酢酸ナトリウムという塩を水に溶かしたとき、
CH3COONA+H2O→CH3COOH+NAOH となり、
酢酸は弱酸で、水酸化ナトリウムは強塩基だから、
その水溶液の液性は塩基性である。・・・これでいいんですか?
それとも酢酸と水の加水分解をかかなくてはいけないんですか?

A 回答 (2件)

>CH3COONA+H2O→CH3COOH+NAOH となり


>酢酸は弱酸で、水酸化ナトリウムは強塩基だから、
>その水溶液の液性は塩基性である。・・・これでいいんですか?

えーっと、違います。
そもそもNaは水溶液中で水和によりNaイオンになるのが安定であるため、

  CH3COONa+H2O→CH3COO- + Na+

となり、Naイオンの状態で安定です。
ここで、酢酸ナトリウムが塩基性である理由は、CH3COO-イオンに原因があります。

酢酸は、そもそも水溶液中で

  CH3COOH <-> CH3COO- + H+   ・・・(*)

という平衡が成り立ち、弱酸性を示します。
ここで、酢酸ナトリウムを水に溶かした場合、先に書いたとおり、Naイオン自体はそのままで、酢酸イオンが溶媒の水分子と、

  CH3COO- +H2O <-> CH3COOH + OH-

の平衡生じるため、結果的に弱アルカリ性を示すことになります。
つまり、酢酸イオンが、水溶液中で(*)の平衡を成り立たせるために溶媒からH+を奪うことにより、OH-が余るのです。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくよくわかりました。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/05/03 23:25

質問の意味が良くわかりませんが、酢酸ナトリウムは水溶液中ではCH3COO-とNa+イオンに電離しています。

また、CH3COO-はH2Oと反応し、CH3COOHとOH-となりますし、Na+もH2Oと反応し、NaOHとH+となり平衡状態を作ります。このとき、酢酸の乖離定数と水酸化ナトリウムの乖離定数を比較すると水酸化ナトリウムの方が乖離定数が大きいので水溶液中にはOH-が多く存在することになります。逆にいうとH+は非常に少ない状態です。よって水溶液はアルカリ性を示します。pHは水素イオン濃度から計算します。もしくは酢酸ナトリウムは弱酸と強塩基との塩なのでその水溶液はアルカリ性を示すでは駄目でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/03 23:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ