人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 現在、木造二階建ての家を建築中です。すでに内部の石膏ボードを貼り終わり、壁紙を貼る段階です。
 この段階ですが、屋根裏収納が欲しくなり、工務店に確認したところ、作ることはできるが、違法建築になるとのこと。もしくは確認申請を出しなおして、大幅な補強工事を実施しないと難しいとの回答でした。
 すでにLIXILにおいて耐震等級3を取得しているのですが、設計事務所によると、変更する場合、再度LIXIL に構造計算してもらわないと、確認申請の変更届が出せないとのことでした。

 違法にならず、また大幅な補強工事をせずに、屋根裏収納を作る方法はありませんか。

無理なことのような気がしますが、どなたかお知恵を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>違法にならず、また大幅な補強工事をせずに、屋根裏収納を作る方法はありませんか。



ありません。


日本瓦の木造住宅は地震に弱いと聞いたことがありませんか? これは頭である屋根が重いと地震に対して不利であることを示しています。頭が重いほど、重量が重たいほど大きな地震力を受けますので相対的に地震に弱くなります。

新築の場合で言うと、頭が重い建物を作るときには頭が重い建物に見合った耐力壁を入れます。

質問者さんの小屋裏を造るということは、まさに頭が重い状態をこれからつくろうとしています。頭を重くするならそれに見合った耐力壁(筋違い等)が必要になります。

ここまでの説明の上で、

>違法にならず、また大幅な補強工事をせずに、屋根裏収納を作る方法はありませんか。

これを読むと、質問者さんの希望は「地震に対して現状の設計よりも弱くしてもいいよ。」ということになります。
わざわざ耐震等級3をとっておいて、この希望を出すということは、「本末転倒」の言葉がぴったりです。


>>違法にならず、また大幅な補強工事をせずに、屋根裏収納を作る方法はありませんか。

ひとつ思いつきました。

耐震等級3は通常よりもおおくの耐力壁が入っています。
この耐震等級を1にグレードダウンして、構造計算のやり直しと、確認申請の変更を行えば「違法にならず、大幅な補強工事は不要になると思います。但し、天井の補強と構造計算費用、確認申請費用は発生します。またグレードダウンは聞いたことないので可能かどうかは要確認です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。

方法はないことがよくわかりました。

お礼日時:2011/10/25 23:43

ロフトならある程度は可能。



ただ、今その段階になってからの大幅な変更は不可能に近いかも。
屋根裏に構造体がどれだけあるかで無理かどうか判るはず。

うちは家族も多く家も大きいので、とにかく出来る限り収納を広く大きく多くと考えて新築しました。
二階のホールから3段の階段で上がれるような約5畳の中三階のロフト。
その直下は高い吹き抜け天井の玄関ホール。
二階には約6畳の子供部屋が5部屋あり、みんなのたまり場にもなる約5畳程で天窓の付いた吹き抜けのホールがあり、その横に洗面室とトイレとロフトがあります。
ロフトなので天井は低いですが、あると便利ですよ。

うちは設計段階からそう計画し、屋根裏高さはかなりスペースをとったため、外からの見た目は三階建てのように見えます。
    • good
    • 1

耐震等級3 というのはこういう建物の骨組にこういう地震力までの力を負担させても大丈夫ですよということだと思います。

今回の地震でも屋根が瓦で重い建物は軽い金属屋根の建物より被害が多く発生しています。
地震がくる前に地震の耐震補強工事で学校のペントハウスをこわし重量をすくなくしたり、建物のはねだしがコンクリ-ト部分を鉄骨に成形セメント板に変更し、重量をかるくしたりする工事の現場管理もしました。
基本的に重い建物には、地震の力が多くかかります。当然最初の前程の条件がくずれるわけですから、
構造の安全を再度確認する必要があるわけです。違法になれば完了検査もうけられませんし保険等に支障がきたすとおもいますし、登記も同様だと思います。屋根裏収納増による安全確認しないと、おそらく屋根裏収納部分が致命傷になり
建物が壊れる場合もあると思います。東日本大震災の建物を十数棟みましたが、ちょっと注意を払えばとここまで被害が
でなかったのではとおもう建物もありました。市がお金をはらい解体する建物です。外見はあまりみえなくて中にはいると木柱がわれてかろうじて残っているものもありました。おきてからではあのときこうしておけばとおもってもあとのまつりです。巨大地震は躊躇なく弱いぶぶんに被害をもたらします。
    • good
    • 0

一般的な木造軸組構造であれば、ロフトを設ける階の1/8以下で、その他の条件を満たせば、軸組計算に加えなくてもいいことになっています。


ですが、LIXILで構造計算ということはスーパーウォールなどの特殊な工法ということですね。
まずは構造計算(追加料金は必要でしょう)をしてもらい、必要耐力が満たせるのであれば大幅な補強工事はしなくていいかもしれません。
ギリギリの設計であれば、部分的に解体してやり直さなければならない場合もあります。
いずれにせよ、設計変更となりますから、変更手続きは必要です。

小屋裏の収納は意外と使いにくいです。
なにしろ、はしごで荷物を昇降させなければなりませんから。
出し入れしにくくて二度と使わない不用品置き場になると思います。
(二度と使わないなら廃棄した方が…)
1階の下屋部分の小屋裏を2階から使うというのであれば別ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

小屋裏の使いにくさを説明してみます。

お礼日時:2011/10/25 23:46

この場合、1、建築基準法上の完了検査 2、住宅瑕疵保険上の完了検査、 3、耐震保証上の完了検査 と3つの完了検査に合格しなければ保証が受けられませんし、2と3は瑕疵や損害があった場合、申請や完了時と構造や施工面積など差異がある場合、保証が受けられない場合が多いので、正当な方法に依る許認可や検査を経なければ、何の為に耐震保証があるような住宅を建築したのか、本末転倒となります。


費用効果を考えるしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。


「本末転倒となります」・・・・その通りなんです。

費用対効果はあまりないように思うのですが、妻の要望なもので・・・・。

お礼日時:2011/10/25 23:40

出来上がってから、造作工事として、やってもらえばいいんだよ。



途中では、出来ない場合は、出来上がってから、天井を切り開きます。

図面が手元に在るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。


その方法も考えたのですが、違法となってしまうのは避けたいものです。

お礼日時:2011/10/25 23:37

その工法を選んだのですから、設計のし直しをしなければいけません。


一般的な工法であれば方法論はありますが、
その工法では設計のし直し以外ないでしょう。

設計し直し、申請し直し、工事中断による遅延損害金を業者に支払う、この費用に見合う変更なのかよくお考えになってください。
はじめからつけていれば3帖分で50万位とした場合
途中変更では1か月以上の工期の延長、費用は100万程になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

100万くらいでできればいいのですが、その場合でも違法建築となってしまうのでしょうか。

お礼日時:2011/10/25 23:36

>違法にならず、また大幅な補強工事をせずに、屋根裏収納を作る方法はありませんか。



ありません。


>無理なことのような気がします。

同感です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/22 10:27

申請の必要可否に関しては、参考urlをご参照ください。


かなり詳しく記載されています。

安く、申請しなくて済む方法は・・・
収納式はしごのみ業者に設置しておいてもらい、後からゆっくりご自分で床を張るのがよろしいかと。

参考URL:http://k-koubou.info/jiten/j_13_01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分で行うのは結構難しいですね。

参考URLありがとうございました。

お礼日時:2011/10/22 10:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋根収納って後付できますか?いくらかかりますか?

某ハウスメーカーの家を3年前、建売新築で購入しました。
知り合いの家には屋根裏収納があり、リフォームして私の家にもつけられないのか悩んでいます。
 これって簡単にリフォームできるものでしょうか。
 費用はいくらぐらいでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

屋根裏の構造によって工事費は大きく変わってきます。又、小屋裏の使い方、重い物を載せるのか、人が上がれるようにするのか等、そのあたりを含め専門家に見てもらわないと何とも言えません。
唯、簡単に天井裏に板を敷いただけでは天井が落ちるので注意してくださいね。
私がプランした例では、幸い2×4構造で小屋根太に2×10が使われていたため、その上に合板を敷き、壁を造って、小屋裏収納はしごを付け小屋裏収納を造りました。勿論始めの設計の最、小屋裏の荷重が考慮されているかどうか分かりませんので、あくまで重量物は置かないとの約束の上です。

Q屋根裏のリフォームにおける建築確認について

 中古住宅の購入契約をした者です。
 購入する物件には、屋根裏収納があるのですが、固定階段がついており、天井の高さが2m近くあります。聞いたところ、新築時は1.5m以下の天井・梯子付きだったものを、後に、天井を高くし、固定階段を取り付けるリフォームをしたとのことでした。
 私が調べたところによると、高さが1.5メートル以上の屋根裏の場合は、3階として増改築の建築確認が必要だと思うんですが、売主さんは、この増改築に伴う建築確認を行っていないこと、また未登記であることが契約終了後に分かりました。
 
 ここで、質問なのですが、
 1.購入に当たって、フラット35を利用するため適合証明を取得する予定なのですが、新築時の建築確認の内容と現在の物件状況が違う事で何か問題は生じますか?

 2.この物件は、やはり改築の建築確認が必要ですか? 必要であれば引渡しまでに売主さんに現在の物件状況での建築確認をしてもらいたいのですが、増改築終了後でも建築確認はできるのでしょうか? また、建築確認にはどのくらい期間がかかりますか?

 3.最後に、仮に建築確認・登記変更等の手続きが必要なのに何の手続きもせずにこのまま引き渡しを受けた時は、何らかの問題が生じるのでしょうか?

 長い文章のうえ、いろいろ質問ましたが、なにぶん契約終了後に分かったことなので正直困惑しています。よろしくお願いします。

  

 中古住宅の購入契約をした者です。
 購入する物件には、屋根裏収納があるのですが、固定階段がついており、天井の高さが2m近くあります。聞いたところ、新築時は1.5m以下の天井・梯子付きだったものを、後に、天井を高くし、固定階段を取り付けるリフォームをしたとのことでした。
 私が調べたところによると、高さが1.5メートル以上の屋根裏の場合は、3階として増改築の建築確認が必要だと思うんですが、売主さんは、この増改築に伴う建築確認を行っていないこと、また未登記であることが契約終...続きを読む

Aベストアンサー

言うは易しですが・・・元に戻せば良いでしょう。
屋根裏収納は(はしごでなくても)固定階段でも何年か前の通達でOKとなったはずですから「とりあえず」これは良し。
天井高さは(1.5ではないですよ)1.4mに直す。
簡単に言えばこれだけです。
構造上耐力が落ちるような改造が行われていない事が前提ですが。

簡単でしょう?されど当たり前の話見る事が出来ませんので憶測が多いです。
建てた業者(設計監理分離であれば設計事務所)に相談してみるのが早道でしょう。

違反建築物ですのでどのみち今後増改築をするのであれば直す必要が出ます、又3階建てとして申請しなおすのは限りなく不可能に近いです、建替え並の改修が必要になります。

ご参考まで。

Q3階とロフトでの固定資産税の違い

家を建てる予定ですが、片流れの屋根にするため最上階部分の空間がが20畳ほどあまります。

そこで3階部分にあたるスペースをワンフロアのロフトにしようと考えているのですが、高さ制限があるため、天井を屋根の形どおり(一番高い箇所で180cm)にしようか、140cm以内にしようかと思案中です。

当方の自治体ではロフトに上がる手段はハシゴでも階段でも大丈夫でしたので階段を付ます。

用途としては天井の形状の都合上、物置意外には使いませんが、広いスペースを中腰で物を運ぶのはどうかな?と思い、勾配天井にしたいのですが、一番気になっているのは天井高が140を超えた場合と、最高180cmの急勾配天井の場合の固定資産税の差額です。

造りも化粧板などで出来るだけ簡素にしようと考えております。

工務店では、天井を高くしても税金は数千円しか違わないと言っています。
自治体にもよると思いますが、税金にどの程度の差が出るのでしょうか?

※今回知りたいのは、施工費用などではなく、勾配天井にした場合と140cmに収めた場合とでの固定資産税がどの程度違うのかという事です。

詳しい方、ざっくりでかまわないのでどうかご教授ください。
よろしくお願いいたします。

家を建てる予定ですが、片流れの屋根にするため最上階部分の空間がが20畳ほどあまります。

そこで3階部分にあたるスペースをワンフロアのロフトにしようと考えているのですが、高さ制限があるため、天井を屋根の形どおり(一番高い箇所で180cm)にしようか、140cm以内にしようかと思案中です。

当方の自治体ではロフトに上がる手段はハシゴでも階段でも大丈夫でしたので階段を付ます。

用途としては天井の形状の都合上、物置意外には使いませんが、広いスペースを中腰で物を運ぶのはどうかな?と思い、勾配...続きを読む

Aベストアンサー

図面等全くないので税額について詳しくは申し上げられません。
分かる範囲でお答えすると、
○ロフトとした場合
評価は「その他工事」の中の「小屋裏収納」で評価されます。大きさや仕上げの程度で評価が決まります。
○急勾配天井(居室)とした場合
建築確認の段階で3階建となります。
・基礎(立ち上がり・スラブとも)が増点補正されます。
・通常「準耐火建築物」となり、固定資産税の新築減額が2年間延長されます。
・3階の評価は通常の居室と同様になされます。

なお、中には完了検査や調査のときまで天井に石膏ボードを貼っておいて天井高を140cmにしておいて後からはがす方もいます。それについては実は調査時に直感でわかるので、評価もそのようにやります。

Q建物許可申請について教えてください

今、木造2階建ての家を建てている最中なのですが収納が少ない為
屋根裏収納を急遽造ることにしたのですがですが、喚起の窓がありません
現場監督に造りたいと申し出たところ3階建てになるし窓を造るのであれば申請を取り直さなければと言う事で無理ですと断られたのですが本当に造る事は出来ないのですか
もし許可申請を取らなくてはいけないとしたら、取らなくてもいい抜け穴みたいなものはないですか
(私の土地は条件で2階建てしか建設できない事になっています)

Aベストアンサー

【通達】(平成12年6月1日 住指発682号)
小屋裏、天井裏その他これらに類する部分に物置等がある場合、当該物置等の最高の内法の高さが1.4メートル以下で、かつ、その水平投影面積がその存する部分の床面積の2分の1未満であれば、当該部分については階として取扱う必要はないものとする。

 建設省告示第1351号(平成12年5月23日)
 木造の建築物に物置等を設ける場合に階の床面積に加える面積を定める件
 建築基準法施行令(以下「令」という。)第46条第4項に規定する木造の建築物に物置等を設ける場合に階の床面 積に加える面積は、次の式によって計算した値とする。ただし、当該物置等の水平投影面 積がその存する階の床面積の1/8以下である場合は、0とすることができる。

以上の法的根拠以外に各自治体で微妙に取り扱いが異なるので、直接役所の建築指導課に確認したほうが良いかと思います。窓についても、換気窓程度なら良いのか、あるいは窓面積規制があるのかについても確認した方が良いかと思います。構造的にも軸組計算を要求する場合もあります。
意地悪な担当者でなければ、親切に教えてもらえると思います。いずれにしても、上記条件が満たされれば、小屋裏収納は階にもならないし、面積にも算入されない。(法的に)

もしかしたら、smile_pekoさんのところでは、小屋裏収納に窓を付けてはいけないのかもしれませんし、告示通り1/8以上の場合は面積増になるかもしれません。申請の取り直しは無いと思いますが、変更申請で費用が発生(施主持ち?施工会社持ち?)するかもしれません。(作業も発生する)

また、いい方向に解釈して、折角気を利かせて先に小屋裏収納の申請をしてくれたのだから、お言葉に甘えて、その通りに施工してもらえばいいわけですし、さらに言えば、申請図が契約図書であれば、無償で(追加金なしで)当然施工してくれる筈です。

その現場監督はどういう人か知りませんが(人を騙そうというよりも単にめんどくさがりという感じもします)、施工会社とは仲良く(言うべきは言う、譲るべきは譲る)やったほうが得策と思います。(ちなみに私は施工関係者ではないです。)

【通達】(平成12年6月1日 住指発682号)
小屋裏、天井裏その他これらに類する部分に物置等がある場合、当該物置等の最高の内法の高さが1.4メートル以下で、かつ、その水平投影面積がその存する部分の床面積の2分の1未満であれば、当該部分については階として取扱う必要はないものとする。

 建設省告示第1351号(平成12年5月23日)
 木造の建築物に物置等を設ける場合に階の床面積に加える面積を定める件
 建築基準法施行令(以下「令」という。)第46条第4項に規定する木造の建築物に物置等を設け...続きを読む

Q屋根裏収納リフォームにともなう雲筋交いの撤去と補強

日曜大工の延長で、屋根裏に収納スペースを設けようと考えています。
写真が屋根裏の様子なのですが、雲筋交いなどの部材の撤去の可否や補強についてお尋ねします。

1)写真中で赤いラインで示された×印状の2枚の雲筋交いですが、邪魔なので外し、
 ピンクのラインの箇所に火打ち金具を入れることで、代替の補強とすることは可能でしょうか?

2)写真中青の細い部材は屋根ではなく下の天井が垂れないように支えているだけと思うのですが、
 天井の上に根太を入れ、しっかりとフローリング化する場合、
 この天井を吊り上げていた(?)3本の青い部材は撤去して問題ないでしょうか?

3)垂木と水平に走っている雲筋交い(写真中緑)は、残しておかないと問題があるのでしょうか?

■環境・条件
・切妻屋根
・降雪ほとんどなし
・6畳の部屋の上の屋根裏スペースのうち、1畳で入り口、3畳相当の場所をフローリング化
・周囲はベニヤ板を貼って壁を作る予定です

Aベストアンサー

1)不可能。構造材とトラスになっていないし小さすぎます。
2)不可能。天井落ちますよ。きちっと床を組む前に根太や小梁をもうけそこから吊り直す必要があります。
3)取るだけではダメです。

まずは、小屋裏をどうつくるつもりなのでしょうか。
小屋の揺れを防ぐためには、小屋裏収納の部分を剛床のように造ることも小さな策にはなります。
そして小屋裏収納の壁を作る際に3尺ごとに束をたて間柱もたて、内側に耐力壁を作るように合板の四方と中央をしっかり釘打ちを貼れば雲筋交の役割を果たすこともできます。4~5.5ベニヤじゃダメですよ。
断熱材もないようだから物おき造っても温度は厳しいですね。

天井は吊ってあるので青を切れば天井が下がります。まず小屋裏収納の下で吊りを固定できてからでないと切れません。

構造が理解できていない方のDIYでは心もとないですねえ。
心配です。せっかくなら断熱材も入れて大工さんを雇ったほうが良くないですか?

Q屋根裏部屋への階段設置の質問です(法令、容積率など)

どうもはじめまして。

 少し質問がありまして聞いて下さい。
 一戸建てで、築十年です。いままで3階の屋根裏
部屋を物置きにしていたのですが、従来はハシゴ
(引き出し式の梯子)で登っていたのをそこに固定
式階段を設置しようと考えています。

 屋根裏部屋は、高さが三角形のようなかたちで、
端の方はひとがたてないくらいの高さですが、中央
部分は人が立てるくらいの高さで、中央部分が徐々
に高くなっている構造です。中央部分は、ひとが立
てる程度ですが、急な屋根のため、屋根裏部屋のほ
とんどの部分では、かがまなければならない程度の
高さです。

 そこで問題とお聞きしたのが、容積率と法律の問
題です。

(1)この場合の容積率は、建築基準法の何条何項
に該当してきますか?
(2)1,4メートルの高さ制限というのは、建築
基準法の何条のことですか?
(3)はしごを固定式階段にするのにも、その条文
は適用されるのですか?(はしごを設置したのはこ
の家屋を建築した一流の施工業者)。その根拠条文
はなにですか。
(4)「面積は8分の一までで、固定階段不可」と
いう規制があるまたはあったとききます。これは何
年の改正により、どのようにかわったのでしょうか。
(5)1,4メートルの高さ制限が問題であればた
とえばですが、屋根裏部屋の中央部分にさらに天井
を設けて、1,4メートル以下にすればよいのでし
ょうか。

 以上、質問ばかりですいません。

 よろしくお願い申し上げますm(_ _)mペコリ。

どうもはじめまして。

 少し質問がありまして聞いて下さい。
 一戸建てで、築十年です。いままで3階の屋根裏
部屋を物置きにしていたのですが、従来はハシゴ
(引き出し式の梯子)で登っていたのをそこに固定
式階段を設置しようと考えています。

 屋根裏部屋は、高さが三角形のようなかたちで、
端の方はひとがたてないくらいの高さですが、中央
部分は人が立てるくらいの高さで、中央部分が徐々
に高くなっている構造です。中央部分は、ひとが立
てる程度ですが、急な屋根のため、屋根裏部屋...続きを読む

Aベストアンサー

さてさて

追加(1)(2)
容積率の問題は、クリアーしているのなら問題はありませんが、別な問題が生じる、と言うことになります。
変更届が必要なのでしょうか、と有りますが、新たに増築の確認申請が必要になります。
その場合、木造の2階建てと3階建てでは、取扱いが違い、単純に床面積が増加した、ということでは済まない可能性が大きいです。
2階建てと3階建てでは、簡単に言うと、必要な壁(地震等に対して耐力を持つ壁・耐力壁とか、軸組とも言われます)の量が多く必要となります。
今まで、2階建ての1階であったため、3箇所で済んでいた壁が、3階建ての1階となることにより、5箇所必要になったりします。(令46条)
一般的に、当初から、後日、3階建てに改修する可能性があるため、措置を講じていない木造の場合は、この規定が満足できません。
そのため、3階建てになるような増築が出来ないことが多いです。
また、木造3階建ては2階建てと違い、法6条の2号建築物(2階建てまでは4号建築物)となりますので、構造計算が必要であるなど、確認申請上の取扱いが変わります。
構造計算が可能か、及び構造計算をして成立するか、も問題となります。

追加(3)
以上のように、屋根裏部分が3階となってしまうような改修は、難しいと言えます。但し、全てをクリアーできる可能性も、わずかですが有ります。これは、図面等を見ないと何とも言えません。

次に、天井高さを1.4m以下にするなどの措置を取り、3階建てとならないようにし、今のハシゴを固定式階段に変更する場合ですが、これについては、建築確認申請が不要と思われます。
新築、増築、改築、移転、大規模の修繕、大規模の模様替の何れにも該当しないと思われるからです。(法2条及び法6条)
ですので、可能、と思われます。

求めた回答になっているでしょうか?

さてさて

追加(1)(2)
容積率の問題は、クリアーしているのなら問題はありませんが、別な問題が生じる、と言うことになります。
変更届が必要なのでしょうか、と有りますが、新たに増築の確認申請が必要になります。
その場合、木造の2階建てと3階建てでは、取扱いが違い、単純に床面積が増加した、ということでは済まない可能性が大きいです。
2階建てと3階建てでは、簡単に言うと、必要な壁(地震等に対して耐力を持つ壁・耐力壁とか、軸組とも言われます)の量が多く必要となります。
今まで、2階...続きを読む

Q屋根裏収納に入れられるもの

建売住宅を購入して、来週引越し予定です。
屋根裏収納があるのですが、屋根との間に断熱材が入っていません。
窓、換気扇もありません。
先日、内覧に行った日には、もの凄い暑さでサウナのようでした。
あんな環境で、屋根裏に入れても大丈夫なものってなんでしょうか?
今まで、考えていたものとしては、
五月人形、アルバム、本、衣類(プラスチック収納ケースに入れて)、布団
スキー用品、トールペイントの道具(木、アクリル絵の具)です。
将来的に換気の方法を考えた方がいいとは思いますが、
引越しが間近に迫り、取りあえず収められるものを収納したいと思います。
アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#5です。

>あうう・・・屋根裏で60度以上ということは、
断熱材の入っていない我が家の屋根裏収納も60度以上になりますよね(*_*)

お住まいの地域がわかりませんが屋根裏はそれ以上になる地域もあります。
ただ、屋根裏収納の壁などがありますからやや低いくらいの温度でしょう。

あと、断熱材が入っていないことはどうして解かったのでしょうか?
通常、屋根断熱(屋根材の裏側に断熱材がある)の家でなければ屋根裏収納に断熱施工がされていないのは考えられません。
もし屋根裏が天井断熱(2階?の天井の上に断熱材がある場合)だったら
屋根裏収納の天井及び壁にも断熱材が必要です。
その場合は工務店に指摘していれさせましょう。
(どちらかの方法で断熱処理がなされていなければ欠陥です)

>ご自分で断熱材を増やしたとの事ですが、もう少し詳しく教えていただけますか?
壁の上から、貼るような感じでしょうか?

我が家は壁にグラスウールが入っていましたが
隙間だらけだったので、屋根裏に上がり壁の裏側から
押し出し発泡断熱材に張り替えました。
足場も悪く危険なので自分でやるのでしたらおすすめできませんね。

>除湿剤は、ホームセンターで3個パックで売っているような安いものでも
大丈夫でしょうか?

我が家も薬局の特売で売っている3個パックの物です。
但し、450mlタイプなどの多きめ物が良いでしょう。
あまり小さいと頻繁に交換しなければなりません。
現在、3畳に6個置いてあります。
梅雨から夏は湿度が高いので1ヶ月くらいで交換のペースです。

また、換気状態が悪いので月に1回くらいは収納階段を開けて空気の入れ替えをしたほうが良いです。

取り合えず、工務店なり不動産屋に苦情を言うべきでしょう。

#5です。

>あうう・・・屋根裏で60度以上ということは、
断熱材の入っていない我が家の屋根裏収納も60度以上になりますよね(*_*)

お住まいの地域がわかりませんが屋根裏はそれ以上になる地域もあります。
ただ、屋根裏収納の壁などがありますからやや低いくらいの温度でしょう。

あと、断熱材が入っていないことはどうして解かったのでしょうか?
通常、屋根断熱(屋根材の裏側に断熱材がある)の家でなければ屋根裏収納に断熱施工がされていないのは考えられません。
もし屋根裏が天井断熱(...続きを読む

Q新築時の引き渡しと登記の順番について

もうじき新居が完成します。
まだ完成していませんが、引き渡しは11月17日を予定しています。
施主側で引き渡し時に揃える書類を確認したところ、工務店より以下のような回答がありました。

1.11月16日までに建物表示登記をする必要がある
2.建物表示登記には住民票が必要なので工務店に郵送して欲しい
3.建物表示登記後、引き渡しの11月17日に建物保存登記、抵当権設定を行う(銀行から住宅ローンで借り入れ)
4.銀行で登記の手続き後引き渡し
5.その他必要書類は銀行へ工務店が問い合わせる

ここで、疑問なのですが、そもそも、引き渡しで、施主側が確認しないで登記まで行うのでしょうか?
新築自体初めてなのですが、私がイメージしていたのは

引き渡し→確認→支払い→登記→抵当権設定

の順番だと思っていました。

本来、引き渡しと登記の順番はどのような物なのでしょうか?
全てが終わった後に、不良箇所を発見しても知らんぷりされそうで、怖いです。
また、気をつけたいポイントがありましたらお教え下さい。

余談ですが、現在、工務店に良い印象を持っていません。
変更内容の最終確認をしても、こちらで減額分を指摘すると忘れていましたと、追加分を平気で加えてきます。
また、銀行とも関係があるらしいのですが、抵当権の設定は施主と銀行の問題なはずなのに、工務店が間にはいるのは問題のように思えます。

もうじき新居が完成します。
まだ完成していませんが、引き渡しは11月17日を予定しています。
施主側で引き渡し時に揃える書類を確認したところ、工務店より以下のような回答がありました。

1.11月16日までに建物表示登記をする必要がある
2.建物表示登記には住民票が必要なので工務店に郵送して欲しい
3.建物表示登記後、引き渡しの11月17日に建物保存登記、抵当権設定を行う(銀行から住宅ローンで借り入れ)
4.銀行で登記の手続き後引き渡し
5.その他必要書類は銀行へ工務店が問...続きを読む

Aベストアンサー

#3の方が書かれている内容に重複しますが、質問内容が
いろいろと混ざっているようなので分かる範囲で書きます。

建物表示登記については「建物仕様の登録だけ」と考えた方が
分かり易いと思います。土地との配置や「(構造などの)仕様」を
確認するだけなので、仕上げとか傷なんかは関係はありません。

銀行では建物の価値を試算しますが、建物表示登記は「建物の
妥当性を確認するのに必要」です。そもそも建物に対して
「銀行員が現地まで出向いて査定はしない」ので、手続きの流れ
としては可能です。(ここでも仕上げなんかは関係ありません)

順番については質問のキーワードを並べ替えると、
「登記→確認→抵当権設定→支払い→引き渡し」でしょうね。

(1)まず建物を登記して「建物の仕様」を登録します。
(2)建物を確認しないと工事は完了しません。
(確認時の補修については、内容・時期・費用で工務店と相談)
(3)仕様に沿って査定され、抵当権設定の設定でお金が借りれます。
(4)借りれたから支払いとなり、支払ったから所有者を移します。

※(2)での確認は(3)には直接関係しません
(銀行としては「提出された仕様どおりでしょ」と言うだけです)

いろいろ切羽詰りますが、ここは淡白に考えると整理できます。
(悪いイメージは持たないで下さい、立場的な考え方の整理です)
【工務店】作った物に対して、質問者がお金を払えればいい
【銀行】お金を貸すが、物があって貸し倒れにならなければいい

上記の立場を基準として「物(土地と建物)」と「お金」の所有権が
移動していきます...誰も失敗して損したくはないので、手続き
を段階的に踏んで、引渡しは本当の最後になります。
(問題のない工期ならば、施主の引越しなんかは関係ありません)

急ぐ必要はありますが、冷静に動かれてください。
(傷などは引越し前に、写真を取られる事をお薦めします)

#3の方が書かれている内容に重複しますが、質問内容が
いろいろと混ざっているようなので分かる範囲で書きます。

建物表示登記については「建物仕様の登録だけ」と考えた方が
分かり易いと思います。土地との配置や「(構造などの)仕様」を
確認するだけなので、仕上げとか傷なんかは関係はありません。

銀行では建物の価値を試算しますが、建物表示登記は「建物の
妥当性を確認するのに必要」です。そもそも建物に対して
「銀行員が現地まで出向いて査定はしない」ので、手続きの流れ
としては可能で...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q屋根裏収納は地震のとき危険でしょうか?

現在二階の洋室に屋根裏収納があるのですが、地震のときに重たい階段が出て来たり落ちてこないか心配です。最悪閉じても良いと思っています。地震ですので家がどうなるか判らないですし、想定はできないのでしょうが、詳しい方助言をお願いします。

Aベストアンサー

滑り出してくる物ですね。
メーカーで設計施工基準を出しています、信頼出来そうなHM?工務店?建築士?いずれかが関係していればそれ程心配は無いと思います。
築年数が浅ければ尚のこと。
上記条件を前提とした上で、不安要素をあえて挙げれば収納の仕方、物、によるでしょうね。
もう先々の方も言われてますが、筋トレ用の重り(そんなのはしごで持ち上げられませんか)、ピアノ・・・・、冗談はさておき半ばやけくそになって邪魔な物をどんどん放り込んだりしているようであれば少々怖いかな、でもそんな事されてないでしょう?。
 使われる際、ついでに作動点検されるよう心掛けて下さい。

異例ですが、最近廊下から登るパターンを設計をしました。
これですとはしごが万が一落っこちても怪我に結びつく可能性はかなり低いでしょう。(地震を想定してのプランでは有りませんが)
万万が一を考えるのであれば落下想定場所にはタンスや暖房機でも置いておき、常時人が居ない環境を作るのも一つでしょう、が、一押しはやはり「地震が来たら飛びのく、テーブル下に逃げ込む」となりますね、基本ですよね。

言うまでも無く大した収納物が無いのであれば無用の長物、撤去しても良いでしょう。
「せっかく作った有効なスペースを潰すのは勿体無いかな」目線からの意見ですが、ご参考まで。

滑り出してくる物ですね。
メーカーで設計施工基準を出しています、信頼出来そうなHM?工務店?建築士?いずれかが関係していればそれ程心配は無いと思います。
築年数が浅ければ尚のこと。
上記条件を前提とした上で、不安要素をあえて挙げれば収納の仕方、物、によるでしょうね。
もう先々の方も言われてますが、筋トレ用の重り(そんなのはしごで持ち上げられませんか)、ピアノ・・・・、冗談はさておき半ばやけくそになって邪魔な物をどんどん放り込んだりしているようであれば少々怖いかな、でもそん...続きを読む


人気Q&Aランキング