ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

カウンセラーなど以外になにかあるでしょうか?
教育、医療、福祉や、それ以外で、心理学知識を活かせる職業って具体的に何でしょう・・・

沢山のご意見お聞きしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

心理学 犯罪」に関するQ&A: 【生物心理学】犯罪者はより刺激がある犯罪を求める】って本当ですか? 生物学者の池田先生が言ってました

A 回答 (3件)

ぱっと思い浮かぶのは、「教師」です。

幼稚園から高校までの教師になるには、教員免許の取得が必要で、そのためには“教育心理学”を修めていることが必要になります。

「精神科医」は、「臨床心理士」と同じではありませんが、“臨床心理学”の知識を要求されることも多いでしょう。医師であり、臨床心理士でもある、という方は、結構、いらっしゃるのではないでしょうか。

福祉関係は、詳しくないのですが、「ソーシャルワーカー」や「児童相談所の職員」の方が、“カウンセリング理論”に精通しており、“臨床心理学”の知識や心理士としての経験を有しているということは、普通にあることだと思います。心理臨床の方法論として人間関係に着目して、コンサルテーションを展開する“コミュニティ心理学”の立場を取る方もいらっしゃると思います。

教育と福祉の中間項として、「障害児教育に携わる方々」もおられますが、彼らは、“障害者の心理学”を利用するでしょう。あるいは障害を抱えた方の補助具(例えば義肢義足、あるいは眼鏡)の開発に、“認知心理学”を用いる場合も考えられます。

他には、「司法」の場でも、心理技官のような方がおられるはずです。警察や裁判所が主な勤務先だと考えられます。家庭裁判所の調査官になるには、“心理学”・“社会学”・“教育学”の知識が要求されます。“犯罪心理学”もこの分野に特殊な心理学でしょう。

あとは「人文」の分野で、フロイトで有名な“精神分析”は、文学・文学批評・哲学・思想で頻繁に引用されています。

ちょっと以外なのは「宗教」分野。お坊さんが“カウンセリング理論”を学ぶ時代になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり、福祉・教育・医療の現場では活きていく知識なんですよね。
具体的に心理学の分野も解説して頂き、参考になりました。

お礼日時:2003/11/19 13:53

私は一般企業で企画やマーケティングの仕事をしていますが、顧客および取引先の「心理」を常に考える必要があります。


ビジネスをする上で、相手の「感情」は大きなウェイトを占めていると感じています。「心理学」の知識があると、経済学や経営学を学んだ人とはまた違った視点で、いろいろなものが見えてくるのではと思います。(かくいう私も、心理学を勉強しようかと思っていますので)
あとは、カスタマーサポートの部隊なんかでも、活かせるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そういえば、マーケティングなどに関わった仕事をしていた者というのが受験資格になっていた心理学の大学院もあったくらいですから、きっと役立ちますよね。 面白そうだと思いました。

お礼日時:2003/11/19 13:51

人と関わり合いのある仕事すべてでしょう。



いろいろな知識は様々な事に役立てることが出来ます。
心理学だけを活かした仕事なら、カウンセラー以外には、無いと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに・・・そういう目で見れば、どんなところでも活かせていけるということが言えるんですよね・・・

さっそくの回答頂きありがとうございました!

お礼日時:2003/11/19 13:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理士に関係ある職業・心理学を最大限に活かせる職業

 私は心理士になりたいと思っている高校一年生なのですが、
 心理士は非常勤が多く給料も安いと聞きました。

 将来の為にもっと安定した職に就こうと思ったのですが、
 どうしても夢を捨てることができません。

 会社や国・地方公共団体に就職できるような心理職はないんでしょうか?
 また、仕事をする上で心理学を必要とする職業や
 心理士と関係の深い職業を教えてください。

 

Aベストアンサー

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校教員など,
心理学の知識を必要とされる公務員はほかにもありますし,
民間でも心理学の知識を活かせる仕事は結構あるものです。

心理学を専攻した学生がみな心理士やカウンセラーになるわけでありません。
高校一年生では無理からぬこととは思いますが,
心理学というものの一面しか知らないまま進路を限定しすぎているように感じます。
過去のQ&Aの中から心理学という学問の多様な顔と
心理学専攻生の進路を知るのに役立ちそうなものを挙げておきます。
これらの回答からさらにリンクをたどると相当の情報量になると思います。
参考になさってください。

企業における心理学専攻学生の配置職場について
http://okwave.jp/qa2785566.html

心理学を生かす就職
http://okwave.jp/qa2419887.html

心理学の仕事
http://okwave.jp/qa1055980.html

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校...続きを読む


人気Q&Aランキング