質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

ジムニーJB23の6型に乗ってます。この前オイルキャッチタンクを取り付けするときにインタークーラーをはずしたのですが、ついでに吸気系の洗浄もしてやろうと思い、電子燃料噴射装置装備車用の(KUREエンジンコンディショナー)を使用し説明書どうりにスロットルを少し開け、数十秒スプレーしました。(この時インタークーラーを取り外していたので、スロットルバルブに直接行いました)その日は何事もなく綺麗になったかなぁ~なんて気を良くしていましたが、後日携帯をみていると「スズキのディーラーでは、スプレー式のキャブクリーナーは使用しない。使用すると、センサー類の故障の恐れがある」とかいてあるではありませんか!
今のところ異常は出ていませんがとても心配です。今後劣化以外で異常があるんでしょうか?詳しい方がおられましたら回答の方宜しくお願いします。

追伸 今までここで私の質問に答えてださっている方々、まだ使い方がよく分からずお礼の返事が送れていません。大変申し訳ありませんでした

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スズキ車(というかK6A?)にスロットルバルブクリーナーは使っちゃダメみたいです。


アイドルスピードコントロールバルブか、そのあたりのソレノイドかモーターか
スロットルポジションセンサーかにクリーナー液が浸透して、故障するようです。
場合によっては道連れでECUも故障するようです。

徐々に浸透で故障していくでしょうから、アイドリングが落ち着かないとか
症状が出だしたら、ECUが故障する前に早めに交換修理したほうが
良いでしょう。

まあ、必ず故障するというものでもないでしょうが。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な回答ありがとうございました。お返事が送れて申し訳ありませんでした。やはりだめでしたか・・・
今のところ目立った異常は出ていませんが、もうクリーナーは使いません。
マフラーが社外品で、排気音が良くきこえるのですが、たまに ボフッ とか ボボボッ というようなおとがするのですが、異常が出始めているのでしょうか?タコメーターの変動はないのですが・・・
色々考えて三気筒の車はこんなもんかなぁなんて自分で納得させてます。
最近純正で着いていたプラグから、NGK のイリジウムプラグに取り替えたのですが、相性などあるんでしょうか?

お礼日時:2011/10/23 23:17

別車種ですが、


他のメーカーでも同様の記載があります。

その点の整備解説書を見ると
>スロットルバルブ下に設けられたファーストエア通路に入ると、
内部のファーストアイドルコントロールユニットの気密を破壊して
2次空気吸い込みおよびアイドルコントロールユニットの破損となるので
ファーストアイドルエアポートをガムテープで塞ぐなどしてから
エンジンコンデショナー類を噴霧してください。

ということになります。

スロットルバルブ手前に、必ずエア吸入口があり、
バタフライほぼ全閉状態でアイドルコントロールを電気的に行うのが
今のスタンダードなエンジン制御です。

バルブのバタフライよりも向こう側に差した
=スプレーの先のストローをバタフライより向こう側に差して行った
のであれば、
その先にある物といったら、
EGR(ブローバイ再循環燃焼ソレノイド)くらいですね。
此処にもコンディショナー類は、気密保持の上からも
入れて良いとは思いません。

異常として起きるのは、
端的に…
ファーストアイドルコントロールの故障による
アイドリング不安定あるいはアイドリング高め固定。
EGR不具合によるアイドリング高めで高回転時のハンチング(上下)が起きる。
などです。

走行およびアイドリングに異常が生じなければ
とりあえず大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
そう言えばスロットル入り口の下側に穴が開いているのを確認できました。
スプレーしたのはそれより奥なので今のところ目立った異常はないのかも知れません。しかしコンディショナー等はスプレーしてはいけないんですね。エンジン音やタコメーターからは今のところアイドリングが不安定なところはありませんが社外品のマフラーからきこえる排気音が一定でないのが少し気がかりです。
もう少し様子をみようと思います。

お礼日時:2011/10/23 23:46

>今後劣化以外で異常があるんでしょうか?



質問内容からだと、何ら問題・異常は発生しません。
確かに、スズキに限らず自動車メーカー各社は「添加剤もどきの使用は禁止」なんですね。
エンジンオイル添加剤、ATオイル添加剤、燃料添加剤(水抜き剤含む)、エンジンフラッシング・・・。
じゃ、何故ディーラーで添加剤を売っているの?
簡単な事で、「ディーラーの売上貢献・支援」目的なんです。
メーカー指定純正オイルも、同様の目的を持っています。
「毒にも薬にもならない添加剤」だと、利益幅が大きいのでディーラーで販売します。
他にも回答がありましたが、そんな事でセンサーが狂う事はありません。
民主党某台湾系元水着モデル大臣が、「日本の技術は、2番で良い」と国会で述べましたよね。
このポンコツ大臣の発言には、経済界全てが「反発」しています。
自動車業界も例外でなく、世界最先端の技術開発にしのぎを削っています。
ジムニーの場合、特に悪路走行を基本に設計・開発を行っています。
不安なら、高速道路を2時間ほど走行して下さい。
給排気系統の掃除及びエンジン内の清掃が、同時に出来ます。^^;

余談ですが・・・。
エンジンオイル添加剤で、テフロンが入っている商品がありますよね。
アメリカ国内では、国内販売禁止になっています。(未だ、禁止が継続中だと思いますよ)
テフロンの商標を持っている会社も、「エンジン用には開発・販売していない」とコメント。
GMでは、この添加剤使用が明らかになると補償を打ち切ります。
何故か、日本国内では堂々と販売していますよね。
「鰯の頭も信心から」でしようかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に大変詳しいご解答ありがとうございました!やはり素人が色々いじくらないほうがいいですね。
また高速を走ったりギヤを一つ落としたりして回転を少し高めにして走ってみようと思います。

お礼日時:2011/10/19 12:48

「携帯を見ていると」とありますが、誰の意見でしょうか。



スロットルの先には、洗浄剤が掛かって故障する様なセンサーはありませんから大丈夫でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジムニーのブースト圧について

ジムニー JB23 7型(AT)に乗ってます。
オートゲージのブースト計を取り付けてブースト圧を見ているのですが、
常用の回転域(3500ぐらいまで)では0.2程までしか圧がかっていませんでした。
常用回転域だとこんなものなのでしょうか? またブースト圧が最大になる回転数はどれくらいでしょうか?

Aベストアンサー

8型MTに乗っています。

低ければ2,000くらいでも最大ブースト圧になりますよ。
私の車だと、0.85 くらいです(最大0.7-0.9くらいが普通みたいです)。

エコロジーな運転(急加速はしない)をしていると、
圧0以下でも普通に市街地走行ができます。
常用回転域で巡航状態だと、そんなものです。

回転数とブースト圧は直接関係ありません。
要は、どれだけガソリンを燃やして排気を出すかです。

上り坂で、おもいっきり踏んでみて下さい。
それでも 0.2 程度なら、問題があると思います。

Qオイル交換について質問です。

ジムニーJB23をこのたび新車で購入しました。長く乗るためにはどの辺を気をつけたほうでしょうか?

とりあえず慣らし運転を1000KMしてから、
雑誌に載ってたようにエンジンオイル、エレメント、ミッションオイル、前後デフオイル、トランスファオイルを交換しました。
これから長く乗るためにはどの程度の頻度でオイル類を交換していけばいいでしょうか?
それと、エンジンオイルのほか、ミッションオイル、前後デフオイル、トランスファオイルディーラーのものじゃなくて近くのスーパーオートバックスで交換してもらっても大丈夫でしょうか?
皆さんのご教授よろしくお願い致します。

どうもディーラーの雰囲気が苦手でできればスーパーオートバックスを利用したいと思っています。

Aベストアンサー

みなさんの書きのように、取扱書通りで良いかと。
ただ、見ずらいですよね。取扱書。私ディーラーにいまして、よくにらめっこしていました。ジムニーでしたらターボエンジンですね。それでしたらエンジンオイルは半年か5000キロが最低かな。長く乗るのでしたら、半年か3000キロどちらか早い方です。軽自動車って普段の走行でエンジン回転、結構回っています。60km/hで4000rpmぐらいかな?。小型車ですと1500~2000rpmぐらいです。
ターボの発熱でオイルの劣化が早い。オイルに中に含まれる酸化防止剤が熱に弱いのです。ちなみにターボナシは1年または10000キロどちらか早い方です。
エンジンのオイルフィルタは2回に1回のペースで良いのですが、純正をお勧めします。理由は中身のろ紙の量ちがいます。分解して処分するので見ています。
安いものはそれなり。デフ、ミッション(ATも含む)、トランスファオイルは取扱書では、無交換になってるはず。であれば車検2回に1回交換とかを決めた方が良いです。みんなお金の掛かるかとですから。コストも重要です。大丈夫なら良いのですが。ただATは別。最低3年に1回か、4万キロごとに全容量交換、それ以上の走行距離は半分交換し様子を見て(5000キロぐらい)、もう半分交換した方が良いですよ。それ以上は、はい、100%壊れました。
オイルなんですが全部純正がお勧めです。理由はオイルに入れている添加剤だす。車を作っているメーカーさんって、保証期間で物を作っているんですけど、これをクリアーしなきゃならんので、ベースオイルは一番いいものを使う。添加剤が少なくてよいので。この添加剤が癖もので、ゴム系を溶かしたり、変化したり、するものがあり、3種類ぐらいある。ただ、入れれば最低なベースオイルで最高にもなる。困ったもんです。良いベースオイルってメーカーさんが取るからないし、メーカーさんと同じものって作れない。著作権があるので。
ナンバーが付いた競技車に乗っていましたので、レース毎、前後に油脂全交換。純正以外使っていましたが4万キロごとオイル漏れが・・・。でも、これを使っていたら壊れなかったので、割り切っていました。
用品店さんは辞めておいた方がいいです。後始末、よくやっていました。壊したとか、オイルフィルターなどから、オイル漏っているとか。

みなさんの書きのように、取扱書通りで良いかと。
ただ、見ずらいですよね。取扱書。私ディーラーにいまして、よくにらめっこしていました。ジムニーでしたらターボエンジンですね。それでしたらエンジンオイルは半年か5000キロが最低かな。長く乗るのでしたら、半年か3000キロどちらか早い方です。軽自動車って普段の走行でエンジン回転、結構回っています。60km/hで4000rpmぐらいかな?。小型車ですと1500~2000rpmぐらいです。
ターボの発熱でオイルの劣化が早い。オイルに中に含まれ...続きを読む

QジムニーアイドリングとISCバルブについて

平成元年のJA71-4型ジムニーのアイドリングが高く困っています。
こちらの過去の投稿などを参考にISCバルブを交換してみたのですが
症状は改善されませんでした。具体的にはISCのソケットをはずして800~900回転位にアイドリングを合わせ、再びISCのソケットをつないでエンジンをかけると1800回転位までアイドルが上がってしまいます。ソケットには12Vの電圧が来ています。現在ISCのソケットをはずして、アジャストスクリューで900前後に合わせ走行していますが、暖機時のアイドルアップ後走行して再び停車すると5~600位まで回転が落ちます。完全に温まると900回転位に落ち着きますが、エンストしそうで結構気を使って運転しなければいけない状況です。ライトをつけると常に600回転位になってしまいます。
本来、ISCバルブとはどの様な状況でどの様に作動しているものなのでしょうか?
また、バキュームホースなどの穴あきなど無いものとして、ISCバルブ以外にアイドリングがあがってしまう原因は何処にあると思われますでしょうか?
オルタネーターの老朽化など発電量の低下などでも、コンピューターからアイドルアップの信号が出たりするのでしょうか?
バッテリーは新品に交換済みです。他、吸気排気などはノーマルの状態です。
あまり無意味な出費は避けたいので(ISCが結構高かったです)どなたかわかる方、ご教授下さればありがたく思います。

平成元年のJA71-4型ジムニーのアイドリングが高く困っています。
こちらの過去の投稿などを参考にISCバルブを交換してみたのですが
症状は改善されませんでした。具体的にはISCのソケットをはずして800~900回転位にアイドリングを合わせ、再びISCのソケットをつないでエンジンをかけると1800回転位までアイドルが上がってしまいます。ソケットには12Vの電圧が来ています。現在ISCのソケットをはずして、アジャストスクリューで900前後に合わせ走行していますが、暖機時のアイドルアップ後走行...続きを読む

Aベストアンサー

元Sディーラー勤務、現役整備士です。

まず最初に。ホントにバキュームホースに穴は有りませんか?穴が無くても差し込み部分が放射状に割れてエアを吸っている可能性も有ります。

次にエアコンは装備されていますか?エアコンにはアイドルアップVSV(バキュームスイッチバルブ)が装着されていますが、これが壊れてエアが吸いっ放しになっていればアイドルは上がってしまいます。またこのアイドルアップVSVには調整ネジが付いていますが、それが緩め過ぎだとアイドルが上がり過ぎます。

因みにISCソレノイドバルブですが、アイドルスピードコントロールバルブの正式名の通り「アイドル回転数」を制御しています。規定アイドル回転数において「デューティー比」(バルブの開いている割合)を50%前後に設定してあり、電気負荷等が掛かって回転数が落ち込むとバルブ開度を上げて(キャブで言うところのスロットルを開けて)エア流量を増やし規定回転数まで上げる為に使用されています。

ISCを殺して900回転で、そこにISCを作動させると1800回転になる、と言うのは明らかに調整ミスです。ISCが作動して「カチカチ」音がしている状態でアジャストスクリュを締め込み800~1000回転になるのが正常で、現状ではスクリュを開け過ぎです。取り敢えず電気負荷を全てOFFにしてISCライブの状態でアジャストスクリュを回し1000回転になる様調整してみて下さい。もしその回転域でバラつく様でしたらスクリュ先端がカーボンでコテコテの可能性がありますので取り外して取り付け穴共々キャブクリーナーで清掃して下さい。

尚余談ですがISCソレノイドバルブは割と新品でも初期不良が見られます(過去数例見ています)。まずは正常作動しているか確認して下さい。

元Sディーラー勤務、現役整備士です。

まず最初に。ホントにバキュームホースに穴は有りませんか?穴が無くても差し込み部分が放射状に割れてエアを吸っている可能性も有ります。

次にエアコンは装備されていますか?エアコンにはアイドルアップVSV(バキュームスイッチバルブ)が装着されていますが、これが壊れてエアが吸いっ放しになっていればアイドルは上がってしまいます。またこのアイドルアップVSVには調整ネジが付いていますが、それが緩め過ぎだとアイドルが上がり過ぎます。

因みにI...続きを読む

Qジムニーを手っ取り早くパワーアップ

ジムニー 2008年製 ワイルドウィンドの、どノーマルに乗っています。全速域でのパワーアップをする方法はあるのでしょうか?車検範囲内で考えています。また、その際のデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

No.4さんのエアクリ取っちゃうのは抵抗あるけど、スポーツタイプに変える方法もあるし、古い車なら新品に変えるだけでも良。
デメリットは特になさそう・・

低粘度のオイル、デフオイルも安上がり。
デメリットは、寿命を多少縮めるかな?

No.1さんの進める軽量化も、パワーは上がらないけど効果的。スペヤタイヤや内装を降ろす。
デメリットは無い。内装は車内音大きくなる。

空気圧上げるのも手軽で良。
デメリットは足回りの寿命かな???

Qジムニーのターボが壊れました。ターボ無しで改善するには?

スズキのジムニーのターボが壊れたらしく、パワーが
まったく出なくなりました。
エンジンの回転数が4000回転が限界で速度は約60キロです。
これ以上は出ません。

15年以上前のジムニーなので、いまさら修理に出す
気持ちもありません。
ターボ無しで、何とかあと少しパワーの改善ができないものかと
思っています。70キロか80キロ出れば十分と思っています。

ターボが効かなくなるだけでこれほどパワーが落ちるとは思えません。
効かないターボユニットが逆に抵抗に
なっていて、それでパワーが異常に低下しているなら

その抵抗を減らせれば、少しは改善しないだろうか??

と思うのですが、実際はどうなのでしょうか?

何か、そのあたりの知恵をお貸しいただければと
思います。

Aベストアンサー

タービン焼き付きでしょうかね?

ターボの部分だけ、中古品に交換するのが一番お得でしょう。

あとはタービンの羽根を破壊するぐらいか?

タ-ビンはずしは多分できないと思いますよ。
排気ガス、軸受けの冷却オイルなどの処理が難しいと思います。(他の車ではね)

Qエンジンのスラッジをキレイにする方法。

H13年式のパジェロイオにのっています。以前、オイル交換の遅れで排ガスが白煙になり、ターボを丸々交換してしまいました。
その後、走行は問題ないのですがオイルの減りが早くなってしまっています。
オイルキャップもはずすとかなりスラッジがべっとりついています。
そこで自分でできるエンジン内部のよごれ、スラッジなどをキレイにする方法などはありませんでしょうか?(無謀な質問ですみません)

または、格安でエンジン内部のカーボンやスラッジをきれいに清掃して
くれるサービスなどありませんでしょうか。
詳しいかたいましたら教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、
>内部洗浄というのは、どういったお店でやっているものなのでしょうか?
カーショップ(オー○バックスやイエ○ーハット)、チューニングショップ、修理工場などに置いてある場合が多いです。

さて、状況から察するにかなり症状が重いかと思われます。

・オイルの劣化を放置したことによりシリンダー内面が削れクリアランスが大きくなった。
・同じくオイルの劣化によりピストンリングが固着、さらにクリアランス大。
・燃焼室のガスがクランクケース内に漏れ(圧縮漏れ・ブローバイガス)さらにオイル劣化。
・このためオイルキャップ周辺にスラッジが付く。
・ブローバイガスの圧力によってオイルシールも当然押し出されオイル漏れを招く。
・このブローバイガスを吸気側に戻すことで燃焼させるのですが・・これが状況を悪化させます。
・カーボンが発生しシリンダ内部を汚し傷をつけます。
・当然のことながらターボも痛めます。

残念ながらまず下取り金額は付かないと思います。(付いてもかなり安くなる。)
本来、オーバーホールしなくてはならない状況です。
少しの間でしたらとにかくオイルとオイルフィルターをこまめに交換するしかありません。
エンジン洗浄は命取りになる可能性があります。(オイルがダダ漏れになるかも・・)
止めはしませんが、覚悟だけはして置いてください。
(良心的なところであれば、まずオイルパンなどのオイルシールの交換を勧められます。)

とにかくターボ車はこまめなオイル交換が必要です。

とりあえず、
>内部洗浄というのは、どういったお店でやっているものなのでしょうか?
カーショップ(オー○バックスやイエ○ーハット)、チューニングショップ、修理工場などに置いてある場合が多いです。

さて、状況から察するにかなり症状が重いかと思われます。

・オイルの劣化を放置したことによりシリンダー内面が削れクリアランスが大きくなった。
・同じくオイルの劣化によりピストンリングが固着、さらにクリアランス大。
・燃焼室のガスがクランクケース内に漏れ(圧縮漏れ・ブローバイガス)さ...続きを読む

Q進角チューンはエンジンを壊すでしょうか?

H6年ミニカトッポ、SOHC、4気筒エレクトリカルキャブレーターです。レギュラーガソリンのエンジンですが、ディストリビューターを進角させてハイオク仕様にして乗っています。おかげで燃費は上がりそうです。ところが、チューン屋さんで話をきいたら、進角チューンはしょせん、体感をごまかしてトルクがアップした分、アクセルをふまずに済むので燃費が上がるが、エンジン的には負荷が高くなるのでいずれ壊れるかもといわれました。
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

私もスズキのアルトワ-クスで5度進角してハイオク炊いて64馬力を70馬力にして見たけど気休め程度だから元に戻したよ、
進角して普通ガソリン炊くとエンジン壊れるよ。

Qブローオフバルブとブーストのかかり具合の関係

ブローオフバルブが原因で設定された最大ブースト圧がかからないということがあるのでしょうか?故障していないとしてです。空気を逃すバルブが弱くて、ブーストがかかったとき、空気がもれしまうということはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>タービンの保護のためにはバルブのスプリングが弱いほうがいいのでしょうか?

うーん、「弱い」というのは間違いで、キッチリしたスプリング(劣化していない正常な状態のスプリングのこと、或いは新品のモノと言ったらいいのかな)を使って、最大過給圧より僅かに高めにセットします。
これだと、いつでも最大過給圧のチョット上で抜けることになり、安定するし保護にもなります。

しかし、スプリングが劣化して弱くなると最大過給圧より手前で抜けてしまうため、パワーダウンします(不安定なため息つくような加速となります)。
保護という意味からすれば、早く抜けるためいいですけど、やっぱり正常に安定した動作にさせたいですね。

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qジムニーのミッションがおかしい

平成9年式ジムニーに乗っています。オートマです。 3~4年前から発進してまだすぐの低速時のギア変速がうまくいきません。多分1速から2速に切り替わるときだと思います。 なかなか変速しないなぁっと思ったらいきなり繋がり車が急なエンブレをかけたような感じになります。 また、あきらかにオートマなのに2速発進だなと思われるときもあります。 この症状を直すにはだいたい修理費用はいくらくらいかかると思われます? 多分、おおよそで良いのでご存知の方宜しくお願いします!

Aベストアンサー

回答は選びましょう。

診断だけで2万円とか載せ替えで工賃10万とかリビルト40万とか
ヤクザも真っ青な金額です。

診断は代理店経由でアリーナに入った場合はアリーナはタダでやってくれます。
あとはお客さんに代理店がいくら掛けるかだけです。手間賃程度。

カチッと診断機つないでピピっとやってハイ2万円なんてことやってたら
常識的にお客さんはいなくなりますw
恐ろしくて点検に出せません。
部分的な短絡にしても限られてますので。

アリーナの工数で見ても10万までいかんでしょう…
1日あれば人間1人でフレームからフレームへエンジン・ミッション・足回り
すべて完全に移植できる簡単な作りで、ミッション替えなど
よほどのトラブルがない限り半日で完了できる作業です。
超超超多めに見ても5万でしょう。

リビルトでも10万前後。オイルなどは別途必要です。
仮に本体悪くても今回直すのなら初期動作保証のある中古でいいと思いますが。

すさまじい請求をする車屋があるようですのでご注意ください。


人気Q&Aランキング