私は3月に下垂体の検査の為入院しました。内分泌科・脳外科・放射線科の先生に下垂体に5~7ミリくらいの腫瘍があると言われ、手術・薬物療法それぞれについて説明を受けました。私は最近結婚して将来絶対子供が欲しいので手術を考えようと思っていました。しかし、退院後はじめていった内分泌科の外来で(その時はじめて会う先生だったのですが)腫瘍の存在ははっきりしない。放射線科の先生にも見てもらったので確実です。でも基礎体温が安定してないので薬で治療をすると突然言われました。しかも、私の場合薬のアレルギーがひどいので普通はあまり使われないカバサールという薬で治療すると言われました。この薬の胎児への影響ははっきりしないと入院中は言われていましたが、この外来ではカバサールは胎児への影響は全くありませんと言い切られました。他にも薬ことだけでなく、MRIの説明なども入院中とあまりに違う事を言われて、とても困っています。下垂体腺腫の診断はそんなに意見が違ってしまう物なのでしょうか?腫瘍が小さければ手術はしないほうがいいのでしょうか?カバサールでの治療は安心して行えるものなのでしょうか?どなたかいろいろ教えてください。

--------------------------------------------------------------------------------

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

プロラクチンが40前後なら正常ですよね。


おそらくMRIでは腫瘍が認められないのでしょうし、そのデータでは腫瘍は否定的に思います。(あくまでも推測ですが)
生理があり乳汁分泌だけなら高プロラクチン血症の治療は少々疑問です。
データが全部わからないので責任をもったことはいえませんが自分なら無治療で様子を見ます。

この回答への補足

回答の補足欄にメールしても返事がこないような記載がされていたので(私のみ間違いみたいです・・)もう1度新たに質問してしまいましたが、お返事ありがとうございます。確かに私の場合プロラクチンも高くないし生理もあるし特に治療は必要ないんじゃないかと思っていましたが、入院中も今も内科・婦人科の先生から今のままの基礎体温では自然に赤ちゃんができるのは難しいと言われています。そこで、手術・薬(カバサール)どちらかの治療を選んでください、と言われ、かなり迷いましたがカバサールは胎児への影響もわからないと言われたし薬は基本的にずっと飲みつづけなくてはいけないと言われていたので、それなら、時期を見て手術を・・と思っていましたが、退院後の外来では「手術の適応はなく、薬で治療が一番だ!」一点張りだったので、薬はやめようと思っていた私は困ってしまいました。ほんとに手術の適応がないなら納得して薬で治療できるのですが、入院中は6人くらいに先生に腫瘍があると言われたので、そんなに多くの人が腫瘍を見落としてしまうものか、気になっています。でもあったとしても、結局手術の適応は無いとされれば、それで納得できるのですが・・・

補足日時:2001/05/06 17:43
    • good
    • 1

お困りですね。


下垂体腺腫は小さいものだとMRIでも診断がつきにくいことは確かにあります。
しかし、ホルモン異常のために検査されたのではないですか?ホルモンの負荷試験などで腫瘍はほぼ確定できます。
手術するかしないかは脳神経外科医でも意見がわかれますが1cm以下の場合は手術しないことが多い傾向にあるようです。これには脳神経外科医だけではなく産婦人科医、内分泌内科医と相談しながら決めるべきです。正直なところ脳神経外科でも手術の成績は施設によりかなりちがいます。
それにしてもカバサールを使うというのは確かに理論的にはいいはずですが下垂体腺腫の適応は??です。
文面だけだと少々無理がありそうですが??
これは十分他医と相談するべきと思います。

この回答への補足

お返事ありがとうございます!!できれば、また教えてください。私は内分泌内科に入院していろんな検査を受けました。TRH負荷試験をやった結果、投与前のプロラクチンの値は40くらいで、その後220くらいに上昇しその後は徐々に下がりました。この結果については先生に「プロラクチンは反応がいい」と言われただけだったので結果が何を意味するのかわかっていません。あと、成長ホルモンも正常値より少し高くブドウ糖負荷試験もやりましたがその結果は正常でした。それ以外のホルモンは正常でした。私は以前からプロラクチンの値は40~60くらいです。基礎体温はきちんとしてませんが、生理も止まった事がありません。でも乳汁分泌がずーと続いています。入院中は内科・放射線科・脳外科それぞれで小さい腫瘍があるようだと言われました。しかし、退院後の内分泌科外来では腫瘍そのものの存在がはっきりしないと言われたのです。その理由として、腫瘍があればMRIで下垂体茎が腫瘍のある方へ引っ張られて写るはずだが私の場合どちらにも引っ張られていない。腫瘍があるにしてはプロラクチンが低すぎる。放射線科の先生にも見てもらった。という3つのことでした。そして私はパーロデルでショックを起こし、テルロンでも気分不快が相当強かった為カバサールで治療するといわれました。できれば、TRH負荷試験の意味する事と、外来で私が言われた3つの根拠は正しいのか教えてください。この結果からして、腫瘍はありそうですか?そして、腫瘍も小さく(5~7ミリ)生理も私のような場合、先生なら薬を勧めますか?教えてください。本当に困っています・・

補足日時:2001/05/05 21:52
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「下垂体腫瘍」
このページで特に「原因と危険因子」「症状」「治療」「予後と転帰」と関連リンク先を参考にして下さい。

http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/p …
(下垂体腺腫)
このペーシで「診断」と「治療」を参考にして下さい。

さらにTOPページで「下垂体」と入れて検索すると沢山Hitします。

「カバサール」に関しては、
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html
(ハイパー薬事典)
このページで「カバサール」と入れて検索してください。
頻度は判りませんが、いろいろな副作用があるようです。

他の専門病院でも診断してもらっては如何でしょうか?
病院に関しては評判はわかりませんが、以下の本は参考になりますでしょうか?
http://mediazone.tcp-net.ad.jp/Life/book/book00a …
(医者がすすめる専門病院(関西版))

さらに、以下の本はいかがでしょうか?
==================================
日本全国病院ランキング この病気にはこの病院!
降旗正子∥〔ほか〕編
版表示 :増補・大改訂
出版地 :東京
出版者 :宝島社
出版年月:1996.8
資料形態:365p  21cm  1000円
シリーズ名: 別冊宝島  
件名  : 病院
ISBN:479661107X
NDLC: EG231
========================================
この本に記載があれば良いのですが・・・?
このシリーズで各地方版があります。

お近くの図書館で探されてはどうでしょうか?

http://www.rgmc.izumisano.osaka.jp/7i.html
(21世紀型良い病院)

ご参考まで。 

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0

以下のページを参考にしてください。



下垂体腺腫
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/p …


下垂体腺腫とは・・・せんしゅ?せんしゅって何?
http://www5a.biglobe.ne.jp/~yuyo/shinryou/kasuit …


カバサール
http://www.ehime-di.com/byouyaku/kabasa-rujyou.htm

お大事に。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPの画像が正常に表示されません

ホームページビルダーで制作したデータを
yahooジオシティーにアップしましたが、画像が
正常に表示されません。×印ではありません。
画像に変な色がついたり半分がずれてしまったり
とにかく正常ではないのです。
画像の拡張子はjpgにしていますが、RGBとCMYKは関係は
あるのでしょうか?
ホームページビルダー上では正常なのに FTPサーバーに
アップしたとたんに 画像が壊れてしまっています。
原因を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>画像に変な色がついたり半分がずれてしまったり

このことから、バイナリモードではなくテキストモードでアップロードしたのが原因ではないかと推測します。
アップロード手段が具体的に何かよくわかりませんが、
バイナリモードで再アップロードしてみてください。

ビルダー公式FAQ
「ファイル転送画面にある、[テキストモード] や [バイナリモード] について」
http://www-06.ibm.com/jp/domino01/swhc/esupport.nsf/all/hpb0717
「アップロードやダウンロードした画像ファイルが劣化してしまいます」
http://www-06.ibm.com/jp/domino01/swhc/esupport.nsf/all/hpb0009

Q下垂体腫瘍の手術の後・・・

頭髪の抜けがひどくなり、体毛が多く(濃く?!)なりました。
このことを主治医に相談したところ「関係ない」と言われました。
が、「手術後からの変化」は紛れもない事実ですし、同じ病の方からも、このような症状をよく聞きます。

(主治医には申し訳ないのですが)手術、病と、関係ないとは思えないのです。この手術(病)に起因して(勿論、医療ミスというような責める意味あいではありません)考えられる「理由」は本当にないのでしょうか?

また、自分で出来る改善策はないものでしょうか?(例えば、女性ホルモンのサプリメントを飲むとか)

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再度書き込みさせていただく無礼をお許しください。
プロラクチンが20は正常だとおもいます。
またコートリル20mg/dayの投与は一日に必要なコルチゾールの量がだいたい20mgとされているので補充療法を始めるときに一般的に投与される量であると思います。
治療としては正しいわけですから主治医の先生はご自分の治療にかなり自信を持っておられるのかもしれませんがもう少しturubaraさんの自覚症状にも重きを置いてくださってもいいかな?と感じます。
必要なコルチゾールの量を決定するには血中のコルチゾールの日内変動をきちんと調べてやった方が確実だと思いますがそのたびに入院となると患者さんも大変ですしある程度おおざっぱになっている場合もあるようです。その場合少なければ急性の副腎クリーゼのようにすぐ命に関わってしまうため多少は多めでも・・・といった管理になっているかもしれません。
補充療法のやり方で規則的に生理を起こすこともできるはずですしきめ細かな治療を望むのであれば一度内分泌の専門家に相談してみるのも良いと思います。ただ術後のフォローが脳外科で必要でしょうから主治医の先生に院内の内分泌に強い先生をご紹介していただくかたちにした方がお互いに情報も共有できて結果的にturubaraさんにも良いと思います。
ご自愛ください。

再度書き込みさせていただく無礼をお許しください。
プロラクチンが20は正常だとおもいます。
またコートリル20mg/dayの投与は一日に必要なコルチゾールの量がだいたい20mgとされているので補充療法を始めるときに一般的に投与される量であると思います。
治療としては正しいわけですから主治医の先生はご自分の治療にかなり自信を持っておられるのかもしれませんがもう少しturubaraさんの自覚症状にも重きを置いてくださってもいいかな?と感じます。
必要なコルチゾールの量を決定するには血中のコル...続きを読む

QOffice製品の画像などが正常に表示されない

ExcelやパワーポイントなどのOffice製品において、全てのファイル・ほとんどの図やオートシェイプなどが正常に表示されない、という不具合が発生しております。
(オンマウスするとそこに画像があることがわかりますし、プリントすれば正常に表示されます。他のPCであれば正常に表示されます。)

何か対応策はありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Office XP プログラムで文書のスクロールやウィンドウのサイズ変更を
行うと、グラフィックスまたはテキストの表示が乱れる
http://support.microsoft.com/kb/294916/JA/

同じよう内容ですが↓
[OFFXP] Office製品を使用していて問題が発生した場合の一般的な
トラブルシューティング
http://support.microsoft.com/kb/436945/ja
こちら↑のグラフィック アクセラレータの設定が関係していると思う。

ハードウェアアクセラレータのスライダを左端に移動して、表示の問題
が解決するようならば使用しているPCメーカーなどから最新のドライバ
を入手してください。

Q下垂体腫瘍??

教えてください。
今脳神経外科の再MRI検査の結果待ちなのですが、半年前にとったMRIで下垂体付近にしろっぽいものが写っていて、先生が言うには水みたいなものが入っていると予想される、とのことでした。こちらの質問など色々調べてみたのですが、水が本当にたまっているのなら、それは腫瘍とは言いませんよね?
この結果待ちの期間がとても苦痛です。
また病は気から・・と分かってはいるのですが、以前からあった偏頭痛(もしかしたら違う種類の頭痛かもしれませんが・・)もぶり返してきて、胃も痛くなり呼吸も苦しかったりします。このような症状は、下垂体腫瘍の症状にあったりするのでしょうか?
今週末には結果が出るので、それを待つのが一番なんでしょうけど、少し心構えておきたいのもあり、質問させてもらいました。お願いします。

Aベストアンサー

これはあくまでわたしの場合なのですが。
最初にかかった病院で腫瘍と言われました。
その後、別の大学病院にかかったところ、ラトケ膿胞と言われました。
それが、水がたまっている状態で、腫瘍ではありません。
現在は経過観察中で、視神経やホルモンに異常がないか定期的に検査をしています。
わたしが参考にしたサイトを挙げておきます。

検査を受けたきっかけは偏頭痛なのですが、それが原因かどうかはよく分からないと言われています。(^^;
で、そちらの方はその都度鎮痛剤を飲んでいるだけです。

「腫瘍」という文字がちらつくと悩む気持ちも分かります。
(自分自身もそうですが、周囲がショックを受けますよね)
あまり気にせずと言っても無理でしょうが、なるべく軽い結果であることを祈っております。

参考URL:http://park.zero.ad.jp/~zbk44901/

Qペイントで編集した画像をWord2000に貼り付け書式設定画面を開こうとすると正常に開かない

ペイントで開いた画像を反転させ、この画像をWord2000に貼り付けた後、書式設定画面を開こうとしてWクリックするとペイントの画面が開き、書式設定画面が正常に開きません。
またこの画像を移動さすために「行内」以外に変更しようとして「テキストの折り返し」アイコンをクリックすると画像表示が消えてしまいます。Word2003ではこのような症状は起こらないのでWord2000だけの現象だろうと思いますが原因が分かりません。Word2000で処理が出来ず困っています。どなたか対処法を教えていただけませんか。

Aベストアンサー

同じ質問にすでに回答がついています。それにこたえてから
質問すべきだと思いますよ。
 word2000はすでに使っていないのですが、
2002以降よりも画像の扱いでトラブルが発生しがちだったと思います。
さらにそのファイルを2002以降で開くともっと困ることが発生した経験もあります。

また、下記の内容が異なっていたらごめんなさい。
 ・単に「貼り付け」した場合にWクリックで元のアプリケーションが起動するのは正常ではありませんか? 右クリックから書式設定してみては?
 ・ペイントから貼り付けるとき、または貼り付けたものを切り取って、「形式を選択して貼り付け」でメタファイルかビットマップの形式で貼り付けすればいいのでは?

Q下垂体腫瘍の手術時期

今年の1月に下垂体腫瘍が判明しました。まだ小さいものなのですが、視神経に接近しています。薬は副作用がきつくて飲んでいません。担当医は腫瘍がもっと大きくなってから手術をしようと言っており、いつになるのか分らない状態です。どんなに小さな腫瘍でも突然出血が起こしたりすると聞きました。下垂体腫瘍の手術は腫瘍がどのくらいの大きさになった方が行いやすいのですか?

Aベストアンサー

はじめまして!
私は今年下垂体腫瘍の手術を受けたものです。(医師ではありませんが回答が付かないようなので、ご参考までに私が経験した事を書かせて頂きますね)

腫瘍の「手術しやすい大きさ」との事ですが、「大きさだけ」に限って言えば、大きくても2センチ位まで、小さすぎてもやりにくいと聞いた事があります。ですので、1センチ~1.5センチ位がし易いって事なのでしょうか?
(すみません。ここらへんは脳外科医ではないですし、寡聞にしかすぎないので・・・。現場の方のご意見が欲しい所です)

但し、手術のし易さは、単純に「大きさ」だけで決まるものではないです。
腫瘍の「発育形態」「硬さ」も大きく関ってきます。いくら大きさがベストな大きさでも、血管を巻き込んでいたり、硬かったりすると、切除は難しくなります。
また、ハーディ法と呼ばれる、鼻からの手術ですと、術野が狭い為、医師の技量も大きく関ってくると思います。

腫瘍の発育のスピードは、個人差もあり(・・・また、いつ発祥したかという時期も正確には不明な為・・・)その判定は難しいですし、一生そのままで大丈夫な方もいらっしゃるようですよ。ただ、視神経を圧迫し、視野が欠けるようになれば、手術を急いだ方が良いかもしれませんね。

お薬を投薬されているようですが、それによって、腫瘍の縮小が望める場合がありますので(腫瘍の種類によって)、副作用が辛いかもしれませんが、(医師の判断無く)勝手にお止めになるのは良くないかもしれませんよ。余計な事かもしれませんが。。。

下垂体の出血は「下垂体卒中」です。私は医師に「大量にお酒を飲まないように」と言われました。

いずれにせよ、良く主治医とお話になって、ベストな選択をなさってくださいね!ここには、素晴らしい脳外科の先生もいらっしゃいますので、よいアドヴァイスが付くことを、お祈りしています。
お大事になさってください。

はじめまして!
私は今年下垂体腫瘍の手術を受けたものです。(医師ではありませんが回答が付かないようなので、ご参考までに私が経験した事を書かせて頂きますね)

腫瘍の「手術しやすい大きさ」との事ですが、「大きさだけ」に限って言えば、大きくても2センチ位まで、小さすぎてもやりにくいと聞いた事があります。ですので、1センチ~1.5センチ位がし易いって事なのでしょうか?
(すみません。ここらへんは脳外科医ではないですし、寡聞にしかすぎないので・・・。現場の方のご意見が欲しい所です)

...続きを読む

Qphotoshop CS6で画像が正常に開けない

どうぞ宜しくお願い致します。

photoshop CS6の体験版をインストールしました。
OSはVistaのHome Premiumです。

画像が正常に開けないのです。

一番上が元の画像です。

開くたびに表示が変わります。
上から2番目の状態や3番目の状態で開かれます。

考えられる原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

環境設定でグラフィックカードのオプション設定を全部解除する

Q下垂体腫瘍のの手術

私の旦那が下垂体腺腫プロラクチン産生腫瘍と診断されました。いろいろ調べたのですが、この病気は女性に多いらしく、男性の話を聞くことができません。

腫瘍の大きさは9ミリで、先生が思っていたより小さいものだったそうです。
内分泌科の先生は、薬で治療をすると言うことでした。
薬のメリットはわかるのですが、私にはデメリットのほうが多いような気がしてなりません。
薬の副作用・止めてからの再発・一生飲み続けなければいけない・いざ手術となった場合に腫瘍が硬くなってしまい、完全に腫瘍が取りきれないなど・・・。

内科医的には薬での治療、脳外科医的には手術、と意見が医者の中でも分かれていると言う話を聞いたことがあります。
一体どのような治療を選択するのが一番良いのか、わからなくなってきました。

旦那も年をとってから会社を休んでクビになるより、今のうちに手術をしたほうが良いのではないか、と考えているようです。

専門家の方、この病気で薬を飲んで治療している男性、手術を受けた男性のいろいろな意見を聞いてみたいのです。
どうぞよろしくお願いします。

私の旦那が下垂体腺腫プロラクチン産生腫瘍と診断されました。いろいろ調べたのですが、この病気は女性に多いらしく、男性の話を聞くことができません。

腫瘍の大きさは9ミリで、先生が思っていたより小さいものだったそうです。
内分泌科の先生は、薬で治療をすると言うことでした。
薬のメリットはわかるのですが、私にはデメリットのほうが多いような気がしてなりません。
薬の副作用・止めてからの再発・一生飲み続けなければいけない・いざ手術となった場合に腫瘍が硬くなってしまい、完全に腫瘍が取...続きを読む

Aベストアンサー

脳神経外科が御専門のinogeさん、nobu1さんと、経験者であるturubaraさんの御回答が有りますが、内科の方からのコメントを少し。

>性欲の減退です。
>そこでは血液検査を2回した結果、もしかしたら腫瘍があるかもしれないので、大きい病院へということで紹介されました。

まず、最初に受診をした泌尿器科の医師に対して敬意を表したいと思います。男性で腫瘍が大きくなっての圧迫症状でなく、性欲の低下が主症状でこれほど短期間に診断まで至った事は大したものだと思います。一般内科に行けば多分かなり診断到達まで時間がかかったと考えます。さすが泌尿器科医。

さてプロラクチノーマですが、腫瘍の大きさは9ミリであれば、マイクロアデノーマ(ミクロ腺腫)となります。この場合、現在保険の認められている内科的薬物療法によって80~90%の患者さんで血清プロラクチンの正常化をし、50%以上の腫瘍の縮小効果も約4割の患者さんで報告されています。主に女性ですが、腫瘍が消失した症例もあります。効果が少ない症例では保険では認められていないのですが、他の効果的な薬剤もあります。薬物療法の欠点は、服薬を中止すると腫瘍の増大は少ないものの血清プロラクチン再上昇が認められます。中止する場合には時間をかけて少しずつ薬を減らしていきます。

一方ハーディ法による手術では、70~80%の治癒率が見込まれます。但し、術後の再発はマイクロアデノーマで17~18%位報告をされています。
プロラクチノーマの原因は不明ですが、下垂体での異常でなく、視床下部からのホルモンの異常が原因であるとゆう仮説があります。この場合、手術をしても腫瘍発生の原因がさらに上位にあれば、手術による腫瘍の取り残し以外にも再発をしてしまう可能性が出てきます。

マイクロアデノーマは自然経過でもほとんどが小さいままで経過をして、腫瘍が1cm以上になるマクロアデノーマに移行する症例は10%以下といわれています。マイクロアデノーマとマクロアデノーマの原因は別のものであるとの考えがあるくらいです。

手術の適応は、腫瘍の急速な増大によって神経症状が出現する場合や薬物療法に抵抗性があったり、副作用が強くて服用ができない場合は選択されますが、一般的にはマイクロアデノーマの場合では薬物療法で治療を行う事が多いですね。

脳神経外科が御専門のinogeさん、nobu1さんと、経験者であるturubaraさんの御回答が有りますが、内科の方からのコメントを少し。

>性欲の減退です。
>そこでは血液検査を2回した結果、もしかしたら腫瘍があるかもしれないので、大きい病院へということで紹介されました。

まず、最初に受診をした泌尿器科の医師に対して敬意を表したいと思います。男性で腫瘍が大きくなっての圧迫症状でなく、性欲の低下が主症状でこれほど短期間に診断まで至った事は大したものだと思います。一般内科に行けば多分かな...続きを読む

QXPからVistaに画像は正常に移せるか?

現在、Windows XPを使っておりますが、デスクトップに保存していた画像をCD-Rに焼いて保管しているのですが、今後、Vistaに買い換えた際、このCD-Rの画像データはVistaで正常に閲覧できるのでしょうか?また、CD-Rからデスクトップ上にコピーすることも可能でしょうか?初心者ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出来ますよ。MEやXPともやり方は同じです。MEの出始めから使用の高齢初心者です。最近ようやくVUSTAを買いマイドキュメントをCD-RWを使って移動した所です。CDに入ると思うだけフォルダを選択、右クリック、送る→CDの(E)でコピーが出来ます。これをVISTAのCDドライブに入れ、コンピューターのCDのEを開き→フォルダを右クリック、送る→ドキュメントです。
(勿論 コピー&→貼り付けも出来ます。なんら変わりません)
貴方の場合そのCD-RがXPで読み取りが出来る間は、上の様にすれば簡単にデスクトップに移動できます。

VISTAを買うまでは専門家さんの御大層な、勿体ぶった記述が多いのでまるで雲の上の様に感じていましたが、あれはなんや~の気持です。
お気に入りの移動も「お気に入りのエクスポート&インポート」をCDにコピ-して、CDを入れてインポートで簡単に移動できました。
VISTAを悪く言っている人も多いですが、買いもしないで尻馬に乗って言っている人が殆どでしょう。
XPやMEより良い点が一杯あるのが解かりました。     ご参考に。

出来ますよ。MEやXPともやり方は同じです。MEの出始めから使用の高齢初心者です。最近ようやくVUSTAを買いマイドキュメントをCD-RWを使って移動した所です。CDに入ると思うだけフォルダを選択、右クリック、送る→CDの(E)でコピーが出来ます。これをVISTAのCDドライブに入れ、コンピューターのCDのEを開き→フォルダを右クリック、送る→ドキュメントです。
(勿論 コピー&→貼り付けも出来ます。なんら変わりません)
貴方の場合そのCD-RがXPで読み取りが出来る間は、上の様にすれば簡単にデスクトップに移動...続きを読む

Q下垂体腫瘍の取り残し

脳下垂体腫瘍の摘出手術を、受ける事になりました。
腫瘍が、頚動脈に掛かっているらしく、取り残しは、止む終えないそうです。
「腫瘍がスパットと取れれば、症状もスパット無くなる」と、期待していただけにショックで・・
取り残し分は、後日、放射線治療(ガンマナイフ)になるそうです。

最初の摘出手術で、現在の症状、(体重の増加、浮腫み、体毛が濃くなった、顔が異常に赤い、筋力が低下している、怒りっぽい、これは関係ないか・・など等)
は、どの程度軽減するのでしょうか。
それとも、軽減するどころか、術後受けるであろう投薬で、今以上に浮腫んだりして・・
ガンマナイフで、すべて焼き切れる物なのでしょうか・・
点で、狙うのだろうから、やっぱり全部はムリって感じが・・・

そしてやっぱり、そうなると次の妊娠は有り得ないのでしょうか。
最初、内分泌科の先生は「それなら、なるべくホルモン剤は使わない方向で」
と、おっしゃってくださったのですが、実際に入院手術をする脳外科の先生には、「妊娠希望」の旨、言えませんでした。

ちゃんと、主治医に質問すればいいんですよね・。
ただ、次に病院に行くのが入院の時(日にちは未定)なので、それまで不安で。

脳下垂体腫瘍の摘出手術を、受ける事になりました。
腫瘍が、頚動脈に掛かっているらしく、取り残しは、止む終えないそうです。
「腫瘍がスパットと取れれば、症状もスパット無くなる」と、期待していただけにショックで・・
取り残し分は、後日、放射線治療(ガンマナイフ)になるそうです。

最初の摘出手術で、現在の症状、(体重の増加、浮腫み、体毛が濃くなった、顔が異常に赤い、筋力が低下している、怒りっぽい、これは関係ないか・・など等)
は、どの程度軽減するのでしょうか。
それとも、軽減...続きを読む

Aベストアンサー

どんな治療法はそれぞれメリットとデメリットがあるので、うまく組み合わせて行うのがよいでしょう。
そのため下垂体腫瘍の手術を繰り返す場合などでは取りずらい箇所はあえて残しておいて、残りを放射線治療で制御する試みがなされることもありよい成績をあげているようです。

>点で、狙うのだろうから、やっぱり全部はムリって感じが・・・

腫瘍細胞に与える放射線のエネルギー分布は、その治療の性質上、空間的な分布を持つことになります。この分布の精度を高くできるのが、いわゆるガンマナイフ治療の特長でしょう。また、下垂体腫瘍の治療では、当然、内分泌の調整をどうするかが課題になるはずですので、次回の受診日に希望されることをお伝えされて主治医とよく相談されるのがよいのではないでしょうか。

参考URL:http://plaza.umin.ac.jp/amor/skullbase.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報