プロが教えるわが家の防犯対策術!

トラクターのデフ(左)からオイルがにじんで落ちるので、4本のボルトを増し締めしてみたのですがまだ1時間に1滴くらい落ちてきます。
結合部分に接着剤を塗ってみようかと思うのですが、効き目は期待できますか?

「デフからオイルがにじんできます。」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私もこの油まみれのデフを脱脂して接着剤を塗るのは得策ではないと思います。


くっつきません。

ケースの変形や割れの場合、
このデフケースを一端剥がして
会わせ面の脱脂洗浄点検してからの話。
(ぶっつけたかな?)

・・・一端当然デフオイルは全て抜けます。
会わせ面に塗るのであれば、
オイルや高温にも耐えられるパッキン系のボンドを塗ります。

まあ、農繁期ですので
明日一日くらいなら
漏れ部分に接着剤および金属シールテープ+デフオイルをすこし多めに入れる
くらいでしのげるのではないかと思いますが…

可能で在ればすぐデフケース割って点検すべきです。

いずれにしろ、既に相当量が減っていますので、
デフオイルが手元に無ければ
明日一日動かすのは無理です
=デフ壊れます。
漏れを止めればよいわけではなく、既に相当量が外に漏れだしてしまっています。
    • good
    • 0

補足


こちら購入の方が 送料が 3千円以上購入で 無料なので お得かと思います
工具・作業用品も 安いので 3千円は直ぐに超えるでしょう

お勧めは 車の ワイパーブレード 安くって使えます 粗悪品では有りません。

参考URL:http://www.monotaro.com/s/?c=0&q=%83%8A%81%5B%83 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良いものを紹介していただき、ありがとうございました。
やはり、減ったオイルの点検もしなければならないし、ずぼらな考えは捨てることにしました。

お礼日時:2011/10/26 17:56

この手の 漏れ止めには 


 パーマテックス リークリペアー
という 物を塗ると 簡単にバッチリ 止まります。

単なる 接着剤では ダメです やっても無駄

参考URL:http://www.straight.co.jp/item/36-82096/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良いものを紹介していただき、ありがとうございました。
やはり、減ったオイルの点検もしなければならないし、ずぼらな考えは捨てることにしました。

お礼日時:2011/10/26 17:57

「PLUS91」と言う漏れ止め添加剤を、デフオイルに混合して使用してみてください。

この程度の漏れなら100パーセント止まります。近くのカー用品店に無ければ通販でどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良いものを紹介していただき、ありがとうございました。
やはり、減ったオイルの点検もしなければならないし、ずぼらな考えは捨てることにしました。

お礼日時:2011/10/26 17:58

期待できません。

全く無駄でしょう。エポキシだろうが何だろうが、油まみれの面には着きません。写真を見る限り、ブレーキクリーナで脱脂しきれる感じじゃないですもん。

でもやるなら合わせ面周辺をきっちり脱脂して液体ガスケットをてんこ盛りの方がまだいいでしょう。エポキシなんかよりも柔軟性があるので、ほんの少しは期待できるかもしれません。
    • good
    • 0

接着剤も物によると思います。


2液のエポキシ接着材なら硬化時間も10分程度なので適しているかもしれませんが
何の接着剤にしろ接着剤盛るところを丁寧に脱脂しなければならないので
大変だと思います。
それに例えエポキシを盛って漏れが一時的に止まったとしても応急処置には変わりなく
早急に整備へ出さないといけない訳で・・・
接着剤なんか盛られたら整備する方は剥がすの大変で嫌な顔されると思いますよ。
クラックが入ってそこから漏れているのかパッキンの劣化で漏れているのか原因はわかりませんが
ブレーキクリーナやパーツクリーナーなどで脱脂した後にガムテープで目張りして
明日にでも整備に出すのが得策だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございました。
丁寧な回答で、自分のことのように心配して下さる方がネット上にいるんだと、変に感心してしまいました。

お礼日時:2011/10/26 18:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車検でオイル漏れを指摘されたのですが、

車検でオイル漏れを指摘されたのですが、
(何度かお世話になっている民間の良心的な所です)車種はH8年パジェロミニ ターボ車、
オイル漏れの指摘はエンジン回り?で、地面には垂れていないです。
最初、それで車検を通すのが難しいと言われたのですが、
できるだけ補修をお願いして、なんとか通してもらいました。
次は買い換えた方が良いですねと言われました。それで質問なのですが、

「オイル漏れ」とは実際に目で見てどういう状態でしょうか?
周囲のシミ跡などで確認するものですか?実際にぬれてベチャベチャしている状態ですか?

というのは、最近思い出したのですが以前、オイルが頻繁に減るようになり、
あちこちのディーラーで診てもらったものの「オイル漏れ、エンジン載せ替えですね」と言われ続け、
修理代がなく、足しながら走っていました。
結局はスタンドで「オイルキャップの欠けが原因」を発見してもらい、キャップ交換ですんなり治ったのですが、その間ずっと漏れ続けていた分のシミなどを見て、今回の車検で内部のオイル漏れが酷いと言われたのかな??と思ったのです。

走行104000キロの中古で購入してまだ125000万キロ程度です。
走行距離だけでも買い換えと言われるかもしれませんが、ローンも残ってるしまだ乗りたいです。
パジェロ特有?の発進時だけ白煙は少しありますが、点検交換もマメにして長距離も快適に走っています。車の構造にまったく知識がないので宜しくお願い致します。

車検でオイル漏れを指摘されたのですが、
(何度かお世話になっている民間の良心的な所です)車種はH8年パジェロミニ ターボ車、
オイル漏れの指摘はエンジン回り?で、地面には垂れていないです。
最初、それで車検を通すのが難しいと言われたのですが、
できるだけ補修をお願いして、なんとか通してもらいました。
次は買い換えた方が良いですねと言われました。それで質問なのですが、

「オイル漏れ」とは実際に目で見てどういう状態でしょうか?
周囲のシミ跡などで確認するものですか?実際にぬれてベチ...続きを読む

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

H8年式なら多少のオイル漏れはあっても不思議ではありません。
日頃の駐車場所の地面に「オイル染み」が顕著でないようなら、
それは「オイルにじみ」のレベルであり車検不適ではありません。

完全一体構造ではなく複数部品の組み合わせ構成によって製作
されているエンジンが一切オイル漏れしない・・というのは
技術的に不可能であるのは車検基準にも盛り込まれており、
「オイルにじみ」程度であれば車検不適にはならないのが常識です。

結果的に今回の車検は大修理せずともOKだったわけですよね。

>次は買い換えた方が良いですねと言われました。

いいえ、未来は誰にもわかりません!!(笑

Q液体ガスケットでオイル漏れ修理は可能でしょうか?

月刊オートメカニック8月号の154項で液体ガスケットの記事が掲載されてました。

通算走行距離が20万Kmを超え15年以上乗り続けている愛車が経年劣化による磨耗でクランクシャフトのヤセでオイルシールを交換しても漏れを完全に防げなくなってます。

年式が古いこともありクランクシャフトの交換部品の在庫がないので、修理するならリビルド品のエンジンに交換方法があるが現在在庫ナシ。今すぐ直したいなら現物修理に出すしかないとのことです。

小さい漏れが始まってるとはいえ運転走行には何ら支障なく安全上の問題もなく、漏れ部分周辺を清掃すれば秋の車検を通すことは可能らしいです。

当面は定期的にオイル量をまめに確認し、遠方への長距離ドライブするときはオイル補充しておけばとりあえず大丈夫なレベルだそうです。

長年大切に乗り続けて愛着ありますし、安全上の問題がない限り乗り続けたいです。


液体ガスケットで修理ないしオイル漏れの症状緩和は出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

欧州車に乗っていますが、クランクシャフトシールからのオイル漏れはデフォルトの様で・・・最初からエンジンの下にオイルが垂れています(笑)
アンダーカバーが有るのと、3000Km走行毎に掃除しているので、車庫の床を汚すまではいきませんが。

ゴムのオイルシールと接触していると金属のクランクシャフトもすり減るので、機械的にはココも油膜が有るほうが良いと思います。
が、ココに常に油膜が有ると言うことは、困った事に常にオイルが漏れることになります。


>小さい漏れが始まってるとはいえ運転走行には何ら支障なく安全上の問題もなく

その程度でしたら、クランクシャフトが油膜で守られるちょうど良い状態かと。

単に古くて漏るのなら、シールゴムの硬化・劣化が進んで漏れ量のがどんどん増加する心配が有りますが、シール交換済みなら、シャフトは急に痩せる事も無いので今のシールが硬化・劣化するまではは現状維持でしょう。

私なら、その程度のオイル漏れは気にしないでしょう。
と言うか、今もシャフトシールからオイルの漏れている車に乗っています。。。


ご質問の回答では有りませんが、ご参考までに。

欧州車に乗っていますが、クランクシャフトシールからのオイル漏れはデフォルトの様で・・・最初からエンジンの下にオイルが垂れています(笑)
アンダーカバーが有るのと、3000Km走行毎に掃除しているので、車庫の床を汚すまではいきませんが。

ゴムのオイルシールと接触していると金属のクランクシャフトもすり減るので、機械的にはココも油膜が有るほうが良いと思います。
が、ココに常に油膜が有ると言うことは、困った事に常にオイルが漏れることになります。


>小さい漏れが始まってるとはいえ運転走行に...続きを読む

Qカーエアコンのオイル補充は効果あるのでしょうか?

以前エアコン(冷房使用時)の効きが悪くなったため、ガソリンスタンドへ行ったところオイル補充で良くなると言われました。
言われるがままにオイルを補充したのですが、違いは分かりませんでした。
そもそもこのオイルはどのような効果をもたらすのでしょうか?ガスと一緒に回っているという話を聞いたこともありますが、本当にガスを補充することで冷えに貢献するのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に冷凍機油(オイル)の補充は必要ありません。エアコンではガスと一緒に、サイクル内をオイルが流れています(コンプレッサー内部の潤滑が主な目的)が、ガス漏れなどがない限りオイルが減ることは有りませんし、コンプレッサーに異常がないかかぎり、汚れることもめったに有りません。また、単にエアコンといっても使用するコンプレッサーのタイプ(レシプロ式・ベーンローターリー式・スクロール式など)や冷媒(ガス)の種類によってオイルの種類が異なりますので、適正なオイルを使用しないと圧縮の低下やコンプレッサーの破損にもつながります。ガソリンスタンドでそこまで区別して補充しているかどうか極めて疑問です。

ガスの補充については、サイトグラスのあるものではサイトグラスで確認し、泡が見えるようであれば補充の必要がある可能性が大きいです。サイトグラスのない物ではガス量の点検が少々厄介なので、専門家(スタンドには専門家はいないでしょう)に任せたほうが良いでしょう。ガスについても少なくても多すぎても場合冷えが悪くなる原因になります。特に多すぎる場合はごく短時間で破損にいたる場合もあるので要注意ですし、少ない場合でもほとんど冷えないほど、少ない場合はコンプレッサーの焼きつきにつながる場合があります。

エアコンの効きが悪きなる原因には、その他にも色々な要因が考えられますので、一度ディーラーや電装整備工場などへ持ち込み、点検を受けることをお勧めします。ガス漏れの点検や制御系統の点検を含めて、しっかりとした点検整備を行うのは、ガソリンスタンドでは無理です。また、ガスを補充する際に、代替フロン(フロン12の代替品)の使用はお勧めできません。

基本的に冷凍機油(オイル)の補充は必要ありません。エアコンではガスと一緒に、サイクル内をオイルが流れています(コンプレッサー内部の潤滑が主な目的)が、ガス漏れなどがない限りオイルが減ることは有りませんし、コンプレッサーに異常がないかかぎり、汚れることもめったに有りません。また、単にエアコンといっても使用するコンプレッサーのタイプ(レシプロ式・ベーンローターリー式・スクロール式など)や冷媒(ガス)の種類によってオイルの種類が異なりますので、適正なオイルを使用しないと圧縮の低...続きを読む

Q電圧が14Vあれば充電している?

電圧計を付けて様子をみているのですが(バッテリー直ではない 配線先に取付け 電圧値はテスターと一致で確認済み)、昼間のアイドリングで14V程度。
走行時14.2-3Vになっています。

夜間 ライトを点けてのの走行でも14.1-2V程度で0.1V下がるかどうかくらいです。

充電電流を診ているわけではないですが、この状態だと夜間走行時も充電していると考えてよいのでしょうか?

それとも電圧はあるが、実際の電気(電流)はバッテリー側には流れていないかもしれないのでしょうか?(要は充電はしていない可能性がある、もしくは まず充電していない?)

バッテリーは100AHの普通のMFバッテリーです(比重などは診れません)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。お礼ありがとうございます。

>電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね?

 結構です。バッテリーに充分充電しています。


>オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか?

 ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。

 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが、オルターネーターには必ず 『レギュレーター(発電電圧を制御する装置)』 が内蔵又は付属 (10cm角くらいの黒色か黄色の部品) しています。これにより多数の使用機器に必要な電力を供給し、かつバッテリーにも充電させるために必要な電圧の14Vに自動的に調整しています。さらに電装品やバッテリーを過電圧から保護する働きもしています。

なお、バッテリーが極度に劣化すれば電圧が適正でも満足な充電はできませんがこれはバッテリーの問題です。また、渋滞などでのバッテリー上がりは使用機器の消費電力が大きいのにエンジンの回転数が低くいアイドリングが続いて発電機の発電電力が不足したためです。いかにレギュレーターとオルターネーターが頑張っても14Vは無理です (12Vほどにしか上がりません)。車の電気も『計画停電』や『節電』が必要です。

No2です。お礼ありがとうございます。

>電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね?

 結構です。バッテリーに充分充電しています。


>オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか?

 ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。

 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが...続きを読む

Q自動車のオイルドレンプラグに磁石の可否

ちょっと気になったので、web検索、OKwave過去検索してみましたが、
賛否両論あるようでした。
基本的に悪影響は無いようですが、実際に実行している方のご意見をお伺いできればと思い、質問します。

(1)ドレンプラグに強力な磁石を仕込んだ製品がありますが、100均一のネオジム磁石をプラグの先に取り付ける方法は、効果があるでしょうか?

(2)オイル内の鉄粉(もしくは微細粉)は殆どオイルフィルタでろ過されるので、不要であるとの意見も多いです。
オイルフィルタに磁石を仕込む場合、その内部に取り付けるのと、外部に取り付けるのとで、効果や不具合は考えられますか?

できれば実際に使用した方のご意見を頂戴したいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)効果はあると思いますが、外れてオイルパンの中で跳ね回るのはごめんです。
エンジン壊れますね。
磁石付きの市販品でなければダメです。

(2)効果はあると思います、フイルターをバラさないと効果は見えませんが。

何にしてもスラッジやゴミは吸われない方が良い事は間違いありませんし、ドレンボルトに磁石が付いていればエンジン状態の目安にもなります。
大盛りで鉄粉が付いてたら異常を疑うことが出来ますし。
出来ればオイルがオイルストレーナに吸い込まれる手前で鉄粉取りたいですね。
過去に多走行車で油圧がどうしても上がらず、オイルポンプ交換か?と予想しましたが、もしかしたらとオイルパン外しストレーナチェックしたら目詰まりでした。
スラッジ、カーボンびっしり!バーナーで焼いて綺麗にしたら見違えるように調子良くなりました。
こうなってはオイルフィルターも意味なしですからオイルパンの状態を把握することも大事だと勉強になりました。


人気Q&Aランキング