伝説や伝承を探しています。


少しでも良いので知っている方がいたら教えて下さいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

柳田國男及び折口信夫の著作はお読みのことと存じますが、やはり基本的なものですから読み返すことが良いのではと思います。

また、斎王も巫女の一種で、伊勢の斎宮、賀茂の斎院、野宮、紫野院などが関連します。特に、伊勢の斎院と在原業平の秘められた恋が伊勢物語の題名の由来ともなったなどの説もあり、未婚であることが条件であった斎宮に通じ、タブーを破ったことの衝撃が、入内前の二条の后と通じたことより重く受け止められたことが題名や構成に関連するのかも知れません。
あと、古事類苑は基本資料ですので、索引で巫女等の関連項目を引くと意外な資料に巡り合うことができるかもしれません。
直接的な回答ではありませんが参考まで。
    • good
    • 0

こんばんは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代の巫女

巫女と言うと、「神聖」な職業と思われるでしょうが、実は、巫女は「売春」の元祖と言われています。
遊び場のない当時は、神社は恰好な遊覧地で多くの人が神社詣でをし、巫女が男の相手をしました。
これは、長く続き、江戸時代まで続きました。
江戸時代には、神社は寺社奉行の管轄でしたが、寺社奉行には「風俗取締り」の権限はなく、言ってみれば「野放し状態」だったのです。

また、平安時代~室町時代~江戸時代で有名だったのは、「出雲の阿国」(いずものおくに)が出てきます。

(1)元亀3年(1572)(推定)頃に出雲に生まれた、阿国(おくに=出雲の阿国)が、出雲大社の「巫女(みこ)」となり、出雲大社の勧進(修繕費などの資金集め)に、諸国を回るようになり、記録としては、

(2)奈良興福寺・多聞院の院主、多聞院英俊(たもんいんひでとし)の日記「多聞院日記」の天正10年(1582)の項に、
「加賀国八歳十一歳の童が『ややこ踊り』を披露した」
と、書かれていますが、この解釈として、

(3)加賀という八歳の娘とクニ(阿国)という十一歳の子どもが踊った、という解釈と、

(4)ただ単に、加賀国の八歳と十一歳の子どもが踊った、という二つの解釈がなされています。

(5)その後、慶長5年(1600)に、京都近衛殿の屋敷や御所で、雲州(うんしゅう=出雲)の「クニ」と「菊」という2人の女性が、やはり、「ややこ踊り」を披露した、と言うものが近衛時慶(このえときよし)の日記「時慶卿記」に出て来ています。
しかし、これらの史料では、いずれも「ややこ踊り」をした。と、記載されており、「ややこ踊り」とは、幼い子どもが、ただ単に笛と太鼓に合わせて「舞」を披露するだけのものだったようです。

(6)その3年後の慶長8年(1603)5月初旬に、京都の四条河原に小屋掛け(数本の杭(くい)を地面に打ちつけて、筵(むしろ)を被せただけの粗末な小屋)をして、茶屋へ通う伊達男を阿国が男装をし、夫の(夫ではない、という「説」もある)名古屋山三郎(なごや さんざぶろう)が茶屋の女将に女装をして、踊りを交えた寸劇を演じ、この男女の入れ替わっての「性倒錯」が評判となり、連日「大入り満員」だったといわれ、これを当時の京の人たちは「傾く(かぶく=常識外れ、突拍子もない)」と呼び、これが「かぶく」「かぶき」と訛り、後に「歌舞伎」という漢字が当てられ、歌舞伎の「起源」と言われています。

(7)阿国は、慶長12年(1607)に千代田城で勧進歌舞伎を披露した後、消息が途絶えて、慶長17年(1612)に京都の御所でも歌舞伎を踊ったとも言われていますが、没年は全くの不明です。
なお、「江戸城」のことは、江戸時代「江戸城」とは呼ばず、正式には「千代田城」またの名を「舞鶴城(ぶかくじょう)」と呼び、庶民は、ただ単に「お城」と呼んでいました。

(8)阿国がこの時結った髪型を「若衆髷(わかしゅまげ)」と呼び、京都や大阪、そして、江戸にまで伝わり、女性の間で大流行しました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵のMとLサイズについて

ケーキを作ろうと思ってLサイズの卵を
買ったつもりがMサイズでした><
レシピはLサイズ3個分なんです・・・(T。T)
Mサイズの卵を計ってLサイズ分に
して作りたいのでLサイズの
卵白と卵黄の教えてください。

Aベストアンサー

MもLも気にする事無く、そのままレシピでMサイズの3個使って作って下さい。
これがSとLだったらかなりの差になるけど、MとLなら気にする必要は皆無です。
基本的には黄身はほとんど変わらずに、大きくなるにつれて白身の割り合いが増えていきます。

Mサイズ:58~64g未満
Lサイズ:64~70g未満
で殻も全部ひっくるめて重さです。
MとLの差は平均6g、黄身の量にいたっては1gくらい、つまり白身だと5gくらい違うか違わないかです。

0.1gでも気になる超神経質な方なら、白身を15gだけ足して下さい。

よく作るけど、卵3個程度のケーキのレシピなら卵のMとLの違いで失敗する事はないですね。
牛乳大さじ1入れて調整する程度です。
失敗するのは他の要因(粉を混ぜ過ぎとか)です。

Q原始時代から平安時代までと 奈良時代から室町時代までの 間にそれぞれ何がありますか?

原始時代から平安時代までと
奈良時代から室町時代までの
間にそれぞれ何がありますか?

Aベストアンサー

原始時代から平安時代までには「(古墳時代と飛鳥時代と)奈良時代」
奈良時代から室町時代までには「平安時代(と鎌倉時代)」がありますけど、試験範囲でしょう?
多分「そう言う話じゃない」はずで、事象は多岐に及ぶので、教科書や年表・資料をもう一度読み返しましょう。
としか言い様がないです。

Q2Lサイズの写真のトリミングの取り方を教えて

デジカメの写真を、Lサイズだけでなく、2Lサイズにプリント出来る機械があったので、写真(JPEGファイル)を2Lサイズにプリントしたところ、出来上がった紙の写真のトリミングが適切でなく、写真の端のほうの写っていて欲しい部分がプリントからはみ出して印刷されませんでした。
どうすればこの機械で2Lサイズの写真で、好みのトリミングが出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

デジカメ画像のアスペクト比は普通、2:3か3:4。
2Lサイズは、5:7
端が写っていないなら、画像のアスペクト比は、2:3。
通分すると、10:15の画像を10:14にプリントするので左右が切り取られるのです。
ですから、左右がトリミングされないようにプリントすれば良いのです。
その場合、当然、上下に余白ができます。

どんなプリンタをお使いか書いていないので、具体な設定は回答出来ません。
必要なら、使用カメラ、プリンタの機種を補足して下さい。

Q平安時代、鎌倉時代などの時代区分をした人物は?

質問させていただきます。
歴史学初心者です。
平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

ご存知の方、是非ともお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

明治5年の学制により学校制度が作られて以降、小学校への就学を促進するための親に対する啓蒙的な教育として、1885(明治18年)に「通俗教育」が初めて文部省の事務章程に規定されました。
この、全国民的な学校教育が開始され、それまでの「寺子屋」での「読み書き」「算盤」から、いわゆる、「国語」「算数」「理科」「社会」
を教えることとなり、この中の「社会」で、「歴史」を教える段階で、誰もが理解しやすいように、「鎌倉時代」とか「室町時代」「戦国時代」「江戸時代」等を区切って教えるようになったのが始まりのようです。

ちなみに、「通俗教育」とは、
通俗教育は当初、就学奨励を目的として、親に対して学校や教育の重要性について通俗的に語ることから始まったが、合わせて親や住民に対する国民としての啓蒙的な教育としての意味もあった。日清戦争以降、小学校の就学率は急速に上昇し、国民教育制度の確立が進んでいくが、それに伴って通俗教育の内容が、親への就学奨励を目的とする教育から民衆への啓蒙的な教育へと比重を移していく。特に1894(明治27)年8月に始まった日清戦争に際しては,国民の愛国心の形成や・「尚武教育」を目的とした幻灯会などが実施され,国民意識を鼓舞していく。

(よもやま話)
(1)江戸時代も後期になると、日本は教育世界一だったのです。
その頃のイギリスでは教育普及率が20%位、フランスにいたっては1.4%。ところが、日本では85%でした。

(2)日本人は大概の人が文字を読んだり書いたりできました。

(3)従って、「かわら版」や「絵草子」などが庶民にも読めたのです。また、「三下り半(離縁状)」なども、庶民は書くことができたのです。

(4)江戸時代も末期になり、アメリカやイギリス等々の外国人が日本に「上陸?」しましたが、これほどまでに庶民が文字を書いたり、読めたりすることには、非常な驚きであった、と、言われています。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>平安時代、鎌倉時代、室町時代などと、一般常識としてそれぞれの時代に名称がありますが、それを名付け、且つ特定の日時をその時代名称の変わり目と定めた人物又は団体とは、一体誰(何)なのでしょうか。

明治5年の学制により学校制度が作られて以降、小学校への就学を促進するための親に対する啓蒙的な教育として、1885(明治18年)に「通俗教育」が初めて文部省の事務章程に規定されました。
この、全国民的な学校教育が開始され、それまでの「寺子屋」...続きを読む

QLサイズ以上のミニバンを購入する理由って何ですか?

Lサイズ以上のミニバンを購入する理由って何ですか?

できれば、実際にLサイズミニバンを所有されている方にお聞きしたいです。
Lサイズミニバンを購入した理由は何ですか?

※ここで言う「Lサイズミニバン」とは、
(1)アルファード(ヴェルファイア)
(2)エスティマ
(3)エルグランド
(4)エリシオン
(5)他(ラグレイト、プレサージュ、マークXジオなどの3500cc搭載車)
を指します。

Aベストアンサー

必要だからです。

ACR40W エスティマ2.4 4WD所有です。

家族が自分を含め6人、さらに自分の親を加えると8人。
全員で移動する場合も考えての理由です。

また、自営で商売をしてますので配達にも使います。

都市部であれば、公共交通機関が発達してますので移動手段が選択できますがこちらは北海道の片田舎。
マイカーが主たる移動手段です。

家族で長距離移動もしますので、Lサイズミニバンを選択というか、それしか選択肢がありません。

Q平安時代の武士の時代が始まるころの勢力分布

平安時代の源氏、平氏、藤原氏の勢力分布について教えてください。

分布図などもあると嬉しいです。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

(1)大宝元年(701)に制定された「大宝律令」のもとでの朝廷を支える役目として「貴族」が生まれましたが、三位以上を「貴」と呼び、四、五位を「通貴」と呼びました。「貴」は上流貴族として、「通貴」は中流、下流貴族に位置づけられました。
この頃の大和政権下で国政審議に参与する貴族たちを「議政官(公卿)」といい、安倍氏、大伴氏、藤原氏、多治比氏、紀氏、巨勢(こせ)氏、石川氏で、各氏(うじ)からは1人代表として出ることになっていましたが、やがては、藤原氏の勢力分布の拡大と他の氏の没落などもあり、藤原氏から何人も議政官を出すようになり、藤原氏が栄華を極めるようになりました。

(2)やがて、地方豪族が「国司」に任命され、私的に富を蓄財し、有力貴族に貢納することにより中央への進出を果たしました。そして、藤原氏、源氏、橘氏、清原氏、菅原氏などが台頭してきました。彼らの所領地として代表的なのは、
藤原氏・・・大和地方一帯(京都、奈良などの一部)、伊勢、加賀、備後、近江、佐野、佐渡など。
源氏・・・・畿内、摂津、河内、甲斐、常陸、下野、上野、信濃など。
橘氏・・・・筑後など。
清原氏・・・出羽など。
菅原氏・・・大和国菅原邑(むら)など。

(3)この内、清原氏と菅原氏は衰退をし、代わって登場したのが平氏でした。桓武天皇の頃より「源」「平」「藤(藤原)」「橘」が有力貴族となり、政治に関与しました。と今なお有力貴族として語られていますよね。
平氏・・・・東山、東海、山陽、南海道付近など。

(4)こうした人々は「平安貴族」と呼ばれ、収入源は必ずしも荘園だけではなく、むしろ、官職に応じて朝廷から給付される田地や禄などが主要収入で、この給与は莫大なものであったと言われています。記録としては、藤原北家(藤原良房)は、職田、位田、職封、位封、資人、季禄などで、現在の貨幣価値に換算しても3~5億円の収入があったとされています。

(5)その他としては、
弓削道鏡・・・・河内。
大伴国造・・・・武蔵国。

(6)なお、鎌倉幕府以前は、土地は全て「天皇(朝廷)の物」で、民は「貸し与えられた者」と位置付けられていたため(荘園制度)、朝廷内で功績のあった者への褒美などとして、次々と切り取られたりしましたので、いわゆる、国としての国境などもはっきりせず、また、国司もその時々の勢力によりコロコロと代わっており、鎌倉時代以降のように国の境目がありませんでした。足利幕府後期~戦国時代になり、荘園制度の崩壊とあいまって、初めて国境(くにざかい)が取り沙汰されるようになりました。

(7)従って、平安時代(それ以前も)の勢力図は定まった国司が定まった国を支配していたわけではありませんので、おそらく、勢力分布図などは皆無に等しいと思います。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

(1)大宝元年(701)に制定された「大宝律令」のもとでの朝廷を支える役目として「貴族」が生まれましたが、三位以上を「貴」と呼び、四、五位を「通貴」と呼びました。「貴」は上流貴族として、「通貴」は中流、下流貴族に位置づけられました。
この頃の大和政権下で国政審議に参与する貴族たちを「議政官(公卿)」といい、安倍氏、大伴氏、藤原氏、多治比氏、紀氏、巨勢(こせ)氏、石川氏で、各氏(うじ)からは1人代表として出ることになっていました...続きを読む

Q携帯でLサイズ写真

「携帯で撮影したLサイズ以上の写真」

というのは、100万画素を超えるもの(640×480以上)のことでしょうか?

でもそれより小さいものでもLサイズにのばせるしなあ、と考えると
「」内の言葉の意味がよくわからなくて・・・・(^^;)

この言葉の意味は「Lサイズにのばしたときに画像としてきちんと見られるもの」
ということでしょうか?

Aベストアンサー

Lサイズの定義がなんとも曖昧なので断言はできませんが、私の推測は、例えば今時の携帯内蔵カメラは200万画素クラスを備えており、撮影した画像をそのままメールに添付しようとした場合は、携帯キャリアごとに定められている添付容量制限のためにリサイズせねばなりません。(200万画素のフォトサイズは1600×1200でおよそ700KB前後)
リサイズして640×480に変換したものは100KB前後でなんとかギリギリで添付できるかなというところです。(auの場合)

Lサイズ以上がダメということならば、Lサイズ=640×480の予測どおりに違いないと思います。
Lサイズ以上が欲しいということであれば何の問題もないわけですし…。

Q奈良時代と平安時代

奈良時代に何度も遷都しているのに,なぜ平安遷都の時だけ時代が変わっているのですか。

Aベストアンサー

「時代」は都の違いでで区切るのではありません。
文化の違いによって区切ることが多いのです。

縄文と弥生の違いがそうです。
これは土器などの文化によって区切られます。
しかし一昔前の高校生はポケベル、今は携帯電話のように
文化では完全な年代による区切りは出来ません。
こういった時代区分も多々あります。

平安時代はご存知のように桓武天皇が平安遷都を謳いました。
当時は南都勢力の政治介入が強く、道鏡など天皇の地位を脅かすやからまで出てきたので
桓武天皇は仏教勢力の政治介入を止めるためにも遷都をしたようです。
平安京の洛中には東寺・西寺を除き寺院の建立は禁じられました。
そんなこともあって平安時代は遷都したことによって独特の文化が生まれることになったのです。
なので歴史学者は平安という古代の区切りを遷都した794年としたのではないでしょうか。

ちなみに奈良時代の転々とした遷都は政治の中心(天皇の居場所)が移動したようなもので
平城・平安京とは比べ物にならないほど小さな規模のものばかりです。

QMKミシェルクランのLサイズについて

私はミシェルクランが大好きです。
今度の初売りのバーゲンも楽しみにしています。

ところが、イトキンの店舗情報のところを見てみると、MKミシェルクランと、MKミシェルクラン(Lサイズ)という表記が、別々にされていて、お店が別なようです。

私は普段、Lサイズ(40?)を着用しています。

ということは、Lサイズ、という表記のあるお店に行かないと、サイズがないということなのでしょうか。

普通のところでは、36と38しかないということでしょうか。

あと、ミシェルクランと、ミシェルクラン+では、Lサイズ、と表記されたお店がなかったのですが、そこでは、すべてS、Mだけということでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
Lサイズと表記されている店舗は、いわゆる
「大きいサイズ」コーナーのことじゃないでしょうか?
42以上が置いてあると思います。

ですので、40でしたら通常の(?)店舗になると思います。

MKのLサイズは地元に無いのでわかりませんが、
22OCTOBREとかだと、そんな感じです。
ご参考になれば。

Q平安時代江戸時代の風俗

平安時代は400年江戸時代は300年続いたわけですが、この間政治的にはいろいろ変化があったようです。しかし、風俗というか風習一般社会情勢というのは、そのあいだほとんど変化しなかったんでしょうか。それとも、高度経済成長によって社会家庭生活が変わったように、なにか進歩発展していたのでしょうか?
私が知っている限りでは、大刀の形が平安時代後期になって反ってきたということぐらいです。

Aベストアンサー

女性の服も髪型も、男性の服も、食事も、文化も皆変っています。言葉もね。男女関係もです。


人気Q&Aランキング