どちらが良かったですか?
短くて結構ですから感想をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

本日、映画館で『一命』を観て来ました。


ちなみに、『切腹』は数年前にDVDで観賞しました。

『切腹』はリアルタイム世代ではないので、
DVDで観た情報しか知らないのですが、
いまどきの若者が観ても充分楽しめるものだと思いますし、
日本映画史に残る傑作時代劇の1本だと思います。

その傑作を、世界的にも評価の高い三池崇史監督が、
現代の実力派俳優を使ってどんな作品に仕上げてくるのか、
とても楽しみに拝見しました。
(もちろん、いくらかの不安もありましたが……)

でも、これはこれでとても楽しめる作品だったと思います。
『切腹』にはなかった別の視点、エピソードがあり、
また逆に通じるものもあり、現代の映画人が作る時代劇として、
年配の方はもちろん若者も楽しめる内容になっていたと思います。

個人的には、2作品を通して観ることで、
この物語の世界観をより深く堪能できたように感じられて面白かったです。

どちらも面白かったのですが、しいて言うなら、『切腹』のほうが一切の無駄がなく、
映画作品としての完成度は高かったように感じました。
余談ですが、タイトルも『一命』より『切腹』のほうが好きです(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、とうとう両方見たかたが現れました。
なかなか今の世の中、映画館まで足を運ぶ人は少ないです。数か月待っていればすぐDVDになって出て来ますし、画面も鮮明になりましたから。映画産業はもうこれからは頭を切り替えていかねばならないのかもしれません。
そうは言うものの映画はやっぱり迫力があります。画面はでかいし、館内は暗いし、コマーシャルが入らないのでその世界に入り込めます。
いや~、映画って本当にいいものですね!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/02 05:39

話にもなにもならない。



津雲半四郎のイキドオリが、一命では
全く不明。やたらと、伊井家の家紋が出てくる。
看板じゃあるまいしそんな武家屋敷はあるものか。
貧乏ならば、家賃の支払いを抑えるため
一緒に住むはず。前作は共同生活をしている。
深い愛情で結ばれた夫婦には、とてもみえない。

演出の彼我の差が、歴然と現れている。
しかし、これが今の時代劇、といわれれば‥

映画は、リメイク=企画の貧困以外なにものでもない、
が、オリジナルを越えることは、ない。

主演の仲代達矢は、海老蔵と比べ、数段と若い「29歳」
あの堂堂たる貫禄。仲代の演技は、すべてを凌駕している。

三池は、きらいではないが、「品格」がない。
「血のり」を見せずに、人間の残酷さを表現できるのが
監督、演出というものだろう。いかが‥
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>主演の仲代達矢は、海老蔵と比べ、数段と若い「29歳」 あの堂堂たる貫禄。仲代の演技は、すべてを凌駕している。

29歳でしたか。確かに素晴らしい堂々たる演技でした。あれでいっぺんに仲代フアンになりましたが、晩年の仲代さんは大俳優を意識して格好をつけるようになり彼らしさが失われてしまったのは惜しまれます。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/03 06:29

「一命」しか観ていない者ですがよろしいでしょうか。



そもそも、「『切腹』を意識しつつ敢えて『異聞浪人記』の映画化だと主張して公開された」と評判の「一命」ですが、公式パンフレットによると、脚本の山岸は学生時代に「切腹」を見ていて、美術の林田は「切腹」の美術を手掛けた戸田を学生時代に手伝っていた人なわけです。

そこを敢えて、「『異聞浪人記』の映画化」だと言っているのですから、私は「一命」を観るに際して「切腹」を観ようとは思いませんでした。いずれ機会があれば、まったく別の作品として観るでしょうけれど。というわけで、観ていない私が言うのもナンですが、そもそも2つの映画を比べるべきではないのだと思います。

で、「一命」はそれはそれで見応えがありました。3Dヴァージョンがあると知って、二の足を踏んでいましたが、満島が出る作品に駄作なしと思って2Dを観たところ、やはりきちんとした映画でした(べつに、満島がよかったわけではありません)。ただし、三池とトーマスの作品ですから、そこはそうと思って観る必要があります。

そして、今、この時代に観てこそ伝わってくるものはありますし、どうせ観るなら、DVDなどよりは劇場で観るようおすすめします。

以上、長くてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私は仲代達也主演の切腹のほうに軍配を上げるんですが、あのころの仲代達也は凄かったです。
二つの映画で違いがいくつかありました。

1.今回は家老が人間味ある人として描かれていた。前回は三国連太郎で権威を守ろうとする冷たい人間として描かれていました。介錯を自らの手でしましたが、前回では静観しており、若者は切腹では死ぬことができず舌を噛んで死にました。それではあまりに可哀想だとなったのだと思います。

2.海老蔵は竹光で乗り込みました。いくらなんでも竹光は無茶がありました。真剣であって欲しかったです。いくら達人とはいえ、竹光の侍を数十名の侍が打ちとるのにあんなに苦戦するのは現実離れしていると思いました。仲代達也のときは竹光の話をされ思いとどまるよう説得されたときは「拙者の刀は竹光ではござらん」と言って少しだけ抜いてカチンと音を立てます。それで切腹が決まりました。

3.うろ覚えなのですが仲代達也のときは打ちとりに手こずった家老が鉄砲隊を呼び仲代が家宝である鎧をブン投げたとき鉄砲隊に打たれて死んだような記憶があります。

ま~とにかく十分堪能しました。いつも妻がなんかぽりぽり食べるものとお茶が入った水筒を持って行くのですが、二時間半画面を食い入るように見つめて水も飲みませんでした。

お礼日時:2011/11/01 06:58

 「切腹」しか観ていない者ですが、回答なさる方がいらっしゃらないようなので、一言。


 私が思うには、「切腹」と「一命」を両方ともご覧になる方は極めて少ないのではないかと考えています。
その理由は、「切腹」を観た人は、同じ原作を元にして、これ以上の作品を作れるはずがないと思うから、「一命」を観ようとは思いません〔私はこちらに属します〕。如何なる理由かは存じませんが、「一命」を作った人たちは、これは「切腹」のリメイクではなく、滝口康彦の『異聞浪人記』を映画化したものだとおっしゃっているようですから、「一命」を観た人は、同じ原作を元にした「切腹」という映画の存在すら知らない人が多いのではないでしょうか。傑作ですが、随分昔の映画ですから。
 「一命」の宣伝の仕方として、先駆者とも言える「切腹」の題名すら出さないということは、偉大なる先人に対する敬意の念があるものかないものか、判断に困惑致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、三回目にしてやっと回答をもらえました!

>「切腹」しか観ていない者ですが、回答なさる方がいらっしゃらないようなので、一言。私が思うには、「切腹」と「一命」を両方ともご覧になる方は極めて少ないのではないかと考えています。

そのようですね。封切られてまだ二週間だし、切腹はこれまた50年前の映画ですから両方見る人は少ないですね。

>その理由は、「切腹」を観た人は、同じ原作を元にして、これ以上の作品を作れるはずがないと思うから、「一命」を観ようとは思いません〔私はこちらに属します〕。

そうですね。私もそう思ったんですが、妻が行こう行こうと言うので付き合いました。仲代達也は嵌まり役でした。あの頃の仲代達也は凄かったです。最近の仲代達也は妙に格好つけるようになっていまいちですが。ご回答ありがとうございました。

 

お礼日時:2011/11/01 06:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切腹シーンのある時代劇映画

以前こちらで切腹シーンのある作品の題名を知りたいと質問したのですが回答無しという悲惨な結果でしたので、今回は幅を広げて皆様方からの良回答を得体と思い再質問いたしました。 兎に角、切腹シーンのある時代劇を、忠臣蔵や小林正樹監督の「切腹」以外で、1971年以前の作品の題名だけで結構ですので教えて下さいませ。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

おたずねの条件の映画はどうやら数多くあるようなのですが、
あいにく時代劇映画は未見が多く、確かなことが申し上げられません。
そんな中で、私が拝見した数少ない該当作品をご紹介いたします。
お役に立てれば幸いです。

●「阿部一族」(1938)熊谷久虎監督
●「反逆兒」(1961)伊藤大輔監督
●「武士道残酷物語」(1963)今井正監督

ちなみに、
時代劇ではありませんが、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」(1967)
には、三船敏郎演じる阿南陸軍大臣の切腹シーンがあります。

Q映画「噂の娘」や「噂の女」では、二人の女性が出てきますが、どちらの女性のこと?

成瀬巳喜男の「噂の娘」では、姉の邦子と妹の君子が出てきます。
また、溝口健二の「噂の女」では、母と娘が出てきます。
それぞれ、二人の女性のうち、どちらが噂の娘であり、噂の女なのでしょうか?

お詳しい方、お教えいただきたく、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「噂の娘」
妾腹の子である妹の紀美子のほうではないかと思います。
「噂の女」
色々なできごとの要因となっている母の初子のほうだと思います。
娘の雪子が新たな噂の女となっていく予感を残しつつ完・・・といったところではないでしょうか。

特に詳しいわけではなく、あくまで私見です。

Q映画「切腹」と「一命」を見たかた

どちらが良かったですか?
短くて結構ですから感想をお聞かせください。

Aベストアンサー

本日、映画館で『一命』を観て来ました。
ちなみに、『切腹』は数年前にDVDで観賞しました。

『切腹』はリアルタイム世代ではないので、
DVDで観た情報しか知らないのですが、
いまどきの若者が観ても充分楽しめるものだと思いますし、
日本映画史に残る傑作時代劇の1本だと思います。

その傑作を、世界的にも評価の高い三池崇史監督が、
現代の実力派俳優を使ってどんな作品に仕上げてくるのか、
とても楽しみに拝見しました。
(もちろん、いくらかの不安もありましたが……)

でも、これはこれでとても楽しめる作品だったと思います。
『切腹』にはなかった別の視点、エピソードがあり、
また逆に通じるものもあり、現代の映画人が作る時代劇として、
年配の方はもちろん若者も楽しめる内容になっていたと思います。

個人的には、2作品を通して観ることで、
この物語の世界観をより深く堪能できたように感じられて面白かったです。

どちらも面白かったのですが、しいて言うなら、『切腹』のほうが一切の無駄がなく、
映画作品としての完成度は高かったように感じました。
余談ですが、タイトルも『一命』より『切腹』のほうが好きです(笑)

本日、映画館で『一命』を観て来ました。
ちなみに、『切腹』は数年前にDVDで観賞しました。

『切腹』はリアルタイム世代ではないので、
DVDで観た情報しか知らないのですが、
いまどきの若者が観ても充分楽しめるものだと思いますし、
日本映画史に残る傑作時代劇の1本だと思います。

その傑作を、世界的にも評価の高い三池崇史監督が、
現代の実力派俳優を使ってどんな作品に仕上げてくるのか、
とても楽しみに拝見しました。
(もちろん、いくらかの不安もありましたが……)

でも、これはこれでとても...続きを読む

Q映画「CASSHERN」を見た方、感想を教えてください。(ネタバレあり)

前評判など聞いて夫が興味を持っています。

映画を見た方、感想をいただけますでしょうか。

夫はものすごく原作好きです。
ウタダヒカルについては知りません。
キリヤ監督も誰それ?という状態です。
グーグルで批評などを見る限りは
あまり面白くないようなのですが・・・

ネタバレについては気にしないほうなので
面白いと思った部分
面白くないと思った部分
原作と違う部分
を教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

過去の質問でも回答させていただいています。
ネタバレOKと言うことなので徹底的に叩かせていただきますが最悪でした。
テレビでやったとしても2回目は見なくていいや。という感じです。
ビジュアル重視の監督というのはわりと化けることがあるので(駄作ばっかりの監督が急に名監督になることがある)「この監督の映画は2度と観ない」とは言いませんが、キャシャーンはひどかったです。
最近見た漫画的表現な邦画と比べると
「あずみ」(まあ面白い)>>>「ゼブラーマン」(こんなものかな)>>>>>>>>>>>「魔界転生(平成版)」=「BR2」=「キャシャーン」という感じでした。

以下ネタバレ
ストーリー上「キャシャーン」である必要がまるでない。ただの改造人間で十分です。原作キャシャーンの骨芯である「たった一つの命を捨てて」まで人類のために闘い続けるヒーロー像なんてかけらもなく状況に流されるだけの主体性のないヒーロー。
キャシャーンの売りの一つであるロボット犬フレンダーを排除。(名前だけはでてくる)
それぞれのキャラクターの意図が不明瞭。
ブライキングボスも「自分が受けた理不尽な暴力に対して復讐がしたい」だけで復讐するべき相手(大東亜細亜帝国だっけ?)が明白なのに軍部と正面衝突せずそれと敵対する村まで襲うとんちんかんぶり。
世界観がしっかり構築されていない中学生の妄想レベルのSF未来像。
敵の新造人間も強いのか弱いのかよくわからない設定の弱さ。しかも簡単に死ぬし。
ならアクションやビジュアルに期待できるかというと中途半端で、しかも「戦争反対」的な説教臭さ。しかもそれを観客にセリフやナレーションで訴えられるからうっとうしいことこの上ない。
しかも独りよがりでわかりづらいストーリー
「最悪」とまではいかないけれどかなりひどい映画でした。

過去の質問でも回答させていただいています。
ネタバレOKと言うことなので徹底的に叩かせていただきますが最悪でした。
テレビでやったとしても2回目は見なくていいや。という感じです。
ビジュアル重視の監督というのはわりと化けることがあるので(駄作ばっかりの監督が急に名監督になることがある)「この監督の映画は2度と観ない」とは言いませんが、キャシャーンはひどかったです。
最近見た漫画的表現な邦画と比べると
「あずみ」(まあ面白い)>>>「ゼブラーマン」(こんなものかな)>>>>>>>>>>>「魔...続きを読む

Qビデオ探しています。 小林正樹 監督作品 「切腹」

ビデオ探しています。
小林正樹 監督作品 「切腹」というものです。
Amazon.comなどでもあつかっていないので、レンタルビデオででもいいから見たいのですが、あつかってそうなレンタルビデオ屋さん、ないでしょうか?
できれば、購入して、ぜいたく言えばDVDで購入できればなお嬉しいのですが。
また、「切腹」で語られているような、鼻の奥がツ~ンとなるような日本人の美徳が描かれた映画作品が思いつかれるなら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今晩は。
 この作品のソフトはビデオテープしかないようです↓。http://www.pia.co.jp/cinemaclub/syosai.jsp?movie_cd=1600164
 参考URLのHMVでは「出荷まで: 10-40 日」とあって、どうもこちらも品切れ臭いのですが、まぁ試してみても損は無いのではないかと思います。発売日の項を良く見るとアマゾンの情報とは異なっていますし(このページのお客様からのレビューが面白いです。そりゃ、なんと言っても日本映画史上の時代劇の傑作中の傑作ですからね。脚本、演技、美術、撮影、・・・。文句無しです。「あいや待たれよ」)。
 売買サイトのイージーシークを調べたら、現在は出品が有りませんが、この一月ほどの間に2回出品されています。そちらに捜し物として登録しておいてはどうでしょうか。
http://search.easyseek.net/search/index.php3?_dm=%81%95&c_no=536&sitem=%90%D8%95%A0&vt=&act=search

 質問の最後の部分ですが、これは改めて別件として質問し直された方が良いのではないかと感じます。私も即座には思い出せません。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=114751

今晩は。
 この作品のソフトはビデオテープしかないようです↓。http://www.pia.co.jp/cinemaclub/syosai.jsp?movie_cd=1600164
 参考URLのHMVでは「出荷まで: 10-40 日」とあって、どうもこちらも品切れ臭いのですが、まぁ試してみても損は無いのではないかと思います。発売日の項を良く見るとアマゾンの情報とは異なっていますし(このページのお客様からのレビューが面白いです。そりゃ、なんと言っても日本映画史上の時代劇の傑作中の傑作ですからね。脚本、演技、美術、撮影、・・・。文句無しです...続きを読む

Q5年ほど前に賞を取って結構有名?な映画のタイトル

とても怖いイメージがありましたが、ホラーではないと思います。
何年か前に賞を取ったと思います。嫉妬心?の強い女が浮気などをした男を切りつけたり殺す映画です。

嫉妬心?の強い嫁か彼女が主人公で男性の目を切るシーンや
(赤い液の入ったビニールを切ったようになってました)

浮気をした男を嫁が椅子に縛り付けて目の前の冷蔵庫を空けると元彼の首が冷凍されていたシーンがありました。

情報が少ないですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

映画ということで、違うのかなーとも思うのですが・・・
私が思いついたのは、浅野ゆう子が主演の2時間ドラマでして、それに似たような描写があったのでそれじゃないかなとも思います。
(それは、原作の本が賞をとっていました)
出会い系サイトで主人公と出会ったリカが、ものすごい嫉妬心をむきだしにしてストーカーになり、ありえない行動を繰り返してついには主人公の家族にも手を出す・・・みたいな感じでした。
リカ自身は看護士で、前に好きだった医者の生首を冷蔵庫に入れていたし、針金でぐるぐる巻きにした主人公の目を潰そうとするシーンもあったしで・・・。

映画とのことですので、洋画かもしれませんし、これとは違うかもしれませんが、これであればスッキリされるかなと思って回答しました。

Q見ごたえのある映画を紹介してください。

「七人の侍」「切腹」「スタンドバイミー」「イングリッシュペイシェント」「アントニア」などを、面白く見ごたえあったと思うものです。
うまくだまされたいのです。
あなたが、よい映画とおもわれるものをおしえてください。

Aベストアンサー

◆「七人の侍」や「ディアハンター」もご覧になって
いるとのことですので10本ほど

「死刑台のエレベーター」(白黒)
「地下室のメロディー」 ( 〃 )
「サムライ」

「夜の大走査線」
「ジャッカルの日」
「地獄の黙示録・完全版」

「チャイナタウン」
「ダークシティ」
「バートンフィンク」
◇そして
「パルプフィクション」⇒ 「羊たちの沈黙」、
   「スティング」 この3本がアッと驚いた
    映画でしたね。

◆少し暗い雰囲気の映画が多くなりましたが、
脚本、演出、カメラ、音楽がしっかりしてますよー。
以上です。

Q映画「岳」の感想を教えて下さい。

ネタバレしない程度に感想を書いてお勧め度を
最高★5つで書いて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今日、見てきました。

まず自分は原作を読んでいません。その上での感想です。

この映画は見て損はないが、絶対、見るべきというものでもない(まあ大抵の映画がそうか…)

良い点
・山が大変、美しく描写されている。(これだけでも見る価値があるかも)
・山の厳しさがしっかり伝わってくる。また実際、登山したくなる。
・バックミュージックが素晴らしい。(異様にレベルが高く感じました。特に最初の曲は山の雄大さをよく表現できてる曲だなと思いました。)

悪い点
・原作が漫画のせいか少し臭く感じました。忠実に再現しているという意味では原作のファンの方は嬉しいかと思います。(読んでないのでどこまで忠実かわかりませんが…)
・あまりに王道的ストーリーのせいで反骨心が芽生える(笑)まあこれは俺のネジまがった性格のせいなので気にしないでください。

総じて良くできた作品だと思います。ぴあ満足度一位になったそうなので大抵の人々にはオススメできます。ということで星4で

Q江戸時代の切腹:本当に切るの切らないのか誰が決める。

 江戸時代の切腹は、江戸初期では実際にお腹を切っていましたが、江戸中期になると刀や扇子を腹に当てるだけで介錯人が首を落としてお腹は切らないのが一般的だったと聞きました。江戸末期になると、またちゃんとお腹を切る切腹が一般化した様で、堺事件や神戸事件の時など、外国人の前で立派にお腹を切っています。
 そこで質問ですが、切腹が行なわれる際に(ただし、自分で勝手に切腹する場合ではなく、藩など、上から申し付けられての切腹の儀式での場合で)、実際にどれ位お腹を切るか、切らせるかは、誰が決めるのでしょうか。切腹を申し付けた方が、または切腹人を預かった方が、切腹の儀式の段取りの中で、決めてしまったのでしょうか。あるいは、切腹する人が、「見苦しくないよう、早めに首切って。」とか、「せめて最後は武士らしく死にたいので、介錯はぎりぎりまで待って。」などの指定が出来たのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
切腹の作法は、切腹する人本人の意思、というか、家によっては作法が伝わってたりしますので、それが尊重されたようです。
例えば介錯を立てない自刀式の切腹もありますけど、本人が望めばそういうのもOKだったみたいです。
実際は、江戸時代になると平和な時代が続き、自分でお腹を切るのが怖くて・・・って人が殆どだったと思われます。
また、切腹する人を受け入れる家で気を利かして扇子腹(本当に切らないやつ)で準備してあげたりする事も多かったようですが、本人が望めば実際に切る事は出来たようです。

ただ、しきたりとして、切腹に承服できない場合、そこにいる介錯人と検分役に勝負を挑み切り倒してしまえば放免?というのがあったらしいので、本当に切るのを望まれた場合は、検分役も断るわけにもいかず、相当緊張したでしょうね。

切腹はなんでもかんでもお腹を刺して切ればいい、というのではなく、最後を形式美で美しく飾る、という非常に重要なポイントがあるのですが、これを全く知らず、憤怒に刈られて滅茶苦茶な切腹をして失敗した人が三島由紀夫です。

つまり、お腹に深く刀を刺してしまうと、腰や膝の関節が伸びて、状態が上がってしまい、前のめりに立ち上がって倒れる、という現象が起こるのは古くから知られていました。
その為、お腹はせいぜい腹筋程度までしか刺さず、座ったままで介錯を受けるのが介錯をつける場合の作法なのですが、三島さんはこれを知らずに内臓に達するまで深く刺してしまい、立ち上がりかけた為、苦しむ時間を減らしてあげようと介錯の人がほぼ同時に振り下ろした刀が肩口に当たってしまいました。
動揺した介錯人は3回太刀を振るっても首を落とせなかったらしいです。

ご質問最後の点は、そういうお願いは出来たし、受け入れられたようです。
ただ、最終的には介錯の人の腕と経験と意識によったでしょう。

こんにちは。
切腹の作法は、切腹する人本人の意思、というか、家によっては作法が伝わってたりしますので、それが尊重されたようです。
例えば介錯を立てない自刀式の切腹もありますけど、本人が望めばそういうのもOKだったみたいです。
実際は、江戸時代になると平和な時代が続き、自分でお腹を切るのが怖くて・・・って人が殆どだったと思われます。
また、切腹する人を受け入れる家で気を利かして扇子腹(本当に切らないやつ)で準備してあげたりする事も多かったようですが、本人が望めば実際に切る事...続きを読む

Q映画「八日目の蝉」の感想を教えて下さい。

さっき観てきました。
ちなみに私の感想を一言だけ。
「永作凄い」

※長文歓迎です。どんどん書いて下さい。

Aベストアンサー

永作さん、より可愛くなりましたね。
確かに凄い。

私は裁判の場面で永作さんが、
ご夫婦にありがとうございますと伝えたいと言うような事を言った時、
死ね!と言われて当然だし、気が狂っているんだろうなと思いました。

ですが、最後まで見て、確かに言うだろうなと。

人の一言ってわからないなと思いました。

人間の弱さのぶつかり合いで皆の気持ちがわかる。

氷点のような感じでしたね。

すごく考えさせられるし、面白かったです(^-^)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報