『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

F1サーカスも終盤に差し掛かっているのに、
未だによく把握していない事があります。
それがBRS(可変リアウイング)の使用についてです。

まず『BRS使ってもいいよ~』と許可が降ります。
次に前を走っている車と後ろを走っている車の差が
1秒以内になったら後ろを走っている車が
BRSを使ってもよい。

これで合っていますか?

先頭を走っている車はBRSを使う事がないですけど、
バックマーカーをパスする時はBRSを使ってもよいのでしょうか?

F1に詳しい方、どうか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

2011年よりF1に導入された可変リヤウイングの名称は「DRS」:Drag Reduction System(ドラッグリダクションシステムの略)になります。



ドライバーのボタン操作によって、リヤウイングのフラップが可動し、ダウンフォースを失う代わりにドラッグ(空気抵抗)を低減する事で直線区間で10~20km/hのスピードアップを実現します。

以下、長くなりますがルールです。

リアウィングのサイズ:「高さ950mm以下」、「横幅750mm以下」
(2009年以降のF1テクニカルレギュレーションに準拠)

「DRS」の初期設定:リアウィング上部翼と下部翼の隙間が「10mm以内」でなければならない。この状態を固定値とする。

「DRS」の可動領域:リアウィング上部翼の可動領域は、「固定値から50mm以内」に定められている。

前方車両間の基準:「DRS」の使用が許可される車両は、前方の車両との間隔が「測定ポイント」での計測で「1秒以内」である事を条件とする。

測定ポイント:多くは、ホームストレートの手前になる最終コーナー付近を測定ポイントとする。
(FIAが各サーキット毎に定めた測定ポイントが厳密な箇所となるため、この限りではない)

「DRS」使用許可区間:当初はホームストレートエンドの「600m間」を基準に使用が許可されたが、ルール変更に伴い、最終コーナー手前から「DRS」の使用が許可される。
(FIAが各サーキット毎に定めた「DRS」使用許可区間が厳密な区間となるため、この限りではない)

レース以外の「DRS」使用許可区間:フリー走行、公式予選ではサーキットのどの区間でも「DRS」の使用が許可される。

「DRS」の使用が禁止される条件:レーススタート後「2周」が経過する以前での「DRS」の使用、またはセーフティカーが導入されている間の「DRS」の使用が禁止されている。

「DRS」の安全面:ドライバーが「DRS」を作動させた後、最初にブレーキを踏んだ瞬間に「DRS」が強制終了されるようにしなければならない。

「DRS」の動作:「測定ポイント」を「前方車両間の基準」に準拠する範囲(1秒以内)で通過したドライバーに対し、「DRS」の使用許可が伝達される。ドライバーは自己判断でボタンなどの電子制御部品を使用して「DRS」を作動させる事ができる。

「DRS」使用範囲の視覚面:対象ドライバーが通過したことを検知するエリアには路面に白線を引く。
また、「DRS」が使用可能な区間も路面に白線を引いてドライバーに知らせるものとする。
「DRS」が使用可能な場合、コックピット内で緑色のランプが点灯することでドライバーに知らせる。

その他の安全面:マシンがウェットタイヤ、インターミディエイトタイヤを装着した状態での「DRS」の使用はフリー走行、公式予選、決勝レースのいかなるセッションを含めてテクニカルレギュレーションの第2条の3項「危険の解釈」に抵触したとしてルール違反となる。

>バックマーカーをパスする時は「DRS」を使ってもよいのでしょうか?

はい、OKです。

Grandprix.comに掲載されていましたが、小林可夢偉選手が

「DRS」はとても良いシステムだと思う。
シーズンが開幕したばかりの頃は、安全性を心配していたけど、数戦を終えた段階で、「DRS」の良さがわかるようになってきた。
ユニークで良いシステムだよ。
特に心理的な面で重要な意味を持っている。
つまり、オーバーテイクのためだけに使うんじゃなくて、

「例えば、バックマーカーがいる時に使うこともできるんだ。」

そこがいいね。

とコメントしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

BRSじゃなくてDRSだったんですね(苦笑)。
とても詳しい解説を頂き非常に感謝しています。
誠にありがとうございます。

お礼日時:2011/10/17 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング