マンガでよめる痔のこと・薬のこと

液晶テレビの低価格化のように、価格が暴落して、国内生産が総赤字化になりませんか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ドイツでは、賃金が高いし、社会保険も高いし、休暇が多く、労働組合が強いので、「ドイツの国産車は無くなる」と言われた時期がありました。

実際に、早い時期からスペインや東欧諸国、中国などに工場進出して行きました。

しかし、同時に高いコストで国産しても、値段に関係なく「欲しくなるクルマ」の開発にも全力を投じた様ですね。
BMWは3シリーズの4気筒モデルでも450万円からで売れていますし、フォルクスワーゲンも超ド級の12気筒エンジンのフェートンを開発し、ブランド倒れを経験すると、なんとロールスロイスを買収してしまいました。これで、大衆車ブランドはVWのままロールスロイスブランドで金持ち相手の商売ができるようになったのです。ちなみにロールスロイスから独立して頑張るかに見えた超高級ドライバーズカーのベントレーもその後まもなくBMWに買収され、BMWの技術支援で12気筒エンジン車を発売できるようになりました。

VWグループの一角にあるアウディはVWと密接な技術協力をしながらも、独自の路線で軽量化を進め、「技術による先進」をキーワードにして価格競争を回避しております。VWがフェートンで果たせなかった夢を、アウディが代わってA8の12気筒エンジン車で実現しつつあります。元々メルセデス・ベンツが高級車(高価格車)専門であり、スポーツカーのポルシェに至っては911シリーズの最廉価版が1200万円もする価格帯で勝負していますから、外資を除く、ドイツ民族系5社は、全社価格競争から脱出完了したのです。

つまり、貧しい人にも買える車は海外の生産工場で作りながら、ドイツ国内生産は「金持ちしか買えないクルマ」に特化していったわけです。

日本の自動車業界にもドイツ人ぐらい戦略的な経営者がおれば、日本人技術者でも対等にできると思うのですが、「良いものを安く」なとどいう価値観を掲げた経営者が多いので、結局、韓国のヒョンデ自動車と比較されるようなセグメントのクルマを作っております。

日本の自動車技術者は世界で勝負できるを技術をもっておりますが、日本の自動車会社経営者は世界で勝負できる戦略や経営手腕をお持ちでないようです。そのうち、日産自動車の様に外国人が経営する会社ばかりになるのではないでしょうか。其の時に、「良いものを安く」を続けていたら、間違えなく、日本から自動車製造工場が無くなるでしょう。
    • good
    • 0

可能性は大きいですね。


すでに国産車は白物化まっしぐらです。
この路線ならやがては新興の追従者に追いつかれやがては追い抜かれるでしょう。
    • good
    • 0

「又つまらん物を作ってしまった」


で、落ちぶれます。
    • good
    • 0

家電製品とは、ちょっと違うでしょう



家電製品は、開発し発売した初期モデルは、べら棒な価格で発売します。徐々に量産化が進み
コストも下がり 小市民が買える価格になります。
液晶も ブラウン家並みの生産コストで 作れる様に なったのでしょう。

車は、発売当初から べら棒な価格で売りだしません 価格変動が少ないと言える商品でしょう
昔の車より 今の車の方が生産コスト低減は 進んでいますが 躯体装置 ABS、パワステ、エアバックなど 昔には無い装部が +加わっている面で 価格は上がってます

今後も HVエンジ+モーター EVモーターと 機構が新たな物になるので価格が 下落も 考えにくいです。

現状行なわれているのは 海外生産で 生産コストを下げる努力です。 
価値が下がったから 価格が下がるのではなく 
価格を下げる様に見せ 海外で 安い人件費と 安い部品で組み立て 利益を多く出せるよう努力していると 考えます。

高齢化と少子化 若者の車離れで 国内販売台数は下がってるので 1台当たりの 利益率も上げないとまずいと 必死
    • good
    • 0

 なると思います。



 でも、海外生産しても企業は黒字を出せますし、消費者は安いクルマに乗れます。

 一般の消費者にとってはメリットが多いのでは。
    • good
    • 0

いや、すでになってますし・・・。



日産は見切りをつけてマーチをタイで作ってます。
もっとも、洪水で苦労してるようですが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング