1600年前後に生きたと思われる『下間頼竜』という人物の
生年と没年の情報をさがしています。

どちらか一方だけの情報でも結構ですので、教えてくだされば幸いです。

(生没年が載っているサイトの紹介・歓迎致します)

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

『真宗大辞典』と『藩史大事典』によると慶長14年6月15日(1609年7月17日)に病死しています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわ!! ありがとうござりまする!

お礼日時:2001/05/08 06:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートにオススメな人物 歴史を大きく変えた人物 おもしろい歴史人物

などなど、題名の通りです。
レポートを書く時にまとめたらすごく良いものが仕上げられそうな人物はいないでしょうか?
どの時代でも結構です、歴史を大きく変えた、有名な人物はいないでしょうか?
また、調べたらおもしろい、私たちの知らないことが分かるような奥が深い人物はいないでしょうか?

なぜいいのかということも添えてもらえたら非常に嬉しいです。
では、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こういったレポートの類では割と有名人が日本全国津々浦々の学生さん達に資料上でストーキングされていそうですね~歴史上のアイドル(?)には現実のアイドルと同様に私生活はあって無い様な物かもしれません。


とまぁ、余談はさて置いてこう言った課題で余り教科書には出てこない人物に親しむというのも有りとは思いませんか?


幾つか僕の個人的趣味丸出しなんですが・・・

山田方谷
時代は幕末!!日本全国の三百諸侯は財政難に喘いでいた。ある藩は密貿易に精を出し、またある藩は借金の踏み倒しに突っ走る!!彼の祖国「備中松山藩」もその一つだった。改革に成功すれば武士らしからぬ大悪人として天誅の刃。失敗すれば切腹という時代に生きた異端者の生き様とは?

ユリアヌス帝
ローマがローマで無くなる時代・・・4世紀。それは暗黒の中世の到来である。幼少の頃に実の従兄弟によって家族を失った少年はそれでも健やかに育ち、哲学を愛する健全な若者となった。
譲れない想い。守りたかった物。そして、幸せで満たされた過ぎ去った日々。彼は暗黒の時代の招来を阻止する事ができるのか?
彼に敵対した人は後にこう記している。
「彼は神の教えに対する裏切り者であったが、人類に対する裏切り者では無かった」と・・・



光武帝
数百年も続いた栄光ある帝国。だがどんな存在であれ永遠たり得ない。落日の後は古今東西繰り返されるであろう混沌。
倹しく、変化なんて有り得ない。故郷の村で晴耕雨読の毎日を過ごし、平凡ではあるけれど幸せな家庭を築き、孫に囲まれて往生する・・・漠然と思い描いていた未来。 しかし時代はそれを許さなかった。兄と共に兵を興し勝ち取った栄光の数々とその代償としての兄弟の死。彼の元に集いし将は二十八人。
後に名君として称えられ、中興の祖として帝国の再現を果たした唯一の人となった平凡な若者が歩んだ非凡な物語。


立見尚文
先駆者達は死に絶え、共に歩んだ戦友達が時代の彼方に飲み込まれた後に訪れた新時代「明治」。その時代を駆け抜けた武士(もののふ)が居た。
戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争・・・
近代国家「日本」は常に硝煙の詩と共にあった。
かつて手にしていた剣を小銃に換え、駆け抜ける日々。
其の時、老将の胸に去来したのは何だったのか?
若き日々の誓い?かつての戦友達の鎮魂?
「明治」の元勲達に最も恐れられた武士は皮肉にもその彼らを救う事になる。
何故、黒溝台の惨劇は広く知られること無く、陸奥の囲炉裏端で細々と語られる二十世紀最初で最後の「御伽話」となったのか?





んーついつい長文になってしまいましたね。
僕はミーハーなので熱く語りすぎた様ですね~
他の時代や国にも素敵な人は沢山いるからついつい目移りしちゃうんですよね~

こういったレポートの類では割と有名人が日本全国津々浦々の学生さん達に資料上でストーキングされていそうですね~歴史上のアイドル(?)には現実のアイドルと同様に私生活はあって無い様な物かもしれません。


とまぁ、余談はさて置いてこう言った課題で余り教科書には出てこない人物に親しむというのも有りとは思いませんか?


幾つか僕の個人的趣味丸出しなんですが・・・

山田方谷
時代は幕末!!日本全国の三百諸侯は財政難に喘いでいた。ある藩は密貿易に精を出し、またある藩は借金の踏み倒...続きを読む

Q生年につく ca. の意味

人物の生年と没年に(ca. 1500-1567)のように ca. が付いています。この ca. はどんな意味ですか。何を略しているのですか。

Aベストアンサー

英語の“about”に相当するラテン語“circa”の略で,
“c.”と表記されることもあります。
ラテン語の読みは「キルカー」に近いと思います。
「環境」や「状況」を意味する英語“circumstance”と同根で,
「周囲に」,「辺りに」から「およそ」の意味になり,
年号の前につけると「~年頃」を表します。

Q天皇や僧侶の生没年

前にも質問していたらすみません。さて歴史上の人物は近代以前は生没年はわからない人が多いですが、天皇や僧侶は生没年がはっきりしている人物が多く、とくに天皇は生年月日、崩御日までわかっているのはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

 以前にもお答えさせていただいたかとは存じますがその時の回答を今一度記させていただきます(QNo.6910744)。

 ※歴史や史実を記した記録を「史料」と呼びます。そこには御指摘にあるような戸籍などの公的記録もあれば、『権記』や『山科家礼記』等の様に貴族の個人的な記録としての「日記」そして『源平盛衰記』『太平記』といった「軍記物」と呼ばれる文学作品、更には公式史書としての『六国史(日本書紀・続日本紀・日本後紀・続日本後紀・文徳実録・三代実録)』や『吾妻鏡』『後鑑』『徳川実紀』そして私撰の史書(稗史あるいは野史とも呼びます)である『四鑑(大鏡・今鑑・水鏡・増鑑)』や『愚管抄』『玉葉』『明月記』『太平記』『神皇正統記』を始め寺社に伝わる記録として『東大寺要略』『大乗院寺社雑事記』『蔭涼軒日録』など様々な史料があります。
 人物の誕生や没年を知るにはこうした史料から一つ一つあたっていくしかありません。またAという史料には○○年○○の月に生まれた(或いは没した)と記録があっても別のBという史料には異なった日付が記されていた等の話も珍しくはありません。ここで大切なことは「こうした違いがなぜ生まれたのか」を知る事であって、そのためには更に多くの史料に目を通して「史実を確定する」と同時に「史料の信頼性を確かめる作業」が必要です。
 また質問者様が事例に挙げられている「戸籍」が持つ史料としての信頼性ですが、これは戸籍を丹念に読んでみると、同じ世帯でありながら前回の戸籍作製の時とは異なり「幼児」「老人」「女性」「奴婢」の数が異常に多い家族構成の世帯ケースが散見されます。これを「偽籍」と呼びます(この辺に関しては早川庄八氏の『日本古代の文書と典籍』吉田孝氏の『律令国家と古代の社会』岸俊男氏の『古代籍帳の研究』等に詳細な研究があります)。これはなぜだとお考えですか?。
 律令体制に基づく徴用課役などから逃れることを目的とする行為であり、それほどに当時のシステムが過酷なモノだったことをうかがい知ることができます。
 因みに前出の史料を御覧になるには『史料総覧』が便利です。記載されている史料の出典先を探し、該当史料の原典を『大日本古文書』や『大日本古記録』『古事類苑』等に求めていくことで、ご自身の目で確認することもできます」

 以前にもお答えさせていただいたかとは存じますがその時の回答を今一度記させていただきます(QNo.6910744)。

 ※歴史や史実を記した記録を「史料」と呼びます。そこには御指摘にあるような戸籍などの公的記録もあれば、『権記』や『山科家礼記』等の様に貴族の個人的な記録としての「日記」そして『源平盛衰記』『太平記』といった「軍記物」と呼ばれる文学作品、更には公式史書としての『六国史(日本書紀・続日本紀・日本後紀・続日本後紀・文徳実録・三代実録)』や『吾妻鏡』『後鑑』『徳川実紀』そし...続きを読む

Q1600年代の中国史

1600年代の中国史についてお伺いいたします。

そのころ、帝にお使えする人たちは、去勢をしていたのでしょうか?
つまり、先祖が、中国で帝にお使えしていた人というのはありえるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 お仕えの仕方によりますよ。

 日本で言う「大奥」のようなところで、皇后以下の高級女官の周辺で仕えていた人は去勢していたでしょうが、表で仕えていた人はふつうの人ですよ。

 また、表現として「先祖が中国皇帝に、宦官として仕えていました」と言う権利・資格のある人ならいます。たくさんいるはずです。

 まず、先祖=男性に限らないですよね。言っている先祖が女性なら、去勢はしませんので子供ができていても不思議はありません。

 男性先祖に限っても、宦官になった人には、自分で宦官になった人と、「宮刑」という刑罰を受けて宦官になった人の2通りがあるのです。

 前者はおおむね若い時に手術しますのでたいがい実子はいませんが、後者にはすでに実子がいたケースもあります。

 受刑者=悪人という図式は今以上に成立しない時代でした。立場上宮刑に処せられても、(処刑当時から)立派なヤツだ有能なヤツだと認められている人もたくさんいて、人間の数が少ない時代、優秀な人間を使わない手はありませんでした。

 史記を書いた司馬遷がその代表と言っていいでしょうが、彼らは処刑後にも立派な役に就いていたりしました。中には宦官になった人もいたわけです。

 (司馬遷は、匈奴の捕虜になった人を弁護したせいで宮刑になったのであって、司馬遷がいわゆる犯罪を犯したわけではない。司馬遷は一度免職されたが恩赦を経て就職)

 実子がいた、ということは、実子にはまた実子ができるので、その子孫は前述のような発言をする権利資格があります。

 また実子のない宦官でも養子をとったケースはあります。三国志に出てくる魏の曹操も、有力宦官の養子になった人物だったと記憶しています(もしかしたら小説からの記憶かも)。

 記憶が正しければ、例えば曹操の子孫は前述の発言をする権利資格がありますね。曹操は記憶違いだとしても、現実に宦官の養子はいました(貯めた財産を受け継ぎ、自分の老後の面倒をみてもらう必要から養子は取った)から養子の子孫は前述の発言をする権利資格があります。

 もっとも、宦官は秦滅亡の原因を作ったりして、一般に宦官というとイメージがよくないので、自分から「宦官の子孫だ」的なカミングアウトをする人は少ないと思いますが、いるのはたくさんいるはずです。
  

 お仕えの仕方によりますよ。

 日本で言う「大奥」のようなところで、皇后以下の高級女官の周辺で仕えていた人は去勢していたでしょうが、表で仕えていた人はふつうの人ですよ。

 また、表現として「先祖が中国皇帝に、宦官として仕えていました」と言う権利・資格のある人ならいます。たくさんいるはずです。

 まず、先祖=男性に限らないですよね。言っている先祖が女性なら、去勢はしませんので子供ができていても不思議はありません。

 男性先祖に限っても、宦官になった人には、自分で宦官になった...続きを読む

Q1600年頃のイギリスにチャイナタウンはあったんですか?

ビックコミックスピリッツ連載の1600年ごろのロンドンを舞台にした「7人のシェイクスピア」で、チャイナタウンが出てくるのですが、そんな昔からチャイナタウンはあったのですか?

当時の中国人がそんな自らの力で、はるか遠くのイギリスまで行けたなんて信じられません。

イギリス人に同伴したからかもしれませんが、チャイナタウンを形成出来るほどにイギリスに行けるものなのでしょうか。(作中には女性もいました。商売をしにいくのに女性も連れて行くものなのでしょうか?)

作中では交易のためにイギリスにいるとなってますが、自分の知識が正しければ(少々あやふやなので怪しいですが)外国との交易はそんなに出来なかったように思います。そこんところはどうなっているのでしょうか。密貿易ということですか?

Aベストアンサー

1600年頃といえば
1 中国人は、現在のマレーシアやインドネシアでは普通にいたらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_emigration
ただ、インドやアラブ圏からの情報ということなので、逆に言えば、インドやアラブ圏には、中国人居留地はなかったのではないかと思われる。
※ わざわざ彼らが本国に報告書を書いているから。(これは推測)
2 当時の上記地区でのヨーロッパ勢力は、スペイン・ポルトガル・オランダで、イギリスはまだ拠点がなかった。
※ オランダが1596年

通常東南アジアの華僑は、10世紀以降の、中国南部人の私的な人口移動や、19世紀以降の奴隷制度禁止以降の労働力移入としてアメリカやヨーロッパになされています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報