このカテゴリーでいいのかあれなのですが・・
私の弟が非常にフランスの外人部隊について興味を持っています。先日、入隊されるべくフランスにいってそういったテストを受けたらしいのですが不合格通知がきました。
テスト最中、自分だけ面接に連れて行かれず、お医者さんに連れて行かれ視力検査することになったのですが・・・そこで質問があります。
1.視力が悪いとそもそも、軍隊とはむずかしいのですか?手術してもだめなものですか?
2.一度不合格になったら再チャレンジはないのでしょうか?
3.ほかにも外国人部隊のあるところはあるのでしょうか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

不合格通知が着たというのがひっかかりますね。

私の知る限り、合格・不合格ともにその場で決まると思うのですが。

参考URL:http://www.taisa01.com/how%20to%20join.htm
    • good
    • 0

視力とは違うのですが…。


十分勉強されてからの渡仏でしょうから、すでにお読みかとも思われますが、フットワーク出版社発行「柘植久慶の最強兵士への道・フランス外人部隊完全入隊マニュアル」を読むと試験前からその後までの具体的なイメージが出来るのではないでしょうか。
8年前の本なので現在では多少変化もあるでしょうが、体力の次に必要なのは仏語力みたいです。
    • good
    • 0

再登場です。


私の場合はずっと以前に某アジアの国の正規軍で、止む無く対ゲリラ戦を目的とした教練を受けたことがあります。それも2カ国で‥。
射撃や銃器の取扱については、それ以前にこなしていたので全く問題はなかったのですが、実戦を想定した訓練は非常に過酷だったことは生々しく覚えています。

yamasa24さんの弟さんは自衛隊経験もあり、空手の腕も確かなのですネ‥
そして、その上で職業軍人としての人生を選びたいということなのですネ。
私は志願して従軍したわけではないので、フランス外人部隊の志願方法は詳しく分かりませんが、PR力も大きかったのではないか、つまり、言葉の壁があることで、自分の売り込みが十分にできなかったのではないかと想像します。とりあえずは英語、そして、フランス語を勉強する必要もあるでしょうネ。

視力については、外科的手法による改善も出来ますが、現在のところ、少々リスクが大きいと言わざるを得ません。手術を伴わない視力回復プログラムもあったかと思いますので、そちらを試されるのも良いでしょう。
そして、夢をかなえるべく、再挑戦されるのも良いでしょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 2

やはり何らかのキャリアがないと、実際の場面で難しいと思います。

テスト自体は体力検査なので、それほど問題ではないといいますし。

1.とりあえず、志願するときだけ何とかなれば良いようです。普段、眼鏡かけてる人もいるそうですし。
ただ、視力が悪いのは軍隊では、一般的に有利ではないでしょう。

2.全然大丈夫です。
そもそも、募集するところが一箇所ではないので、どこかで落ちたら、別の場所で応募する……なんてのも有りだそうで。

3.あると思いますが……。言語の問題に加えて、国によっては即戦力を期待されますので……(どちらかというと「傭兵」という感覚になるかも)。
たぶん、フランスなんかはまだイイほうですよね(新兵訓練なんかもちゃんとあるそうだし)。

たぶん弟さんは御存知なのではないかと思いますが、毛利元貞さんという、その世界では有名なかたがいらっしゃいまして、いくつか著書もあったと思います。セミナーなんかもやってらしたと思いますので(最近はボディーガード系らしいですが)、実際に海外で活動することがどんなものなのか、著書やセミナーで体験なさるのも良いのでは?

あと、サバゲー(サバイバルゲーム)やってる人なんかに結構経験者がいたりしますし、その方面詳しいかたもいらっしゃいますので、レアな情報はそういうところから入手することも出来ると思いますよ(そのテの雑誌を読めばサバゲーに対しての情報は簡単に入手出来ます)。
    • good
    • 0

まずはご質問への回答を;


1.多少の不利はありますが、パイロットなどの特殊な職務以外では問題はありません。もっとも矯正により程々の視力が得られるという条件ですが。
2.再チャレンジはできます。キャリアを積んで再応募することは珍しくありません。
3.PLO、イスラエル、コンゴ‥多くの国で外人の応募を受け付けていますが、現地の言葉がネイティブなみでなければならないことは当然のことです。また、これらの軍は即、実戦投入ですから、命の保証はできません。入隊翌日死亡ということもありえます‥

yamasa24さんの弟さんは自衛隊等でのキャリアをお持ちなのでしょうか?
軍事経験がないとすれば、空手の世界選手権で上位に入るような武術経験があるのでしょうか?
或いは、爆発物に関しての専門教育を受けられたプロなのでしょうか?
単に興味があるというだけで、軍隊に入ることはお勧めできません。
フランス外人部隊ではありませんが、他国で軍事教練を受けた経験から、実戦を想定した軍隊というものは中途半端なものではないことを知っています。
訓練中に死亡事故が起きることも珍しくありません。
実戦においては言わずもがなのこと‥
どうしても軍隊経験を積みたいのであれば、まずは自衛隊へ入隊されるべきでしょう。
そして、なおかつ意志を貫きたいと思われるならば、キャリアをつんで除隊してから再チャレンジされることをお勧めします。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ちなみにうちの弟は、自衛隊に3年ほど入隊しており、その後空手教室で働いていて県の大会にでもでているので本人としては、テストの時に軍事経験がない人や体力がなさそうな人が合格したのが不服らしく、原因は視力にあるのではないか・・・と結論に達したらしいです。ちなみに言葉はまったくダメです。
kawakawaさんはどういった軍事訓練をうけられたのでしょうか?

お礼日時:2001/05/03 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海軍の飛行部隊、空軍の飛行部隊

軍隊において海軍にも航空機部隊があり、当然空軍にもありますが所属部以外に、大きな違いはあるのでしょうか?
ちなみに一般的にどちらが優秀とか、優位性があるとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

優秀かどうかでなく役割の違いですね

空軍は 基本的に自国の陸地の基地を拠点に 防空や迎撃が任務です つまり基本的には 相手が攻めてきたら守るのが役目です
相手が 飛行機なら 空対空ミサイルをもった要撃機
船なら 対艦ミサイル 搭載の攻撃機
戦車なら 対地爆弾装備の攻撃機になります

海軍は基本的に 空母からの発進
つまりは攻撃が主任務になります
内容は 上記ですが・・

防衛を主眼に置いた空軍か 攻撃が主任務の海軍航空隊かの役割の違いです

ちなみに アメリカの場合は海兵隊の方がエリートとして見られています

Q731部隊や、それに変わる外国の部隊

731部隊に変わる外国の組織はどのようなものがあったのか教えてください。
特に、ナチはどのようなことをしたのでしょうか?それは現在の医学にどのように役立っているかも教えていただけると嬉しいです。

そもそも、731部隊といわれる生体実験をする組織は本当にあったのですか?
南京虐殺や慰安婦強制連行のように、ありもしないものが当たり前のように「存在していた」とされて教科書にまで載る国なので、「残虐だった」などと言われても全く信じられません。

史料は残っているのでしょうか?


ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前に回答したところから一部流し込みます。
現在役に立っているかなどの回答が含まれないので「参考」とします。

部隊の本当の名前は関東軍防疫給水部です。
もちろん部隊は本当に存在しましたし、公的な証拠もあります。
証拠が無いのはこの部隊が「人体実験など」国際法違反とされる
各種実験を中国人相手に行ったとされる点です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A
(悪意のある書き方になっていますねぇ)

元々、満州の地は非常に疫病とそれを媒介する宿主生物となるネズミ
やノミ、蚊などが多く、移民を入れ軍を駐留させるには環境の改善が
必要でしたから、このような部隊を置くことは当然でした。

余談ですが、台湾でも同じように疫病が蔓延していましたが、日本統治
時代にほとんど撲滅しましたが、中華民国軍が入り込んでからまた蔓延
するようになりました。台湾は当時日本の一部でしたから国を挙げて
対策が打てましたが、満州はまだ外国でしたから軍として駐留するしか
方法がありません。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog303.html
の中で「■5.清浄の思想を持たない中国人■」参照


この部隊が南京のようにあからさまに騒がれていないのは、話の始まり
が「悪魔の飽食」などフィクションとわかっているからだと思います。

悪魔の飽食
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%B0%AD%CB%E2%A4%CE%CB%B0%BF%A9/detail.html?from=websearch
-----記事の一部抜粋-----
元隊員であったという人物から提供されたとする写真を、新発見として続刊に掲載したところ、
その大半が偽物であることが判明した。この問題により光文社版は続刊を含むすべての版が回収され、
絶版となった。その後、問題写真を削除した上で、角川書店より新たに出版された。

また、初版とそれ以降の版を比べると、矛盾していた証言が整合性を持つように変更されているなどの
差異があるが、ノンフィクションとされているにも拘らずそれらの変更点、およびその理由は一切明示
されていない。
--------ここまで-----------------

よく「人体実験を行った」などと最初から「日本悪し」で書かれているもの
を見ますが、これらも結局は裏付け資料がありません。
また、一部そのように言われている資料も全文公開されていないなど証拠能力
に疑問が持たれます。

以前に朝日新聞が、いわゆる「従軍慰安婦」問題で「軍の関与を示す文書発見」
とぶちあげ、よく読んだら「悪い業者を取り締まれ」といった「良い関与」
だったりしますから、これらの証拠と言われるものもよく読んだら末期患者に
新薬投与だったりしかねません。

B (biological) - 生物兵器
C (chemical) - 化学兵器

これらはBC兵器などと呼ばれたりしますが、もちもん国際法で禁止されて
います。しかし、これらのBC兵器は、「貧乏国の核兵器」と呼ばれるほど
コストパフォーマンスが良いため、実際にはどの国でも持っていたし、
今でも持っています。当時の日本でもそれらの兵器が使われた時の対応と
して基本的な研究は必要でした。

つまり、ある意味、どの国でも当然のごとく研究していたことを、
また「日本だけ悪いことをしていた」という論調で言われているのが現状です。

以前に回答したところから一部流し込みます。
現在役に立っているかなどの回答が含まれないので「参考」とします。

部隊の本当の名前は関東軍防疫給水部です。
もちろん部隊は本当に存在しましたし、公的な証拠もあります。
証拠が無いのはこの部隊が「人体実験など」国際法違反とされる
各種実験を中国人相手に行ったとされる点です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A
(悪意のある書き方になっていますねぇ)

元々、満州の地は非常に疫病とそれを媒介する宿主生物となるネズ...続きを読む

Q自衛隊を二分化!戦闘部隊と災害部隊にしちゃったら?

こんにちは
自衛隊さんのお仕事なども大変だと思いますが
素朴な疑問で災害救助と防衛任務を同じ自衛隊がやるのは凄く能率悪いと思いませんか?

だから中途半端になって「税金泥棒」などと呼ばれ「ろくに訓練もしてないで
戦争になったら大丈夫か?」と言われるのだと思います
なにも全員に戦車や小銃の操作教える必要ないと思います
災害救助と戦闘防衛部隊に分けて編成募集して細分化させたほうが
効率いいと思いませんか?
いつ戦争が始まってもいいように備えるのは必要だと思いませんか?

Aベストアンサー

こういう回答のし方は質問の主旨からずれてしまうかもしれませんが、一つの意見として聞いて頂ければありがたいのですが。

自衛隊を二つに分けるというのはかなり難しいと思います。日本人は軍隊アレルギーが強いですから、「自衛隊」「憲法」という話になると、なかなか決着しないと思います。おそらく憲法についての議論は永久に続くでしょうし、自衛隊も政府がいろいろ解釈をつけてどんどん海外に出て行くでしょう。たぶん基本的な解釈は何も変わらないままです。
海上保安庁に特殊部隊があるのはご存知でしょうか。原発での放射能廃棄物の再処理に、海外に船で輸送するのにテロリストの略奪を恐れた保安庁が、密かに武装した特殊部隊を船に乗せていた。という話ですが、最近公になってきましたが、かなり前からやっていたようです。なんでも訓練はアメリカのシールのOBが担当していたようで、日本最強ではないかと言われています。これに対して国民が抗議したとか、反対運動をしたとかというのは聞いた事がありません。
それに触発されて警視庁も特殊部隊を組織して、少年によるバスジャック等に出動しましたが、その時参加した隊員は「我々の武器ではダメだ。自衛隊にすぐ出れるようにして欲しい」と言ったそうです。
当の自衛隊はどうかと言うと、極秘裏に特殊部隊を編成して訓練しているようです。元々特殊部隊は極秘のものでしたが、最近海外のものがやたら人気が出て、大っぴらになって来ました。そういう意味で自衛隊の特殊部隊は遅咲きでしたが、特殊部隊らしい感じがします。

何が言いたいかというと、必要と思われるものは創られているという事です。世の中真面目に生きている人も多いので、そういう人は何と言われようと無言でやっています。
そこでfuyutukiyayoiさんの案なんですけど、妥当であればとっくに具体化していると思うのです。しかし本当のところ、日本人は自衛隊も、憲法も変わる事は怖いのだと思います。fuyutukiyayoiさんが、プロの軍隊、プロの救助隊が必要だと思われているのはなんとなく分かりますが、それでしたら、「自衛を・・・」と言われたのではまず無理だと思います。
それより「本格的な救助隊を創って欲しい」と言うような声を上げられた方が、軍隊色がなくて国民に受け入れられ易いし、そういう事を考えている政治家もいるのではないでしょうか。

とにかく自衛隊を分けるというよりは、実現し易いと思うのですが、いかがでしょうか。

こういう回答のし方は質問の主旨からずれてしまうかもしれませんが、一つの意見として聞いて頂ければありがたいのですが。

自衛隊を二つに分けるというのはかなり難しいと思います。日本人は軍隊アレルギーが強いですから、「自衛隊」「憲法」という話になると、なかなか決着しないと思います。おそらく憲法についての議論は永久に続くでしょうし、自衛隊も政府がいろいろ解釈をつけてどんどん海外に出て行くでしょう。たぶん基本的な解釈は何も変わらないままです。
海上保安庁に特殊部隊があるのはご存知で...続きを読む

Q米国の軍隊入隊促進ポスター

この前テレビを見ていたら
米国の軍隊へ入隊を進めるポスターがあり
白人の白髪のおじいさんみたいな人がこちらを指さして
いるポスターがありました。これの意味と、このポスターの名前を教えてください

Aベストアンサー

正面からこちら(ポスターを見ている人)を指差して「志願しよう!」と呼びかけるポスターですね。志願兵募集ポスターとしては非常に人気のある図柄で、たしか第一次大戦のとき、イギリスでキッチナー首相をモデルに使ったのが第1号だったと思います。ソ連の「赤軍兵士募集」ポスターにも同じ絵柄のものがあって、あちこちで真似されているのを知りました。名前というのはとくにないと思いますけど……

Q一度でも入隊した元自を法改正で強制召集する難易度

予備自衛官は震災の時、呼びかけに応じず来なかった人が104人、全体の0.4パーセントもいたそうです。
思ったのですが、人生、一度でも自衛隊に入隊したことがあってかつ任期満了したことある士や、曹学校や幹部学校をちゃんと出たのに数年で辞めた軍曹や幹部を一生、緊急事態にはちゃんと集合しないと罰則がありますよ、と。彼らを戦力としてカウントする難易度はどれくらいでしょうか。
徴兵制よりも体力的によほど現実的な気がします。一般人だと運動神経がどれだけ高くても集団生活になじめない人が一定数いますが、自衛隊で2年過ごせた人なら予備自衛官になってない単なる元自衛官でもそれはあり得ません。平和なときにあえて自衛隊に入隊してるのだから国防に対する意識もかなり高いと思われます。
集団的自衛権は解釈変更で問題なかったみたいですが、有事、元自衛官の徴兵や、一般人の徴兵は解釈変更で可能でしょうか?

Aベストアンサー

> 予備自衛官は震災の時、呼びかけに応じず来なかった人が104人、全体の0.4パーセントもいたそうです。

0.4%しかいなかったというのが正しいでしょうね。呼びかけられても病気・怪我や、そもそも連絡がつかなかったりしますから、この数字はかなり立派だと思います。

自分で確認でき、大金が貰える宝くじでさえ、例えば昨年の年末ジャンボ宝くじ1億円以上180本のうち16本、実に8.9%が換金に来ていません。


> 一生、緊急事態にはちゃんと集合しないと罰則がありますよ、と。彼らを戦力としてカウントする難易度はどれくらいでしょうか。
> 集団的自衛権は解釈変更で問題なかったみたいですが、有事、元自衛官の徴兵や、一般人の徴兵は解釈変更で可能でしょうか?

憲法違反(18条又は22条違反)なので改憲が必要ですから、ハードルは限りなく高いですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報