福岡在住のものです、行政書士の資格取得に向け通信教育(U-CANで)勉強中です。
通信だけでは心細いので、通学をしようかと考えています。
そこで行政書士の資格に強い学校を教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


僕も試験を受けて行政書士になった者ですけど、世間に沢山ある学校には行きませんでした。
何故なら、学校に行ったことにより安心してしまい緊張感が無くなると思ったからです。意外と学校のテキストだけで安心するもんなんですよね。
でも、他の皆はもっと真剣に取り組んでいるものです。
もう既に通信教育を受講されているのでしたら試験まであと数ヶ月しかないのですから、あれこれ浮気せずに1つの事を徹底的に勉強された方が合格すると思います。
どおしても不安な時には、そういった学校が良くやる模擬試験とかだけ受ければ安心すると思います。
行政書士の試験は他の資格試験に比べるとやさしいので今お持ちのテキストを完全にマスターすれば、きっと合格出来ますよ。
それでは、頑張って下さいネ。
    • good
    • 0

一応行政書士の資格をもっている者です。

ちなみに私は早稲田行政書士セミナーの本で独学でした。
自宅で勉強していると心細いですよね。

通学ご希望ですね。
ビデオ講義だったらたくさんあるのですが、生講義は、ここしか見つかりませんでした。
大原簿記法律専門学校です。福岡校と小倉校があります。
詳しくは下記アドレスまで。

参考URL:http://www.o-hara.ac.jp/fukuoka/4f/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2001/05/07 12:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士独学についてお聞きします 行政書士を受けたいと思います ケータイ行政書士ミニマム六法 ケータ

行政書士独学についてお聞きします

行政書士を受けたいと思います
ケータイ行政書士ミニマム六法
ケータイ行政書士
1分マスター行政書士2冊を
買いました。

どのように勉強したらいいですか

Aベストアンサー

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニマム六法は、条文の語句の色分けをしてあるとのことですね。法律の条文は、一言一句、作る人のこだわりが込められているものです。法律の条文と最高裁の判決理由に無駄な語句はないと思います。最初の段階から、この条文はここだけ覚えればいいという習慣をつけるのは、おすすめできません。今までに試験に出てない重要なタームは完全に穴になってしまうのではないでしょうか。行政書士試験に条文の穴埋めのような問題が出るとすれば、こちらの本も直前期に見直すためにだけ使う方がいいと思います。普段の勉強は、面倒でも、普通の六法や判例六法を使った方がいいのではないかと思います。

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニ...続きを読む

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q行政書士資格試験、独学と通信どちらがいいでしょうか

現在44歳の女性。仕事を持っています。今後のことを考えて行政書士の資格を取ろうと思っています。通信教育も色々ありますがかなり経費がかかるようです。
もちろん資格取得のためにはある程度の投資も必要とは思いますが、問題集などを買って独学で・・・というのは難しいのでしょうか?もし、通信が良いというようでしたらどこの会社のものがいいか、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。再度失礼します。
はい、“U-CAN”です。
受講料は、今確認しましたら47,000円程です。
模試は別途5千円位かかった記憶が…
(あんまり役立たないので予備校主宰の方がベター)
近年難化しつつある行政書士試験対策にはやはり予備校が一番(通信にしても)とは思います。
定評があるのは以前書いたように早稲田セミナーなようです。
でも予備校は通信の方が通学より若干高い!
ちなみに30歳以上は10%割引らしいです(通信)。
参考URLは志を同じくする人が集う所です。
こちらでも情報収集可能と思います。

参考URL:http://www.niji.or.jp/home/daikyo/gsyoshi/

Q行政事務公務員の行政書士資格について

行政書士資格について、行政書士法2条6号で、「国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間・・・が通算して20年以上(・・・高等学校を卒業した者その他・・・17年以上)」とあります。
私は、大学を卒業し、市役所の一般事務職として平成3年4月に採用され、現在勤続15年目です。私は、高校を卒業しているので、あと丸2年以上勤務し、通算で17年以上勤務(平成20年3月末で満了)すれば、行政書士資格が得られるのでしょうか?
また、私は、一般事務職として教育、建設、福祉部門の一般事務をしてきましたが、「行政事務」は、特定の業務に携わっていなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

行政事務であればその内容は問いません。gon11111さんの場合は高校を卒業しているので17年以上になった時点で行政書士となる資格を有することになります。

仕事を辞めて行政書士会に登録すれば行政書士になれます。

Q行政書士資格と税理士資格についての質問です。

税理士の資格を取得すれば、
行政書士として開業することもできるようです。
しかし、税理士の資格試験の内容には、行政書士の試験内容と重複する
科目は見当たりませんでした。
これは何故なのでしょうか。
行政書士に必要な知識は後々得ればよいという判断でしょうか。
何か、税理士資格の方が特をするように感じます。

Aベストアンサー

試験は業務に必要な基礎とその応用です。試験ではすべての業務について試験をするわけではありません。

税理士は職務上、相続業務で戸籍などの証明を代理で入手します。法人の業務では会計業務(税理士の独占業務外)なども取り扱います。都道府県や市町村における地方税の申告や相談なども業務となります。
いろいろな部分で税理士は行政書士業務の一部がもともと出来ます。そのため資格も与えられているという経緯もあると思います。

ただ税理士の知識や経験が豊富でも、重複する業務や関連業務以外については独学などで経験を積まない限り、難しいでしょう。
私自身、税理士兼社会保険労務士事務所で補助者(無資格)勤務の後、IT会社を起業しましたが、重複業務以外はすべて独学などで対応しています。

また、行政書士試験の仕方(択一など)や税理士試験との難易度の違いもあると思います。損得ではないですし、行政書士を目指す時点でわかっているべき事で、行政書士を選んだ時点で職業選択の自由です。行政書士は損だと思う時点で税理士や会計士、弁理士、弁護士を目指すべきだと思います。これらの資格者は、無試験での登録や登録外での行政書士業務の活動が許されています。

試験は業務に必要な基礎とその応用です。試験ではすべての業務について試験をするわけではありません。

税理士は職務上、相続業務で戸籍などの証明を代理で入手します。法人の業務では会計業務(税理士の独占業務外)なども取り扱います。都道府県や市町村における地方税の申告や相談なども業務となります。
いろいろな部分で税理士は行政書士業務の一部がもともと出来ます。そのため資格も与えられているという経緯もあると思います。

ただ税理士の知識や経験が豊富でも、重複する業務や関連業務以外につ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報