ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

道路でアスファルトを敷いて大きなローラーで通過した後を
火炎放射器みたいなものでアスファルトを焼いてる人が居ます

これは何してるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アスファルト(敷均すまえは一般に合材と言います)もちろん色々と配合で名称は変わります、その施工時の温度は140度程度有ります(プラントからでるときはもう少し高い)積み込みから施工まで時間が掛かり冷めるためです。



それが1の方の言われるように上手く施工が出来てないと思うときやすりつけの場所など施工の厚みが薄くなり上手く既存の部分と乳剤(糊の様な物と思ってください)を使用しても綺麗にならないことがありバーナーを使用して既存の物と上手く付けたり(余りしないですが)温度が下がっていて部分的に施工に問題があるとき使用もします。

合材を敷均すフィニッシャーと言う重機が有りこの重機にはアイロンと言って温度を下げないように(構造は忘れました)したりするのも使っていた(昔のことなので今と構造が違う可能性も有ります)ダンプの荷台に残って冷めていれば取れないためにバーナーで暖めて取り去るなど色々と使用します。

なお、質問のローラーの後と言うことなのでおそらくローラーマークが消えなくてそれを消すために暖めてその後プレート(ちいさいエンジン付きの物です)を使用して消していたのではないかと想像します(よほどのベテランでもローラーマークが残ることが偶にあります、本当はローラーだけでローラーマークが残らないように転圧しているのですが・・・ローラーも鉄の車輪だけのマカダム、タイヤが沢山付いた物はタイヤローラー等有りそれぞれ役目が違います。

今度見かけたらしばらくその様子を見ていれば色々と楽しいかも知れません(好きなら)でも慣れないとあの合材の臭いで食欲が落ちるかも・・・
    • good
    • 1

アスファルトはガラスと同じ


熱するとやわらかくなり加工が出来るが 冷やすと固まります。

雨の日にアスファルト工事をしたりすると、すぐに硬化してしまい
例えば雨水流す側溝穴をふさいでしまったとき取り除こうとしても、硬いアスファルトは
割れてしまい手間もかかり修復も面倒ですので、 焼いて、スコップで切り離したりします。

沿線沿いの曲面に盛ったりするときも 暖めてから、古いアスファルトと融合させてなじませます

だからアスファルト敷き詰め作業の アスファルトを敷いて、ローラーでなめしていく間に
普通のスニーカーで立つと、靴は溶け 足はケロイドになりますね。
    • good
    • 1

アスファルトは冷えるとかたまります。


焼いているところは、思うように施工できていないところです。
焼いて軟らかくして、手直ししています。

完成しても軟らかすぎる所は、水をまいて冷やしています、

アスファルトは道路に使用して、10年たっても、暖めることにより再利用できます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舗装工事でよく見るバーナーで溶かして使う物

固形の黒いものを熱でドロドロに溶かして舗装の継ぎ目などに接着剤として使うようなあの物体を何と呼ぶのか教えてください。
抽象的な説明で申し訳ありません。
検索したいのですが、名前がわからないので検索できなくて困ってます。

Aベストアンサー

舗装工事でよく見るバーナーで溶かして使う物とありますが、舗装工事でよく溶かして使う物ような物は普通無いです。
私は以前舗装工事に監督業として携わっていた時期ありました。
他の方が言っている、乳剤(タックコート・プライムコート)は常温で液体です。
乳剤とコールタールはちょっと違います。乳剤の方が水に近い液体です。コールタールはかなり粘り気あります。
「アスファルト」と「コールタール」は、外観がよく似ていますが両者はまったく別物で、「アスファルト」は石油から製造され、「コールタール」は石炭から得られます。
舗装工事では使いませんが、防水工事(アスファルト防水)でアスファルトの塊をバーナーなどで溶融させて流し込むことはあります。
たしか、市町村などの道路補修工事ではこのアスファルトを道路のヒビに溶かして流し込んで補修していると思います。あまり道路屋さんはあまりしない工法です。
heezelnatt様が言っているのは、たぶんこれではないでしょうか?

Qアスファルトの補修について

うちの駐車場はアスファルトなんですが
最近、陥没している箇所があります。
そのうちには全部をやり変えねばならないとは思っていますが、
とりあえずその穴を埋めるには何が良いでしょうか。
ホームセンターで売っているような「簡易セメント」では無理ですか?
見栄えは問いません。

女の私でもできる手立てをお教えください。

Aベストアンサー

舗装には2種類ありますね。
1.アスファルト舗装
2.コンクリート舗装
 強度はNo.2の方が数段、上ですが養生期間が長いこととコストが高くつくので一般的ではないようです。

 今回のご質問のような一般家庭のアスファルト舗装の場合は厚みが30mm~50mm程度ですので、ある一定期間を過ぎると亀裂が入ったり陥没したりします。

<原因>
 舗装の下に敷き詰めてある砕石及びその下層の地盤の支持力
 が下がったために陥没しています。
  掘ってみるとわかるのですが下は水が溜まっていて土は
 粘性を帯びてきているはずです。

<対策>
 民間・役所問わずこのような場合は応急処置をしてその場を
 取り繕って誤魔化します。
 
1.ホームセンターにある「常温合材」を購入してそれを
  くぼ地にまいて適当に転圧をして終了です。

2.手の器用な人は次のような処置をします。(結構本格的で
  かなりもちます。)

 *くぼ地を中心に40cm四方のマスを書く。
 *ダイヤモンドカッターでアスファルトを切断する。
 *砕石をとる。(土嚢袋いれておく)
 *その下の土を20cm程度40cmマスで掘り取る。
    ↓
   <改善策>
 *掘り起こした土に普通セメントを1:1の割合で混ぜた
  あとで元にもどす。
 *さらに掘り出した砕石を元にもどして、十分に叩いて
  転圧をかける。
 *常温合材をまいて転圧をかけて出来れば簡易ガスバーナー
  で暖めながらコテをかければかなりの完成度になります。

 まぁ、No.2は経験上のお話ですが疲れますので、No.1で十 分でしょう。あまりもちません。またすぐ下がります。
 これはアスファルトの下の層が悪いので仕方ありません。
  この層を専門用語で下層路盤といいます。 舗装の場合は
 土+砕石+アスファルトを含めと舗装という考えになります ので、下層路盤の強度がかなりの重要なポイントをしめてい ます。 
  セメントを混ぜて強度をあげる工法を「セメント安定処  理」といいます。 わたしは日常で花壇を作る場合などは
  土を掘り起こして混ぜて固めてから適当にブロックやレン ガを敷き詰めたりしています。 
  ある程度の強度と解体が楽なので重宝しています。ぬかる んだ通路はこのようにしています。
 

舗装には2種類ありますね。
1.アスファルト舗装
2.コンクリート舗装
 強度はNo.2の方が数段、上ですが養生期間が長いこととコストが高くつくので一般的ではないようです。

 今回のご質問のような一般家庭のアスファルト舗装の場合は厚みが30mm~50mm程度ですので、ある一定期間を過ぎると亀裂が入ったり陥没したりします。

<原因>
 舗装の下に敷き詰めてある砕石及びその下層の地盤の支持力
 が下がったために陥没しています。
  掘ってみるとわかるのですが下は水が溜まってい...続きを読む

Q灯油でアスファルトが溶ける?

ファンヒーターのシーズンも終わったので収納のためタンクに残った灯油をポリ缶の移しかえてたらアスファルトにコップ1杯程こぼしてしまいました。30分後くらいに水で洗い流したのですが、その1時間後くらいに地面を見てみるとアスファルトが溶けて指で穴が掘れるくらいに砂のようにジャリジャリした状態になっていました。アスファルトって灯油でこんなに簡単に溶けるものなのでしょうか?
又、溶けたアスファルトの補修方法を知ってる方がおりましたら併せて教えて下さい。

Aベストアンサー

 アスファルトは油に溶けます。そのため、ガソリンスタンドなど油性の液体を扱う施設は、必ずコンクリート舗装としています(荷重の問題もありますが)。

 舗装に使うアスファルト・コンクリートは、アスファルトに砂利などを混ぜたもので、アスファルトを固着材として使用します。アスファルトの代わりにセメントを使用したものをセメント・コンクリート(俗に言うコンクリート)といいます。

 溶けてしまったアスファルトは、下層の砂利層に浸透してしまってますから、その部分を何かで充填してやる必要があります。
 補修用の充填材が市販されていますから、試してみてはどうでしょう。
http://store.yahoo.co.jp/diy-tool/h005.html

Qアスファルトについた油のシミの取り方を教えてください

アスファルトの路面上(駐車場内)でエンジンオイルの交換をしていて、オイルをこぼしてしまいました。洗剤で洗って大分きれいになったのですが、黒っぽいシミは今も残ったままです。かなり前に作られた駐車場のため、路面はどちらかといえば白っぽく、オイルの黒いシミが目立ちます。どなたか路面に落ちた油の跡を目立たなくするいい方法をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

仕事中に機械工具のオイルを広範囲にこぼしてしまった事がありました。質問者さまのように白っぽいアスファルト面で、しかもお客さんの駐車場内でした。
どのようにして誤魔化そうと考えあぐねた結果、その時コンクリートドリルでアンカー作業も行っていたので、このコンクリの削り粉をアスファルト面に均一にまぶして乾いたデッキブラシでゴシゴシ。
境目は硬めのホウキでボカシました。数日後あまり目立たなくなって雨が降っても大丈夫でしたよ。
元々のアスファルトの白っぽさが功を奏しました。コンクリの削り粉をどう入手するかですが(代用品で良いものがあればいいのですが)


人気Q&Aランキング