はうたえません。(うたうと薬事法違反になります)従って、サプリメント(以下サプリ)は表示どおり成分が含まれていないものもあるかも知れません。ただ信頼のおけるサプリメーカーのものなら表示の成分は含まれているでし...続きを読む

QビタミンCは医薬品とサプリでは効能は違いますか?

  こんばんは。

 タイトルの通りですが、医薬品だとアスコルビン酸が主成分ですが、サプリの場合はローズヒップなどから造られています。

 同じ量のビタミンCを摂取した場合の効能は異なるのでしょうか?


 ちなみに、私はサプリをいつも飲んでいます。風邪気味の時には多く飲むようにしています。


 気長に回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

ビタミンCに限りませんが、医薬品と同じ成分のサプリメント(健康食品のことと解釈いたします)の場合は、成分的には同等ですが、含有量の基準についての考え方が異なります。

医薬品の場合は使用期限があり、その期限内は成分含有量が一定の範囲にあることが規定されています。
裏を返せば、使用期限内に含有量が基準未満となってしまうようなものは、医薬品としてはありえないということになります。

一方健康食品の場合、成分含有量を表示しているものも多くなってきていますが、この量は実は製造時の量であることが多いのです。
つまり作る時に入れた量であって、ビタミンCのように時間の経過とともに力価の低下が見られるものについては、たとえ賞味期限内でも表示量が含まれているという保証はありません。

特に健康食品でこういったものを選択する必要のあるときは、医薬品を作っているメーカーが製造したものの方が信頼できることが多いようです。
それはたとえ健康食品といえども、心あるメーカーは医薬品に準じた基準を社内で設けて製造している場合が多いからです。
もちろん、そうでないところもありますが、一般的な傾向として、という意味です。

ビタミンCに限りませんが、医薬品と同じ成分のサプリメント(健康食品のことと解釈いたします)の場合は、成分的には同等ですが、含有量の基準についての考え方が異なります。

医薬品の場合は使用期限があり、その期限内は成分含有量が一定の範囲にあることが規定されています。
裏を返せば、使用期限内に含有量が基準未満となってしまうようなものは、医薬品としてはありえないということになります。

一方健康食品の場合、成分含有量を表示しているものも多くなってきていますが、この量は実は製造時の量...続きを読む


人気Q&Aランキング