もともと小説は結構読む方で、
ミステリーか恋愛物が多いんですが、
最近、自分が今まで読んできて好きだった恋愛物で共通点を見つけました。

男性作家の純愛小説ばっかりなんです。
 三田誠広『いちご同盟』『春のソナタ』
 辻仁成『冷静と情熱のあいだ』
 片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』
 市川拓司『Separation』
など・・・。
別に悪いってわけじゃないんですけど、
そう思うと、女性作家がどんな純愛小説を書くのかが気になりはじめました。

そこで、女性作家でなにかお勧めの純愛小説はありませんか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

純愛とは少し違うかもしれないけど・・


恋愛小説でお勧めの作家は山本文緒です。
女の私が読んでも、はっとするような細かい感情までうまくかけてるので大好きです。
初めて読んだのが「群青の夜の羽毛布」でそれからはまりたくさん読みましたが、どれも良く私にとってハズレの少ない貴重な作家です。
よかったら読んでみてください!
    • good
    • 2

質問を読んで、一番に浮かんだのが村山由佳さんだったんですが、もう出てますね。



堀田あけみさんもおすすめですよ。
名古屋弁がかわいくて、会話が中心になって話が進むので読みやすいです。
沢山本が出ていますが、どれもピュアな感じの恋愛小説です。

それから、私が一番大好きなのはよしもとばななさんです。
「キッチン」「ムーンライト・シャドウ」「アムリタ」…どれもおすすめです。
純愛、というのではないかもしれませんが、運命に導かれた恋愛のお話です。

既に読まれていたらすみません。
もしまだでしたら、一度読んでみてくださいね。
    • good
    • 0

島村洋子さんの作品全般をお勧めします。


彼女は「恋愛の神様」として多くの信者を抱える(笑)、恋愛小説・三人称恋愛表現の達人です。

僕の一押しは「シャンプー」です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
島村洋子さんですか、他の方とは違うおすすめですね。
本屋さんでチェックしてみようと思います。

お礼日時:2003/11/19 23:25

こんにちは。


村山由佳さんは私もお勧めです。ちなみに「由佳」です。「天使の卵」も良いですが、個人的には「野生の風」をお勧めします!!アフリカの風景が目前に浮かんでくるようですよ。読後感にはものすごいものがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
村山由佳さんの作品をなにか読んでみようと思います。
まずは本屋さんでいろいろ見てみようと思ってます。

お礼日時:2003/11/19 23:15

純愛かどうかはわからないのですが、


私が好きなのは江國香織さんです。
特に、この方はjanne_da_arcさんの挙げられた
辻仁成『冷静と情熱のあいだ』の、
女の主人公視点のお話を書かれてますよ。
辻仁成の方が青で、江國香織の方が赤です。
個人的には赤の方が好きです。
もしもう読まれてて、好きじゃなかったらすみません。
でも他の小説もすごく良いので、良ければ是非☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
江國香織さんの『冷静と情熱のあいだ Rosso』は、読みました。
確かにわたしも、BluよりRossoのほうが好きでした。
ただ、ちょっと文体が難しいというか、
あまり気軽に入れる感じじゃないんですよね・・・。
読むとハマるとは思うのですが、どうも入りづらいんです・・・。

お礼日時:2003/11/19 23:14

三田誠広さんの『いちご同盟』、私も面白いなと思った記憶があります。


女性作家でおすすめなのは、
村山由香さんです。
どれもよかったのですが、「天使の卵」が印象に残っています。
あと、外国小説でよかったら、サガンとかいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
村山由佳さんですか、他の方も結構お勧めなようなので、
さっそく買って読んでみようと思います。

外国小説ですか・・・どうも、登場人物か外国人とかだと、感情移入しづらいんですよね・・・。
映画も、洋画があまり得意ではなく・・・。

お礼日時:2003/11/19 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関

女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関係ボロボロなどが、いいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

湊かなえ

Q読書の秋 読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏

読書の秋
読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏りが出てしまいます。
そこで、皆さんのおすすめの作家と作品、出来れば感想(短くネタバレ無しで)を教えて下さい。吉田修一さん、湊かなえさん、浅田次郎さん、瀬戸内寂聴さんは、かなり読んでしまったので他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。心理描写がおもしろいです。

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』。罪を犯してしまった牧師の苦悩が見事に描かれています。

シオドア・ドライサー『シスター・キャリー』。いなかで育った娘が都会に出てきて、さまざまな経験をする。都会とは何か?富とは何か?成功とは何かを考えさせられる作品。

フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー(華麗なるギャツビー)』。繁栄の1920年代、だれもが富の追及に夢中になっていた時代、超越的な理想主義を追い求めた主人公の姿が、悲しくも美しい。

参考までに。

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。...続きを読む

Q究極の「純愛」小説は?

一時期「純愛ブーム」なんてものがありましたが、いま無性に「純愛」を描いた小説が読みたくてたまりません。
「これは究極の純愛小説!」というような作品があれば、教えていただけませんか?

尚、お願いする身でありながら、ワガママを言って恐縮ですが「世界の中心で、愛をさけぶ」のような作品は好みではないので、こういうタイプの作品以外でお願いします。
ちなみに、現在私が一番好きな「純愛」小説は、泉鏡花の「外科室」です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が純愛だと感じた小説は、ドストエフスキーの「貧しきひとびと」です。
往復書簡の形で展開される、役人と若い女性の物語。
ただ、恋愛が主題というわけでもないので、お求めのものとは違うかもしれません。それと、ちょっとテーマが重いです。
でも私は大好きです。

Q読めば体から糖が出そうになるぐらい甘~い純愛小説を教えて!

簡単に言うと今、愛に飢えています。
そこで、読めば体から糖が出そうになるぐらい甘~い純愛小説(恋愛、人間愛、自然愛などなど)を求めています。
もしそういった小説があれば是非教えてください。
現代、古典問いません。
甘~い小説をお待ちしております!

Aベストアンサー

武者小路実篤なんてどうかな。「愛と死」あたり昔感動した覚えが・・・

Q小説でラブコメが読みたい!(ネット小説、ラノベ以外)

あまり小説を読んできていないのですが、今むしょうにラブコメを読みたくて、いい本がないかな?と探しています。
お勧めの本があったら、教えてください!
ネットで検索をかけるとネット小説ばかりひっかかって何が面白いのかわからないのです。
ネット小説などではなく、出版されているものがいいです。

イメージでは、くっつきそうなのに、なかなかくっつかない・・・!みたいな、もどかしーいかんじのものが読みたいです。
最新でなくてかまわないのですが、できたら90年代以降のものだと読みやすいかなあと思います。
今まで「おいしいコーヒーのいれ方」くらいしか読んだことがないのですが、ああいう男の子目線でオイシイ設定、というよりは女の子向けのものがいいなぁ、と・・・注文が多くてすみません。
希望を満たしているものでなくても全然いいので、お勧めの「ラブコメ小説」を教えてください!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっとジャンルが変わりますが、「(株)魔法製作所」シリーズ(シャンナ・スウェンドソン・今泉敦子訳・創元推理文庫)を推します。主人公は田舎からニューヨークに出てきた女性で、ニューヨークにはなんか変な人がいるなあ、と思っていたのだが、実は彼女は「妖精」を見ることができる能力の持ち主で、その能力を生かして転職、というサクセスストーリーになります。その中で究極かっこよくて照れ屋という天才魔法使いと出会うのですが、彼との仲が進まず読者はやきもき……このやきもきさが快感だよね!というところが楽しかったのでおすすめです。ファンタジーにはなりますが、とても現実的でリアリティのある主人公の視点からの話になりますので、あまり読み慣れない方でも楽しめるのではないかと。映画を見ているような感覚で楽しめました。翻訳文も舞台が現代なので、読みやすいものだと思います。
気に入っていただければ幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報