出産前後の痔にはご注意!

例えば、

  (ガス漏出等及び同致死傷)第118条 ガス、電気又
  は蒸気を漏出させ、流出させ、又は遮断し、よって
  人の生命、身体又は財産に危険を生じさせた者は、
  3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

のように、同じ犯罪で3年以下の懲役または10万円以
下の罰金となりますが、懲役と罰金に差がありすぎないと
おもいませんか?例えば1年の懲役を「年収」に換算す
ると、この例の場合懲役は3000万、罰金は10万
となります。どうしてこんなに差があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

同じ犯罪でも、



財産に危険:燃やしてしまった
と、
生命に危険:大やけどをさせてしまった
と、
生命に危険:30人亡くなった

では、重さが違うではありませんか。

そういうことを全てカバーする条項としてこのような表現になっているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。

私は、罰金10万=懲役3年がおかしいと思って
います。

そうではなくて、罪の軽さごとに
罰金1万→2万→…10万→懲役1月→懲役3年
というランク付けをするということでしょうか。
それにしたとしても、懲役の最小期間はわかりませんが、仮に1月としたら年収1000万で考えると罰金50
万円に相当しますよね。
この50万と罰金の最大の10万ですらとても差がありますね。

お礼日時:2003/11/19 17:25

こんばんは。



犯罪は、人間が犯すものです。状況もさまざまです。
ですからある程度の幅が必要なのです。
犯罪者がどうしてその犯罪に走ってしまったのか?
主犯なのか、それとも従犯なのか?
情状酌量の余地はないのか?
いろいろなことを考えて刑罰は決められます。

ですからこれでいいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
#1のお礼に書いたような解釈と考えていいのでしょうかね?

お礼日時:2003/11/19 17:26

今とは金銭感覚の違う時代に作られた条文が生き残っている場合、


こういうことが起こりますね。
当然、格差が大きすぎる場合は罰金刑の適応が
なされるケースが減ります。

まぁ、年収1000万で計算するのは無理があると思いますが…
平均で見たら300~600万くらいが現実的では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>金銭感覚の違う時代に…

たとえば未成年飲酒禁止法では、条文が大正時代に作ら
れましたが「未成年者への酒類販売者」に

  第1条第3項ノ規定ニ違反シタル者ハ50万円以下
  ノ罰金ニ処ス

と、罰金の部分が現在の金銭感覚に相当する価格になって
います。現在の金銭感覚に相当する価格になっている法
律となっていない法律(質問のは後者)があるのでしょ
うか。

お礼日時:2003/11/19 17:34

素人の想像ですが・・・。



・細心の注意を払っていたにもかかわらず、予期せぬ出来事があり、
 不幸にも事故が起きてしまったような場合
・危険な状況であることを知っていたにも関わらず、それを放置し、
 当然の結果として事故が起きた場合

これぐらいの差があったとしたら罰則に違いがあってもおかしくないと思います。

他の犯罪についても幅があったと思いますが、どの程度悪質であったかが判断基準になっていると思います。

>1年の懲役を「年収」に換算すると、この例の場合懲役は3000万

 この意味がわからないのですが・・・どういう計算でしょう?

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
#1のお礼に書いたような解釈と考えていいのでしょうかね?

>1年の懲役を「年収」に換算すると

という意味は、懲役による苦痛をお金に換算するひとつ
の目安を懲役期間と同じ期間働くことによる収入とした
ということです。
年収1000万の額は、定年近くの人の年収も考えてい
るので、就職→退職の賃金を平均してこれくらいかなと
思っています。

お礼日時:2003/11/19 17:46

そう。

日本の法律では罰金は一律だし、昔の金額だしおかしいですよね。
国によっては所得に応じて変化する国もあります。これだと年収100万円の人は10万円で、年収1000万円の人は100万円以上請求されるということになります。

私はその方が合理的だと思うのですけどね。

ただこれだと所得によって罪の重さも違うという見方も出来ますが、、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
>昔の金額だしおかしいですよね。
#3のお礼に書きましたように、今の値段になっている
法律もありますよね。。。

お礼日時:2003/11/19 17:54

未成年者飲酒禁止法は、法人に適用があり、


法人には、罰金・科料しか選択できないことによる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これは「回答」ではなく、#3のお礼に書いたことの
指摘ですよね?

専門家さんなら教えてください。
私の言いたいのは、下図のように、ある犯罪の種類に対し
て罰金の範囲と懲役の範囲が同じであると仮定すると、
ある罪の重さ(下図の『+』)の犯罪人が懲役を受けた
場合と罰金を受けた場合、罰金のほうがはるかに「罰」
が少ないということを疑問に思っていることです。
たとえば質問に書いた事例だと、+の人は罰金5万また
は懲役1年6月がかせられるが、罰金5万のほうがはる
かにいいですよね?

罪の重さ
↑_罰金の最大     ..._懲役の最長
|↑             ↑
||             |
|+             +
||             |
|↓罰金の最小(1万?)..↓懲役の最短
  ̄               ̄

お礼日時:2003/11/19 18:21

#2です。



質問者は同じ条文でも犯罪の内容によって刑罰が違うということを理解しないと、納得できないでしょうね。
それは質問者自身の問題です。いくらいい回答をしても、理解ができなければ何もなりません。

刑が懲役でなく罰金になるのは、犯罪の内容が軽いと裁判官に判断されたからです。判断するのは裁判官です。

これだけ言って理解できないのであれば、
もう何を言っても無駄でしょう。
    • good
    • 0

えーと、やや誤解があるようです。


質問者さんは「3年以下の懲役又は10万円以下の罰金」
のところで、
「3年の懲役にしようかな。10万円の罰金にしようかな」と、
どちらにしてもいいのだと解釈されているようですが、
これはそういう性質のものではありません。
刑法では、
「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留、科料」
の順で「重い罰」としています。(刑法第十条)
これによると、1000万円の罰金より、一ヶ月の禁固の方が重いことになります。
それもなんか変ですが、そういうことになっています。
http://www.ron.gr.jp/law/law/keihou.htm

だから「3年の懲役」と「10万円の罰金」が釣り合うわけではなく、
「(最低の)1万円の罰金→10万円の罰金→(最低の)1ヶ月の懲役→3年の懲役」
の順で重くなります。
裁判官はこの範囲の中で、個別の状況に対してちょうどいい判決を出すことになります。
そういう意味です。

なお、法律の中の罰金額は低すぎることがありますが、
適時、補助的な法律を作って、訂正しています。
http://www.ron.gr.jp/law/law/bakkin_r.htm

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/keihou.htm,http://www.ron.gr.jp/law/law/bakkin_r.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございました。
はっきりと判りました。

お礼日時:2003/11/19 20:31

7 へ


確かに、そうですね。
独禁事件の罰金が、異常に高額なのは、
ほとんどが、会社を対象とするので、
懲役・禁錮を選択できないためなんです。

最低は、水難救護法の二十円以下の罰金です。
 鉄道営業法にも、三十円以下の罰金があります。
1年以下の懲役・千円以下の罰金という法律や
5年以下の懲役・5万円以下の罰金ー米軍刑特法です。

十円以下の科料というものもあるし、鉄道営業法

500円以下の過料というのも有ります。ー刑罰ではない。
 死産の届出に関する規程ー厚生省令。みなし法律。

あと、信託業法施行細則・無尽業法施行細則 の罰則が
執行役を加える改正がされましたが、
法律に委任なく、昭和22年末で、失効しています。
なんで、改正したのでしょうか。
将来、法律に委任規定を追加すると復活することが
ありうるとでも考えているのでしょうか。
金融庁は、ナンで。

あと、水難救護法は、内水面に適用があるようです。
 海面は、海上保安庁に移管されている。
漂流物も、沈没品とみなされてい海面も含み
適用があるようです。
埋蔵物と判断されるものは、除く。
伊豆諸島にて、小判が発見されたとき、埋蔵物扱いと
されました。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懲役又は罰金の罪はは罰金払えば懲役にはならない?

 労働法などの罰則で懲役又は罰金という罪が多いですが、これは罰金を払えばどんな悪質な罪でも懲役にはならないと言うことなのでしょうか?もし分かる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

 刑罰を決めることができるのは裁判官しかいません。刑罰には死刑、懲役、禁固、拘留、罰金、そして付加刑として、没収があります。
 刑罰が「懲役又は罰金」と定められている犯罪については、裁判官がどちらを選ぶか決めるのですが、初犯であったり、裁判官が「あまり厳しく罰する必要はない」と判断すれば、罰金を選ぶケースが多いでしょう。(スピード違反や信号無視でも懲役刑が定められています)
 なお、罰金刑を受けて、その罰金を完納したとしても、前科になります。
 罰金刑を受けて、お金が払えない場合は労役場に留置して、中で働くのですが、その場合、1日5000円と換算されます。

Q懲役と罰金、同時に科せられるのですか?

犯罪を犯した場合、懲役または罰金。という処理ですか?それとも、懲役+罰金ということもあるのでしょうか?例1、懲役1年と罰金10万円を支払え。例2,懲役1年但し執行猶予3年、と同時に罰金10万円を支払え。例3,罰金10万円を支払え。等。どのたか教えてください。

Aベストアンサー

懲役と罰金の併科は,これを法律で認める犯罪であることが前提です。
例えば,傷害罪は,「懲役15年以下または50万円以下の罰金」なので,どちらか一つにする必要があり,併科はどうしたってできません。
一方,盗品等有償譲受けなどは,「懲役10年以下及び50万円以下の罰金」なので,必ず併科しなければなりません。
さらに,会社法上の特別背任は,「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処し,またはこれを併科する」ですので,どちらか一方も可能ですし,両方併科することも可能です。
どのような犯罪を犯したかによるわけです。

Q懲役2年6月、執行猶予5年ってどうゆうこと?

懲役2年6月、執行猶予5年って判決の意味がわかりません。
これって、実際に2年6ケ月牢屋にはいらなければいけないのですか?
執行猶予5年の意味もわかりません。

Aベストアンサー

懲役(2年6月)=(最長で2年6ヶ月の間)刑務所に入って所定の労働をしろ、ということ。
執行猶予(5年)=刑罰を直ちには執行しないで、執行猶予期間中(の5年の間に)罪を犯さなければ執行猶予期間が満了(となる5年が経過)した時点から刑そのものを帳消しにして無かったことにする、ということ。

執行猶予期間中に新たに罪を犯したりすると執行猶予が取消になることがあります。執行猶予が取消になると刑罰を執行することになるので刑務所行きになります。しかし、執行猶予期間中に新たに罪を犯したとしても、条件は厳しいですが執行猶予が取消にならないこともあります。

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。


人気Q&Aランキング