出産前後の痔にはご注意!

先日、ライブロックを購入したところ、写真のような付着物がありました。

画像1では、赤いサンゴ?のようなもの。
画像2は、穴から細いヒゲのようなものが出ています。(無数に)

これらは害はないのでしょうか?
また取り除いたほうが良いのでしょうか?

アドバイスを頂ければと思っております。

「ライブロックに付着した生き物について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参照URLの画像のケヤリムシかなと思うのですがいかがでしょうか?


茎のような部分は飼育していくにつれて伸びてきますので、花のような部分の模様が同じであればケヤリムシで間違いないかと思います。

参考URL:http://www.bitway.ne.jp/ikimono/ikisample/c103/f …
    • good
    • 0

ケヤリムシではないですかね?


特に害はないです。
ケヤリムシで検索してみてください。
水槽の中に咲く花のようできれいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
ケヤリムシで検索したところ、イバラカンザシという花を見かけました。
どうやら、うちの水槽にいるのはイバラカンザシのようです。
お陰で、画像1の正体がわかって安心しました。

画像2は分かりませんよね^^;

お礼日時:2011/11/01 12:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケヤリとは何者?

先日タツノオトシゴを通販で購入したら、ケヤリがサービスで同梱されてきました。
私はケヤリというものを見るのが初めてであり、飼育に関する知識もありません。
最初は海藻の一種かと思ってたのですがひらひらした部分を閉じる速さからするとイソギンチャクの一種かもと思い始め、そうだとしたら何か餌を与えるべきかとも思うのですが…。
そこでケヤリが何者なのか、餌・水温・光量その他注意したほうがいい点などありましたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

ケヤリムシは、環形動物といって、ゴカイの仲間です。
イソギンチャクとは、全くの別種です。

「ひらひらした部分」は、鰓冠(さいかん)といいます。
これは、餌を集めるのに役立つほか、呼吸の役目もします。

ケヤリムシには、あまり、餌を与える必要は余りありません。しかし、従来のシステムの水槽では、餓死してしまう可能性は完全には否定できません。給餌するとしたら、「ドライイースト」を海水で溶いたものとか、無脊椎動物専用の液体餌等を与えます。
しかし、水質の悪化には注意してください。

水質は、理想は、燐酸塩0,1ppm以下、硝酸塩5ppm以下、です(他にも色々あります、必要ならば補足を下さい)。
これは、ケヤリムシのみにとっての理想というより、マリンアクアリウムの生態系全体にとっての理想値です。

環境を急変させると、鰓冠を自切する事があります。
しかし、死ぬわけではありません。水質に異常が無ければ、再生します。

光量は、ケヤリムシにとっては、弱めが適しています。
しかし、水槽の光量が弱いと、生態系維持(マリンアクアリウムの生物層は、時が経つごとに希薄になるのです。それを遅らせるために、水槽には強い照明を使用するのが"理想"です。)にとって、光役が弱くなるので、強い照明を使用した水槽の日陰部分にケヤリムシを置くといいでしょう。

水温は、熱帯産のものは、20℃以下にならないように注意します。近海産のケヤリムシは10℃までならかまいません。水温が27℃を超えるのは避けます。
水温には、余裕を持つ事が必要です。できれば、クーラー等を使って、水温が25度を上回らないようにします。

できれば、ナチュラルシステムでの飼育をお勧めします。
これなら、ケヤリの餌に困る事はありません。

他になにか知りたければ、補足を下さい。

ケヤリムシは、環形動物といって、ゴカイの仲間です。
イソギンチャクとは、全くの別種です。

「ひらひらした部分」は、鰓冠(さいかん)といいます。
これは、餌を集めるのに役立つほか、呼吸の役目もします。

ケヤリムシには、あまり、餌を与える必要は余りありません。しかし、従来のシステムの水槽では、餓死してしまう可能性は完全には否定できません。給餌するとしたら、「ドライイースト」を海水で溶いたものとか、無脊椎動物専用の液体餌等を与えます。
しかし、水質の悪化には注意してください...続きを読む

Qマガキガイ、シッタカがすぐに☆になります。なぜ?

海水魚始めて3ケ月。茶コケ退治用にシッタカ、マガキ
ガイを入れるのですが1週間ほどで☆になってしまいます。
☆になると次のセット(シッタカ3、マガキガイ2)を
入れ、最初は一生懸命コケを食べているのですが、
お腹が一杯になったかの様に動かなくなったかと
思うとそのまま☆っちゃいます。これの3回繰り返しです。
なぜでしょう? そしてどうしたらいいでしょうか?
環境は
水槽・・・60cm オーバーフロー
ライブロック・・・8kgぐらい
底砂・・・サンゴ砂 細かめ3cm
テトラパワーフィルター90
プロテインスキマー
カミハタパワーヘッドで水流あり
バブルストッパーでエアレーションあり
カクレクマノミ 2匹
マンジュウイシモチ 1匹
ニセモチノウオ 1匹
サンゴイソギンチャク 1匹
カクレクマノミやイソギンたちは始めからぜんぜん元気
なのに・・・(魚系は1匹も☆んでません)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水槽のサイズの割に貝が多いようなので、餌不足
ではないでしょうか?
苔でも、食べる種類と食べない種類があるそうですし、
本来(自然では)、苔ではなく、海草を食べている
わけですから、水槽内の苔では、全然餌が足りていない
可能性が高いと思います。

貝類って、以外と長期飼育が難しいですね。
他の魚がつついたりしていじめている可能性や、
水温が高すぎる可能性もあるかもしれません。
(ただ、シッタカはともかく、マガキガイは
大丈夫そうな気がしますが・・・)

あとは、輸送やストック状況が悪くて、購入時には
既に貝が弱っていた、という可能性もありそうです。

Qライブロックについている花のような生き物

海水魚水槽のライブロックに、3mm程度の白い花のような生き物がいます(画像参照)。ときおり、他の魚やエビなどが近づくとライブロックの小さな穴に隠れたり、出て来たりするところを見る限り、どうも植物ではなく、生物なのでは?という気がしています。とはいえ、移動したりはせず、一箇所に居座っている感じです。

このライブロックは淡水浴、リバイブ浴(きっと皆さんはどちらも推奨されないでしょう)、を経て投入したもので、一部の海藻を除き、主だった生き物は排除しています。しかしこの白い花のような生き物は排除されず、くっついたままでした。

どなたか正体をご存じの方、いったい何なのか、害の有無等(今のところ害を被った魚はいません)、お教えいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

小型のケヤリムシの一種で大きくはゴカイの仲間です
水槽内でも繁殖し、水中の有機物などを食べており他の生体には全くの無害です
ヤッコなどの餌にもなります
見えている花の様な物は鰓冠で、付け根に口吻があり、誘導して有機物を食べています

Qライブロックの付着生物を教えてください

淡水魚経験はあるのですが海水魚は初めてです。
6月から45cmの小さな海水水槽を回し始めました。
 ・サンゴ砂(2cm)ぐらいのを2cm厚
 ・底面フィルタ+外掛けフィルタ
 ・魚は投入していませんが、バクテリア用に魚のえさを毎日一つまみずつ投入
という環境でかれこれ一月たちました。亜硝酸も落ち着いたので、ライブロッ 
クとやらを買ってきて水槽に投入しましたが、投入後二日目からライブロックのあちこちにタンポポの種のような根元は1本底から手が無数に生えている生物が出てきました。色は白色、大きさは1mm以下。

前置きが長くなりましたが、質問は、
 ・これって何でしょうか。
 ・魚を飼う水槽で悪さをしないでしょうか。
 ・問題なければそのまま飼育する上で、餌は何を与えればよいでしょうか。飼育条件で気をつけることってないでしょうか。

たくさんの質問ですが、まだ、魚も入っていない水槽の中でけなげに漂っている生き物なので、飼育できるのであれば、できるだけ世話をかけてあげたいと思います。

Aベストアンサー

私もヒドラかクラゲのポリプだと思います。

私が飼育していたときには悪さはしているように見えませんでした。逆に魚の餌にもなっていました。ガラス面についたポリプをカワハギが1回つつき、またつつき獲って食べる姿は見てて飽きないものでした。
また観察しているとたまに分裂して増えるのが見えます。分裂を見つけたときは何十分おきかに水槽を見に行って分裂が終わるのを待っていたものです。

餌は特にあげなくてもいいと思います。しかしクラゲによっては大きいポリプ(1~2cm)が出るものもあります。そんなときは煮干を崩したものを割り箸であげていました。餌としてあげていたというよりも観察していたという感じでしたが。

殺そうと思ってもなかなか死なないのがポリプなのであまり餌などは気にしなくても大丈夫です。気づくとろ過ポンプの中やら色々なところで繁殖しています。

また、私はついに観察できませんでしたが、クラゲのポリプの場合は水温を適切に変化させるとクラゲが遊離するらしいです。どのように調節するかはクラゲの種類によって異なるので一概には言えませんので、何のクラゲか分からないときは偶然にたよって待つしかできないのですが...

大切に飼ってあげてください。

私もヒドラかクラゲのポリプだと思います。

私が飼育していたときには悪さはしているように見えませんでした。逆に魚の餌にもなっていました。ガラス面についたポリプをカワハギが1回つつき、またつつき獲って食べる姿は見てて飽きないものでした。
また観察しているとたまに分裂して増えるのが見えます。分裂を見つけたときは何十分おきかに水槽を見に行って分裂が終わるのを待っていたものです。

餌は特にあげなくてもいいと思います。しかしクラゲによっては大きいポリプ(1~2cm)が出るものもあります。...続きを読む

Qイソギンチャクが縮んでしまいます

60センチ水槽
カクレ1・ヘラルドヤッコ1・ミズタマハゼ1・ハタタテハゼ2
を飼育しています。
照明は55Wの蛍光灯です。ろ過は外部式2個使用。

最近、タマイタダキイソギンチャクを飼い始めました。
が、触手が点のように小さくなり、縮んでしまいました。
ショップに聞いたら
「それは水が悪いんだよ~。」と言われ、急いで20リットルの水換えをしました。水流と光の十分当たるところにライブロックごと移動させたところ、復活しました。

「やった~」と喜んだのもつかの間
一日後にはまた同じように縮んで茶色のかたまりになっています。
夜、魚たちにえさをあげた直後でした。関係ないかもしれませんが。

いったい何が原因で調子が悪いのか、首をかしげています。
このまま死んでしまったら、水槽が大変なことに・・・

どなたか、同じような経験をされていらっしゃる方
お詳しい方、ぜひ、初心者の私に教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
もう相当に日数が経っているので解決されておいでかと思いますが、参考までに。
水質のチェックはされておいでとして私見を述べさせていただくと、ご利用の環境は決して悪くないと考えます。
私は45センチ水槽にカクレ3,ハタタテ2,タマイタ3を飼っていますが、照明は24W+5Wで、イソギンも問題なく成長しています。
どうもイソギンは買った個体でその後の運命が大きく左右されるようです。
お求めになったイソギンは国内のハンドコートによるものでしょうか。そうでない場合(薬剤採取)は初めは調子よく見えても極めて短命で終わると聞いています。
ただ、うちの場合も往々にしてありますが、小さく縮んでいるのは気にしなくてよかった場合が多いです。むしろだらーんと伸びきって口を開いたままの時は注意が必要です。とは言え、最悪の場合は水槽が大変な事になりますからこまめな観察は必要と思われます。
餌を与えておいででしょうか。でしたらしばらくは餌を与えず、光と水に注意してあげて下さい。
お使いの照明なら餌の必要性は感じませんが、それでも週に一回程度、アサリのむき身などを少量与えると格段に勢いが出ます。
ただ、その際は特に水を相当汚しますので水質にはご注意を。
過去、大先輩にイソギン1体は魚10匹分水を汚すと思えと教わりました。
頑張って下さいね。

はじめまして。
もう相当に日数が経っているので解決されておいでかと思いますが、参考までに。
水質のチェックはされておいでとして私見を述べさせていただくと、ご利用の環境は決して悪くないと考えます。
私は45センチ水槽にカクレ3,ハタタテ2,タマイタ3を飼っていますが、照明は24W+5Wで、イソギンも問題なく成長しています。
どうもイソギンは買った個体でその後の運命が大きく左右されるようです。
お求めになったイソギンは国内のハンドコートによるものでしょうか。そうでない場合(薬剤採取)...続きを読む

Qカクレクマノミの習性?

カクレクマノミを2匹昨日買いました。
カクレクマノミ飼育のURLなど参考にし、
水槽立ち上げから2週間目に投入しました。
(一応淡水魚の経験は長いです)

イソギンチャクは投入しておらずライブロックと土管を2つ入れています。
(もちろん底にはサンゴを敷き詰め、底面ろ過フィルタを使用、水質チェック等、一般的なことはしています)
1匹は土管の中で、もう1匹は既にもう1匹が占領している土管の上にいます。2匹ともその定位置でまったく移動しません。
餌を与えた以外はほとんどその状態です。
餌の食いつきはよく、そのときは泳ぎながら餌を捕らえています。
喧嘩しているところも見たことがありません。

カクレクマノミの習性はこのようにあまり泳がなくても問題はないのでしょうか?
それともなにか調子が悪くてこのように同じところばかりいるのでしょうか?
投入したばかりで心配しております。
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
うちにもカクレクマノミがいます。
(イソギンなし、混泳水槽)

カクレクマノミは、自分で決めた場所付近でふわふわ
泳いでいることが多く、そんなに泳ぎ回りません。
水槽のお引っ越しをしたことがありますが、環境が
変わって数日は、殆ど移動したがりませんでした。

ですので、購入後数日は、同じ所ばかりにいても
全く問題なく、習性だと思います。
餌をよく食べているなら、心配ないでしょう。

海水は、安定までに3ヶ月~半年はかかります。
淡水とは全く違う感覚なので、淡水経験はあまり
アテにせず、一からのつもりでやった方がいいですよ^^

Q30センチ水槽で海水魚は何匹くらい飼えますか?

今まで飼っていた魚が死んで水槽が一つ空いたので前から興味があった海水魚を飼いたいと思っているのですが、30センチ水槽にテトラのワンタッチフィルターといったシンプルなものですがこれで海水魚を飼うことは可能でしょうか?その場合人口海水はどのくらい入れればいいのでしょうか?初心者でも簡単に飼える魚っていますか?熱帯魚の飼育は長いのですが、海水魚は初心者なのでいろいろ教えてもらえるとありがたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。

飼育できますが水槽容量から、水質維持が容易ではないと思います。
珊瑚等の管理も、難しく感じます。
ワンタッチフィルターは、出来れば質の良い濾材(底砂併用ネット等利用)を入れて、使用されたら良いのではないかと思います。
以前ウールマットを裁断後釣り糸で結わえ、濾材を入れていました。
出来れば熱帯魚飼育の時より、濾過能力の高い濾過フィルターが良いです。
珊瑚等の育成を含め、底面フィルター併用が良いと思います。
海水魚飼育・水槽容量を考えて、特に水質管理に気をつけて濾材を選ばれたら良いのではないかと思います。
海水魚は熱帯魚より、水質管理が難しいと感じています。

お手持ちの水槽がテトラなので、出来そうな(水槽が30cmでも全サイズで、微妙に違うため)海水魚飼育を記載します。

混泳はさけて1種類2匹(3)位です。
イソギンチャクを入れるなら、吸水口(ワンタッチフィルター)を専用スポンジ等で覆います。
「ハゼ」「スズメダイ」の種類の中に、飼育がしやすい物もいます。
定番なら「カクレクマノミ」珊瑚、イソギンチャクと合います。
好きなイソギンチャクがあるようです。
クマノミの種類は、色も形も可愛いです!
底砂・海水も入るので、装飾は水槽容量にあわせてください。

『必要な物』
★海水比重計:海水濃度を見るために必要です。
★海水:人工海水
★温度計:サーモスタット付が望ましい。
★海水魚用:pH/NO2試薬(試験紙よりお勧めです)
★底砂:海水用・濾材を兼ねるので、私は2種類使用しています。
★珊瑚等の装飾品:隠れ家
★海水魚用餌
★水質中和剤:テトラなら、コントロコロライン
★投げ込み式フィルター:ワンタッチフィルター使用の場合は、濾材を交換して投入されたら良いと思います。
★ウールマット(底面式フィルター・ワンタッチフィルター)
★あれば照明
上記にダブる物もあると思いますので、お手持ちの道具で兼用できるもの(海水魚用にOKな物)は使用してください。

熱帯魚(飼育中・メイン上部フィルター)より水質管理が難しいと思っているので、海水魚には底面フィルターを使用しています。
清掃が面倒だと思っていたのですが、以前投稿した「水槽買い替え」の回答者様(専門家)お勧めの、底面フィルター設置法が(メンテナンスが簡単)役に立つと思います。
ご質問を貼っておきますのでその中から、その方のリンクを拝見されたら良いと思います。
No.4回答者様です。
直接リンクは、回答者様に失礼になると思いますので、ご質問の方を貼っておきます。
メンテナンスを含め、最良な底面フィルター使用法だと思います。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2361293

私の参考飼育本(下記貼付)は、上段右と同じ、2003年版別冊号からです。
後は海水魚専門店で教えてもらっています。
http://www.mpj-aqualife.co.jp/books.html

テトラのHP(下記貼付)に、「カクレクマノミ」ワンタッチフィルター使用の水槽レイアウト(GB-30LS)が載っていますので、海水魚(写真)→インターネットマガジン→インターネットマガジンvol.14を、参照されても良いと思います。
ただ個体数は、多すぎると思います。(デザイン性だと思う?)
セッティング等、色々記載がありますので、興味があれば読んでみてください。
http://www.tetra-jp.com/

以上、参考になれば幸いです。

はじめまして。

飼育できますが水槽容量から、水質維持が容易ではないと思います。
珊瑚等の管理も、難しく感じます。
ワンタッチフィルターは、出来れば質の良い濾材(底砂併用ネット等利用)を入れて、使用されたら良いのではないかと思います。
以前ウールマットを裁断後釣り糸で結わえ、濾材を入れていました。
出来れば熱帯魚飼育の時より、濾過能力の高い濾過フィルターが良いです。
珊瑚等の育成を含め、底面フィルター併用が良いと思います。
海水魚飼育・水槽容量を考えて、特に水質管理に気を...続きを読む

Qカクレクマノミが砂を掘る

タイトルのとおりです。今月の8日に入れたカクレクマノミが底に敷いている珊瑚砂のすぐ上で体を振って砂を掘って?いるんです。最近まで結構頻繁にやってましたが、今は回数は減っています。白点病の魚は底砂に体をこすり付けると聞いたことがあるのですが、体表に白点病らしきものは見当たりません。もうひとつお聞きしたいのですが、マガキガイが砂の中にいつの間にか潜っています。貝は水槽に張り付いてるイメージがあるので少し気になっています。

Aベストアンサー

カクレクマノミはイソギンチャクに共生するというのはご存じでしょうか? 他の魚達とは少し違います。

本来イソギンチャクの餌(イソギンチャクは毒でマヒさせて魚などを食べてしまいます)になろう筈の魚が一緒にいてる事になります。
それはカクレ(他にもいますが)の体(皮膚)は他の魚とは違う事になります。
タンクメイトにイソギンチャク(センジュとかハタゴとか有ります)が居てないようでしたらカクレが自分の皮膚への刺激を与える為とかも有ると思います。
それと 私は他の種類ですが色々と飼っていますが偶に砂にもぐる(?)感じで擦っているのを見ます。これは病気ではなく痒いからだと思います。
痒いということはそこに何かしらの寄生虫とか細菌とかが付いているのかも知れませんが、大なり小なりそういう事は自然界でも有ると思います。
色々なライフサイクル(微生物から魚まで)の中 生きているのでそれが白点病なのかとかは見ていて感じるしか無いと思っています。

マガキガイは通常砂に潜る生き物です。殆ど目と口(?)だけを砂から出しています。(私の所もそうです)
私は砂の中の攪拌要員で入居してもらっています。
貝はガラス面などを這うってイメージよく分かりますがマガキガイは違います。(勿論マガキガイもガラス面をよじ登ったりもしますよ)

ガラス面の掃除などでしたら「シッタカガイ」をお勧めします。
マガキガイより大分安く茶色いコケとかは非常によく食べてくれます。

カクレクマノミはイソギンチャクに共生するというのはご存じでしょうか? 他の魚達とは少し違います。

本来イソギンチャクの餌(イソギンチャクは毒でマヒさせて魚などを食べてしまいます)になろう筈の魚が一緒にいてる事になります。
それはカクレ(他にもいますが)の体(皮膚)は他の魚とは違う事になります。
タンクメイトにイソギンチャク(センジュとかハタゴとか有ります)が居てないようでしたらカクレが自分の皮膚への刺激を与える為とかも有ると思います。
それと 私は他の種類ですが色々と飼...続きを読む

Qライブロックの生物 1)カニの種類 2)ゴカイ?

海水水槽初心者です。
昨日ライブロックが届き現在キュアリング中なのですが、キュアリング前にライブロックに付いていたゴカイ(?)とカニを隔離しています。

NETでも色々調べたのですが、カニは将来入れるであろう魚等に悪さをしないか、ゴカイなのかウミケムシなのか判断できず、水槽に入れるか駆除するか迷っています。
御存知の方がいらっしゃいましたら、具体的な名前(種類)と、水槽に入れても問題ないか教えて頂けますでしょうか。

1)カニ
3匹います。
(体が真っ黒のカニは恐らくクロテナガオウギガニかな?と思います。正しければ水槽にいれてやろうと思います)

2)ゴカイ
毛は無いようなのでたぶんゴカイだと思うのですが…。
あと、昨日は肌色で紐のように細長く、ウネウネと泳ぐゴカイ(?)もいたのですが、今朝は見当たらなかったので写真は撮っていません。こちらも名前を教えて頂けると嬉しいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

あくまでも私の経験上ですが、カニは大丈夫だと思います。むしろ、カニがつつかれる方ではと思います。ゴカイでなくウミケムシだった場合は、質問者様が刺されては困りますので除去された方が宜しいかと思います。

Qピンク色LED照明でのイソギンチャク、サンゴの飼育

すみません、また質問させて下さい。

現在、ゼンスイ LEDランプ ピンク 60cmの購入を検討しています。

色々なホームページを見るとピンク色のLEDを使用すると
イソギンチャク、サンゴ、水草など、光合成をする生物の
調子がよくなるということが書いてありましたので、
ゼンスイののピンク色のLEDランプを検討しているところです。

自分の環境の蛍光灯が弱り始めましたので、
この機会にLED化をしたいと考えております。

現在、海水魚水槽にハタゴイソギンチャク、マメスナ、スターポリプ、チジミトサカほか魚等を
60cmの水槽で飼育しています。

現在、蛍光灯のオプティマス60 海水用にゼンスイLEDランプ ブルーを
無理やり乗せている形で、結構明るくなりましたので、LEDが魅力的に感じました。

将来的に今使っているブルーと蛍光灯の代わりに
ホワイト、ピンクの計3本にしようかと考えているのですが、
明るさが十分なのか不安ですし、イソギンチャクやソフトコーラルが
成長に十分な光量があるのか不安ですので
ご意見、ご指導頂きたいです。

よろしくお願い致します。

すみません、また質問させて下さい。

現在、ゼンスイ LEDランプ ピンク 60cmの購入を検討しています。

色々なホームページを見るとピンク色のLEDを使用すると
イソギンチャク、サンゴ、水草など、光合成をする生物の
調子がよくなるということが書いてありましたので、
ゼンスイののピンク色のLEDランプを検討しているところです。

自分の環境の蛍光灯が弱り始めましたので、
この機会にLED化をしたいと考えております。

現在、海水魚水槽にハタゴイソギンチャク、マメスナ、スターポリプ、チジミトサカほか魚...続きを読む

Aベストアンサー

マズ、赤系ランプを使用して調子が上がるのは好日性のサンゴ類や水草に限られます。
好日性サンゴの体内に共生する共生藻(褐虫藻)が元気に光合成を行うためには光が必要です。

・赤色光のメリット
光の波長のうち、橙~赤色(波長:600~700nm)は、、、
葉緑体(クロロフィル)が、この波長の吸収した光エネルギーによって、二酸化炭素と水から炭水化物(水草の体)が合成されます。
日の長さ(昼と夜の時間の相互関係)が、水草の開花や結実などの植物生理に大きく影響する波長でもあります。
橙~赤色が、植物の成長、光合成、日長作用ともに最も重要な波長域です。

60cm水槽の場合、安心して好日性サンゴを育てるには蛍光灯換算で100W以上(理想150W)の光量が必要です。
この光量はLEDランプの場合ならば40W(理想60W)の照明に相当します。
ホワイトとピンクを混合したLED照明40W(理想60W)を搭載すれば問題なく飼育できるハズです。

注意:
本来、光量は(lm:ルーメン)で表記すべきですが、馴染みがない単位のためピンと来ないので、便宜上(W:ワット)にて記述しています。

マズ、赤系ランプを使用して調子が上がるのは好日性のサンゴ類や水草に限られます。
好日性サンゴの体内に共生する共生藻(褐虫藻)が元気に光合成を行うためには光が必要です。

・赤色光のメリット
光の波長のうち、橙~赤色(波長:600~700nm)は、、、
葉緑体(クロロフィル)が、この波長の吸収した光エネルギーによって、二酸化炭素と水から炭水化物(水草の体)が合成されます。
日の長さ(昼と夜の時間の相互関係)が、水草の開花や結実などの植物生理に大きく影響する波長でもあります。
橙~赤色が、植...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング