【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

年末に上海から香港に行きますが、香港では元が使えますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

全部の店がそうではないと思いますが、「歓迎人民元」と書いてあるお店もたくさんありますよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

bari-sakuさん こんにちは

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/17 04:02

他の回答にもあるとおり、使えるとしてもレートが悪いことが多いので、上海の銀行で両替してから行くか、香港のATMで銀聯カードなどをつかって香港ドルを引き出すのが現実的かと思います。

    • good
    • 0

かなりの所で使えます。


ただし、レートが悪いです。

中国元1:香港ドル1 なんてところもあります。
実際に現在は中国元の方が強いですからね。
    • good
    • 0

使える店と使えない店があります



家電量販店とか中国人が買い物しそうな店は使える場合が多いです
レストランとか、外にRMBの表示をしてなくても実際には使えたりします
ですので表示のない店の場合には聞いてみないと分かりません

ただし人民元が使えても、ある程度レート換算をしてくれればいいのですが
1HKD=1RMBで計算されたら損しますね、要確認です
中国語が通じますので、入店時か会計時に聞かれてみてはいかがですか?

香港の空港や街中にある両替店は様々な通貨間での両替ができますので
RMB→HKDはもちろんの事、RMB→JPNも可能ですよ
ちょっと面倒でしょうが両替店で両替してしまうのが確実だと思います
    • good
    • 0

通常の店舗では、基本的には使えないはずです。


もちろん両替所は市内に沢山あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

denden-keiさん こんにちは

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/17 04:03

街中に元⇔香港ドルの両替屋さんがいっぱいあるので、


香港ドルに両替してこいって言われますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rrtrrtさん こんにちは

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/17 04:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港で米ドル

初めて香港に旅行に行くことになり教えてください。

香港で使用可能なのはHKD香港ドルだけでしょうか?
USD米ドルは使用可能でしょうか?
ホテルや大きなお店だけでも米ドル使えないでしょうか?

海外旅行初心者なもので・・・何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本と同じで通常の店は、香港ドルしか使えません。
ただ、観光客が多く利用する店などやホテルなどではUSドルを受けるとこもありますが、レートはそこの店の設定となります。一般的には悪いです。
US$と香港ドルはリンクしているので、使用する際は事前に香港ドルに替えていたほうが一般的にはお得です。

余っているUSドルを使うのであればデューティーショップあたりで使うのがお徳かも。
日本からわざわざUS$に代えて持ってきては各金融機関に寄付するような事になってしまいます。

なるべくクレジットカードを使うのがレートもさほど悪くなく、なんと言っても安全ですよ。

Q3泊4日の香港旅行の予算

こんにちは。3月に初めて香港へ旅行に行きます。
3泊4日ですが、飛行機の都合上、中2日のみの観光となります。
空港券、ホテルは旅行会社で予約済なのですが、
2日間の観光ではどのくらい費用を持っていけばよいでしょうか?
経験談などを聞きたいです。香港以外の国でも構いません。
都合上クレジットカードではなく、現金を両替する予定です。
また、音楽が好きなのでC-POPのCDを買おうとは思っています。

質問としては、
(1)海外2日間の観光でいくらかかりましたか?
  (いくらくらい持っていくのが妥当でしょうか?)
(2)香港でCDはいくらくらいですか?

初めての海外旅行なので分からないことが多いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先月、香港へ3泊4日で行ってきました。香港は大好きで10回以上行っています。香港ドルに3万円分(1HK$=16.5円で計算して約1818HK$)両替して少し余った位です。主に交通費と食事とお土産位で大きな買い物はしていません。移動は地下鉄、バス、フェリー、トラムで、空港でオクトパスを購入したので切符を買うことはなく楽でした。パスは何種類かありますが、自分は通常のオクトパスで良かったです。余計なことですが、両替は自分の場合、空港の制限エリア出口(エリア内側)の左側に手数料なしの両替所があり、いつもココでします。出てからは戻れないので気にかけながら行った方が良いと思います。重慶などレートが良いと言われているところがありますが、時間がもったいないのでここで十分です。レートは決して悪くないですよ。楽しんできてください。

Q2泊3日の香港旅行にアドバイスお願いします。

先日はQNo.1619490に丁寧なアドバイスありがとうございました。
ガイドブックは買いましたが、何点かまたアドバイスいただけたらと思い質問します。
明後日から2泊3日で母と二人で香港に行きます。
香港は初めてで、実質1日目の夜と2日目全日むこうで観光することになります。

1)最初に二人分で3万円くらいを香港ドルに両替し、不足分はUFJのワールドキャッシュカードからひきおろそうと思っているのですが、現地のATMはすぐに見つかりますか?
また、二人で3万円(約2,000香港ドル)は妥当でしょうか。(ケースバイケースとは思いますが、普通に食事・観光し、小物程度のお土産を買うとして)

2)職場の同僚や友人へのちょっとしたお土産で、これは評判が良かったというものがあれば教えてください。職場へはまとめて何かお菓子、友人にはお茶にしようかなあと思っていますが……。

3)両替は現地の空港に着いてからで良いかなーと思っているのですが、日本でして行ったほうが良いですか?

以上、ひとつでも構いませんのでアドバイスいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

先日はQNo.1619490に丁寧なアドバイスありがとうございました。
ガイドブックは買いましたが、何点かまたアドバイスいただけたらと思い質問します。
明後日から2泊3日で母と二人で香港に行きます。
香港は初めてで、実質1日目の夜と2日目全日むこうで観光することになります。

1)最初に二人分で3万円くらいを香港ドルに両替し、不足分はUFJのワールドキャッシュカードからひきおろそうと思っているのですが、現地のATMはすぐに見つかりますか?
また、二人で3万円(約2,000香港ドル)は妥当でしょ...続きを読む

Aベストアンサー

香港は場所・方法の選び方次第で両替レートに20%近い差が出ます。上手な両替が香港旅行の第一歩です。
香港ではレートのよい順にだいたい
(1)市中の良心的両替商 (2)クレジットカード(ショッピング) (3)国際キャッシュカード、銀行、クレジットカード(キャッシング) (4)空港の両替商 (5)ホテル (6)市中のボッタクリ両替商 (7)日本の銀行
となります。(3)の三者は同程度で、金額や弁済期間によって順位は多少変動します。銀行は両替1回ごとに手数料を取ることが多いので、細かい単位で何度も両替すると損です。
ツアーガイドによる両替は場合によりますが、だいたい(3)と(4)の間くらいです。また香港ではトラベラーズチェックは手数料がかかったりレートが悪くなったりしますので、日本円現金からの両替がお得です。
具体的なレートの数字は回答の最後に付けておきましたのでご参考に。

では順に、質問事項にお答えします。
1)ATM/必要な現金の額/両替法
ATMはすぐ見付かります。香港は金融の中心地ということもあり銀行はたくさんあります。九龍側でも不自由はしません。UFJの国際キャッシュカードの提携ATMは[1]のページで確認できます。掲載以外のATMでもPLUSマークが付いていればもちろん利用可です。

次に現金の必要量ですが、2日半のご旅行だとすると3万円は少し多いかも知れません。香港の物価は日本の4~7割程度です。また街歩きが観光の中心なので入場料や交通費といった出費が少なく、お金は意外に余ります。日本で似たスタイルの旅行をなさった際の費用のざっと半分が目安になると思います。
食事は庶民的な食堂で済ませ移動はバスや地下鉄を利用、時々コンビニエンスストアで水やおやつを買う程度といったスタイルなら1日で一人2,3千円もあれば十分です。これに買い物や食事のグレードアップ、タクシー利用の分を適宜加算下さい。
物価の目安は以下の通りです。
タクシー 1kmあたり10 HKD程度(初乗りは15 HKDくらい)
庶民的食堂で麺類 10~20 HKD
地下鉄初乗り 4 HKD
市電 2 HKD
博物館 10 HKD

香港の空港の両替所(Travelex)で全額両替してはいけません。空港の両替所(Travelex)は銀行間取引レートkから10%もマージンを取りますから、3万円も両替したらそれだけで3千円が消えます。市内なら0.5%程度のマージンで両替できる両替商があります。
もっとも両替商まで行くのに香港ドルが必要ですし、両替商に行くこと自体面倒だということもあるかもしれません。その場合、空港のエアポートエクスプレス乗り場の入口にHSBC銀行のATMとシティバンク銀行のATMがありますから、これらを利用するとよいでしょう。国際キャッシュカード利用時のマージンは4%程度で、空港の両替所よりはずっと有利です。

香港で一番レートのよい両替商は尖沙咀のNathan Road沿い、重慶大厦という有名な雑居ビルの奥の数軒です。日本円現金からの両替でマージン0.5%程度です。ただボロボロの怪しげなビルなので慣れていない方は入るのに躊躇されるかも知れません。ご興味があれば[2-4]のページをご参考に。
重慶大厦に二の足を踏まれる方は、その北側の「美麗都大厦」という雑居ビルの南側で、道路に面して営業している「恒泰銀號」を使うとよいでしょう。ここならビルの中に入らずに両替できます。重慶大厦より1万円あたり5 HKDほどレートは落ちますが、それでも十分お得です。
なお重慶大厦や美麗都大厦でも、入口付近に構えている両替所はとんでもないボッタクリレートです。絶対に両替しないようにしましょう。一般に表通りに面した場所のレートは悪いです。他の場所でも両替前には必ずレートの確認を。

使い残した場合の再両替も重慶大厦の両替商がベストです。買い取りのマージンもだいたい0.5%程度です。空港の両替所はその次、日本まで持って帰ってしまうと悲しいくらいに低レートになります。

2)お土産
香港に限らず私は現地のビール(香港なら"San Miguel"、ただし本社はフィリピン)を買ってくることが多いです。喜ばれるのですが、トータルで約2.3リットルを超えると帰国時に税金がかかるので多くは買えないのが残念です。
香港は消費財の多くを輸入に頼っているので、香港独特のお土産を探すのはなかなか難しいですが、町歩きをしていていて見つけた面白い品を、ご自身の感性で購入されるのでよいとのでは。

3)日本での両替
日本の銀行(空港の両替所含む)でも両替はできますが、香港ドルを日本で両替をしていいのは、現地では忙しくて両替の暇がない人、海外の両替所でのやり取りに全く自信のない人、よほどのお金持ちで損を気にしない人だけです。
日本で両替して香港ドルを入手する場合、銀行間取引レートに15%程度のマージンが加算されます。3万円を両替するとそれだけで4千円以上が消えます。香港の空港の両替所は確かにレートが悪いですが、それでも10%程度のマージンですから日本の銀行よりはまだ有利です。

【レート調査結果】
1万円(現金)でいくらの香港ドルが入手できるか調べました(2005年2月)。今はもう少し円安になっていますが、「銀行間取引レートからどれだけマージンを取っているか」の観点でご覧下さい。

空港の両替所(Travelex) 679.0 HKD (2/18 23時、2/20 14時)
重慶大厦両替商(奥) 735 HKD (2/19 10時)
重慶大厦両替商(入口) 609.2 HKD (2/19 10時) *ボッタクリ店です
美麗都大厦両替商(南側路地沿い、恒泰銀號) 730 HKD (2/19 10時)
美麗都大厦両替商(正面) 609.2 HKD (2/19 10時) *ボッタクリ店です
スターフェリー中環ターミナル内両替商 690 HKD (2/19 10時半)
国際キャッシュカード(シティバンク) 708.22 HKD (2/19 10時)
ホテルのフロント 650HKD (2/19 9時) *もちろん、ホテルによって異なります
クレジットカード決済レート(手数料1.63%込み) 725.95 HKD (2/21決済)
参考: 2月18日銀行間取引レート(仲値) 1万円あたり738-739 HKD

手数料は基本的に不要ですが心配なら両替前に確認ください。

[1] http://www.ufjbank.co.jp/service/cashcard/cai_ichiran.html
[2] 「香港・重慶マンションへの招待 香港の両替事情」http://www.chungking-mansions.com/ch3.htm
[3] http://www.chungking-mansions.com/ch4.htm
[4] http://www.chungking-mansions.com/ch4-2.htm

参考URL:http://www.ufjbank.co.jp/service/cashcard/cai_ichiran.html, http://www.chungking-mansions.com/ch3.htm

香港は場所・方法の選び方次第で両替レートに20%近い差が出ます。上手な両替が香港旅行の第一歩です。
香港ではレートのよい順にだいたい
(1)市中の良心的両替商 (2)クレジットカード(ショッピング) (3)国際キャッシュカード、銀行、クレジットカード(キャッシング) (4)空港の両替商 (5)ホテル (6)市中のボッタクリ両替商 (7)日本の銀行
となります。(3)の三者は同程度で、金額や弁済期間によって順位は多少変動します。銀行は両替1回ごとに手数料を取ることが多いので、細かい単位で何度も両替すると損...続きを読む

Q香港で北京語はどれくらい通じる?

香港の公用語が広東語、英語、北京語、というのは分かるのですが、実際のところは何語を話していて、北京語はどれくらい通じるのでしょうか?

来年、香港に行きたいなと考えています。あちらは広東語が主流のようではありますが、私は北京語しか分かりません。どれくらい通じるものでしょうか?

ちなみに英語はかなりカタコトです。香港だと観光地なら日本語も通じちゃうのかしら?とか淡い期待もしているのですが、言葉の壁の高さによって行動の範囲も変わってきますから、実際に行かれた事がある方がいらっしゃれば情報を頂ければと思います。

Aベストアンサー

今年の10月に香港へ行きました。街中はみなさん広東語を話していますが、観光客相手のお店でなくても、北京語はちゃんと通じました。

他の方の回答にもありますが、現地の人は大抵北京語を聞き取ることができます。なので、全て北京語で通しても問題ないと思いますよ。

そして、香港は英語ができる人が多いので、下手に英語で話しかけると、流暢な英語で答えられて聞き取れない。。という事態も考えられます。

ちなみに日本語を学んでいる人も多いので、道を尋ねたら「日本の方ですか?」なんて日本語で聞かれたこともありました。

Q香港ドル(現金)→日本円(現金)に両替。

香港ドルを日本円に両替しようと考えています。

どこで、両替するのがレートや手数料などを考えてお得でしょうか?
2万HK$くらいありますもので…。
ご存知の方、知恵を持ってらっしゃる方、教えて下されば幸いです。

※三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、Citibankに口座を持っています。

Aベストアンサー

 香港ドルの場合は香港に着いてから両替し、日本円への再両替も香港で済ませて帰国するのが一番よいのですが、香港ドルを既に日本に持ち帰っておいでとなると悩むところです。

 日本の銀行での両替は、No. 1のご回答にもあるように非常に低いレートになってしまいます。例えばみずほ銀行の4月6日のレートですと、
日本円→香港ドル 17.63円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→12.77円
に設定されています[1]。中間の値は15.20円なので、片道当たり2.43円(16%)もの手数料が上乗せされていると分かります。ただし銀行側の名誉のために言っておくならば、これはボッタクリ商売をしているからでなく、日本における香港ドルの流通量の少なさから手数料をどうしても割高に設定せざるを得ないためです。
 このほか、日本で外貨両替を手広く扱っている銀行の一つに香港上海銀行があります。香港を拠点の一つとする銀行だけに有利なレートで両替できるかと思ったのですが、調べてみると片道でやはり2円程度の手数料を取っており、特段有利ではなさそうです。

 今後また香港を訪ねる機会があるなら、その時に両替する(あるいはその際の現地費用に充てる)のが一番よいのですが、もし何らかかの事情で早急に日本で両替しなくてはならない場合、次善の策は民間の為替業者を使うことです。このような業者として例えば[2]の「ブルー・トラスト・グループ」などがあります。郵送での買取も受け付けているので、遠隔地にお住まいでも特段の不便はないでしょう。
 ブルー・トラスト・グループの4月7日(土)のレートは以下の通りです。
日本円→香港ドル 16.8円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→13.8円
中間の値はみずほと少し異なりますが15.3円、片道当たりの手数料は1.5円(9.8%)なので銀行よりは有利です。2万香港ドルを両替したとして手取りは27万6千円、銀行より2万円程度多くなります。

 通貨によっては「いったん外貨預金に入金し、後で日本円に振り替える(円転)」「外国為替証拠金取引(FX)業者に、銀行から国内外貨送金して円転」といった方法もあるのですが、香港ドルではこれは向かなさそうです。
 外貨現金を銀行で外貨預金に入金したり、外貨送金の資金に充てたりする場合は「外貨現金取扱手数料」がかかります。そして香港ドルでは、両替の項で説明したように流通量が少ないために外貨現金取扱手数料は高めに設定されています。
 みずほ銀行だけは外貨現金取扱手数料を扱い金額によらず1回1,000円に設定しています。高額の外貨現金を入金する場合は有利なのですが、香港ドルの外貨預金は扱っていないので[3]この方法は使えません。三井住友銀行でも香港ドル現金の入金は扱っていないようです。三菱東京UFJでは香港ドルの外貨預金は扱っているのですが、外貨現金取扱手数料については「お問い合わせください」になっていました。両替の際のマージンから類推するとおそらくは高めだと思います。
 シティバンク銀行も香港ドルの外貨預金を扱ってはいますが、香港ドル現金による入出金には対応していません。(シティバンク銀行在日支店での外貨現金の取扱は米ドルだけです)

 ちなみに香港での両替・再両替ですが、最もレートのよい両替商ですと売りレートと買いレートの差は1万円あたりわずか10 HKDです。上乗せされている手数料は片道で5 HKD(0.7%)ということで、売買の中間の値が1 HKD=15.30円なら
日本円→香港ドル 15.41円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→15.19円
という計算になります。香港の両替事情は本題ではないので割愛しますが、もしご興味がお有りでしたら[4-8]などをご覧ください。重慶大厦のベストの両替商は日本円→香港ドルだけでなく、香港ドル→日本円でも好レートを出しています。

【結論】
 香港に行かれる機会が今後もあるならその時に再両替するのがよいのですが、それまで待てず早めに再両替してしまいたいとなると、銀行でなく民間の為替業者を使う方法があります。香港ドル→日本円の片道で10%程度の目減りが発生しますが、銀行(16%程度目減り)よりは有利です。

参考ページ
[1] http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/information/market/cash.html
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/futsu.html
[4] 「香港・重慶マンションへの招待 香港の両替事情」http://www.chungking-mansions.com/ch3.htm
[5] http://www.chungking-mansions.com/ch4.htm
[6] http://www.chungking-mansions.com/ch4-2.htm
[7] http://www5f.biglobe.ne.jp/~hongkong/exchange.html
[8] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2816377.html

 香港ドルの場合は香港に着いてから両替し、日本円への再両替も香港で済ませて帰国するのが一番よいのですが、香港ドルを既に日本に持ち帰っておいでとなると悩むところです。

 日本の銀行での両替は、No. 1のご回答にもあるように非常に低いレートになってしまいます。例えばみずほ銀行の4月6日のレートですと、
日本円→香港ドル 17.63円→1 HKD
香港ドル→日本円 1 HKD→12.77円
に設定されています[1]。中間の値は15.20円なので、片道当たり2.43円(16%)もの手数料が上乗せされていると分かります。ただ...続きを読む

Q香港 マカオ 台湾 すべて別の国なのか?

上記の3つはすべて中国じゃないのですか?
わけがわかりません。
香港台湾は国旗がちがうからちがう国なのですか?
マカオに入るときにもパスポートが必要みたいですが。。マカオはどこのくになのですか??
よくわかりません。きになります。教えてください。香港、マカオツアーにいこうかと迷っています。おもしろいですか?

Aベストアンサー

全て同じ国、中華人民共和国です。
台湾は色々と難しい部分がありますが、
日本・アメリカなど多くの国が中華人民共和国と認めています。

香港はかつてはイギリスの租借地、マカオはポルトガルの租借地で
ともに数年前までに中国に返還されています。
現在は中華人民共和国です。

香港やマカオは特別行政区と言って返還後しばらくは
「自治」が認められています。
もちろん中国と制度も違います。
しかし独立国家ではなく、中国の一地方に過ぎません。

香港、マカオ、中国、台湾ともに独自のイミグレーションを持ち、
往来にはパスポートが必要です。もちろんその間で免税店もあります。

日本人は条件さえ満たせば全てノービザです。
(中国人の往来は制限されています)
マカオはバスや通りにポルトガル語・漢字標記があり、色々な国籍の人がいます。
中国と陸続きにもかかわらず非常に外国の雰囲気があり、面白いかもしれません。

日本から空で入国して、マカオには海で入国して、歩いて陸から中国入国なんて
日本では経験できないことを1日で体験できますよ。

全て同じ国、中華人民共和国です。
台湾は色々と難しい部分がありますが、
日本・アメリカなど多くの国が中華人民共和国と認めています。

香港はかつてはイギリスの租借地、マカオはポルトガルの租借地で
ともに数年前までに中国に返還されています。
現在は中華人民共和国です。

香港やマカオは特別行政区と言って返還後しばらくは
「自治」が認められています。
もちろん中国と制度も違います。
しかし独立国家ではなく、中国の一地方に過ぎません。

香港、マカオ、中国、台湾ともに独自のイミ...続きを読む

Q日本国内で、中国紙幣(中国元)を日本円に両替したい場合

日本国内で、中国紙幣(中国元)を日本円に両替したいと思っております。
どこでどのように行うことができるでしょうか?
また、金額に上限などはありますか?

Aベストアンサー

ご承知のように以前は、中国元は国外持ち出し禁止で国外での両替も不可能でしたが、次第に規制が緩和され2003年12月から日本でも両替できるようになりました。両替できる金額の上限は当初6千元でしたが、今は2万元にまで引き上げられています。(上限は今後も改定される可能性があります)
この両替上限額は持ち出し上限額と同じに設定されています。すなわち中国から持ち出せるのも現在のところ2万元までということです。

お住まいの場所が不明なので一般論に留まりますが、中国元は以下のような場所で日本円に両替できます。米ドルなどと異なり「外国為替取扱支店ならどこでも可」というものではないので、取扱いの有無を事前に確認してからご利用下さい。
・銀行の本店や規模の大きい支店、外貨両替専門ショップ
・銀行の空港内出張所(中国元の扱いのない出張所もある)
・金券ショップ、両替商の一部
・郵便局のうち外国為替取扱い局の、そのまたごく一部

具体的なレートを以下に示します。売買レート差の数字は1月18日のレートを参考にしています。いずれも目減り(=金融機関などが取るマージン)が大きいのですが、流通量や為替変動リスクの関係でコストがかかるためでやむを得ないところです。

【銀行・銀行系外貨両替専門ショップ】
http://www.tokyo-card.co.jp/wcs/rate.html
1中国元あたり売買レート差3円60銭 中国元→日本円片道の両替で11.6%の目減り

【金券ショップ】
http://www.ticketzone.jp/gaika/index.html
1中国元あたり売買レート差3円57銭 中国元→日本円片道の両替で11.5%の目減り

http://www.tiketking.co.jp/change/chagetop.php
1中国元あたり売買レート差3円69銭 中国元→日本円片道の両替で14.1%の目減り
*日本円→中国元が1円50銭・中国元→日本円が2円19銭の非対称なマージン設定で、中国元→日本円の両替に使うのは損

http://www.igami.co.jp/currency.html
1中国元あたり売買レート差4円00銭 中国元→日本円片道の両替で12.9%の目減り

http://gaika.e-daikoku.com/
1中国元あたり売買レート差4円40銭 中国元→日本円片道の両替で14.2%の目減り

【両替商】
http://www.travelex.jp/currency/index.html
1中国元あたり売買レート差3円97銭 中国元→日本円片道の両替で12.8%の目減り

【郵便局】
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/sj000200.htm
1中国元あたり売買レート差3円60銭 中国元→日本円片道の両替で11.6%の目減り
(レートはWebサイトに出ていないため、売買レート差は窓口で調査したもの 2006.12.29)

【為替業者】
http://www.btgp.org/BTG%20CNY.htm
1中国元あたり売買レート差2円20銭 中国元→日本円片道の両替で7.1%の目減り
郵送での買取りあり

http://interbank.co.jp/goods.php?mm_id=interbank
1中国元あたり売買レート差2円35銭 中国元→日本円片道の両替で7.6%の目減り
郵送での買取りあり

私の勝手な推測でしたら申し訳ないのですが、中国で中国元を入手し値上がりを待って売却する目的であれば、最低でも7%値上がりしないと利益が出ないことになるのでそう簡単ではないです。(これに加え、最初に日本円→中国元の両替をした際の目減りを補う値上がりも必要です)
旅行で余った中国元を再両替したいだけなら、日本に持ち帰らず中国で済ませるのが有利です。

ご承知のように以前は、中国元は国外持ち出し禁止で国外での両替も不可能でしたが、次第に規制が緩和され2003年12月から日本でも両替できるようになりました。両替できる金額の上限は当初6千元でしたが、今は2万元にまで引き上げられています。(上限は今後も改定される可能性があります)
この両替上限額は持ち出し上限額と同じに設定されています。すなわち中国から持ち出せるのも現在のところ2万元までということです。

お住まいの場所が不明なので一般論に留まりますが、中国元は以下のような場所で日本円に...続きを読む

Q深センから香港までの行き方

年末に上海,深セン、香港、福州に行く予定です。深センから香港まではどの様に行けば良いです。
又いくら位しますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

上海から深セン香港の間がどのような旅程なのか存じませんが、深セン全域の面積は大阪府や東京の本州部分よりも広く、中心地の4区だけでも大阪市やさいたま市の1.8倍の広さです。それに対して、深セン-香港間のイミグレーションは主に3ヶ所しかありません。深センのどこから香港のどこへ移動するのか、まずそれをはっきりさせた方がいいと思います。
ざっくり言って移動手段はバス・電車・フェリーの3つですが、それだけ広いと言う事は、移動手段のどれとどれを組み合わせるのか、どのイミグレーションを使うのがいいのか、出発する場所や目的地、到着時間によって異なってくるのはご理解いただけると思います

簡単でラクなのは深セン市内の各ホテルから香港市内へ直通のリムジンバスですが、値段が高いです

バスや電車については旅程が確定したときにでも調べればいいでしょう。いまここでリンクを貼り付けても、訳が分からないと思います。場所によってはフェリーでも行けますしね

QCTrip利用経験のある方、いらっしゃいますか?

 私は、現在、中国のモンゴル自治区はフフホトにいます。
 日本に帰るのですが、周囲の人に相談すると、CTripというサイトを利用する、という人が居ました。
 実際にそのHPを見てみると、

  フフホトの空港→北京
  北京で一泊
  北京→日本

 上記の手順で、行けそうです。

 ところで、別の人によると、HP上で予約する行為は中国では危険なので、自分なら地元にある航空会社の発券所にて現金購入するとの事でした。

 人の意見を頂いても、最後は自分の責任であることは理解しておりますが、具体的には、どのような"危険"があるのでしょうか?その危険は航空会社発券所で現金購入すれば避けられるのでしょうか?

 中国国内に滞在できる期限が、7月月末までなので、失敗は避けたいのです。


以上です。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ホテル予約でよく使います(当日も可)一度もトラブルは有りません。楽天の資本も入っていて何年か前は日本が中国の業界に覆面で侵略してきたと一部で騒ぎになりましたが...最近のページは日本語もでき便利です。

Qチェックアウトの朝のチップについて

ホテルに泊まった時、毎朝 枕もとにチップをおきますが、最終日は、どうなんでしょうか?今までは置いてチェックアウトをしてますが、してない方がいると知って皆さんどうされてるか、、教えて下さい

Aベストアンサー

チップという習慣は、ひょっとしたら「海外一般」では語れないような気が(あくまで「気」がですが…)しています。また「枕元にはおかない」というのは「有力な説」にも思えます。(参考URLの最初のほうをご覧下さい。また、その中の「For stays of more than one night, $1 per night is standard」=1泊しかしない人=最終日しかない人=は、Hotel Maidにチップを置く必要がない、とも読めん事もないページのリンクが切れていたので、それは参考URLの後のほうにいれて置きました。)

私自身は、英国に住んでいた時は、最終日も、また1泊しかしない場合もチップは置いてました。「チップは、サービスの対価」という元々の意味からしたら、そういう事なんだろう、と何となく考えた為です。仮に、「最終日はチップ不要」というのが一般的な国があったとしたら、元々のチップの意味が薄まり、「払わなくちゃならないから、払っているだけ」という性格が強くなったんでしょうかね。

因みに、「最終日はチップを置かなくても、何も盗まれないから、置かなくていいんだ」という意見の人がいました(いわゆる「発展途上」の某国の滞在が長い人です)が、さしたる根拠もなく、「そう言う問題じゃないんじゃねぇ~の」と思ってます。(してない人のすべてがそういう発想と言う気はありません。私が会った、たった一人の人です。)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=118644,http://www.astanet.com/travel/tippingtips.asp?r=/travel/tippingtips.asp

チップという習慣は、ひょっとしたら「海外一般」では語れないような気が(あくまで「気」がですが…)しています。また「枕元にはおかない」というのは「有力な説」にも思えます。(参考URLの最初のほうをご覧下さい。また、その中の「For stays of more than one night, $1 per night is standard」=1泊しかしない人=最終日しかない人=は、Hotel Maidにチップを置く必要がない、とも読めん事もないページのリンクが切れていたので、それは参考URLの後のほうにいれて置きました。)

私自身は、英国に住んで...続きを読む


人気Q&Aランキング