『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

映画「レオン」の恐怖度

私は、極端に怖がりです。

呪怨ダメ、貞子ムリ、狂った人間もダメ(「ハンニバル」の男など)、「エスター」のDVDラベルの顔まともにみれない、目を見開いた死体が怖い

ってぐらい怖がりで、(シックスセンスは予告編全部見れませんでした)サスペンスもホラー色が強めなのはムリです。

こんな私ですが、レオンは見ても大丈夫そうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

samotorakeno さんと同意見です。



リュック・ベッソン監督の「レオン」を恐怖映画の部に入れてはいけないと思います。

「レオン」はホラー映画ではありませんよ。

あと10年も経てば名作中の名作と言われるのは間違いないと思います。

(今でもすでに名作といわれているかも?)

殺し屋が主人公なので流血の場面を逃れることはできません。

ストーリーに集中して観てください。

ほんとに泣ける映画です。

私は冒頭のシーンが全く記憶になく、

コスプレ、レオンが倒れるところ、マチルダの植樹シーンが鮮明に記憶に残っています。

「レオン」は何度でも観たい映画のひとつです。
    • good
    • 2

「レオン」ってリュックベッソン監督の「レオン」ですよね?



私は「呪怨」「貞子」の予告も怖くて見てません
「エスター」も見るのに気合いがいると思うので未見です

唯一、原作を読んでるから耐性があった「ハンニバル」(レクター)は見てますが
再度鑑賞したいとは思ってません

でも「レオン」はマイベスト映画に入っています
自分の中では、あれは「狂暴な恋愛映画」で「泣ける映画」にカテゴライズされていて
血が流される度、切なさ度合が上がっていきます
最期に流れるスティングの曲がまた良くって泣けます

「刑事もの」や「ギャングもの」の流血シーンが大丈夫ならいけると思いますよ
    • good
    • 1

レオンは、「破滅の美学」を 洋画では珍しく、


                描いた映画、人間ドラマみたいなものです。

孤独な、殺し屋 レオンが、マチルダという少女に出会い、
「人間らしさ?」を 少しづつ取り戻し、
最後に、
 「大切な人を守る為」に・・と 破滅の美学を描いています。

多少、出血シーン、なとはありますが、あれは?
「羊の血」を袋に入れて、電波を飛ばし 破裂させて シーンを作っています。
そのように、
   割り切ってご覧になられては、如何でしょうか?

ちなみに、私の妻も 駄目でしたが、トリックを話して 理解したうえで全てを見終わった時、
 「なんか、よかった-。涙が出てくるよ」と、言っていましたのが印象的でした。

『レオン』『ニキータ』のような暴力的な作風は
当時フランスで起こったバブル経済へのアンチテーゼとして描かれたものとして知られています。

監督の リュック・ベッソン氏は、他にも色々な作品を作っておられますが・・ジャンヌ・ダルク(1999)

「レオン」が どうしても「見られない」のでしたら?

アーサーとミニモイの不思議な国 Arthur et les Minimoys (2006)
アーサーと魔王マルタザールの逆襲 Arthur et la vengeance de Maltazard (2009)
アデル/ファラオと復活の秘薬 Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec (2010)

など、ファンタジックな作品からご覧になられては 如何でしょうか?
    • good
    • 0

呪怨、貞子、ハンニバル、エスターのDVDラベルの顔、目を見開いた死体、シックスセンスの予告編に比べたらチョロイです。

ただし、冒頭の“設定”には「ええ? こんなに恐ろしい設定だったの?」とは思いました。一応、ヤクザもんなんで。逆にレオンと少女の出会いまで平気なら、平気なんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA% …(%E6%98%A0%E7%94%BB)
レオンって、これですよね?
あれでビクッしたのは冒頭部分。背後の暗がりから「スーッ」とナイフを突きつけて、脅したのちまた「スーッ」っと消えるとこくらいかな。
あ、でも。銃で何発も撃たれながら、血塗れでそれでも床を這いずって逃げようとするシーンがあるので、そこが「怖がり」に引っかかるかも。

凶暴度ならランボー以下。恐怖度ならターミネーター以下。サスペンス度なら金田一少年以下。私見ですが。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレオンが殺されるシーンについて

マチルダからだといって、
麻薬取締のやつにリングを渡して、そいつがレオンの懐を開いて爆発しました。
物語の途中でリングトラップだといってましたが、
どういう仕組みなのかよくわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

<<映画「レオン」のネタバレを含む回答が並んでいますから、まだ映画を見ていない方はご注意下さい>> (^_^;)

ご質問では、「レオンが殺されるシーン」とお書きですが、実際は瀕死の重傷を負ったレオンが「悪徳捜査官を道連れにして自爆死するシーン」でした。

No.1の回答者さんが一通り解説して下さっていますが、レオンの服の下にはいくつもの手榴弾が隠されていました。手榴弾のピンについては、たとえば消火器の頭の部分を見ていただけばわかりやすいと思うのですが、リングの形をしたピンが装着されているとレバーは作動しません。指でこのリング型のピンを引っこ抜くとレバーを作動させることができて、泡の消火液やら二酸化炭素の消火ガスやらが出て来ます。

手榴弾も、暴発を防ぐために普段は安全ピンが装着されていますが、投げる時にはこのピンを抜きます。手榴弾の型式によって色々あると思いますが、通常はピンを抜いてレバーまたはボタンを作動させると、もう爆発を止めることはできず、遅延信管といって一定の秒数が経過すると爆発するように作られています。

「マチルダから」というのは、全ての怨みをこの一個のリングに託して「貴様にくれてやる」というメッセージだったのですね。

<<映画「レオン」のネタバレを含む回答が並んでいますから、まだ映画を見ていない方はご注意下さい>> (^_^;)

ご質問では、「レオンが殺されるシーン」とお書きですが、実際は瀕死の重傷を負ったレオンが「悪徳捜査官を道連れにして自爆死するシーン」でした。

No.1の回答者さんが一通り解説して下さっていますが、レオンの服の下にはいくつもの手榴弾が隠されていました。手榴弾のピンについては、たとえば消火器の頭の部分を見ていただけばわかりやすいと思うのですが、リングの形をしたピンが装着されてい...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


人気Q&Aランキング