2011年10月16日のTV番組の「ほこ×たて」対決で「どんな金属にも穴を開けることができるドリルVS絶対に穴の開かない金属」で、OSGのドリルで日本タングステンの金属に穴を開けるというものでした。

この結末はOSGの偏芯回転付超砥粒ドリルで日本タングステンのNWS超硬合金に1mm位までは削れたけど超砥粒が全て取れ、最後は切削(研磨)熱で金属が割れてしまった痛み分けというものだった。

痛み分けではく、ドリルの負けと思いましたが、でも割れたのは何故なのでしょうか?

このNWS超硬合金は粉末冶金法で作ら、金属粉末をプレスした後、焼き固めて所用形状を得る方法とあり、超硬合金はその主成分はタングステンカーバイドWCで、その融点は2900℃とありますので、Binder MaterialであるCo、Niが熱で脆くなり割れたのでしょうか?

http://www.nittan.co.jp/products/hard_metal_002_ …

A 回答 (5件)

技術大国日本ならではの名勝負でしたね。



切削液使ってたので熱によるものではないと思います。

あれだけ硬い材質だと衝撃や圧力に対して脆くなります。
ダイヤモンドなどもハンマーで叩くと粉々になりますしね。

タングステンの方が負けと言ったが為に引き分けとなりましたが、職人から言わせればドリルの完敗です。

材料壊すなんて最悪ですから。


割れたのは機械の圧力であって、ドリルの刃は完全に使い物にならない状態でしたからね・・・


あと100本ぐらいあれば空いたかもしれませんね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かにドリル穴あけ屋が相手を壊しちゃあ駄目ですね。

熱ではないですか。そうなると超砥粒が無くなったときに欠けた金属か超砥粒の粒をかみ込んだときの衝撃で割れたんですかね。

お礼日時:2011/10/18 21:51

タングステン自体 固くて脆い性質の金属です。


それを超々硬に作り上げた金属ですから 割れて当然かと思います。

ガラスや樹脂の穴開けも 適切な 切削工具で 正しく慎重に開けないと 割れや素材損傷させます。
この点から あの対決は NWS超硬金属の勝ちと 判断します。

またリベンジマッチすると思いますが 今度は、ドリルメーカーも 素材を割らない様に 
穴を掛ける工夫が必要かと思います 
刃物を押し当てたり 回転運動させる力でなく 超砥粒の研磨力での勝負でしょう。

もう 刃物ドリルとかでは 歯がたたず切削でなく 研磨材で削らせるしか無い様ですね
ほんと 日本の 凄い工業技術です。

日本タングステンも 彼一人 敵陣へ乗り込ませるのでは アウェー過ぎます。
社員の 応援も連ねて 敵陣へ 行かせてあげたいです。笑!

今時 とても 興味をそそるTV番組ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
面白い視点での番組ですよね。
時間制限無ければラップ液垂らし続けてて研磨する方法がでそうですね。

お礼日時:2011/11/06 21:10

私はその番組を見ては居ませんので単なる興味からの推測ですが、部材が割れたのは、やはり切削熱が切削部の表面にたまり、熱変形による大きな内部応力がかかったためではないかと思います。


どんな形状の部材だったのか分かりませんが、超硬合金は非常に硬く変形しにくいものですが、材料(Wが主)とその結晶レベルでの構造上熱伝導が悪く、また、もともと粉体を押し固めたもので靭性が少ないことから変形には弱く、大きい板材は往々にしてわずかな変形で折損することがあります。

それにしてもOSGのドリルは優秀なのですね。ドリルの穴あけの基本は先端のチゼルポイントの強さで相手を押しつぶし、わずかな突破口を開いてからその周囲の刃物で切り込んでいくものです。硬いものならその先端が先に熱で潰れてしまいます。おそらく先にダイヤモンドかそれに近いものが仕込まれていたのではないかと思いますが、超硬同士の対決とは無茶な作業をしたものだと思います。本来超硬金属はドリルで穴を開けるのではなく、レーザーーや放電で開けるのが常識です。金属ならまだいいのですが、セラミックはもっと加工が難しいものです。セラミックに穴を開けるドリルを開発して欲しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
相手材料の形状は平面です。
ドリル加工という観点で超硬に超硬で穴をあける対決で、矛盾そのものの対決でした。

お礼日時:2011/11/06 21:13

今回の対決は初回から観てた自分としてもとても面白い対決でした。



まさかの番組初の引き分け……懸命な結果だと思います。


合金が割れたのは今回ドリルの穴の開け方が研磨、研削と言った形のドリルだったので
恐らく超砥粒が無くなった際摩擦が起きそこを中心に合金のもろい部分(どんなに強い合金でも1箇所はもろい部分はあります)に当たったのでは?と思います。

ただ今回の対決は両社共誇ってもいいと思います

結果はどうあれお互いがお互いを認め合うこととなりましたので今後の対決に期待です^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

途中火花が飛んでましたものね。超砥粒がなくなりドリルの金属が欠けたのかもしれませんね。

矛盾対決をドリルの穴あけでやるとは面白い企画でしたね。

お礼日時:2011/10/18 21:47

明快な答えじゃないのですが・・・私は今日初めて見たのですが、随分面白いと思いました。



あれだけの硬さだと、熱云々という以前にちょっとした衝撃で割れてもおかしくないと思います。
むしろ、今までの対決で結構衝撃を加えられていた回もあったのに、割れなかったのが凄いと思います。

しかし、あの対決は、もうドリルっていうか加工が切削じゃなくなってきてますよね。
研削か研磨の延長で穴開ける方向に行ってますよね。

研磨砥石みたいな研磨剤そのもので、ドリル?を造る所まで行っちゃいそうな気がしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 研磨砥石みたいな研磨剤そのもので、ドリル?を造る所まで行っちゃいそうな気がしますね。

そう。僕も次は砥石で研磨するか、今回相手は割れたので靭性を少しあげてくるでしょうからドリル側は更に硬度を上げた超硬合金にラップ液を垂らして穴を開けるんかなと思ってました。熱や衝撃を与えなければ、より硬い方が勝つのだからと。

でも研磨型のドリルってなんとなく、サカ×ホコ対決の「名勝負」が「迷勝負」になってしまいそうですが、それこそ同じ材料の矛盾同士の対決となるのかなあって。

工業的には穴を開けることには変わらないことですが。

お礼日時:2011/10/18 21:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生用の無料の漢字プリント

小学3年生の息子に漢字の勉強をさせようと思い、小学1年生から小学3年生までの全ての漢字が勉強できる漢字ドリルを探しています。書店の漢字ドリルだと3学年分で1500円くらいしてしまうので、できれば無料で使用できる漢字プリントがいいです。

Aベストアンサー

こちらの「小学生の漢字プリント」というサイトは、
学年ごとに全ての漢字がドリルに収録されているようです。
http://kanji-print.net/

漢字の意味ごとにプリントが分かれているので
効率良く漢字の勉強ができそうですよ。

Q磁石につく金属とつかない金属

磁石に鉄、コバルト、ニッケルなどはつきますがアルミニウム、金、銀、銅などはつかないのはなぜか理由を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

原子を構成する電子のスピンが関係しています。
スピンとは電子の自転運動に相当し、スピンによって電子そのものが磁石としての性質を持ちます。
電子のスピン同士はお互いを打ち消し合う性質を持ちますが、鉄、コバルト、ニッケルはすべて打ち消し合わずに3d軌道と呼ばれる電子軌道にスピンが余ります。
このような物質が強い磁界に入り込むと、余ったスピンにより、強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。
すべてのスピンが打ち消し合う物質の場合は、スピンが余っていないので、強磁性体(磁石)に吸い寄せられる事はありません。

Qチタンコーティングドリル

チタンコーティングドリルはどういう特長があるのでしょうか?

チタンは硬い金属ではないので、切削力が優れているとは思えません。
チタンの優れた能力は防食性です。
しかしドリルは錆びていてもそれほど切削力は落ちないので、関係ないように思います。(刃以外)
第一、コーティングなんてのは、硬い素材と数回摩擦し合えば、剥げてしまうはずです。(刃の部分)

チタンコーティングドリルの優れた点は何でしょう?

Aベストアンサー

チタンコーティングというのは、#1の方のおっしゃるとおり窒化チタンコーティングのことです。チタン金属をコーティングしているという意味ではありません。
窒化チタンコーティングはPVD法によりコーティングを行っているため、非常に密着性が高く、また非常に硬いため(Hv2000~2500)数回の摩擦程度では剥がれることはありません。ちなみにダイヤモンドは約Hv10000なので、ダイヤモンドの1/4~1/5程度の硬度です。
チタンコーティングドリルの優れた点については既出であるため、省略します。

Q金属の表面が冷たく感じ、プラスチックの表面は金属ほど冷たく感じないのですが、

金属の表面が冷たく感じ、プラスチックの表面は金属ほど冷たく感じないのですが、
これらのモノの温度差がどういった理由でしょうか。
また、以前から疑問に感じていたのですが、氷は冷やせば冷やすほど温度が下がるそうですが、-10℃の氷と-100℃の氷の温度差は何が違ってくるのですか。

Aベストアンサー

No.1の補足への回答です。
-10℃の氷と、-100℃の氷の内部の状態の違いを説明します。

氷の中では、水分子が六角柱の網目状に結合していて、分子の位置が固定されています。しかし、分子は定位置を中心にして振動しています。-10℃と-100℃の違いは、-10℃のほうが振動が激しいということです。「冷やす」とは、氷からエネルギーを奪って振動を沈静させるということです。氷だけでなく、一般に温度とは分子運動の激しさを表わします。

Qカーポートにステンレス板をビス止め

カーポートとガレージの門の間が少し空いているのでカーポートの屋根に20センチ程度のステンレス板をとり付け雨水が車に落ちてこないようにしたいと思っています。ステンレス板はビス止めの部分には業者の方に穴を開けてもう予定ですが、ステンレス板とカーポートをビス止めするには単にドリルで上からビス止めするだけで大丈夫でしょうか? ネットで見るとタッピングビスを使うとかありますがよくわかりません。それとステンレス板とカーポートの間には薄いゴム板などを挟む方がいいのでしょうか?全くの素人なので、ご教示願います。

Aベストアンサー

カーポートはアルミで肉厚は約1.0mmと思われます。

カーポート屋根にポリカを固定しているネジは
外してみるとドリルネジを使用しておりますが
結構効いていますので、そこだけ肉厚が厚いのだと思われます。
http://www.drill-neji.com/drilltoha.htm

本件も同様にドリルネジを使用すれば良いかと思いますが
これが曲者で、アルミだと締めすぎるとネジがバカになることです。
こうなると修正が利きません。

いろいろ考えましたが、結果的に下穴を開けて、トラスの
タッピングネジを手締めですれば良いかと思います。
直接ステンレスにネジを付けないでアルミのフラットバーを
付けて狭ピッチ(75mm)の間隔で取り付ければそれなりの
出来上がりになるでしょう。

もう一つはネジの代わりにブラインドリベットを使用することです。
http://www.byora.co.jp/index/products/fastening/blind/index.html
工具は必要ですが安価です。特殊な技術も必要としません。
ただ、長期間屋外だと酸化し強度が落ちます。
これも75mmの間隔くらいでしょう。

ちなみに状況は違いますが、私はポップナット(商品名)を入れて
ビス止めしています。
専用工具は高く、コツもいるので一般的ではないでしょう。
http://www.popnpr.co.jp/product_info/04_category2.html

カーポートはアルミで肉厚は約1.0mmと思われます。

カーポート屋根にポリカを固定しているネジは
外してみるとドリルネジを使用しておりますが
結構効いていますので、そこだけ肉厚が厚いのだと思われます。
http://www.drill-neji.com/drilltoha.htm

本件も同様にドリルネジを使用すれば良いかと思いますが
これが曲者で、アルミだと締めすぎるとネジがバカになることです。
こうなると修正が利きません。

いろいろ考えましたが、結果的に下穴を開けて、トラスの
タッピングネジを手締めですれば良いかと思い...続きを読む

Q【日本刀が錆びないのはなぜですか?】日本刀って鋼と鉄の2種類の金属を使ってますよね? 金属というの

【日本刀が錆びないのはなぜですか?】日本刀って鋼と鉄の2種類の金属を使ってますよね?

金属というのは1種類だと錆びない金属だと錆びませんが、2種類の錆びない金属と錆びない金属を使って作ると弱い方の錆びない金属は錆びますよね?

金属磨耗でしたっけ?

弱い方の金属が錆びる現象が起こることをなんというのか忘れましたが弱い方の金属が錆びます。

ということは、日本刀を塩水などの海水に漬けると錆びますよね?

ということは、史上最強のニッケルとステンレスを65層重ねたまな板ごと切れてしまうという話題のダマスカス包丁は塩水に浸かっていた魚を捌くと2種類の金属を使っているので錆びるということですよね?

なぜ日本刀は錆びている印象がないんでしょう?

それは塩水に浸けることがない、魚を日本刀で捌くことがない、ただ空気中の水分だけでも錆びるはず。

ということは博物館に展示されている日本刀が毎日、磨かれているとも思えないし、民間の納屋にある日本刀も鞘から出しても錆びていない。ということはなぜ2種類の金属を使っても金属同士が反発して錆びる現象が起こるはずなの起こっていない謎が残る。

なぜ日本刀は2種類の金属を使っているのに錆びないのか教えてください。

【日本刀が錆びないのはなぜですか?】日本刀って鋼と鉄の2種類の金属を使ってますよね?

金属というのは1種類だと錆びない金属だと錆びませんが、2種類の錆びない金属と錆びない金属を使って作ると弱い方の錆びない金属は錆びますよね?

金属磨耗でしたっけ?

弱い方の金属が錆びる現象が起こることをなんというのか忘れましたが弱い方の金属が錆びます。

ということは、日本刀を塩水などの海水に漬けると錆びますよね?

ということは、史上最強のニッケルとステンレスを65層重ねたまな板ごと切れてしまうと...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜ日本刀は錆びている印象がないんでしょう?
大間違い、赤鰯という言葉をご存知有りませんか?日本刀は放って置くと全部アウト、本家の拝領刀は備前長船、大刀はもう無理、脇差しは何とか刃は残ったが、無残な姿、でも曾祖父が水死したとき帯びていたので、記念に取ってあります。錆びる理由はどれも同じで鋼鉄なら錆びにくいが、軟らかすぎるそこで炭素を加え硬度を上げそれを鋼鉄の両面に貼り鍛造します、だから純鉄の柄は錆びにくい。化学的に言うと二種の鉄を塩水に漬けると電位差・つまり電池が出来てしまい溶け出し易い方はどんどん腐食する。あなたが見た日本刀は多分脂分が多いところにあったか水分が極めて少なかった。

Qドリルドライバーとインパクトドライバーについて

DIYにて棚や机など、いろいろな物を幅広く作っていこうと思っております。
そこで、いろいろネットで情報収集していると、ドリルドライバーとインパクトドライバーを両方持っていた方が良いって情報と、ドリルドライバーのみで足りるって情報があるんですが、実際にインパクトドライバーは必要なのでしょうか?よく、ウッドデッキを作ったりする場合にあると良いって書いてあったりしますが、反面、ウッドデッキでもインパクトドライバーでなくてドリルドライバーでも大丈夫とも書いてあったりします。初心者にはドリルドライバーで事足りるのでしょうか?

Aベストアンサー

>DIYにて棚や机など、いろいろな物を幅広く作っていこうと思っております。

なら、両方必要だと思いますよ。

 どちらも一応、他の仕事も出来ますが、車で言うと乗用車とトラックの違いです。

ドリルは、穴あけに使用します。特に小さな穴を開けるには必要。これでねじを締めるとテキメンと頭がなめてしまいます。大きなビスやボルトを締めると、そのために必要なトルクがまともに反動として帰ってきます。

 インパクトドライバは、回転方向に衝撃を与えて締めていきますから、トルクが必要なねじでも、まったく【反動なし】に回転させられます。また、負荷によってビットがねじ頭から浮くこともありませんからねじの頭をつぶすことがとても少なくなります。
 しかし、インパクトドライバーで鉄工ドリルやホルソーを使うと衝撃で刃先が欠けます。

 木ねじを締める作業一つとっても、下穴を開けてねじを締めこむのに、いちいち先端工具を付け替えるなんて不便でしょうがない。バッテリーが供用のものを購入すれば本体価格だけで買えるのですから、費用的にも負担にならない。いまは普及して、かってよりも安いし・・

 購入されるなら、きっと大きなものと小さなもの2種類、計4種類欲しくなることを請合います。ですから、中途半端なサイズを買うより、とりあえず必要な、小さなものか大きなものを購入して、先でまた購入するのが良いです。中途半端なものを買うと買い足すのも無駄な気がして・・・。
 実際にはドリルは小さなもので十分なので、ドリルは小さなもの、インパクトはすこし大きめなものという選択肢もあります。

 これだけは守ること・・・

 マキタのようにアフターがしっかりしたメーカーのDIY向けでない、良い物を買うこと。電動工具はまるで違います。たとえばベアリング一つにしても、DIY向けとプロ用は、違うものを使います。
 なぜならDIY向けは使用時間を100時間程度で計算し、プロ用は1000~10000時間で設計しますから。
 ばらしたら判りますが、DIY向けはギヤに焼入れがされていなかったり・・・

 客自体が価格で比較してくるものと、寿命や強度で比較してくるという差があるのでさもありなん。

>DIYにて棚や机など、いろいろな物を幅広く作っていこうと思っております。

なら、両方必要だと思いますよ。

 どちらも一応、他の仕事も出来ますが、車で言うと乗用車とトラックの違いです。

ドリルは、穴あけに使用します。特に小さな穴を開けるには必要。これでねじを締めるとテキメンと頭がなめてしまいます。大きなビスやボルトを締めると、そのために必要なトルクがまともに反動として帰ってきます。

 インパクトドライバは、回転方向に衝撃を与えて締めていきますから、トルクが必要なねじで...続きを読む

Q対物レンズの射出瞳径=2×焦点距離×NA?

対物レンズの射出瞳径=2×焦点距離×NAという公式はよく知られており,
顕微鏡メーカーのHPでも当たり前のように書いています.
しかし,
NA=屈折率×sinθ
θ:最大入射角
であることを考えると,
2×焦点距離×tan(arcsinθ)というのが正しいのではないでしょうか.

Aベストアンサー

無収差の光学系では主面は平面ではなくて焦点を中心とする球面になる、とかいう話があったように思います。
主面上に射出瞳があれば、瞳径は2*f*NAになるかと思います。

Q素人なので教えてーハンドドリルにトリマービットを

ハンドドリルにトリマービットを装着して溝を掘れますか?
トリマーを使うまでもないくらい、短い距離なので
トリマーを買うのももったいないし、蚤を持っていないので
ハンドドリルがあるのでトリマービットだけ購入しようと思っています。

Aベストアンサー

まず、どのような材質にどのような溝を掘りたい(彫りたい?)のでしょう。

蚤を使うことを想定してるぐらいの材質なら、鑢(ヤスリ)で削っても良いのではないでしょうか?

鑢にも様々な種類や太さがありますから、最適な形状の鑢を選べば思い通りの溝が作れます。

Q7×7構造などの×はどういう単語ですか?

学会発表などで聞いていると
Si(111)面の7×7構造

の「×」を英語では「バイ」と発音するようです。

でもバイってどういう単語なのでしょうか?

普通に「×」で英語の辞書で引いても出て来ないので
「by」ではないかと思うのですが、
でもbyには、「掛ける」という意味はないはずなので、
実際どういう単語で表されているのでしょうか?

Aベストアンサー

Acronyms Xで検索すると真っ先にmultiplied byと出てくるよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報