伝説や伝承を探しています。


少しでも良いので知っている方がいたら教えて下さいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

柳田國男及び折口信夫の著作はお読みのことと存じますが、やはり基本的なものですから読み返すことが良いのではと思います。

また、斎王も巫女の一種で、伊勢の斎宮、賀茂の斎院、野宮、紫野院などが関連します。特に、伊勢の斎院と在原業平の秘められた恋が伊勢物語の題名の由来ともなったなどの説もあり、未婚であることが条件であった斎宮に通じ、タブーを破ったことの衝撃が、入内前の二条の后と通じたことより重く受け止められたことが題名や構成に関連するのかも知れません。
あと、古事類苑は基本資料ですので、索引で巫女等の関連項目を引くと意外な資料に巡り合うことができるかもしれません。
直接的な回答ではありませんが参考まで。
    • good
    • 0

こんばんは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代の巫女

巫女と言うと、「神聖」な職業と思われるでしょうが、実は、巫女は「売春」の元祖と言われています。
遊び場のない当時は、神社は恰好な遊覧地で多くの人が神社詣でをし、巫女が男の相手をしました。
これは、長く続き、江戸時代まで続きました。
江戸時代には、神社は寺社奉行の管轄でしたが、寺社奉行には「風俗取締り」の権限はなく、言ってみれば「野放し状態」だったのです。

また、平安時代~室町時代~江戸時代で有名だったのは、「出雲の阿国」(いずものおくに)が出てきます。

(1)元亀3年(1572)(推定)頃に出雲に生まれた、阿国(おくに=出雲の阿国)が、出雲大社の「巫女(みこ)」となり、出雲大社の勧進(修繕費などの資金集め)に、諸国を回るようになり、記録としては、

(2)奈良興福寺・多聞院の院主、多聞院英俊(たもんいんひでとし)の日記「多聞院日記」の天正10年(1582)の項に、
「加賀国八歳十一歳の童が『ややこ踊り』を披露した」
と、書かれていますが、この解釈として、

(3)加賀という八歳の娘とクニ(阿国)という十一歳の子どもが踊った、という解釈と、

(4)ただ単に、加賀国の八歳と十一歳の子どもが踊った、という二つの解釈がなされています。

(5)その後、慶長5年(1600)に、京都近衛殿の屋敷や御所で、雲州(うんしゅう=出雲)の「クニ」と「菊」という2人の女性が、やはり、「ややこ踊り」を披露した、と言うものが近衛時慶(このえときよし)の日記「時慶卿記」に出て来ています。
しかし、これらの史料では、いずれも「ややこ踊り」をした。と、記載されており、「ややこ踊り」とは、幼い子どもが、ただ単に笛と太鼓に合わせて「舞」を披露するだけのものだったようです。

(6)その3年後の慶長8年(1603)5月初旬に、京都の四条河原に小屋掛け(数本の杭(くい)を地面に打ちつけて、筵(むしろ)を被せただけの粗末な小屋)をして、茶屋へ通う伊達男を阿国が男装をし、夫の(夫ではない、という「説」もある)名古屋山三郎(なごや さんざぶろう)が茶屋の女将に女装をして、踊りを交えた寸劇を演じ、この男女の入れ替わっての「性倒錯」が評判となり、連日「大入り満員」だったといわれ、これを当時の京の人たちは「傾く(かぶく=常識外れ、突拍子もない)」と呼び、これが「かぶく」「かぶき」と訛り、後に「歌舞伎」という漢字が当てられ、歌舞伎の「起源」と言われています。

(7)阿国は、慶長12年(1607)に千代田城で勧進歌舞伎を披露した後、消息が途絶えて、慶長17年(1612)に京都の御所でも歌舞伎を踊ったとも言われていますが、没年は全くの不明です。
なお、「江戸城」のことは、江戸時代「江戸城」とは呼ばず、正式には「千代田城」またの名を「舞鶴城(ぶかくじょう)」と呼び、庶民は、ただ単に「お城」と呼んでいました。

(8)阿国がこの時結った髪型を「若衆髷(わかしゅまげ)」と呼び、京都や大阪、そして、江戸にまで伝わり、女性の間で大流行しました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伝承や古典というのはどうして面白くないのか

まったくの主観で申し訳ありませんが、世にある伝承、あるいは古典作品(古いものほどその傾向があると思う)は、まったくオチがないとはいわないまでも、当たり前のことをずらずらと書き連ねる性格が多いようです。たとえば源頼朝が奥州遠征のとき、駐留地に井戸を掘ったがなかなか出ず、やっとでてめでたしここはそれ以来何の井戸と呼ばれるとか、文学作品の例を挙げるほどストックがないのでできませんが、とにかく「何が面白いの?」と思うのです。

なぜ昔は「オチ」というかダイナミックな展開性を求めなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

難しい質問ですね。いわゆる笑い、という代物は、本人の知識というか一般性というか、そういったものにかなり左右されるのですよね。

たとえば現代の笑いでも、オチがどう落ちているのか自体わからなかったら笑いようがないですよね?くだらないしゃれで例を挙げると・・・とりあえず「ふとんがふっとんだ」とでもしますかね。
まずこの洒落(というか駄洒落)がわかるためには布団というものをわかっていなければなりませんし、ふっとんだのところに意図的に布団をかけているところがわからなければなりません。そして布団が普通ふっとばないということも・・・

昔、ある落語家が、ネズミは大きい小さいの言い争いでネズミが「チュー」とないたという落ち話ですが、それを英語でやったらまったく面白くない。というのを本題の前に話していたのですが、それに似たような現象ですかね。上の布団は。大中小というものの意味とかを知っていたりとか、いろいろな要因が必要なんですね。笑うには。そして言語が違うとまるきり意味不明となります。

で、昔のそういった笑い話にも、同じ共通点はありまして、当時のいわゆる常識をしらなければ、どういう場面なのか想像できないところが多々含まれています。
でもって、常識とか生活体系というのは今と大きく変わっているので・・・一番わかりやすいのは狂言でしょうかね。あれは当時の生活像がないと、かなりわかりにくい代物で葉あると思います。わかれば楽しいのですが・・・

そして笑いを取るために文があるわけではないということです。いわゆる笑える文というのは、文を書くときに際し無限の数がある体系のひとつでしかないです。
たとえば、第2次大戦もので広島のことを書いたもので、笑いに走っているものはありますでしょうか?おそらくないとは思いますが、そのほとんどは「笑いを取るため」ではなく「後世に伝えるため、」を命題としています。
そのため、古典でも伝承系、伝奇系、娯楽系・・・という具合に、分けて考える必要があります。

伝承系は、いわゆる歴史書というやつです。笑いを求めるわけではなく、ただそういったことがあったということを詳細にのこすための代物ですので、あまり面白さを求めてはいけません。
伝奇とか、軍記物語というのは、いわゆる読んでいてわくわくする、今で言うミステリーとかホラーとかアクションとかに近い代物です。
娯楽系は・・・いわゆる、笑いをもとめたものですね。

伝承系は、いわゆる知識を得る面白さですので、そのほとんどは興味がなければ面白くもなんともないです。後者2つが、読み物として成立します。
質問者さんがどの系列をもって面白くないとするかはわかりませんが・・・文章からするとおそらく歴史書のことだと思うのですよね。もともと面白さを求めているものではないですから・・・あれは。

長くなりましたが、こういったところだと思います。

なお、No7の方のはいわゆる三国志演義ですね。正史三国志は歴史書ですから、読んでいて面白いかというと・・・そういった風には書いていないため、微妙だと思います。

難しい質問ですね。いわゆる笑い、という代物は、本人の知識というか一般性というか、そういったものにかなり左右されるのですよね。

たとえば現代の笑いでも、オチがどう落ちているのか自体わからなかったら笑いようがないですよね?くだらないしゃれで例を挙げると・・・とりあえず「ふとんがふっとんだ」とでもしますかね。
まずこの洒落(というか駄洒落)がわかるためには布団というものをわかっていなければなりませんし、ふっとんだのところに意図的に布団をかけているところがわからなければなりませ...続きを読む

Q源頼光や四天王はなぜ土蜘蛛や鬼を退治したという伝説が残っているのですか?

源頼光や四天王(渡辺綱・坂田金時・卜部季武・碓井貞光)には
なぜ土蜘蛛や鬼を退治したという伝説が残っているのですか?

ご自身の推理でも結構ですので、お答えいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たたら系の話は
宗像教授シリーズ < 漫画
これに さくっと書いてある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E5%B1%B1
ここにもあった。

多田鉱山は関係ないんじゃないかな
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E5%91%91%E7%AB%A5%E5%AD%90
酒呑童子という盗賊征伐が、京都の西で大枝が大江山とくっつとともに、五行説での西方=金属で話がふくらんだんじゃないかな。

ちなみに桃太郎が 犬 猿 雉 なのは、十二支を方角に当て込むと西が、戌 申 酉 となっておりますので、西に行くにはこの三種となり、やはり鬼を退治してして「金=西」の宝を持って帰ってきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E4%BD%8D

Q日本史人物,松岡磐吉,知ってる事教えて下さい。史実に限らず,伝説的抽象的話もOK,

■「松岡磐吉」について、どんなことでもOK!ご存知の事教えて下さい。
但し、ネット検索「松岡磐吉 - Wikipedia」に記載されてる事を除きます。

■出身_韮山情報:「ズバリ本人情報」又は父,兄,など近親者,末裔の事,伝記,情報,関連図書,埋葬,寺,彼亡き後の松岡家は・・・などの地元の言い伝えなど,
■他に知ってることといえば、父の名前役職,彼が次男坊,辰の口牢獄_当初、荒井と共に1番房入牢(入牢中の経緯不明),朝陽轟沈の彼だけ獄死,ぐらいの知識しかありません。
■長崎海軍伝習所2期生、それでも生年月日は?卒業名簿で探すとかできないのでしょうか?年齢的に、榎本や,甲賀,荒井,沢などと比較して、「誰よりは、どうやら若いらしいという話を聞いたことがある」など曖昧系情報でもOKです。

Aベストアンサー

下記のサイトによると初めて沿海測量を実施した人のようです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaempfer/mapsuv200/200nin/ma-gyou/ma-11.htm

Qモナリザの謎や伝説みたいなのについて教えて下さい

モナリザの謎や伝説みたいなのについて教えて下さい

Aベストアンサー

世界史の先生から聞いた豆知識並みのことですが・・・
この「モナ・リザ」はレオナルドが死ぬまで肌身離さず持っていた
数少ない絵の中の一枚です。
ですがモナリザを描いたレオナルド・ダ・ヴィンチは
実は同性愛者だったらしく、女性は苦手だったことでも有名。
ですから女性を描いたこの「モナ・リザ」は
この絵は「レオナルドが考えた最高の女性像だ」という説もあります
あと、レオナルドの顔の骨格とモナ・リザの顔の骨格を重ねると
ぴったり一致するらしいです。

モナ・リザにはたくさんの説があります。
私が質問者さんに回答できるのは
モナリザの謎・伝説のごく一部ですが
参考になれば幸いです。

Qゴボウに関する民間伝承をご存知ありませんか。

大阪市西淀川区の野里住吉神社では一夜官女祭が行われています。
昔、神に対して村の女性を生贄としてささげるという習慣があり
これによって風水害を防ごうというもののようです。
この儀式の中で、生贄の官女がゴボウを食べるんですが
なぜ「ゴボウ」を食べるのかが気になりました。

(1)ゴボウに関する民間伝承をご存知でしたら教えて下さい。
(2)官女がゴボウを食べるのはなぜだと思いますか。
あなたの考察を聞かせてください。

Aベストアンサー

ゴボウは繊維質が多く不消化なので、オナラがよくでます。
これに関する伝承はよくあるようですが。
ゴボウによるオナラの音や臭いがどのようなものか知りませんが、生贄のオナラに驚いた神が官女をもういらないと帰すからではないでしょうか。
 以上当てずっぽうですが。(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報