直径5mmの棒と直径5mmの棒を、とにかく超強力にくっつけたいです。
棒は同じ材質(金属なのは確かなのですが、おそらく鉄かステンレスです)で、
接着面は、大体、タイラですが、多少ガタガタです。
棒は片方が固定されていて自由に動かせず、もう片方は
フリーの状態なので自由に動かせます。

金属と金属をくっつけるのに有名な2液型の接着剤を
使ったのですが、力を加えると外れました。
おそらく、接着する面積が狭いからだと思います。

そこで、ハンダ付けをしてみようと思います。
ハンダ付けにも色々とあって分からないのですが、私の状況に
おいて、最も強力に接着できる方法は、どのような方法でしょうか?
例えば、このようなコテを用いて、このような下処理を行って、
このような種類のはんだを用いて、このように行うなど。

それと、ご存知でしたら、合わせて教えていただきたいのですが、
上記の方法で、ハンダ付けを行ったら、棒を何kgの力で押しても
大丈夫ですか?
また、ねじる力(トルク)は、何N・m(もしくは何kgf・cm)まで
耐えられそうですか?

プリント基盤のハンダ付けは、かなり昔にしたことがあります。

溶接の一種ですが、ろう付けは、動画を見るとガスバーナーで、
あぶる必要があるみたいですが、固定された棒の周りに高温に
耐えられない物があるので、無理そうです。
通常の溶接は、ろう付けと同様な理由に加え、設備もないですし、
技術的にも無理があります。

ご回答、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.4の方の回答を見て思ったのですが、くっつけたい棒の両側にダイスでねじを切って、高ナットに両方からねじ込むのはいかがでしょうか。

ダブル(トリプル?)ナットにするとか、ねじロック剤を使うとかすれば、ゆるみも防げるように思います。

ただ、直径5mmでどれ位のねじが切れて、どのサイズの高ナットがあうのかまでは確認できていません。
あしからず。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ダイスでねじを切るのなら、容易にできそうですし、
その方法が一番、強度が出そうですね。
他の方法と併用すると更に強度が増しそうです。

お礼日時:2011/11/07 01:19

摩擦圧接とか抵抗溶接とか爆発圧着とかはそんなに高熱にならないとは思いますが、無理ですよね。


固定された棒がどのようについているのか、教えていただけないのでわかりかねますが、
固定された棒をなんらかの方法で抜いてしまい、とっかえるのが早そうです。
私ならそうすると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

摩擦圧接とか抵抗溶接とか爆発圧着とか調べてみましたが、
色々と無理そうです。

固定された棒を抜ければ、溶接してくれるところに持参する方法もありますし、
もっと言えば長い棒を買えば良いのですが、固定された棒を抜くことが
できそうもありません。
仮に抜けても、以前の強度を保ったまま、固定することができません。

お礼日時:2011/11/07 01:38

どのような状況なのかわからないですが数点紹介します。



1.半田付け
材質がステンレスだと普通はそのままでは付きません。
専用のフラックスが必要です。
塩化亜鉛というのがそのものですが腐食性があるので
半田付け後の洗浄が必要です。
製品化されています。
http://www.hakko.com/japan/products/hakko_sussol …

本当なら半田も使用できるものは限定されてますが
まあ、一般用でよいでしょう。
内蔵フラックスの温度特性が違います(耐高温性)
http://www.almit.co.jp/product/pdf/sr34super.pdf
http://www.ishikawa-metal.com/product/pb-free3.h …

2.ビス止め(またはリベット)
穴あけができるなら2箇所程度をタップを切ってビスで止める。

3.接着
すでに行っていますが前加工が必要です。
歩材を重ね合わせるか、できなければ同じような材質で平行に
這わせて、針金(0.5Φ程度)をバネの形状で巻き付けます。
このとき、0.3~0.5mm程度の隙間をわざとあけます。
次に2液エポキシ系接着剤、できたら12時間程度の硬化時間の
もので先の隙間に流し込みながら盛っていきます。
場合により、垂れますので2~3回、円周ではなく上下左右に分けて
行った方がいいでしょう。
1~2項の方法でも接着すると強度が増します。
http://www.huntsman.com/advanced_materials/index …

接着に関する強度はメーカーの評価用の板で行っており
引張り強度はしていたと思いますがねじれはなかったと思います。
私は補修するもので使い分け、前述の方法で対処しています。

写真か図、もう少し分かりやすい説明資料があれば適切な
アドバイスができると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

各方法に対して、ポイントを教えていただき感謝しています。

お礼日時:2011/11/07 01:27

どれほどの強度が必要なのかわからないのですが、接着剤よりもハンダ付けは(よく馴染めば)強いです。

でも突合せでは強度は出ません。
私ならお互い1センチ以上半田で濡らしておき、真鍮かりん青銅の薄い板(0.3mmくらいで)をしっかり1重巻き(あらかじめ筒状に整形しておきます)、熱してすきま全体をハンダ接着します。かなり強度は出ると思います。
ステンレスも半田はつきます。専用のフラックスを売っています。
大きめ(100Wほど)の電気こてで長く(5~7分)熱せば可能でしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ハンダでも、強度を出せるのですね。
ただ、ハンダか、接着面積を大きくとって接着するかどちらが、
強度が出るかは実験してみないと分からないですよね。

お礼日時:2011/11/07 01:08

ハンダは軟らかいです、超強力に接着しません。


又鉄にはつきません。

ろう付けも、ハンダよりは強いですが、強固にはつきません。

内径が、5ミリのものに両方の棒を差し込んで、
2液性の接着剤で固定する方法もありますが、
差し込む長さが短いと、隙間が多いと 、簡単に外れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ろう付けでも強固に付かないとなると、ハンダだと厳しそうですね。

お礼日時:2011/11/07 01:00

接着の効果のほどは良く分かりませんが、1番の方の回答を見て思いつきました。



例えば、片方が埋め込み状態である時、その方に穴をあけもう片方の棒の断面を尖らせてやってみる。
(これが最終方式かな?)

トルクの件は、棒がねじ切れる力の4分の1も出れば最高クラスと見ました。

もちろん、外側に筒状のものが巻きつけられる状態であればそれに越したことはありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

No.1さんの方と同様に接着面積を広くすればするほど
強度が上がるんですね。

お礼日時:2011/11/07 00:57

>直径5mmの棒と直径5mmの棒を、とにかく超強力にくっつけたいです。


>棒は同じ材質(金属なのは確かなのですが、おそらく鉄かステンレスです)で、

鉄、ステンレスにハンダはくっ付きません。
ハンダが使えるのは、銅、銅合金、すずなどです。

どのように接着されようとされているのかわからないのですが、
多分5mmの棒の面と面を接着させようと試みておられるみたいですがそうですか?
鉄の接着は溶接しかありません。
溶接も電気溶接の出力を落として使えますが5mmの面では強度はありません。
現在の状況では溶接は無理だと推測します。

ちょっとしたアイデアを添付画像しました。
青の部分は「有名な2液型の接着剤」散布部分です。
(接着剤を塗る部分はアルコールなどで油分、汚れを拭き取ってください。)
(1)上図は質問者さんが接着を試みたやり方と推測します
(2)中図は棒をやすりで半分、半分削り取ります。
(3)下図はアルミのチューブを被せ、接着剤を塗って棒A、Bをくっ付けた状態です。
(4ヶ所を赤く塗っていますが、アルミのチューブを圧着した箇所です。)

>また、ねじる力(トルク)は、何N・m(もしくは何kgf・cm)まで
耐えられそうですか?

直径5mmの棒の長さ、使用用途など書かれてありませんので、わかりません。
質問者さん自身がこれ位の強度があれば大丈夫と判断されれば良いと思います。
「ハンダ付け」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
図まで付けていただき、本当にありがとうございます。

>多分5mmの棒の面と面を接着させようと試みておられるみたいですがそうですか?
>(1)上図は質問者さんが接着を試みたやり方と推測します
その通りです。

その形状に加工できるか不安ですが、確かにその接着法なら、
私が行った(1)よりも、断然強度が上がりそうです。

お礼日時:2011/11/07 00:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはんだによる金属接合について

はんだによる金属接合について
ステンレス用のはんだを買ってきたのですが、ステンレスのナットを試しに2枚くっつけてみようとするとうまくはんだがのらずにくっつきませんでした。
使っているコテは普通の電子工作用ですが、はんだはしっかりと溶けていましたので、温度は低く無いと思います。ヤスリで傷をたくさんつけてみたりもしたのですが、ダメでした。
どうすればいいでしょうか?
解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回このご質問をした方ですか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5927216.html

IDだけで判別してるので違っていたらすみません。もし同じ方でしたら前回半田付け
よる結合方法を挙げたのは私ですので責任上回答します。

・表面処理を十分にします。
脱脂(アルコールや洗剤による洗浄)をします。
紙ヤスリ等で接合面と周辺を磨きます。
強度が要るなら双方の部品にヤスリで溝を入れます。
フラックス(No.1の方のおっしゃっているもの、酸性の液体で半田を買われたところ
にあったと思います。)

・母材は十分加熱します。
コテは電気工作用とのことですが、Wはどの位でしょうか。用品の説明書などでは
100W以上が推奨されています。
(私はこの用途にはガス式の半田コテを使っています。)
半田が溶けたからといって十分ではありません。母材に半田が触れても溶ける位
に熱して下さい。この場合、冷えて固まるまで少々時間がかかるので動かさずに
待ちます。

・常温まで冷えたら水洗いします。
酸性のフラックスを洗い流す必要があります。

普通の配線作業でも半田付けは練習や知識が要ることはご存知だと思います。
上記方法で何度か試作品を作って試してみて下さい。コツがつかめると思います。

前回このご質問をした方ですか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5927216.html

IDだけで判別してるので違っていたらすみません。もし同じ方でしたら前回半田付け
よる結合方法を挙げたのは私ですので責任上回答します。

・表面処理を十分にします。
脱脂(アルコールや洗剤による洗浄)をします。
紙ヤスリ等で接合面と周辺を磨きます。
強度が要るなら双方の部品にヤスリで溝を入れます。
フラックス(No.1の方のおっしゃっているもの、酸性の液体で半田を買われたところ
にあったと思います。)

・母材は十...続きを読む

Qロウ付けの強度は溶接に比べてどれくらいでしょうか?

ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

Aベストアンサー

アーク溶接には劣ります。
どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。

Q金属と金属を接着したいのですが。

ジッポーライターにお気に入りのメダルを貼り付けて、オリジナルのライターにしたいのですが、強力ではがれない良い接着剤があったら教えて頂きたいのです。メダルも金属ですが金属の種類は分かりませんが重いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

堅い金属同士の接着は、硬化する接着剤ではねじれなどが有るとヒビが入ってはがれやすくなります。
逆転の発想で、柔軟性有る接着剤。たとえばゴム形のボンド等かいかがでしょう。

しかし、接着剤ではいずれ劣化してはがれる可能性が大きいです。
金属同士でしたら、ハンダ付けはいかがでしょう。
ホームセンターに、ハンダ鏝とハンダ蝋が安く売っていますので、試してみて下さい。
両方の(ライターとメダルの)塗装や酸化被膜を綺麗にはがしておきます。(くっつけて見えなくなる部分をサンドペーパーで削っておく)
ライターとメダル両方の表面に、別々にハンダ鏝を押しつけながらハンダ蝋を溶かして薄くくっつけておきます。
その後、両方を貼り合わせた上で、メダルの上からハンダ鏝を押しつけてハンダ蝋が溶けるのを待ちます。
蝋が溶けて全体に拡がれば、過熱をやめてしばらく放置します。
メダルの大きさや厚さによっては、ある程度熱量有る大きめのハンダ鏝が必要になります。
なお、ステンレスはハンダ付けには適して居ません。

Q銀ロウの溶接教えてください

一般用銀ロウ(750℃溶融)とフラックスを購入して一般にガスコンロに使用するボンベとトーチで鉄材を赤くなるまで熱して銀ロウをフラックスに付けて溶かしたのですが銀ロウは溶けましたが溶接になりません。こんな単純では溶接は出来ないものでしょうか?
銀ロウは1mm位の径です。フラックスはこのロウ棒専用で購入しました。
まったくの素人です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の補足ですが、部材に塗ったフラックスが、熱で溶けてその部分に銀ロウが熔けていき広がる感じです。

わかりやすいサイトがありましたので、貼っときます。

参考URL:http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork/welding/solder/index_j.html

Q【半田が付かない?】 半田が結合しない(し難い)金属(非鉄金属)はありますか?

半田って、アルミには付きませんよね_?
その他にも、組み合わせによっては、マッチしない材料(材質)ってありますか?

また、こういう(半田が付かない)場合、材料同士を結合させる方法は何かありますでしょうか?

Aベストアンサー

無理にくっつければ、
たいていの金属は、半田付けや蝋付できたように見えます。

銅、真鍮、鉄、錫、位までが、
半田付け可能と表現できるものではないでしょうか。

メッキをすると、本来困難な金属も、
「綺麗に半田が流れたように見える」
状態にはなります。

アルミと、ステンレスについては、
それぞれ、含有する、鉛分(アルミ)と鉄や銅など(ステン)の量により、
それ専用の半田などを使うと、
強引に半田を流すことが出来ます。
フラックスや塩素(塩素系漂白剤でも良し)を併用すると、
かなりかっちり付きます。
でも、最初に示したものほど、しっかり付きませんし、
そもそも、不純物の多い、言わば「まがい物」の
アルミやステンは、
それそのものの、「本来の目的や性能」に外れることが多いです。
例えば、鉛がたくさんはいったアルミは重いですし、
溶接や蝋付は容易なステンレスは、良く錆びます。

今の世の中ですと、溶接などが不可能な場合は、
接着が基本でしょう。
「リベット」や「鉄板ビス(ドリルビス)」の併用も良策です。

無理にくっつければ、
たいていの金属は、半田付けや蝋付できたように見えます。

銅、真鍮、鉄、錫、位までが、
半田付け可能と表現できるものではないでしょうか。

メッキをすると、本来困難な金属も、
「綺麗に半田が流れたように見える」
状態にはなります。

アルミと、ステンレスについては、
それぞれ、含有する、鉛分(アルミ)と鉄や銅など(ステン)の量により、
それ専用の半田などを使うと、
強引に半田を流すことが出来ます。
フラックスや塩素(塩素系漂白剤でも良し)を併用すると...続きを読む

Q銀ロウがうまくつきません

1mm厚のステンレス(SUS303)に5mm厚の真鍮(20mm×20mm)を銀ロウでくっつけたいです。
ふちの部分を一周するようにロウ付けしたいのですがうまくロウが流れません。
フラックスをつけてロウを乗せ加熱するのですけどなかなか溶ける気配もなく直にロウを加熱するとすぐに溶けて丸くなります。
バーナーはガス補充式のプリンスDB2001というバーナー(トーチ?)を使用しています。(最大1300℃)
単純に火力不足なのでしょうか?
なにかコツなどありましたら御願いします。

Aベストアンサー

 ステンレスは、表面に酸化クロムの不働態が形成されているために錆びないことはご存知だと思います。アルミニウムの表面の酸化アルミニウムも不働態です。
 ロウ付けとは、融点の低い金属を溶かして金属に接することで、金属が融解した金属側に拡散して界面に合金層を作らせることで接合する方法ですね。

 ロウ付けのためには
・対象となる金属の表面がロウ材の融点以上になること
・表面が酸化物などで覆われていないこと
 が必須になります。

 そのためにステンレス鋼の表面を研削などで加工して、直ちにロウ付けをしなければなりません。また専用のフラックスやステンレス鋼用のロウ材を使うと良いですが、加熱時間が長すぎると強固な不働態皮膜ができてしまうので注意が必要です。フラックスは酸化皮膜ができるのを防止します。
 2001は私も部材が小さいときは使います。大事なことはバーナーの炎を直接ロウ材に当てないこと、ロウ材を溶かすのではなく、金属に接するとその熱で溶けるように加熱すること。必要なら炎を遠ざけてロウ材を当てます。--でないとイモになる。

Q-08-01-12 ステンレス鋼をろう付するときにどのような点に注意すればよいでしょうか。 ( http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0080010120 )

 ステンレスは、表面に酸化クロムの不働態が形成されているために錆びないことはご存知だと思います。アルミニウムの表面の酸化アルミニウムも不働態です。
 ロウ付けとは、融点の低い金属を溶かして金属に接することで、金属が融解した金属側に拡散して界面に合金層を作らせることで接合する方法ですね。

 ロウ付けのためには
・対象となる金属の表面がロウ材の融点以上になること
・表面が酸化物などで覆われていないこと
 が必須になります。

 そのためにステンレス鋼の表面を研削などで加工して、直ち...続きを読む

Qステンレスの溶接

ステンレス寸胴にステンレスのフックを取り付けたいのですが
アーク溶接で溶接は出来るでしょうか?
先日、ホームセンターでステンレス用溶接棒が売っていたのですが
100Vのアーク溶接機で溶接は可能でしょうか?
鉄の溶接はちょくちょくしますが、
技術的には日曜大工程度です。

Aベストアンサー

理論的には可能ですが、失礼ながら日曜大工程度の技と100Vの溶接機では無理のような気がします。
練習して挑戦するのも面白いとは思いますが、ダメにする覚悟が必要かと思います。
アークのステンレス溶接は慣れていないと難しいですし(鉄とは要領が違います)、お互いの材料の厚みが最低でも2ミリ程度はないと難しいです。
ステンレスの溶接はほとんどの場合TIG溶接という方法で行います、物や状況に応じてステンレスワイヤーでの半自動溶接もできます、ステンレスのアーク溶接は通常は工場などで行うことは少なく(仕上がりが悪い、難しい)、主に現場用が多いです。
ステンレスは溶接した部分が黒く変色しますので気になるなら磨く必要があります(ヤスリ紙、コンパウンド、電解研磨など)
お近くにステンレス溶接をやっている工場などを見つけて依頼するのが1番確実ですし、ボルト留めで取り付けることを考えるのも手です。
溶接をやっている工場でも、持ち込み単品の仕事をしない、いやがる所も多いので注意が必要です。

Qアルミ・硬ロウを使ってのロウ付け方法の”コツ”

初めての経験で困っています・・・。

アルミニウム同士を溶接(ロウ付け)したいと思い
アルミ硬ロウ、フラックス、ガストーチを用意しました。

説明によるとフラックスを熱すると固形化し、更に熱すると液状化するそうなのですが固形化までで液状化しません。

これは単純にフラックスが液状化する温度に達していないだけなのでしょうか?
それともフラックスの溶き方や塗る料に問題があるのでしょうか?

アルミ・ロウ付けの難易度は最高度の5なので素人がいきなり出来るとは思っていませんでしたが・・・。

経験者の方の御指南を頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
フラックスは、ロウ剤で接着したい部分だけに塗れば良いのですが、接合したい部分を紙やすりで清浄にして、さらりと塗る程度で十分です。・・・抽象的な表現ですが、リップクリームを塗る程度でも可です。

あとは、
○出来るだけ接合部分を狭くする(0.何mm以下)
○アルミ表面を良く磨き、ごみ、油、酸化膜を落としてからフラックスを塗る
○接合面に均等にフラックスを塗る

アルミの表面は、自然に酸化膜が形成されやすいので、特に難しですし、ロウ剤そのものが、狭い温度範囲でしか使用できない・・・特に作業温度570度付近を超えると、急激に酸化しやすくなる・・・平均して加熱しなければならないので、バーナーの炎の距離に気を付けてみてください。

参考になれば幸いです。
下記のURLに失敗談、コツなど写真入で乗っています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1329/report/rouduke.htm

こんばんは。

経験者→商売はしてません・・・M(__)M
アルミのロウ付けはあまりやらないので、自信なしですみません。

>固形化までで液状化しません。
だいたい、アルミのロウ付けは、500度以上の温度が必要です。ロウ付けする物体の質量にもよりますが液状化するまでは、思った以上にかかります。特に、屋外で作業する場合は、アルミの熱が風で逃げるので、温度が不安になり、失敗しやすくなります。

ロウが解けるまでじっくり待ってみてはいかがでしょうか?

>フラックスの溶き方や塗る料
...続きを読む

Q金属と金属をくっつける強力な接着剤は?

金属と金属をくっつける強力な接着剤を教えてもらえませんか?耐熱温度 1500度以上で、金属板とアイプレート
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B3-%EF%BD%BD%EF%BE%83%EF%BE%9D%EF%BE%9A%EF%BD%BD%E8%A3%BD-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-EA638BE-9/dp/B002OGB5XY/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1303616924&sr=8-1
をくっつけてひっぱっても100kg以上の重さに耐えるような接着剤がいいです。

Aベストアンサー

火炎の最大温度とそのバーナーに使われる金属の温度とはまったく違いますよ。
通常のガスバーナーで加熱できる程度の温度での使用なら、普通に溶接すれば問題ないでしょう。火炎の先端温度が1400℃あってもその温度まで加熱できるということではないですからね。まぁ、それでも接着剤では無理ですし、ロウ付けも無理ですね。

URLのようなガスバーナー(ブンゼンバーナー)では炎の最も温度の高い部分はバーナーに触れていませんし、点火する前の燃料と外気によって冷却されているので、バーナー自体はそれほど高温に放っていません。ガス溶接や切断に使うアセチレンと酸素の混合ガスでは温度が3000℃にもなりますが、ガスバーナーの火口自体は特殊な耐熱合金などは使われていません。火炎自体は火口から出て混合されたガスが燃えているのであって、火口に直接触れてはいないからです。3000℃などという温度に耐えられる金属はありませんので、もし直接触れていればあっという間に溶けてしまいます。

Qカセットガストーチによるロウ付けについて

最大火炎温度が1300度のカセットガストーチを使って、
黄銅ロウ(真鍮ロウ)によるロウ付けを行いたいのですが、
何かコツのようなものはありますか?
黄銅ロウ棒が赤熱して曲がるだけで中々溶けてくれません。
ロウ棒はトビノ製のものを所有しています。

Aベストアンサー

#2です

鋼鉄でも小さい物薄い物ならばガストーチで可能です。
ガスバーナーであっても火口が太い物(あるいは複数バーナー使用)であればより太い部材も可能です。
最大温度もさる事ながら熱の絶対量も関係あるわけです。
電気の電流(時間あたり熱量)と電圧(火炎温度)の関係に似ています。
なお銀ロウのほうが低温で可能です。
http://www2.odn.ne.jp/~cbl61670/Ag-braze.htm

工場では酸素アセチレンではなくて大型ガスバーナーでろうづけしている場合もあります。

自転車ぐらいの物ですとガストーチ一本では無理かもしれない…
酸素ガスバーナーでも精密用の細い物では無理です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報