映画「キングコング対ゴジラ」1962年制作で
東京にやってきたキングコングが走行中の電車を鷲掴みにして、乗客を振り落し、車両を放り投げるという場面がありました。
もし乗客が死傷した場合は、誰の責任ということになるのでしょうか?
状況としてゴジラと一戦終えたキングコングが高崎から東京に向かっているということが周知され、
人々が避難している最中の事件でした。
1.キングコングは災害と同じ扱いなので自己責任。
2.危険な状況で運行を決行した国鉄の責任。
3.千葉に上陸したキングコングをゴジラと対決させるため放置しておいた国(自衛隊)の責任。
4.国の許可もなくキングコングを南方の島から曳航してきて、海上で逃げ出されるという失態を冒した製薬会社とテレビ局の責任。

又、こういった場合の責任の範囲という考え方は、1962年当時と現在とで違ってきているのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 私はこの作品を観ていないのですが、ちょっと面白そうな内容なのでお答えします。

あくまでも私個人の答えですので、100%正しくはないとは思えますので参考程度にして頂けると…。

 ます4は文句無しに黒でしょう。人間の手に負えない猛獣(?)を政府の許可無しに連れてくると言う行為は『愚行』としか言いようがありません。なので彼らの責任は60%程かと。

 では残り40%は、2に30%、3に10%かなと。
 これは、電車などの交通に関しては、このような非常事態ですから、まず政府から運行停止命令が出るのではないかと思います。それを強行運転するのはある意味『命令違反(国家反逆?)』 ですから…。
 それに3はやむを得ずの対応だったと政府は公表しそうなので、これくらいの率なのではないかと思います。

 1に関しては、責任はないでしょう。戦争や災害時に逃げるのは当然ですし、その最中に被害に遭うのは仕方ないかと。むしろ警察や自衛隊などを出動させ、誘導しない国家に責任があるでしょう。


 あと現在では、国際条約などで巨大生物(この場合キングコング)を勝手に輸送してはいけない等のような棄却が制定されている可能性もありますね。
 あとは自衛隊から米軍などへ支援要請があり、被害規模も小さいかも知れません。
    • good
    • 0

>以上の状況を踏まえれば、責任問題はかなり複雑になると推察します。



簡単です「所有者が責任を負います」
    • good
    • 0

基本的に損害賠償は...その損害を与えた者が責任をとる



動物の場合はその所有者が責任をとる

今回の場合は所有者が製薬会社ならその会社でしょう

この動物が「ゾウ」で製薬会社が輸入してくる途中で逃げられ、踏まれた場合と同じでしょう

東京に逃げてきた「ゾウ」が走行中のタクシーを踏みつぶし、乗客を振り落し、タクシーを鼻で放り投げた場面。

1.災害では無い
2.危険とは思って居なかった
3.攻撃したが効果が無かった後のお話
4.製薬会社が所有者でテレビ局は撮影していただけ

この回答への補足

補足させていただきます。
ゴジラは北極で覚醒、米潜水艦を撃沈、米軍基地を蹴散らして、松島湾から上陸、自衛隊が迎撃するも歯が立ちません。
キングコングは筏で曳航され、日本近海まできたところ、自衛隊のヘリが飛来、キングコングは危険動物とみなされ、入国禁止が通達されます。
そのときキングコングが覚醒、万一の場合に備えた爆破装置を作動させますが、キングコングは海へ逃れ、千葉から上陸します。
自衛隊はキングコングが動物的本能によりゴジラと対決するであろうと予想して、キングコングをわざと攻撃しませんでした。
両者は中禅寺湖で激突、ゴジラの火力に圧倒されたキングコングは逃げ出します。
そしてキングコングは高崎から東京へ乱入。夜になって件の列車鷲掴み事件が起こりました。
東京の駅は避難する人でごったがえしており、そのせいでヒロインは恋人とはぐれ、キングコングに捕まってしまいました。
猶ゴジラも東京方面へ向かったのですが、自衛隊の百万ボルト電線に阻まれ、富士山方面に歩を転じます。
キングコングは電線を突破して東京に到達しました。
キングコング捕獲を命じたのは、製薬会社の宣伝部長です。
もっとも最初からキングコング捕獲を命じたのではなく、南の島の魔神が目覚めたという風聞を聞いて、
テレビ会社の社員二人に捕まえにいかせたのです。
製薬会社はあるTV番組のスポンサーで、そこに魔神を登場させたかったのがその理由。
TV社員二人は、スポンサーには逆らえない状況です。
社員二人は偶然キングコングを発見、キングコングが島人の眠り薬を飲んで眠ったので捕獲できました。
以上の状況を踏まえれば、責任問題はかなり複雑になると推察します。
ちなみにこの映画は観客動員数1255万人(当時歴代2位)を誇り、2度リバイバル上映されています。

補足日時:2011/11/01 21:02
    • good
    • 0

真面目にかんがえるかな。

1)なのかな、とかおもいます。オウムの事件と同じで、何らかの方策を国が打ち出すのでは、とおもいます。通勤中なら、労災とかね。
    • good
    • 0

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q立体駐車場 よその子の死傷を防止するためボタン固定運用をやめるべきか?

マンション等の立体駐車場における子供の死傷事故の対策として、
消費者庁・国土交通省が注意喚起シールを配布することにした、とのニュースを見ました。

私は、マンションの立体駐車場を使用しています。
パレットを2段上げるのに90秒、降ろすにもやはり90秒かかり、
ボタンから手を離すと止まってしまうので、
その間、押しっぱなしにしている必要があります。
これは、やってみるとなかなか面倒で苦痛な作業なので、入居後間もなく
ボタンを押しっぱなしにできる道具を購入し、これまで数年間使用してきています。
これがあると、パレットの上げ下げ時に操作盤に張り付いている必要がなく、
車内で待っていられるので、暑いとき、寒いとき、雨のときなど、とても便利です。

目を離した我が子が挟まれているのに気付かず、ボタンから手を離して
パレットを止めなかったため死傷した、というニュースを時折耳にしましたが、
どうせスマホにでも夢中になっていたのだろう、馬鹿な親だ、
くらいにしか感じていなかったのですが・・。

こういうことが大々的に取り沙汰されると、周りの目が厳しくなると予想され、憂鬱です。
我が家には子供がおらず、妻は運転をしないので、駐車場へ足を運ぶのは私だけ。
私の不注意で大事な家族を傷付ける可能性は、完全にゼロです。
しかしながら、私が車内でパレットの移動を待っている間に、
よその子が入り込んできて死傷する可能性は、ゼロではありません。

恐らく、そういう状況において、その子が死傷した場合、私は業務上過失傷害、或いは
業務上過失致死に問われることでしょう。
しかし、そのようなことはまず起きない。
ゼロではないが、ゼロとみなして差し支えないと考えられます。
ならば、「ゼロとみなして差し支えない」頻度の、危険場所で我が子から目を離すという
「他人のミス」に備えて、パレット上げ下げの利便性を『毎日』放棄せざるを得ないとしたら、
私としては釈然としません。
火事になるかもしれないから家の中で火を使うのをやめてくれ、と同じレベルだと思います。

少なくとも、マンションの駐車場契約の中に「ボタン固定は禁止」と追加で盛り込まれるまでは、
自身の利便性を優先し、他の住人からやめてくれと言われても断って使い続けたい
と思うのですが、法的に何か問題あるものなのでしょうか?

マンション等の立体駐車場における子供の死傷事故の対策として、
消費者庁・国土交通省が注意喚起シールを配布することにした、とのニュースを見ました。

私は、マンションの立体駐車場を使用しています。
パレットを2段上げるのに90秒、降ろすにもやはり90秒かかり、
ボタンから手を離すと止まってしまうので、
その間、押しっぱなしにしている必要があります。
これは、やってみるとなかなか面倒で苦痛な作業なので、入居後間もなく
ボタンを押しっぱなしにできる道具を購入し、これまで数年間使用して...続きを読む

Aベストアンサー

>周囲をいらぬ危険にさらしたとして、実際に他人を死傷させる前に、
私が法的に使用中止に追い込まれるようなことはあるのでしょうか?

はい、労働法の安全管理基準に明確に違反します。自動車はプライベート利用でも業務扱いですから、車を出し入れするために駐車パレットを操作するのも「業務」に含まれます。

業務である以上労働法に抵触します。

そもそも、安全装置、または緊急停止装置がついているものについては、機械が稼動している間は人間が目視し、緊急時には安全装置または緊急停止装置を作動させて停止しなければなりません。質問者様のところの駐車場はその安全装置として「人間が押し続けること」を選択した装置になりますので、それを機械に代行させている時点で「安全管理上、重大な過失がある」とみなされます。

ただ、この労働法がどこまで有効か、といえば難しいといわざるをえないところもあります。

>ならば、「ゼロとみなして差し支えない」頻度の、危険場所で我が子から目を離すという「他人のミス」に備えて、パレット上げ下げの利便性を『毎日』放棄せざるを得ないとしたら、私としては釈然としません。

この言い方は非常に誤謬に飛んだ書き方であり、実に無責任であるといわざるをえません。
この言い方ならたとえば「私が自動車を運転して、死亡事故を起こす可能性はゼロに限りなく近い、だからゼロとみなして差し支えないので、保険には入らない」といえるからです。
(日本の免許人口は約8千万人、年間事故死者は約5千人、したがって0.00016の確立、飛行機事故よりも少ないし、宝くじに当たる確立と同じぐらいともいえる)

実際に、免許人口と運転者数そして年間の死者数を比べたときに、私(あなたでも質問者でも)が死亡事故を起こす可能性は確立から言ってほぼゼロです。しかし、だからと言って死亡保険がなくてもいい、とは考えないでしょう。

また
>火事になるかもしれないから家の中で火を使うのをやめてくれ、と同じレベルだと思います。
これも間違った認識です。実際には、家の中で火を使うことは禁じられています。だって、家の中で焚き火をするひとはいないでしょう。「条件なしの裸火」はもちろん禁止ですし、本来家の中で使えるのは「安全装置がついていて、耐火構造で安全をさらに確保している台所のコンロ」だけです。後は灰皿を確保した上でのタバコ、安全装置のついている携帯コンロ、ぐらいのものでしょう。
 さらに家の壁などは準耐火構造か耐火構造ですし、最近は個人宅でも火災警報器が義務ですし、消火器もそなえることが推奨されています。
つまり「万全の備え」を2重3重にしたうえで「台所だけOKよ」というのが本当のところであり、素人が知らないところで安全対策は相当にとられているのです(ちなみに私は防災のプロです)


さて、質問者様の行為は、実は2重に危険である、といえます。
ひとつ目は「固定金具を使用すること」ですが、二つ目は「パレット作動時の安全確認を怠っていること」です。どちらかなら、まだ安全性の最終的な担保があります。
 実際に事故が起きれば、この二つの行為は重大な意味を持つでしょう。固定金具を使うことと、安全確認を怠ることは同じではないからです。

質問者様は固定金具でパレットを動かしつつ、車の中で待っているのですよね。私も使ったことがあるので、めんどくささは承知しています。しかし、パレットを緊急停止しなければならないのは、なにも子供などが危険になったときだけではありません。車のドアが開きっぱなしになっていた、とか、地震で危ない状態になった、とか他に考えられる危険はまだまだあります。

そのように考えてみると、私は少なくとも固定金具は使ってもいいから、車からは降りて安全確認は行う、ぐらいはしたほうがいいと思います。

>周囲をいらぬ危険にさらしたとして、実際に他人を死傷させる前に、
私が法的に使用中止に追い込まれるようなことはあるのでしょうか?

はい、労働法の安全管理基準に明確に違反します。自動車はプライベート利用でも業務扱いですから、車を出し入れするために駐車パレットを操作するのも「業務」に含まれます。

業務である以上労働法に抵触します。

そもそも、安全装置、または緊急停止装置がついているものについては、機械が稼動している間は人間が目視し、緊急時には安全装置または緊急停止装置を...続きを読む

Q最高裁で子供の起こした偶然事故、親に責任なしと判決がでましたがこの場合、例えば学校等が責任を問われる

最高裁で子供の起こした偶然事故、親に責任なしと判決がでましたがこの場合、例えば学校や自治体が責任を問われる可能性はあるのですか?
また、被害者側には落ち度はないと思うのですが、この場合誰にも賠償責任はないという結論なのでしょうか?

Aベストアンサー

子供はゴールに蹴ったのであって柵を越えると予想するのは無理があると言う方がいますが、私はそうは思いません。事故の図を見るに道路やゴールに位置関係、柵の高さを考えるとボールが道路に飛び出るのは予想できる範囲であって、恐らく普段から良くボールが飛び出ていた可能性があります。(子供は結構残酷な部分があって、私の小学生時代や中学時代でも、ボールが外へ飛び出るような位置関係でも関係なくボール遊戯をしていました。もちろん私もボールが外へ飛び出るのは知っていましたに周りもそうです)

子供はボールが飛び出ることで事故が起きる可能性は認識しているものの「まあいいや」と考える傾向があります(まあだから子供なのですが)

被害者側の弁護士は当時他の生徒や学校関係者に徹底した聞き込みをして、普段からどの程度ボールが外に飛び出ていたのかなどを調べて、事故を予想できるかどうかを裁判で示せればまた違う結果があったように思います。


ただ被害者側の入院が原因で鬱が発生し死に繋がったなどと飛躍した考え方にもついていけませんが・・。入院が鬱を引き起こしたのなら病院を訴えるべきであって、通常は治療費と慰謝料ですむ話です。

子供はゴールに蹴ったのであって柵を越えると予想するのは無理があると言う方がいますが、私はそうは思いません。事故の図を見るに道路やゴールに位置関係、柵の高さを考えるとボールが道路に飛び出るのは予想できる範囲であって、恐らく普段から良くボールが飛び出ていた可能性があります。(子供は結構残酷な部分があって、私の小学生時代や中学時代でも、ボールが外へ飛び出るような位置関係でも関係なくボール遊戯をしていました。もちろん私もボールが外へ飛び出るのは知っていましたに周りもそうです)

...続きを読む

Q袴田巌さん 耐え難いほど正義に反する状況

四十八年の歳月は あまりにも長すぎた。 裁判官の異例の言及により袴田さんの冤罪が動かしがたいものとして白日の下に曝されました。 やりばのない怒り 腹立たしさがこみ上げます。
証拠品の捏造までして 冤罪をでっち上げた人たちの罪は いつ何処でどのようにして裁定され どのような罪に服されるのか知りたいと思います。

Aベストアンサー

>でっち上げた人たちの罪

これは「罪」とならないです。
犯人だと信じて逮捕し、犯人だと信じて起訴したのですから、当時の警察官でもないし、当時の検察官でもないです。
ただし、「ズボンに血を付け、犯人にしてやろう。」と考えて実行し、その調書を作成し証拠としたのであれば、その者は文書偽造罪となりますが、これは、そのねつ造の日から5年で公訴時効です。
あとは、無罪が確定すれば、国家賠償責任の追及で、金銭の請求はできます。

Q▽外国人による土地購入・登記の制限(又は禁止)国

▽外国人による土地購入・登記を制限(又は禁止)している国、過去に
制限(又は禁止)していた国と言えば、どこの国がありますか?
日本人個人による購入と日本企業による購入のどちらも制限(又は禁止)されている国もあるのでしょうか?出来れば全て挙げて下さい。国内の
代理人(その国の国籍を持っている人)などによる購入も禁止されているのでしょうか?
また出来れば制限(又は禁止)理由も書いて下さい。
わかる方、ぜひ教えて下さい。ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日本の土地を外国人が購入することに制限はないです。(民法3条2項、外国人土地法1条)
しかし、現実に所有権移転登記するには、不動産登記法の規定の手続きをしなければならないです。
特に、買主は「住民票」が必要となっている関係で、現実には日本の国籍がないと住民票はないので、住民票に代わる書類が必要です。
その住民票に代わる書類として、必ずしも日本国籍がなくても当該国で、その書類の発行が可能な国とそうでない国があります。
一般的に国交があれば「住民票に代わる書類」の発行はできるようです。
何しろ、住民票に代わる書類は、その国でまちまちなので、具体的に国名は無理だと思います。

Q【障害年金申請に関する件】事実とは異なる内容が記載された医師からの「受診状況等証明書」について。

皆様、はじめまして お世話になります。

私は10年以上前に「うつ病」を患い、「うつ病」による拒食・アルコール多飲が原因で
「ウェルニッケ脳症」を発症し、現在 後遺症に苦しんでおります。

先日、【障害年金申請】の為に必要な「受診状況等証明書」を
掛かりつけの病院で書いてもらったところ、「発病から初診までの経過」の欄に
「うつ病」に至ったまでの経緯に事実とは異なる内容が記載されてありました。

当証明書を見た後、すぐに病院へ電話し「事実と異なる事が記載されてある。」
「書き直して欲しい。」と申し出たところ、医師は「初診当時の主治医がカルテに書いた内容を
そのまま書いただけで、書き直す事はできない。」と言われ、一方的に電話を切られました。

受診状況等証明書の他に 発症から現在までの経緯を精神保健福祉士へ話し
書類を作成し、年金事務所へ提出しなければならないのですが、事実とは異なる内容の
経緯を伝える訳にもいかず、障害年金申請手続きがストップしており大変困っています。

そこで、お詳しい方への質問なのですが

事実と異なる「受診状況等証明書」は、法的に書き直してもらえない物なのでしょうか?
書き直してもらえる場合、どの行政機関へ申し出ればいいのでしょうか?

お知恵を拝借できれば幸いです。
ご回答のほど、お待ちしております。


【補 足】

記載された事実とは異なる内容は、私のプライドが傷つくような内容で
たとえ年金事務所に守秘義務があるとしても、第三者にそのような書面を見られたくないのです。

事実とは異なる事を、どのように精神保健福祉士に伝え
事実とは異なる「受診状況等証明書」と「発症から現在までに至った経緯の事実」をマッチさせれば
良いのか困惑しております。

皆様、はじめまして お世話になります。

私は10年以上前に「うつ病」を患い、「うつ病」による拒食・アルコール多飲が原因で
「ウェルニッケ脳症」を発症し、現在 後遺症に苦しんでおります。

先日、【障害年金申請】の為に必要な「受診状況等証明書」を
掛かりつけの病院で書いてもらったところ、「発病から初診までの経過」の欄に
「うつ病」に至ったまでの経緯に事実とは異なる内容が記載されてありました。

当証明書を見た後、すぐに病院へ電話し「事実と異なる事が記載されてある。」
「書き直...続きを読む

Aベストアンサー

「初診当時の主治医がカルテに書いた内容をそのまま書いただけ」という医師の言葉が事実であれば、訂正は極めて困難です。

障害年金に関する書類に関してはトラブルが大変多いので、医師は第三者が確認できる資料を元に作成することが一般的です。
この場合であれば、「受診状況等証明書」を書いた医師の判断・記憶では無く、カルテに書かれていることをそのまま証明書を書いているものと思われます。
となれば、証明書の訂正は、カルテの内容の訂正が前提になります。

カルテの内容は、基本的に事実と推定されますので、カルテに書いてあることが事実で無いということを証明することは極めて困難です。
あなたの主張を理由にカルテの内容を訂正することはありえません。(それを許せば、診断書が意味を持たなくなります。)
あなたの主張以外の、客観的事実あるいはあなたと利害関係のない第三者の証言が必要になりますが、どちらも大変難しいでしょう。
さらに、医師あるいは病院が、みずからすすんでそのような証拠を集めるとは思えませんので、あなたが証拠を集めて、カルテに書いてあることが間違っていると証明しなくてはなりません。
これは、多分極めて難しいことと思います。

まずは、カルテ開示請求あたりからやってみてはいかがでしょうか。
ただ、あなたがびっくりするようなことばかり書かれていて、ますますややこしい話になるかも知れませんが・・・

「初診当時の主治医がカルテに書いた内容をそのまま書いただけ」という医師の言葉が事実であれば、訂正は極めて困難です。

障害年金に関する書類に関してはトラブルが大変多いので、医師は第三者が確認できる資料を元に作成することが一般的です。
この場合であれば、「受診状況等証明書」を書いた医師の判断・記憶では無く、カルテに書かれていることをそのまま証明書を書いているものと思われます。
となれば、証明書の訂正は、カルテの内容の訂正が前提になります。

カルテの内容は、基本的に事実と推定され...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報