「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

当社は、通信機器等の基板製造を請け負うEMS会社です。
客先より請け負った基板製造が終了したあとで、部品の余剰が発生します。
ロット単位で購入した専用部品などで余剰が発生した場合には、他の機種への転用が難しく、
死蔵品となります。生産終了時点で材料廃棄を行うと、損益を圧迫させます。

その対策として当該機種の生産流動中に、材料費の一定割合(たとえば材料費の1%)を
材料減耗費/材料減耗引当金として処理し、生産終了後に、引当金を取り崩して材料の廃棄処分を行いたいのです。(費用の平準化を図るためです)

上記のような経費処理が可能でしょうか?
会計処理上、適切な処理があればご教示ください。

A 回答 (1件)

>余剰在庫部品の処分のための引当計上が可能ですか?



企業会計原則では「保守主義の原則」の遵守を奨励し、将来の特定の費用又は損失を引当計上することについて何ら、制限を設けておりません。従って将来発生すると見込まれる余剰在庫部品処分による損失を当期において引当計上することは可能です。というより好ましいことと思います。また質問者が意図されるような「費用の平準化」にも役立ちます。

なお、決算時に引当金を計上するときの仕訳は、

〔借方〕材料減耗損引当金繰入額☆☆☆☆☆/〔貸方〕材料減耗損引当金☆☆☆☆☆

または、

〔借方〕棚卸資産減耗損引当金繰入額☆☆☆☆☆/〔貸方〕棚卸資産減耗損引当金☆☆☆☆☆

の、どちらかです。

〔参考〕ご存じだと思いますが、税法では材料減耗損引当金繰入額や棚卸資産減耗損引当金繰入額の損金算入を認めていないので、これらを仕訳計上した場合は、確定申告において別表4で所得の申告調整を行う必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

繰入金額の算定基準を明確にし、費用の平準化に向けて

作業を進めてまいりたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2011/10/24 09:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不良在庫の廃棄

単純な質問で恐縮なのですが、会社の過去のPLを見ていて、過去の不良製品在庫を大量に廃棄するという名目で、特別損益の項に引当金が計上されているのを見つけました。

通常は、これは営業外費用の評価損とか廃棄損とかの項目になると思うのですが、これは正しいのでしょうか?特別損益は固定資産の売却や、前期の損益の修正しか計上できないと思っていたのですが・・・・

Aベストアンサー

特別損失は、臨時的に生じた費用を計上する区分です。

そのため、不良品在庫の廃棄損を特別損失区分に計上しているのは、その廃棄損は通常生じ得る金額を超えた臨時的なものだということを表しています。

「通常は営業外費用」であるというご認識は、間違っていません。

Q在庫引当とは?

単純な質問で申し訳ないですが、「在庫引当」ってなんでしょうか?
素人です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の回答を正しく行います(失礼しました)

在庫引当とは、注文を受けて、受注時点で、その注文数を、その時の商品在庫数から“予約(売上引当)”した後の販売可能在庫のことです。

在庫引当は、実際の倉庫在庫ではなく、その時々の販売可能在庫数を見るために行うものです。これを行わないと、販売可能在庫が不明なり、在庫の有無の問い合わせに回答不能になります。

実務では、注文数を予約(売上引当)し、それ故、在庫引当数は減少し、その後、実際に出庫・出荷すると、売上引当を売上に振替え、実在庫が減少する処理となります。

下記の例題をご覧ください(・・は、空白を揃えるためにいれてあります)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・項 目・・・・・・・・・・売上引当・・売上・・在庫引当・・実在庫数
#1 11月22日・・・・・・・・・・・・・・(在庫)・・・・・・・・・・・・・・・・・100・・・・・100
#2 11月23日・・A商店から受注・・・・・・・・・10・・・・・・・・・・・・90・・・・・100
#3 11月23日・・B商店から受注・・・・・・・・・20・・・・・・・・・・・・70・・・・・100
#4 11月24日・・A商店へ出荷・売上計上・・・・・・・・10・・・・・・70・・・・・・90
#5 11月24日・・C商店から受注・・・・・・・・・15・・・・・・・・・・・・・55・・・・・・90
#6 11月25日・・B商店へ出荷・売上計上・・・・・・・・20・・・・・・55・・・・・・70
#7 11月25日・・B商店へ出荷・売上計上・・・・・・・・15・・・・・・55・・・・・・55

#1は、11月22日夕方の商品在庫数で、100台とします。
#2は、11月23日に、A商店から10台受注しましたので、在庫を引き当てておきます。それ故に、引当後の販売可能数は、90台になります。しかし、この段階では、倉庫の実在庫は、出荷しておりませんので、100台のま々です。
#3は、11月23日に、B商店から20台受注し、在庫引当をしました。
#4は、11月24日に、A商店へ、受注数10台を出荷し、売上計上しました。実在庫は、90台になります。
以下、#5から#7は、同様な処理となります。

もし、在庫引当をしないと、どうなるでしょうか?
例えば、#3 11月23日に、B商店から20台受注した後に、X商店から、75台の注文問い合わせがあったとします。倉庫の実在庫を調べると、100台ありますので、その注文を受けると、実は、販売可能数は、70台しかなく、5台が在庫不足となり、納品できなくなります。

以上ですが、お分かりになりましたでしょうか?

No.2の回答を正しく行います(失礼しました)

在庫引当とは、注文を受けて、受注時点で、その注文数を、その時の商品在庫数から“予約(売上引当)”した後の販売可能在庫のことです。

在庫引当は、実際の倉庫在庫ではなく、その時々の販売可能在庫数を見るために行うものです。これを行わないと、販売可能在庫が不明なり、在庫の有無の問い合わせに回答不能になります。

実務では、注文数を予約(売上引当)し、それ故、在庫引当数は減少し、その後、実際に出庫・出荷すると、売上引当を売上に振替え、実...続きを読む

Q在庫品を廃棄する際

ネットショップをやっています。
一昨年に仕入れた雑貨がいまだに残っています。
商品は、たとえば、ゲーム機やスマートフォンのように、次々に後から新しいものが出てしまい、
今となっては買う人がまったくいないようなものです。
このまましまっておいても邪魔なだけで、今後も売れる見込みがないので思いきって廃棄しようかと思います

こういう場合は、廃棄した際に「棚卸廃棄損」のような科目で計上すべきなのでしょうか?
それとも期末で棚卸しを行い、廃棄した分、在庫がなくなっていればそれでいいのでしょうか?

あとよく、廃棄したことを証明する廃棄業者の領収書を保管しておくという話がありますが、わたしたちのお店の場合は、廃棄するってただ単にゴミ箱に捨てるだけなので、業者には依頼しません。
そういう場合は、領収書もないのでどうしたらいいのでしょうか? 内部的に廃棄した日付は製品名、数量などを記載しておけばいいのでしょうか?


よろしくお願いします

Aベストアンサー

商品(雑貨)の仕入れの時に帳簿に記載したと思います。これらが不要になったので廃棄する場合は帳簿から除却して廃棄処分します。つまり帳簿があればよいです。
(借)雑損失xxxx / (貸)商品xxxx

Q経理上での不良在庫処分方法を教えてください。

不良在庫を処分するのですが、
経理上しなくてはいけないことはありますか?

Aベストアンサー

横から失礼します。

下記サイトなどで棚卸資産についての説明を読むと、
http://www5d.biglobe.ne.jp/~search/ac/

>商品有高帳の数量と、棚卸で得られた数量との差が生じることを棚卸減耗といいます。棚卸減耗数量に、商品有高帳から得られた単価を掛けた金額を、棚卸減耗費・棚卸減耗損といいます。また商品の劣化や陳腐化による価値の減少を棚卸評価損といいます。
商品有高帳での数量より実際の数量の方が多い場合や、商品の劣化や陳腐化による価値の減少の場合の処理方法は日商簿記2級で扱っています。<

とされています。
この場合、「評価損」を用いるほうが適切なのかと思うのですが。

Q商品を廃棄処分にした勘定科目?

仕入れ額10万円程の商品ですが、性質上、長期間保管すると劣化を招く商品なので廃棄処分にしました。

この場合、帳簿としてどのような処理にして、勘定科目はどうすればいいのでしょうか?

ご多忙中恐縮ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

廃棄した商品の仕入原価を10万円とします。
商品会計は「分割法(例えば、三分法)」とします。


◇まず、次の仕訳を起します。

〔借方〕棚卸資産廃棄損 100,000/〔貸方〕他勘定振替高 100,000
※この「他勘定振替高」は売上原価の控除項目です。
※法人会計の場合、「棚卸資産廃棄損」は特別損失の項目です。

◇次に、仕訳の借方と貸方の金額をそれぞれ総勘定元帳に転記します。


以上です。

Q不良品処分の会計処理について

衣料品小売店において、不良品(自己)や売れ残り品を廃棄処理した際の仕訳を教えてください。初歩的な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

商品の廃棄に関しては、本来棚卸資産の費用化なので、期末棚卸高から控除されていれば、売上原価として費用化できます。
しかし、売却したわけではないので、売上原価から除き、営業外費用や特別損失として別建てする必要があります。
会計では、このようなケースを「他勘定振替」といい、PL表示上はグロス計上された当期商品仕入高から間接的にマイナスし、別勘定で改めて計上することになります。
帳簿上の仕訳としては、商品廃棄損とか雑損失として、仕入勘定から振り替えます。
いずれにしても、本質は、「本来、売上原価計算の対象となる仕入物が、本来の売上原価計算からはずれて、他勘定へ振り返られる」ということです。
そこが明示できれば、ある意味、勘定科目は「雑損失」でも「廃棄損」でもかまいません。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

QAP と GL って何?

大変、安直な質問なのですが、経理用語というか経理パッケージによく記載され
ています。「AP」と「GL」というのがありますが、これは一体何の略で日本語に
訳すると何というのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

AP--> Accounts Payable
直訳すると「支払勘定」
一般的には、買掛金、未払勘定、未払金のことなのだと思うのですが、通常経理用語として日本語にするときは「買掛金」となっていることが多いと思われます。

GL--> General Ledger
直訳すると「総勘定元帳」

基幹システムにおいては、GLと呼ばれる「会計モジュール」を中心に、APと呼ばれる「支払/買掛管理モジュール」、ARと呼ばれる「売上/売掛管理モジュール」を組み合わせてシステム構築・運用をすることがあります。

Q営業譲渡時の仕訳について教えてください

Aという会社からAの一部門をBという会社に営業譲渡した場合、Bはその部門の売掛金をそのまま引継ぐためAからは、Bに対し売上計上します。それに対して、Bは買掛金が発生します。
Bでは、その買掛金を売掛金に振替えるにはどのようにしたらよろしいでしょうか?
また、Aでは、売上計上することで相手科目の売掛金が発生し、譲渡部門の売掛金をどのように処理したらよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問を繰り返します。
「Aという会社からAの一部門をBという会社に営業譲渡した場合、Bはその部門の売掛金をそのまま引継ぐためAからは、Bに対し売上計上(1)します。それに対して、Bは買掛金が発生(2)します。
Bでは、その買掛金を売掛金に振替えるにはどのようにしたらよろしいでしょうか?(3)
また、Aでは、売上計上することで相手科目の売掛金(4)が発生し、譲渡部門の売掛金をどのように処理したらよろしいでしょうか?(5)」

(1)から(5)について。
(1)[営業譲渡]という取引は通常、営業項目となりえませんので、A社の営業収益として売上計上するのはおかしいです。
(2)B社にとっても営業の譲り受けにより生じた債務は営業債務ではないため、[買掛金]というのはおかしいです。[未払金]がいいかと思います。
(3)債務を[売掛金]に振り替えるというよりも、譲り受けた[営業]に売掛金が含まれており、それらを一体として購入したと考えるべきです。なので、仕訳としては以下のようになります。
売掛金/未払金
(4)上の(1)(2)の理由のとおり、B社に対する[未収入金]としたほうがいいと思います。
(5)営業譲渡の効力発生により、A社の売掛金がA社のものでなくなります。売掛金が減少して、その分、B社に対する未収入金が計上されます。
未収入金/売掛金

ちなみに、A社で譲渡対象となった営業に関する資産・負債が以下のとおりだった場合。
売掛金30、棚卸資産40、固定資産20、買掛金30
これらを含めた営業をB社へ100で譲渡したとします。
<A社での仕訳>
買掛金30    /売掛金30
未収入金100 /棚卸資産40
           /固定資産20
           /営業譲渡益40

<B社の仕訳>
売掛金30    /買掛金30
棚卸資産40  /未払金100
固定資産20
営業権40

ご質問を繰り返します。
「Aという会社からAの一部門をBという会社に営業譲渡した場合、Bはその部門の売掛金をそのまま引継ぐためAからは、Bに対し売上計上(1)します。それに対して、Bは買掛金が発生(2)します。
Bでは、その買掛金を売掛金に振替えるにはどのようにしたらよろしいでしょうか?(3)
また、Aでは、売上計上することで相手科目の売掛金(4)が発生し、譲渡部門の売掛金をどのように処理したらよろしいでしょうか?(5)」

(1)から(5)について。
(1)[営業譲渡]という取引は通常、営業項目となりえま...続きを読む

Q英文 会計用語の質問

経理や会計の知識がゼロの私ですが、事情により科目のみ翻訳する仕事が回ってきました。そこで簡単な質問なのですが・・・よろしくお願いします。

1)"expense"は省略しますか?例えば「通信費」を調べると、"communication"と書いてあったり "communication expense"と"expense"が入ってあったりでした。他にも宣伝費に"advertisement" "advertising" "advertising expense"といろいろ見つけました。"expense"は省略しますか?それとも正式には書きますか?

2)科目1つにしても、日本語なら言い方が決まっているのに、英語なら何通りもあるように見えます。そういうもんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。専門家ではありませんが、ご参考までに。

基本的に正式なIncome statementでは時と場合により、Expenseは省略したりしなかったりだと思います。例えば、単純なDepreciation(減価償却費)などは、Depreciationとしか書いていなければ、よく分かりません。通常は、"Depreciation expense"や"Depreciation of sales equipement"などと表記されているはずです。後者は後に何の減価償却費かが分かりますので、省略してもいいと思います。SalariesはExpenseがなくても費用だと分かりますので、通常は書きません。AdvertisingはExpenseが付いているケースが多いと思います。

ちなみに、FASBが認めている損益計算書の表記の仕方は概ね3つに分別されます。

Single-step
Revenueの中にNet salesやDividend revenueなどを含め、Expenseの中にCOGSやSelling expense、Administrative expenseなど大まかな分類で記載する方法。

Multi-step
Single stepよりも詳細な勘定科目。Net Sales RevenueからCOGS(Inventoryから始まり、Purchase discountなどを引く過程を表記)を引き、Gross profitを求めて、更にOperating expense(Selling expenseやAdministrative expenseなどの詳細を表記)を引き、Net incomeを求める方法。

Condensed income statement
非常に大まかな、Net sales から始まり、COGS(詳細なし)を引き、Gross profitを求め、SG&Aを差し引き、詳細はNOTEに開示する方法。

様々な企業のIncome statementを見てきましたが、基本的に"理解可能"な範囲ならば省略してもしなくてもかまわないかと思いますが、絶対的な言い方が決まっているのかどうかは、聞いたことがありません。

こんにちは。専門家ではありませんが、ご参考までに。

基本的に正式なIncome statementでは時と場合により、Expenseは省略したりしなかったりだと思います。例えば、単純なDepreciation(減価償却費)などは、Depreciationとしか書いていなければ、よく分かりません。通常は、"Depreciation expense"や"Depreciation of sales equipement"などと表記されているはずです。後者は後に何の減価償却費かが分かりますので、省略してもいいと思います。SalariesはExpenseがなくても費用だと分かりますので、通常は書...続きを読む


人気Q&Aランキング