5年前の事で彼氏が訴えられています。
彼氏&友人男性1人が、女性1人に声をかけ、悪ノリで車に乗せホテルへ行こうとした。ホテルに行く間に男性側が女性が嫌がるのに体を触ったが、結局女性はホテルの部屋から1人抜け出し、そういう行為には至らなかったとの事。
訴えはその女性からのもので、先日警察から彼氏の元へ、強制わいせつの件でと言う事で出頭願いの文書が来て、彼氏と友人男性は2回ほど警察で取調べを受けました。彼氏としては、なるべく誠意のある対処をしたいものの、自分の家族や会社になるべく迷惑がかからない形を取りたい、つまり示談で解決したいと考えています。もちろん女性側が、示談を承諾してくれればの話ですが。。。
(1)示談を承諾してもらえた場合、示談の方法はどうすればいいのか、示談金はどのくらい用意すればいいのか。
(2)示談を承諾してもらえない場合、どうすればいいのか、どうなるのか。
私としては、彼氏になるべく早く安心材料を与えてあげたいので、、、どなたか良きアドバイスを、早めにいただけると助かります。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 女性が告訴を警察に出したのでしたら、警察で調べて、、検察庁に送られます。

検察庁では裁判にかけて、罰すべきものと考えますと起訴します。しかし、よほどの場合(けが、悪質、既遂)でない限り、本件のような場合は不起訴(起訴猶予を含む)がほとんどです。この罪は親告罪ですので告訴がなければ、罪にはなりません。示談は犯罪態様・地域によってちがいますので、弁護士と相談された方がいいと思います。大体5~10万円ぐらいと思います。もし、相手が応じない様でしたら、弁護士の意見を聞いて、放っておかれて、検察庁の結果で判断(たぶん不起訴ですから)されてもいいかと思います。下のURLは示談書の文例ですので参考にしてください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/form/jidan …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になりました。安心材料をいただけて嬉しく思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/04 12:41

気になる回答がありましたので、アドバイスします。




事実関係が全く分かりませんので、
判断は付きませんが、ぱっとみでは、
相当悪質です。

共犯では、親告罪とはなりませんが、実務的には、告訴を取り付けるのが通常です。告訴が何時出されたのか分かりませんし、単に犯人探しに時間がかかっただけかもしれません。

強制わいせつの件で取り調べが来たとしても
事実関係によって、監禁、強姦、輪姦に切り替わったり、
はたまた余罪もありうるとなれば、簡単には済みません。

加害者は、自分の回りの人には、自分の罪を軽くいうことが多いのです。

あまり、甘く考えずに、弁護士に相談し
きちんとした対処をする必要があると思うのですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

甘くは考えていないのですが、少しでも安心材料がほしいと考えての投稿でした。さまざまな場合を考えてくださってのご忠告、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/04 18:33

当人同士の示談話は雰囲気から言って無理だと考えます。

かえって、こじれるのは目に見えています。
弁護士に仲介してもらうしかないでしょう。
示談が不成立の場合はあね程度の罪は仕方がないようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誰かに間に立っていただいて、示談の方向で話を進めたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/03 21:29

1.彼のほうから被害者に示談にして欲しい旨の依頼をすることから始まります。


示談金は話し合いの中から、相手の希望を聞きながら決まっていくでしょう。

2.相手が示談に応じない場合は、起訴されて裁判になります。

一度、弁護士会の法律相談を利用して、相談されたら宜しいと思います。
費用は30分5000円で、平日はもちろん、休日や夜間の相談も行っています。

相談は参考URLから、お近くの弁護士会へ電話をして申し込んでください。
申し込みの受付は平日のみです。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、それから弁護士会の連絡先まで紹介してくださって、ありがとうございます。誰かに仲介していただくのが一番ですよね。参考になりました。

お礼日時:2001/05/03 21:22

詳しくはわからないのですが ホテルの部屋に連れていったって事は強制わいせつではなく強姦、輪姦未遂にならないのでしょうか?そうなって

くると 示談関係が変わってくるのでは?と思いましたが・・・弁護士をたてないとややこしい問題ではありますよね~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。実際問題として、警察から強制わいせつの件でということで事情聴取をされました。

お礼日時:2001/05/03 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無罪確定後取調べにあたった刑事を訴えることはできますか?

冤罪事件があとをたちませんが、裁判で無罪確定後取調べでにあたった刑事を訴えることはできるのでしょうか?
鹿児島の志布志事件のように違法な取調べ(昔は拷問といってもいい取調べが行われていたようですね)が行われ、自白の強要をしてる刑事がいることは事実だと思います。
こういう冤罪事件では、
国を相手ではなく個人相手に損害賠償請求をしたりするのは不可能なのでしょうか?被疑者(起訴後は被告人)の人は何日間も取調べを受け、拘留されたのですから、取調べをした刑事にもある程度責任をとってもらわないと気がすまないと思うのですが。
自分だったら取調べをした刑事にある程度慰謝料として払ってもらわないときがすみません。
法律に詳しい方回答お願いします。

Aベストアンサー

ご質問のようなケースについて、どういう場合に捜査官がした捜査活動が国家賠償法上違法と評価されるかについては、最高裁の判例があり、一定の判断が示されています。
「司法警察員による被疑者の留置は、司法警察員が、留置時において、捜査により収集した証拠資料を総合勘案して刑事訴訟法203条1項所定の留置の必要性を判断する上において、合理的根拠が客観的に欠如していることが明らかであるにもかかわらず、あえて留置したと認めうるような事情がある場合に限り、国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受ける。」(最高裁判所・平成8年3月8日判決)

この判例の考え方を前提とする限りは、結果として「よほどデタラメな証拠に基づいて捜査(逮捕・勾留などの強制捜査)をしたものでなければ、警察の捜査活動は違法にならない」ので、結果として冤罪であっても、警察は責任を負わないということであると思います。
おそらくは「警察(捜査機関)は疑うのが商売だから、よほどいい加減でない限りは、疑ったからといって、いちいち責任をとっていられない」という考え方なのでしょう(そこまではっきりと理由を書いた教科書は見当たらないようですが…)。

なお、同じような事例として、結果として冤罪だった場合、公訴官(検察官)の公訴提起が違法となるかについても、最高裁は、以前から同じような態度をとっています。
「刑事事件において無罪の判決が確定したというだけで直ちに起訴前の逮捕・勾留、公訴の提起・追行、起訴後の勾留が違法となるものではなく、逮捕・勾留の時点において犯罪の嫌疑について相当な理由があり、かつ必要性が認められる限りは適法であり、起訴時あるいは公訴追行時における検察官の心証は、その性質上、判決時における裁判官の心証と異なり、起訴時あるいは公訴追行時における各種の証拠資料を総合勘案して合理的な判断過程により有罪と認められる嫌疑があれば足りるものと解するのが相当である。」(最高裁判所・昭和53年10月20日判決)

したがって、捜査官の捜査活動の違法性などについて、最高裁が平成8年の判断を変更して、違う判断を示す可能性は、この先も見込めないと思われます。

また、国を相手ではなく個人相手に損害賠償請求をしたりすることもできないというのが、最高裁判所の一貫した考え方です。(最高裁判所・昭和30年4月19日、昭和46年9月3日、昭和53年10月20日各判決)

なお、当該の捜査に当たった警察官(公務員)に「故意又は重過失」があった場合には、国・地方公共団体は当該公務員に求償をすることができ(国家賠償法1条2項)、求償が命じられたにもかかわらず、その義務が履行されない状態を放置している場合は、地方公共団体に対して、住民訴訟によって、当該の公務員にその履行(賠償)をさせることを求めることができます(国に対する住民訴訟の制度はありません)。
ただし、国家賠償法1条2項の規定は、いわゆる「できる規定」で、求償の要否を判断するのはあくまでも地方公共団体(の長)であり、監査委員にその判断を代替させることはできません。
したがって、住民訴訟(その前提としての住民監査請求)で、地方公共団体の長が求償しないことの当否を争うことは、原則として、できないことになります。

ご質問のようなケースについて、どういう場合に捜査官がした捜査活動が国家賠償法上違法と評価されるかについては、最高裁の判例があり、一定の判断が示されています。
「司法警察員による被疑者の留置は、司法警察員が、留置時において、捜査により収集した証拠資料を総合勘案して刑事訴訟法203条1項所定の留置の必要性を判断する上において、合理的根拠が客観的に欠如していることが明らかであるにもかかわらず、あえて留置したと認めうるような事情がある場合に限り、国家賠償法1条1項の適用上違法の評...続きを読む

Q隣人から警察に訴えられたが、誰が訴えたかわからない。

家の周りでつきまとう不明な人々と数回口論になりましたが、それが原因だと思いますが、近所から警察に訴えがあったそうです。私は、つきまといの件のほか刑法・民法上の不法行為でしばしば警察に電話しており、警察の来たことも10回を数えます。今回もその件かと思ったら、逆でした。今度は私が犯人だと言います。とても誰が訴えたか聞ける雰囲気ではありませんでした。近所につきまといの常習が複数おりその者たちだと確信しますが、間違いがあってはなりません。

私は自営業で自宅は事務所をかねています。このままでは風評被害は確実です。事の白黒をつけなければ私は私の違法行為を認めたことになります。泣き寝入りはできません。場合によっては名誉毀損の訴えも起こします。こういった場合、私を警察に訴えた者の氏名住所を知ることができますか。できるとすればどのような手段をとればいいのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

とりあえず、弁護士を立ててください。

近年、個人情報の保護や、近隣トラブルから危険な事態へと発展することがありますので、情報の公開を控えているようです。

弁護士には、「弁護士会照会」という照会権(弁護士法23条の2に基づく照会)があります。

それにより、虚偽告訴罪を構成する行為と、その被疑者の特定ができます。

Q取調べ中の警察の暴言について、またそれらを防ぐ法

カテ違いでしたらご指摘ください。

手短に申しますと、知人が逮捕されました。
只今取り調べ中です。
取調べ中に、相当、警察官?から暴言を吐かれ、やってもいない罪を自白させられそうになっている様子です。

知人の家族がそれを知り、「違法だ!警察を訴えてやる!」と激怒していますが、そんなこと可能ですか?可能だとして、勝ち目はありますか?お金もかかるので、実際訴えることはできないかも知れませんが、暴言を防ぐ方法はありますか?「そんな言葉を使って自白させようとするのは違法だ!」と叫んだところで、取調べがキツくなる、もしくは手をあげられるのではないかとシロウトは考えてしまうのですが。

また余談として、いま知人はどんな生活なのでしょう。
家族は、アドバイスできる場はあるのでしょうか。
私ができることは何でもしてあげたい気持ちです。

Aベストアンサー

こんばんわ。
最近、警察官の横暴な行動についての質問が多く自分も大変な問題だとおもっています。
さて本題に入りますが、相談する所は日本国民救援会や法務局の常設人権相談所などがあります。ここでは、人権を無視したような行動された場合に良いと思います。また警察をコントロールするのが公安委員会なので内容証明郵便で公安委員会へ納期期日を指定、書面による回答を求めるのもよいそうです。

Q【死亡事故】警察の取調べの遅さ&刑期への影響

知人の弟が自損事故を起こし、同乗者1名が怪我(重症)1名が亡くなりました。
原因はスピード超過によるハンドル操作の誤りで、道路沿いの用水路に落ちたそうです。
(事故当時、本人は18歳で軽症。怪我をされた方と亡くなられた方も同級生)

質問したいのはその後の警察の対応なのですが、事故の取調べがあまりに遅すぎるのです。
2011年4月に事故を起こしたのに、それから数カ月おきに取調べがあり、検察に書類を送致されたのが2011年12月~2012年1月でした。

おそらく自動車運転過失致死傷(それか業務上過失致死傷)に問われると思うのですが、それにしても警察の取調べが遅すぎはしないでしょうか?
未成年者の暴走による事故ということで、捜査(調査?)が後回しにされたのでしょうか?それとも時間がかかりすぎる不可避な理由があるのでしょうか?
警察関係者の方のご回答があればうれしいです。(しゃべれる範囲で結構です。)


また、ようやく検察から取調べの通知が来て、先日それも終わったようです。
もし起訴されて有罪(懲役・禁錮)となると、取調べのために待たされた日数はその期間に影響するのでしょうか?

ご教示よろしくお願いします。

知人の弟が自損事故を起こし、同乗者1名が怪我(重症)1名が亡くなりました。
原因はスピード超過によるハンドル操作の誤りで、道路沿いの用水路に落ちたそうです。
(事故当時、本人は18歳で軽症。怪我をされた方と亡くなられた方も同級生)

質問したいのはその後の警察の対応なのですが、事故の取調べがあまりに遅すぎるのです。
2011年4月に事故を起こしたのに、それから数カ月おきに取調べがあり、検察に書類を送致されたのが2011年12月~2012年1月でした。

おそらく自動車運転過失致死...続きを読む

Aベストアンサー

死亡事故での捜査なので長くなります。
でも1年以内で送検してるので 結構早いですよ。
多分18歳だからでしょうね。
検察の対応も無茶苦茶早い。
全ての罪を認めてるのでしょう。

捜査期間の考慮は検察官がどうするかを判断します。
でも早いので考慮無しでしょう。

Q警察や検察の取調べでみんな結構嘘ついてますよね?

本当はやってても、やってないとか言ったり。
あれって大丈夫なのでしょうか?偽証罪とかになりませんか?
嘘をついた場合は貫き通すしかないと思いますが、
裁判でずっとそのことを主張していれば偽証罪には問われないのでしょうか?

Aベストアンサー

#1の方が説明しているように、警察段階での
ウソは、偽証になりません。

ウソの内容によっては、犯人隠避になる可能性は
ありますが。

裁判になって宣誓して、証人となってウソを言えば
偽証罪になりますが、我が国では、被告人は証人に
なれないので、被告人が偽証罪に問われることはあり
ません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報