良し悪しは別として公務員は民間(慶応大)の仕事は出来ないのではないですか。以前、国立大(一橋)教授による民間(ソニー?)兼業が認められずに大学を辞めるということがありました。これと同じなのではないですか。それともボランティアでゼミを続けるのでしょうか。単純に法律問題として認められるものなのか教えてください。

A 回答 (2件)

おそらく問題にされているのは国家公務員法第103条・第104条の規定のことだと思いますが、まずそもそも国務大臣や国会議員は同法第2条3項により国家公務員の中でも「特別職」に位置づけられるため、基本的にこの法律の適用対象外です。


そのため、過去の例として引き合いに出されている「一橋大教授(一般職)を務めたままのソニーとの兼業」の例とは根本的に異なります。

ですので民間企業の役員等を務めながら大臣職・議員職を務めること自体、そもそも国家公務員法に違反する行為ではありません。
その上さらに竹中氏の場合は所属が学校法人(慶応大)であり、同法で一般職の国家公務員について就職等が制限される「営利企業」に含まるかどうかも疑問ですから、何ら兼業に法的問題は存在しないと考えるべきでしょう。

参考URL:http://www.urban.ne.jp/home/nob/kokkou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般人の方とは思えぬ詳しくて的確なご回答ありがとうございます。私は法律のことは漠然としかわかりませんが、あなたのご返事でなんかすっきりしました。

お礼日時:2001/05/04 01:07

ご質問の趣旨からはずれますが、竹中教授の大臣就任については、法律的視点以外から関心があります。



いままで授業をほったらかしにしたかどうか知りませんが、やたらとマスコミに出演したり、政治家や企業の”参謀”的ポジションに執着している教授がいます。

かれらの言ってることは、学説に基づいた政策論は分かるのですが、実際に何をしろと求められたときに、トーンダウンして抽象的になってしまう特徴があると感じています。

ですから彼が、実践の場合にどういう現実的指導力が発揮できるのかに、注目しようではありませんか。その意味では、竹中教授は、1つの実験台だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。竹中大臣にはご自身の学説実証のためでなく国民の幸せのためにがんばってもらいたい。

お礼日時:2001/05/04 01:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公立国立大学教員の兼業では逐一休みを取るのか?

大学教員(公立・国立の場合)が、事業場外で報酬をもらう兼業を雇用主から許可をもらって行う場合、その日はいちいち年休を取って行っているんでしょうか。(なお兼職ではありません)
業務内容が社会貢献などで許可が出ている場合です。ネットでそういった規定を見ても、そこまでは書いてないように思います。
もし根拠等があればそれとともに教えていただければ納得できます。

また、いわゆる他大学の非常勤講師として事業場外で働く場合(報酬有り)は特によくある話でしょうが、その場合も授業ごとにいちいち年休を取って出かけているんでしょうか。不思議です。

Aベストアンサー

大学教員が年休を取るということは教育職としての定めはありますが、現実には聞いたことがありませんし、経験もありません。休暇届けなど聞きません。自分の担当する授業や会議に支障をきたさなければ、学部長や学科長に不在を告げるだけです。

大学間で人的資源の共有とか融通し合いとかあり、非常勤講師として他大学の教育に参加しても年休など取りません。大学教員が社会から共通資源と見られている面があるのです。
社会貢献などの場合は、地元地域での教育活動(一般向け、小中高向け)や自治体の委員会の会議などは基本的に無報酬です。それらも社会貢献ですね。

また、大学教員の研究・教育は365日、週7日、一日24時間継続しますから、ある意味で裁量制です。国民の祝祭日、夜間、など勤務しても休日勤務手当などありません。とくに、学生募集のオープンキャンパスとかはもっぱら土日に開催されますが、振替休日も無いし、残業手当など認められていません。
あまりにいい加減に見える面もありますが、年休は無意味なのです。

学生の夏休みや冬休みは研究活動の期間です。昼夜分かたず没頭しますから(残業や深夜手当などあるはずがありません)、「年休って何?」という世界なのです。

大学教員が年休を取るということは教育職としての定めはありますが、現実には聞いたことがありませんし、経験もありません。休暇届けなど聞きません。自分の担当する授業や会議に支障をきたさなければ、学部長や学科長に不在を告げるだけです。

大学間で人的資源の共有とか融通し合いとかあり、非常勤講師として他大学の教育に参加しても年休など取りません。大学教員が社会から共通資源と見られている面があるのです。
社会貢献などの場合は、地元地域での教育活動(一般向け、小中高向け)や自治体の委員会の会...続きを読む

Q「民間→民間」でも贈収賄罪って成立するのでしょうか?

よく新聞に県や国の職員、議員が
民間の業者から賄賂をもらって、見返りに何々したかどで、
贈賄収賄罪で警察や検察に逮捕されるといった記事が載りますね。

この場合「民間人→公人」にお金が渡ったわけですが、
では「民間人→民間人」にお金が渡って、見返りに何々した、
といった場合でも贈収賄罪って成立するのでしょうか。
成立してかつ警察に逮捕されるってことあるんでしょうか。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

>では「民間人→民間人」にお金が渡って、見返りに何々した、
>といった場合でも贈収賄罪って成立するのでしょうか。
 賄賂罪は公務員(みなす公務員も含む)及び仲裁人にしか成立しません。こういう犯罪を「身分犯」といい、「公務員」という地位のことを刑法では「身分」といいます。例えば偽証罪は「宣誓した証人」というのが身分の身分犯ですから、証人以外の人には成立しません(まあ、そもそも実行行為を行えませんが)。
 賄賂罪は「公務員の職務の公正さ」を守るため、ひいては「公務員の不公平な取り扱いで国民が不利益をこうむる」ことから守るための罰則ですから公務員がらみのみを罰すれば足りるのです。

Qスピード違反の取り締まりについて(認められない速度違反を認めたくないときは?)

先日、環状八号線にて、スピード違反にて取締りを受けました。
しかし、確かに私の走行速度は制限速度60km/hのところを
100km/hくらいにて走行していました。
パトカーより停止命令をされ、パトカーに乗り込むと
130km/hという速度で追尾のメータがホールドされていました。
そして、パトカーに乗り込むや否や、「君はこの速度で走行してたからね。わかった。」
とかいわれました。
私はその速度を認めることはできない、と言ったのですが、違反切符と、印刷した紙を貼った書類にサインを求められましたが、拒否をしました。
そして、その後供述調書を、
「言いたくなければ言わなくていいですから。」
といい、書き始められたので、質問には答えないでいると、
「黙秘するのね、じゃぁ、こっちにだって方法はあるんだから。」
といわれて、サインも何もせずに帰されました。
警察官の方は感情的になっており、
切符のサインを拒否すると、
「反省しているんだったサインしろ」とか、
「(サインしないんだったら)お前みたいに反省
しないやつからは免許取り上げなんだよ」
などといわれました。

そして、後日その取締りをした交通機動隊員から
電話がかかってきました。
「検察庁に書類を送ったんだけど、調書がないから
書類が返却されたので、調書を取りに来てくれ」と
言われたのですが、僕は納得できないからサインを
しなかったし、検察庁に拒否されたのに、
これから調書を取ろうとしていることに納得いきません。
こういうことは現行犯時に認めなかったら、
意味がないと思うのですが、これから出頭しろ
といわれていることを拒否したりしたどうなるのでしょうか?
現場にて、「お前が、出してたからって言っているだろう」
と、納得のいく説明も受けられませんでした。
今後の対応について、どうしたらよいのか教えてください。
よろしくお願いします。

先日、環状八号線にて、スピード違反にて取締りを受けました。
しかし、確かに私の走行速度は制限速度60km/hのところを
100km/hくらいにて走行していました。
パトカーより停止命令をされ、パトカーに乗り込むと
130km/hという速度で追尾のメータがホールドされていました。
そして、パトカーに乗り込むや否や、「君はこの速度で走行してたからね。わかった。」
とかいわれました。
私はその速度を認めることはできない、と言ったのですが、違反切符と、印刷した紙を貼った書類にサインを求められましたが...続きを読む

Aベストアンサー

まず正式な流れから説明します。現場で違反を認められないときは、切符にサインせず、何故認めないかの調書を書く必要があります。この調書は後に検察庁に送られ起訴に値するかどうかの判断時に参考になるでしょう。

ですから調書がないと検察で受け取らないのは当たり前です。たとえ黙秘であっても調書は必要なんです。それを警察官がビリビリに破いて調書を取らなかったなんて、それはあきらかに警察のミスです。

この件はあなたにとってラッキーでもしかしたら違反自体がなかったことになるかもしれませんよ。
それは警察官がキレて調書を破いてくれたことです。
この警察官はバカなことに自分で破いたんですよね。ということは書類に不備があって検察庁に返されるのも当たり前です。でもそれはあなたの責任ではありませんから出頭する必要もありません。

検察庁は受け取ってくれない、あなたは出頭してくれないであなたの書類はきっと中に浮いている状態なので処分しようがないのです。現場の警察官はきっと怒られて困っているでしょう。あなたがその警察官に対して困っているのを見過ごせないような優しい性格の持主ならばただちに警察署に駆けつけるべきです。まあそれは冗談として、そのためその警察官は必死になってあなたに調書を書かせようとしてきます。脅しやなだめたりすかしたりしてくるでしょう。でもそんな手に引っかかってはいけません。あくまでも向こうのミスなんです。「警察官が自分で調書を破いたのだ」と言って拒否すればいいのです。

もっともあまりにしつこいようだと上司(課長以上、できれば署長がいいかも)に当時のその情況(現場の警察官がビリビリに破いたということ)を話したらどうでしょう。ただでさえ警察不信の報道がされている昨今それ以上の追及はしないかもしれません。その上司にいってもだめなら「このことをマスコミに話す」くらい言ってもいいかもしれません。だってあくまでも向こうがかってに調書を破いたんですから、あなたは正当な手続きに基づき拒否しただけなんですから。それを今更何だ!といってやりましょう。

まあ仮に調書を作成することになったときのアドバイスを。調書は警察官が書くので、自分の都合のいい表現や言い回しになります。しかし本来は警察官の意思には関係なく被疑者の言い分をそのまま書くのが原則ですから、気に入らなかったら何度でも「ここはこういう風に書いてくれ」と主張すべきです。「当時100キロは出していたが130キロでは絶対にない」ということも正直に書いていいでしょう。もちろん今回の警察官のキレぶりや応対、そして自ら調書を破いたことは絶対に書いてもらわなければなりませんよ。それにたいする不信感も。つまりそんな警察官の取り締まりに信憑性があるとは思えないというような内容に。

例え警察官が「そんな事実はない」といってもこれはあくまでもあなたの言い分が記される調書なのですから、あなたが思ったことを書けばいいのです。
書式は決まっているのであなたが書いた原稿を持っていって「このとおりに書いてくれ」と書き写してもらうのは問題ありません。それに取り締まり時の時刻や情況は警察の方で書き入れます。

検察庁に送られてあなたの主張が認められれば不起訴となり処分はされませんが、もし起訴されれば裁判になります。まあ裁判になる確率は少ないですが、例え裁判になったとしても最初に払うべき罰金と多少の印紙・手数料等の出費で済みますからやってみる価値はあります。ただ何度も裁判所へ足を運ばなければなりませんので時間に余裕がないとダメですが。

もし事態が変わったりわからないことがありましたらまた補足ください。

まず正式な流れから説明します。現場で違反を認められないときは、切符にサインせず、何故認めないかの調書を書く必要があります。この調書は後に検察庁に送られ起訴に値するかどうかの判断時に参考になるでしょう。

ですから調書がないと検察で受け取らないのは当たり前です。たとえ黙秘であっても調書は必要なんです。それを警察官がビリビリに破いて調書を取らなかったなんて、それはあきらかに警察のミスです。

この件はあなたにとってラッキーでもしかしたら違反自体がなかったことになるかもしれませ...続きを読む

Q電子署名は署名として認められる?

別のカテゴリに同じ質問をしましたが
お返事がいただけなかったのでこちらに再投稿しますので
よろしくお願いします

以下のように署名をネット上で集めるページを見かけました
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/OnlineSign/sign200306.html

一般的に署名とは手書きですが
インターネットによる電子署名に効力はあるのでしょうか?
使用例としては検察庁、裁判所への提出などです

名前と住所があれば電子署名でも有効な感じがしますが、、
どう思われますか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ここで言っている署名というのは、公式な効力はありません。
手書きであっても、ネットワーク上の署名であっても。
そこにはただ、○○個の手書き署名またはIDデータが書かれているというだけです。○○個は必ずしも○○人ではありません。
示威行動として署名を集めるという意味はあるかもしれません。
集められた署名は「請願」という行為になるだけ、と思います。
参考にはするかもしれないけれども、それ自体には意思決定を左右する力はありません。
検察庁、裁判所への提出では「嘆願」ですね。
これも拘束力がないでしょう。
陳述書など、証拠能力があるようなものには、自筆署名、認証された電子署名が必要でしょうね。

地方自治法が定める「住民の直接請求」では、署名の正当性が問われます。

>名前と住所があれば電子署名でも有効な
個人は識別できるかもしれないけど、その個人の意思によるものかどうかは不明なので「署名」としては無効だと思います。
また、たとえ「署名」として有効だとしても上記の理由で、なんら法的効力はないでしょう。

Q日本ではなぜ安楽死が認められないのか?

オランダでは安楽死が認められていると聞く。
日本人はよく長生き長生きと言うけど、植物状態で生きてなにが楽しい。ぼくは植物状態になったら死を選びたい。これから日本はどんどん高齢化社会になる。安楽死は日本では認められないのだろうか?

Aベストアンサー

日本では”尊厳死”と言う言葉が多く使われています。
リビングウイルとも言います。
貴方が望むのであれば、植物状態にならずに死ぬ事が出来ます。

宣言書を書くことで全うされますが、
基本的にはそれらの病状が近づいてから・・・となりますが。

以下のサイトなどをご確認下さい。
http://www.shizukujimusyo.com/gyousei/gyoumu/souzoku/songen/songen.html
http://www.osoushiki-plaza.com/library/data/data121.html


ちょっと古いのですが「振り返れば奴がいる」というドラマの内容に、
この尊厳死も題材に含まれており、考えさせられました。
織田裕二・石黒賢が出演している一見のドラマです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報