グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

モノクロフィルムで写真を撮っています。
専門的に写真を学んだことはなく、独学です。
知識はほとんどありません。
ご回答、アドバイスお願いします。

しばらくレンタル暗室を借りていましたが、レンタル料が非常に高く
学生で収入も少ないので、思うように利用できません。

暗室作業に使える場所はあるので、
最近は引き伸ばし機さえあれば
レンタル暗室に行かなくても済みそうだなと考えています。

金銭的な問題で、新品の引き伸ばし機を買うことはむずかしく
中古で探しています。
レンズ等含めて、2万円までであればうれしいです。
オークションサイトを見た感じ、がんばれば2万円までで見つかるかも…
と思ったのですが、安いものはやはりリスクが高いでしょうか。

初心者にも使いやすい引き伸ばし機、おすすめのもの等教えてください。
また、中古品購入の際の注意点なども書いていただけるとうれしいです。


使用カメラ
OLYMPUS om-1,om4-ti,
Nikon一眼レフ等です。
フィルム35mm。

ブローニーフィルムを使用できるカメラを借りることもあり、
ブローニーフィルムも引き伸ばせる機械を求めています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

40年ほど前に購入したFUJU ENLAGER F670MFですが、トレースするのに少し使っただけで、写真用には使ったことがありません。

レンズはFUJINON50がついています。東京新宿ま
で取りに来ていただけるのでしたら無料で差し上げます。
    • good
    • 4

写真器材を安価に入手希望ならば、yahoo掲示板のホビーの項目を覗いてみるといいです。

写真サークルの案内や、その他有効な情報が得られますよ。
    • good
    • 1

当方の引伸機を提供しようとしたら、回答が削除されてしまいました。

一般的に引伸機はブローニーサイズも引伸し可能になっていると思います。ライカ版だと50mmレンズで伸ばせますが、ブローニー版になると75mm程度の焦点距離がないと、画像周辺がゆがんだり、光源むらが発生します。
引伸ばしレンズは、絞り込むと焦点移動するものがあるので注意が必要です。
お座敷暗室でも結構できるものです。本人のやる気と創意工夫で、狭い場所でもなんとかなるものです。どの程度の作品を目指しているのか不明ですが、全紙大の引き伸ばしになると少々厄介です。
初心者にはパンタグラフタイプがコンパクトに収まって向いているのではと思います。
注意点は、(1)ピントの微調整可能なものがよい。大まかなレンズ移動と微細なレンズ移動の両方できるものがよい。(2)ネガばさみはガラスで挟むものと、ネガ部の抜けているもがあるが一長一短で、ガラスの場合はニュートンリングが出やすい。抜けているものはネガが平面でなくなる可能性が高い。(3)オートピント機構のついているものは便利だが、大焼きするときにはルーペ機構で粒子を覗くほうが安全だ。(4)ネガに直接熱光線が当たらないように、光源とネガの中間にフィルターの入っているものがよい。(5)イーゼルだけでは四つ切サイズ印画紙を平面に保てないので、背面より減圧吸引するものがよい。これは備品で販売している。
というようなところですが、品質の良い中古品を入手されることを祈っています。
    • good
    • 0

No2です。


おっしゃるような使い方で基礎から学ぶとすると、自宅暗室は研究や練習用としての機材をとりあえず揃えて、作品として発表するような写真に関してはレンタル暗室で良い機材を使用すると言う様な使い分けの基に、ある程度安い機材をそろえても確かに効率がいいし賢明でしょう。
頑張ってください。
    • good
    • 0

フジのS69*などは学校でも自分の暗室でも死ぬほど使いましたが、充分使える物でした。


ただし、69と言っていますけれども6×9のプリントはいささか無理がありました…
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h15 …
*フジB→S69→B690 と名前が変わったシリーズ

散光式か集散光式かでネガの作り方現像のしかたから全て違って来るということは知っておいていいと思います。(S69は集散光式です)

引き延ばしレンズはできれば新品が望ましい。中古ではかなり程度の良い物でないとどうにもならないでしょう。暗室は環境が悪いせいかひどい状態の物も珍しくないです。

部品が欠品だったりした場合を考えると現行品の方が望ましいことは望ましいですね。
電球が切れている場合、電球によって結果が違ってくるので代替品をどうするかは考えたほうが良いですし、お店が終わっている時間に電球が切れると困ったことになるので予備も必要です。

メーカーとしてはラッキー、フジがしっかりできていてポピュラーです。
レンズはニッコール、フジノン、ミノルタ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

大変参考になりました。
本で読んだ知識しかないので理解が曖昧なのですが、モノクロフィルムは集散光式がよいようですね。

教えていただいたことを参考に、一度中古品を見てみることにしました。

お礼日時:2011/10/27 16:21

50年前に購入された引き延ばし機が我が家の物置にありますがメンテナンスすれば一応はそれなりに使える状態です。


多くを望まないのなら、いかような中古でも何とかなるでしょう。
ただしあくまでも一応使い物になるだけです。
モノクロ表現から現代美術の最先端を学ぶつもりならそのような機材はアウトです。
それからレンタル暗室は聞いた話では自前で暗室を設置して維持するよりも安上がりなはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
機材や印画紙の生産が中止になる中、モノクロ写真を続けることは苦しいと思いますが、
好きなので中古のものとも上手に付き合いながら続けていきたいです。

レンタル暗室は安いところで大体1時間1200~1500円、1回の利用で5000円程度かかります。
月に1、2回の利用なら絶対にレンタル暗室のほうが安いですが
私のように
・時間はあるから、週に2、3回使いたい。
・暗室として使える場所はある。
場合は、液や引き伸ばし機を自分で用意したほうが安いのかなという考えにいたりました。
これはあくまで私の見解です…。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/27 16:14

オークションは確かに、安く買える可能性が高いですが、品物の状態の見極めがほとんど効かず、また故障の際の対応もほとんど望めません。


御自分で整備する自信があれば別ですが、そうでなければあまりお勧めできません。

もし東京または近郊にお住まいなら、一度、中古の引伸機をご覧になることをお勧めします。
 
中野に「日東商事」という暗室用品に強いお店があります。近所のフジヤカメラでも、出物がある場合もあり、また中古カメラ店の多い新宿も近いです。

http://www.nitto-camera.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

やはり自分の目で見てみるのが一番ですね。
行ってみます。

お礼日時:2011/10/27 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Qハッセルのシャッター速度変更とレリーズ押し時間

どうかよろしくお願いいたします。

501Cをこの度購入いたしましたが、下記の二つについてわからない点があり、教えてください。
○シャッター速度変更のタイミング
○シャッターレリーズボタンの押し時間について


○シャッター速度変更のタイミング

色々なサイトを調べていくと、「シャッタースピードの変更はフィルム巻き上げ前におこなわなければならない」と
注意されている方が多くいらっしゃいました。
専門店からは「全て巻上げたうえで待機やセッティングをするように」といわているのですが、
これはどちらが正しいのでしょうか。


○シャッターレリーズボタンの押し時間について

シャッターレリーズボタンの押している時間なのですが、線が引いてあるスローシャッター「B、1、2、4」以外は
ボタンを押したらすぐに指を離してよろしいでしょうでしょうか。
シャッター速度があまり変わっていないように感じてしまい、長押ししたままを試みたのですが特に動きはなく、
指を離してミラーが上がった音がするだけです。

時間をかけて色々なサイトを確認したのですが、結局わからずこちらに駆け込んでしまいました。

非常に稚拙な質問でお恥ずかしい限りですが、
何卒教えていただけますようお願いいたします。

どうかよろしくお願いいたします。

501Cをこの度購入いたしましたが、下記の二つについてわからない点があり、教えてください。
○シャッター速度変更のタイミング
○シャッターレリーズボタンの押し時間について


○シャッター速度変更のタイミング

色々なサイトを調べていくと、「シャッタースピードの変更はフィルム巻き上げ前におこなわなければならない」と
注意されている方が多くいらっしゃいました。
専門店からは「全て巻上げたうえで待機やセッティングをするように」といわているのですが、
これはど...続きを読む

Aベストアンサー

ハッセルのフィルム巻上げはミラー復元とシャッターチャージを兼ねていますから
できればフィルム巻上げの前にシャッター速度を変更(決定)しておくほうがいいでしょう。
これはレンズシャッター全般に言えることです。

が「しなければいけない」というようなものではありません。
シャッターを巻上げて、つまりミラー(視界)を復元させてから
被写体を探して露出時間を決めるようなことも多々あるわけですが
そんな場合には「速度決定」~「シャッターチャージ」という手順が不都合な場合もあります。
どちらの場合にも対応できるような設計になっていると思います。
実際に私はシンクロコンパー付きのレンズで、そのあたりは適当にやっていますが
いままでトラブルは出ていません。
ただ「レンズを交換するのは巻き上げ後に」という事は守っています。

---

シャッターボタンの押し時間については
どのシャッター速度上でもミラーの上がるタイミングと時間は同一です。
その動作と音がシャッター開閉時間だと勘違いする場合がありますが
実際のシャッター開放から閉鎖が行われるのはミラーが上がった後からです。
その時はシャッター羽根の僅かな動きと音しかしませんが
シャッター速度が1秒の場合は1秒間開いています。
シャッターが閉じる時の音は耳を澄ませば聞こえますから(500C/Mでは指先にも伝わります)
その動作を確認するまでは油断を(笑)しないほうがいいです。
たとえ指を早く離しても設定したシャッター時間に影響は出ませんが
カメラブレが出るかもしれません。

ハッセルのフィルム巻上げはミラー復元とシャッターチャージを兼ねていますから
できればフィルム巻上げの前にシャッター速度を変更(決定)しておくほうがいいでしょう。
これはレンズシャッター全般に言えることです。

が「しなければいけない」というようなものではありません。
シャッターを巻上げて、つまりミラー(視界)を復元させてから
被写体を探して露出時間を決めるようなことも多々あるわけですが
そんな場合には「速度決定」~「シャッターチャージ」という手順が不都合な場合もあります。
どちら...続きを読む

QライカM5とM6どっち!

「ライカを買おう計画」を考えています。
僕の月給では数年計画です。
ですから、ベッサ系で我慢している自分。
楽しいですけどね、ベッサで十分。。。

で、デザイン的には、M5の弁当箱っぽいのがすきです。当然中古市場ですよね。
でも、ボディで、13万位しますね。

で、M6なのですが、トコヤのおじさんが持っています。で、36枚のフィルムを巻き上げ時に軸が折れてしまったという話しを聞きました。
で、販売店に聞いたら、24枚以上はなるべく使わない方が良いと言われたそうです。

若干乱暴な比較でしょうが、、、
買うならどっちですか、皆さんなら。
両者の長所、短所も宜しかったら、ライカ歴のない自分に教えてください。

Aベストアンサー

 UNDERGROUNDMANさん こんばんは

 #2です。

 #5さん曰く21mmクラスのレンズ以外は使えると記載有りますが、これは違います。広角レンズを使う人では一般的になっている28mmレンズですが、そのうちエルマリート28F2.8と言うレンズは型によって使えるレンズ使えないレンズが存在します。このレンズの最終型以外は露出系の腕が当って使えません。
 ライカを使う様になったら、多分ロシア製レンズに興味が出て来ると思います。値段が安くて高性能ですから・・・。ジュピター35mmの内でも使えない物が存在すると聞いた事があります。

 広角重要視派の人でM5を使う場合、#5さんが言われる通り、露出計を使えない様にする(つまり腕が落ちない様にするか腕を完全に切断してしまう)改造をすれば話は変って来ますが、通常の状態ではレンズ選びが要注意です。その点をどう考えるかはUNDERGROUNDMANさん次第です。

 #5さんはライカは「大人のおもちゃ」的な言い方をされていました。確かにそう言う点はあると思います。ベッサーを持っているにも係らず、ライカが欲しくなったと言う事。これがライカの一番の魅力です。ライカは独特なフィルム装填方法をします。それが使い難い点の1つです。慣れないとフィルムが巻き上がらない事が有ります。
 私の初レンジファインダー機は「キャノン7」これはこれで楽しいカメラです。単に写すと言う事だけなら何のカメラでも良い訳です。スナップ向けのカメラと言う事でレンジファインダー機を使っていると、いつかはライカが欲しくなってしまいます。かくゆう私もライカが欲しくなって買った初ライカが「ライカCL」(間違わないで下さい。「ライツミノルタCL」ではないですよ。)これの欠点は広角が35mmまでしかファインダー表示されない事(正確には40mmまでがブライトフレーム表示で、35mmはファインダー目一杯で約35mm見当のファインダーと言う事です)。それと「ライカCL」はあくまでもミノルタ製のボディーだからフィルム装填しやすい事。これが欠点です。つまり「ライカ」とは名ばかりで使いやすいかめたとして仕上がっているんです。もちろんおさんぽカメラには最適だと思いますが・・・。
 使い勝手の悪さを克服してこそ「本物のライカ使い」と言える点があります。そう言うことを考えた時の「本物のライカ」が欲しい,と言う事でM購入になったわけです。購入時「M4-P」も検討しましたが、やはり露出計内蔵に負けてM6になりました。

 多分UNDERGROUNDMANさんも同様の理由でライカが欲しいと言うんだろうと思います。ですから、#5さん的な意見が有ろうとも、ライカを買われたらいいと思います。愛着湧く1台になると思いますよ。

 多分M7じゃなくてM6って言うのは、M7にはAEが搭載されたからだと思います。ライカにはAEは似合わない。使い勝手の良い機能は似合わない。と私は考えていますから・・・。

 UNDERGROUNDMANさん こんばんは

 #2です。

 #5さん曰く21mmクラスのレンズ以外は使えると記載有りますが、これは違います。広角レンズを使う人では一般的になっている28mmレンズですが、そのうちエルマリート28F2.8と言うレンズは型によって使えるレンズ使えないレンズが存在します。このレンズの最終型以外は露出系の腕が当って使えません。
 ライカを使う様になったら、多分ロシア製レンズに興味が出て来ると思います。値段が安くて高性能ですから・・・。ジュピター35mmの...続きを読む

Q中判カメラの可能性。フィルムとデジタルのかべ。

フィルム初心者です。いろいろわからないことがあるのですが、わかるポイント、答えたい質問だけでよいので、何卒よろしくお願いいたします。
まず、「ラチチュードがひろい」の定義ですが、白とび、黒つぶれしにくいこと。たとえば、ややオーバー気味に撮っても、アンダー部の色や、ラインが再現されること。またその逆も然り。または、究極的にラチチュードが広い場合で考えると、コントラストの強い写真を撮っても(輝度分布的に両極に来るくらい、差がある場合でも)、両方の色のニュアンスやラインが目で見たまま忠実に再現されている。
と捉えているのですが、これであたっているでしょうか。
(1)フィルム中判カメラと、35mmカメラ、どちらで購入するのかを迷っています。
もし、通常ISO100-400くらいのフィルムを使って撮影したものをB4~半紙くらいのサイズにプリントしたい場合(適で撮ったと想定した場合)、35mmでも荒れはでないでしょうか。
(2)ラチチュードの広いフィルムはどれがおススメですか。とくに、ポートレート向きの柔らかい肌の描写力、クリアな質感を出せるものを知りたいです。自分が知る限りでは、コダックポートラ400NCや、ウルトラカラー100UCなどがよいと思うのですが、どうでしょうか。また、カメラ本体によってもラチチュードが広く、きめ細やかな再現性を発揮できるもの、そうでないものなど、差はあるでしょうか。
(3)中判では、ハッセルブラッドが気になっています。ハッセルはピント合わせが難しいと聞きますが、実際どうなのでしょうか。また、ピント合わせが難しいとはどのようなことなのでしょうか。
(4)中判カメラ、35mmカメラで柔らかな軟調の描写力のカメラはどれでしょうか。ハッセルや、マミヤ67、645、ペンタックス67などがよいのでしょうか。今、デジタルのキャノンを使っているのですが、きりっとしたラインのするどい描写力を感じます。
(5)フィルムカメラはオーバー側に階調が広く(ハイライト部のなだらかな描写力がある)、デジタルはアンダー側の表現力がある(補正したときに、つぶれ部を復元できる、夕焼けなど、薄明かりのところで、ニュアンスを発揮できるなど)と聞きます。これは当たっているのでしょうか。また、ポートレートなど、柔らかな質感を出したい場合は、フィルムの方が向いている気がするのですがどうでしょうか。
(6)ハッセルの中では、さまざまな価格帯のものが多数存在しますが、どのような違いがあるのでしょうか。

さまざまな質問があり、申し訳ないです。答えられるものだけで結構ですので、よろしくお願いします。

フィルム初心者です。いろいろわからないことがあるのですが、わかるポイント、答えたい質問だけでよいので、何卒よろしくお願いいたします。
まず、「ラチチュードがひろい」の定義ですが、白とび、黒つぶれしにくいこと。たとえば、ややオーバー気味に撮っても、アンダー部の色や、ラインが再現されること。またその逆も然り。または、究極的にラチチュードが広い場合で考えると、コントラストの強い写真を撮っても(輝度分布的に両極に来るくらい、差がある場合でも)、両方の色のニュアンスやラインが目で見...続きを読む

Aベストアンサー

>「ラチチュードがひろい」の定義ですが
あっています。結婚式の写真など比較しやすい被写体です。
新婦の白いドレスと新郎の黒いタキシードの表現がしっかりしているか
ドレス、タキシードの白黒がしっかりコントラストが出ていて
それぞれの波打った場所の細かな明るさ色の変化が表現できているかでしょう。(非常に難しい被写体です。)

(1)フィルム中判カメラと、35mmカメラ、どちらで購入するのかを迷っています。
まったくの初心者ならば135mm一眼レフで慣れてから中判でも良いかも
B4~半紙に伸ばした場合 比較した場合 同然中判の方が細やかです。虫眼鏡で見て比較する人もいます。
しかし、2m以上離れてみればそれ程気にならないでしょう
内容が重要だと思います。

(2)ラチチュードの広いフィルムはどれがおススメですか。とくに、ポートレート向きの柔らかい肌の描写力、クリアな質感を出せるものを知りたいです。

多くの写真館は諧調の軟らかいフジのNS160を使用しています。(デジタル化している写真館も多いようです。
http://fujifilm.jp/personal/film/color/professional/index.html
コマーシャル(カタログ撮影など)関連ではデジタル化が急速に進んでいますがフィルムではリバーサルのフジのプロビアが多いようです。
鮮やかさを重視する場合リバーサルをお勧めします。
ただ、プリント時のラティチュードは狭く撮影時の露出がネガよりさらに重要になります。
http://fujifilm.jp/support/pdf/filmandcamera/handbook/filmguide_vol14.pdf
カメラを購入したら色々なフィルムを実際に使って試してください。

(3)中判では、ハッセルブラッドが気になっています
 ツアイスレンズ表現は階調豊かです。135カメラのコンタックスの製造から京セラが撤退してしまったのは残念ですね。
 光が差し込む窓際など光が微妙な実際の写真を見るときっと解ります。
 6x6のフィルムサイズの理由はプリント時の縦横を考慮して撮影するだけでカメラのアングルを変える必要が無いからだそうです。
 購入される時はシンプルな機種にして、露出はセコニックのL398あたりを使ってはいかがですか。

ピントに関しては過去のカメラマンたちがしっかり撮っているのですから問題ないでしょう。(明るいピントグラスをどこかのメーカーが出していた次期もあります。)
シンプルな八ッセルのファインダーは左右逆像です。最初はちょっと戸惑います。

(4)中判カメラ、35mmカメラで柔らかな軟調の描写力のカメラはどれでしょうか。
 中判カメラだと八ッセル以外だとマミヤは多くの写真館で使われています。(八ッセルは国内では少数派です。)
 135mmならば豊かな階調という意味ではライカ、コンタックスでしょう。
 
(5)フィルムカメラはオーバー側に階調が広く・・・
 ネガフィルムの場合はそうです。逆に色がつきますから明るいところがフィルム上に色が付きます。情報があるわけです。暗い部分は色が無くなってきます。情報が少なくなります。
 少しオーバー気味に撮った方が失敗が少ないといえます。

 リバーサルフィルム(ポジフィルム)は見えているのと同じですから
暗いところには色がつき、明るいところは色が少なくなります。
 少しアンダー気味に撮った方が失敗が少ないといえますが、適正露出を外すと色調が悪くなります。
 適正露出の時にネガ以上の最高の画質を得られるのでマニアやプロカメラマンはリバーサルフィルムを使用します。
 デジカメはポジ画像ですからリバーサルフィルム的です。
 
 デジカメの場合撮影時に補正されある意味味付けされた画像になります。
味噌味の料理を塩味にするのは無理です。 
 デジタル一眼はRAWデータでの記録がでます。ほとんど味付けされていない生の画像です。
RAW現像で味噌味でも塩味にでも好みの味付けが出来るようです。
PC、モニター、RAW現像ソフト、プリンター、撮影した画像がしっかりし、バランスが取れていれば理想的な画像が作れます。
 RAW現像されているところを見てズルイような気もしました。
デジタル化で出来ることが増え、仕事が増えたとぼやいているコマーシャル系のプロカメラマンもいます。
(レオナルド・ダ・ビンチはモナリザを何年も掛けて描いているようですね。)

(6)ハッセルの中では、さまざまな価格・・・・
 シンプルな八セルブラッド500CMなどはファインダーは逆像で露出も含めて総て手動です。
 価格とともに 露出計、フィルム巻上げ、デジタルパックなどが付加されてきます。
500CMさすがに製造中止ですがこちらでカタログをダウンロードできます。
http://www.hasselblad.jp/
中古でもこの価格なんですね。
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u20641282

ついでに
http://www.komamura.co.jp/lecture/lecture02.html

フィルム一眼レフの入門書を紹介します。今では古本しかないようですが、作例が多く解りやすい入門書です。是非、ご一読ください。
入門書とは言え意外なことが書いてあったりしますよ。
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4056030359/ref=dp_olp_2/503-6661942-4970354

>「ラチチュードがひろい」の定義ですが
あっています。結婚式の写真など比較しやすい被写体です。
新婦の白いドレスと新郎の黒いタキシードの表現がしっかりしているか
ドレス、タキシードの白黒がしっかりコントラストが出ていて
それぞれの波打った場所の細かな明るさ色の変化が表現できているかでしょう。(非常に難しい被写体です。)

(1)フィルム中判カメラと、35mmカメラ、どちらで購入するのかを迷っています。
まったくの初心者ならば135mm一眼レフで慣れてから中判でも良いかも
B4~...続きを読む

Qフィルムのコンパクトカメラのお薦めを教えてください

初めまして。以前、デジカメ一眼レフの質問をし、とても親切に教えて
いただきました。ご回答くださった皆さま、ありがとうございました。
本日も質問させていただきたく存じます。カメラ初心者なので、
どうぞお手柔らかにお願い致します。

フィルムのコンパクトカメラの購入を検討しています。
お薦めの機種があれば教えていただきたいのですが、現状では何を撮るか、
といった具体的なことは決定していません。
良いものであれば、新品、中古のこだわりもありません。

コンデジ購入の際には、知人からのアドバイスでリコーGRIIを購入しました。
難しいカメラと思いますが、とても気に入り、大切に使っています。
フィルムのコンパクトカメラは、現在回りに使っている人が全くいないので
情報が得られず、インターネットで調べても、よくわかりません・・・。
いろいろ調べて長く使いたいので、通っぽいカメラがいいな、と漠然と考えています。

あいまいな質問で申し訳ございませんが、アドバイスを頂戴できればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、私の使用している(していた)カメラに
絞っておすすめさせていただきますね。

すでに、紹介されているモノばかりですので、
ちょっとした私の意見もふまえて。

○コンタックス T2(修理不可)
 昨年(07年)12月にメンテ終了になっているので、
 壊れたらなおせません。代わりに、2万円前半から手に入ります。
 露出補正が非常にやりやすく、サッと押して良い写真を撮るには
 便利です。38mmのレンズだったかと思いますが、
 使いやすい焦点距離です。他と比較して大きく重め。

○コンタックス T3(修理可能)
 T2に比べて、多機能かつコンパクト。
 35mmレンズです。個人的にはT2の写りの方が好きです。
 好きな人も多いですが、買ったけど合わなかったというヒトも
 私の周りに結構居ます。
 修理終了期間:2015年3月


○リコーGRシリーズ(GR1,GR1s,GR1v)
デジタルのGR使っていたら、これが一番使いやすいと思います。
焦点距離は28mmです。(GR21という21mmのタイプもありますが・・・)
ここで紹介する中では、私は一番好きです。
スナップ向きかと思います。ただし、当然ですがボケにくいです。
GR1は今年4月に修理終了だったはず。
なので、値段もこなれてきています。
またGR1vは2013年4月だったと思います。

○ミノルタTC-1(修理可能)
28mmで多機能、でも非常に小さいです。
私も持っていますが、男性の手には少し撮り辛いくらい小さいです。
その点以外は良いカメラだと思います。

○コニカ ヘキサー(修理可能)
35mmでF2.0なので、ボケのキレイな写りの良いカメラです。
コンパクトカメラの中でもかなり大きいです。
しかし、この大きさのおかげでホールディングは一番良いです。
皆さんが良く指摘するシャッター速度が1/250しかない点は
不便な時もあります。あと、ストロボが外付け(これが優秀です)ですね。

○クラッセ(初代は除く)
現行富士フイルムのコンパクトです。
28mm、35mmどちらも使ったことがありますが、
写りは上記のどのカメラにも劣りません。
露出補正も独特位置にあり、使いやすいです。
一番の気になる点はシャッタータイムラグは大きい事です。
スナップにはワンテンポ遅れます。
あと、持つ喜びはあまり高くないかもしれないです。

高級コンパクトしか載せていませんが、
中古で良ければ、どれもそれほど高くありません。
修理の可・不可についても、そう簡単に壊れませんし、
しっかり使って壊れたら、また買い直せばよいので、
心配は要らないかと思います。中古市場には沢山ありますから。

こんにちは、私の使用している(していた)カメラに
絞っておすすめさせていただきますね。

すでに、紹介されているモノばかりですので、
ちょっとした私の意見もふまえて。

○コンタックス T2(修理不可)
 昨年(07年)12月にメンテ終了になっているので、
 壊れたらなおせません。代わりに、2万円前半から手に入ります。
 露出補正が非常にやりやすく、サッと押して良い写真を撮るには
 便利です。38mmのレンズだったかと思いますが、
 使いやすい焦点距離です。他と比較して大きく重め。

...続きを読む

Qリスフィルムはモノクロフィルムとは違うの?

リスフィルムというのがありますがモノクロフィルムとはどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

リスフィルムは昔よく使いました。

モノクロフィルムはご存知のように、白黒フィルムのことで、白から
黒までの中間の階調の色々な濃度のグレイが連続しています。

しかしリスフィルムは白黒ですが、中間の階調がなく白と黒にはっきりわかれる程コントラスが強い写真製版用の複写のためのフィルムのことです。

従ってその用途は、画像には不適でグラフィック・デザインのレター
の複写などに使われます。

なお、普通の白黒のフィルムは現像する時は、真っ暗な暗室か現像タンクで行います。しかしリスフィルムは通常シート・フィルムでその現像は暗室の安全灯の下で、印画紙を焼きつけするのと同じ方法で目で見ながら出来ます。

Qフィルムの解像度を画素数にすると?

フィルムたとえばVelvia100の35mm版の粒子径から
換算される等価画素数は幾らになるのでしょうか?
伸ばすと結構ザラザラになるので1000万画素ぐらい
かなと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお教えください

Aベストアンサー

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Image Sensor の方が高精細、高感度、広 Latitude になってきていますね。

単純に粒子径から計算すれば 6μm 径で 36mm×24mm ならば 6000×4000=2400 万画素、8μm 径で 1350 万画素ですが、あくまでも机上の理想論ですので 1000 万画素ぐらいというのが現実的な感覚値ではないかと思います。

Digi'Came' でも LPF (Low Pass Filter) のせいで 1000 万画素以上を謳っていても 600 万画素以下の高額一眼レフ機の方が遙かに解像度が高かったりしますし・・・。

素敵な Camera Life を(^_^)/

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Ima...続きを読む


人気Q&Aランキング