『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは。
現在高一の卓球部の者です。

卓球は中学の時からやっていて、中学の時は支部でベスト4、県でベスト32というそこそこというか微妙な成績でした。

高校でも卓球を続けているのですが、
中学:中ペン裏粒
↓バックが打てない
現在(高校入って):中ペン裏裏

バックが打てないのを克服するために裏面を練習し始めたのですが、
2ヶ月練習してもあまりしっくり来ず、サーブなど他の技術もしっくりこない状況です。
たまたま調子が悪いというわけでは無く、裏面はともかく今までの技術までしっくり来なくなってしまいました。このままいても限界を感じています。

そこでシェークへの転向を考えています。
友達のラケットを借りて打ったことは何度かあり、とてもしっくりくるしやりやすく感じました。
でも、ネット調べてみると賛否両論で、OKという声もあればやめた方が良いという人もいました。

部活の顧問、仲間もシェークに変えるなら慣れるまで全力でサポート(多球、基礎打ちなど)すると言ってくれています。

最後はもちろん自分の努力次第なのでしょうが、どうなのでしょう?
またシェークのバック面にオススメのラバーは何かありますか?
テナジー以外で回転がかかってコントロールしやすいものが良いです。
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「どうなのでしょう?」とネットで聞きまくるよりは、ご自分で試してみてよかったんだから、変えればいいんじゃね?


これからも卓球を続けて強くなりたいのであれば、ラバーも自分で色々試してみるといいです。人によってかなり違います。因みに自分はヴェガヨーロッパを使ってます。
    • good
    • 1

追加。



>裏面はともかく今までの技術までしっくり来なくなってしまいました。

裏が粒だったのに重い裏ソフトにしたから、バランスとか色々狂っちゃったんだろうね。
戻せば感覚も元に戻ると思うよ。
    • good
    • 0

番外:


裏面が粒なんやね?
ならそのまま対下回転で粒高ハーフボレー、対上回転で粒高変化ショートでもいんじゃね?
60過ぎの爺様にそんな人がいたぞ。
バック側に穴が無いから結構強かった。

「バックドライブ打ちてぇ~!」ってんなら仕方ないね。
バック面お薦め?
最初の内はオリジナルエクストラでいんじゃない?
てか、今の裏面のと同じじゃヤなん?
    • good
    • 0

限界を感じた、とのことですが、


シェークに変えたら、その限界を超えることが出来る?
シェークに変えて、また限界を感じたら、ペンに戻す?ハンドソウ??

転向自体は否定しませんが、理由がなんか「しっくり」こないです。
    • good
    • 0

結局


他人頼りにしないで、自分で決めるしかないんだよ。
ネットで賛否両論?
そんなのコンバートに成功した者、不成功な者、持論を展開する者と様々じゃないかい?

質問者のコンバート正否を明確に分かる輩はいないし、失敗したらアドバイスしたそのせいにされたら敵わんし、自分でも納得いかないんじゃないか?

こうしたい!こうなりたい!と明確なビジョンを持つ事だね。

俺もコンバートした口だけど、「バックドライブをカッコ良く打ちたい!」という明確なビジョンがあったものwww


お陰で今では気分に合わせて両刀使いだwww
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシェイクかペンホルダーか迷います

70才代老人です。運動を兼ねて卓球をしたいと思っています。過去の経験は子供の頃単なる遊びとして(訓練を受けたわけではない)何年かやり、その後はしていません。

グリップはその時はペンホルダーでした。現在もペンホルダーでフォア側のロングと言うかドライブをかけての多少の打ち合い位は出来ます。バックは難あり。シェイクハンドはやったことがありません。

今後目標として4~5年はしてみたいと思います。これから行く所(老人ばかり)では皆さんシェイクです。シェイクの方が動きが少なくて済むと言う人もいます。

この年になってペンホルダーからシェイクハンドに変えるには大変でしょうか。

変えるには今始める時しかないと思います。どちらを選んで始めた方が良いか参考意見をお聞かせ願えればと思います。

Aベストアンサー

自分はペンホルダーからシェークハンドに変えたました。
特に苦労はしませんでした。
3点アドバイスさせて頂きます。
1 ペンホルダーで特に変な持ち方をしない限り、フォアハンドのバックスイングをとった時にラケットの先端が横(水平)か少し下を向くと思います。一方、シェークハンドで自然な握り方でバックスイングをとるとラケットの先端は水平より上方を向くはずです。(私の場合、ほぼ真上を向きます)
ところがペンからシェークに変えた人やペンしか知らない人の指導を受けた人の中には、シェークなのにペンのようにラケットが横を向いている人が結構います。これでは持ち方が不自然になるしボールの威力も劣ります。
ラケットの先端は上を向けることです。(自然に持てば必ずそうなります)
2 同世代で若いころに本格的な訓練を受けていた人は、フォアハンドのスイングの終点が頭の高さであるケースが多いのではないでしょうか?(額に前やそれよりやや高い位置までスイングする)
これにこだわらないほうがいいと思います。シェークではどうしても違和感があると思います。
以前60代の方でペンからシェークに変えようか迷っている方から「フォアハンドがやりにくい」とアドバイスを求められたことがあるのですが、まさにここに書いた1と2でした。
3 肩関節を大きく使うこと。年配の方に多いのですが、肩をほとんど使わずに手首と肘を主に使い、強いボールを打つ時は腰の回転を使うというタイプです。しかし、現在トッププレーヤーにこういう打ち方をする人はいません。基本的に肩関節を活用します。
ペンホルダーは日本人の手先の器用さを活かしやすいようにできていると思いますが、それをシェークハンドに持ち込むのは難しいでしょう。ラケットの重量の面でも手先に頼るのはよくないと思います。肩関節を使うということは体幹の大きな筋肉を使うということですので、威力は出やすく、健康作りという面でもメリットは大きいと思います。
長くなりましたが、1に気を付けていただければなんとかなると思います。

自分はペンホルダーからシェークハンドに変えたました。
特に苦労はしませんでした。
3点アドバイスさせて頂きます。
1 ペンホルダーで特に変な持ち方をしない限り、フォアハンドのバックスイングをとった時にラケットの先端が横(水平)か少し下を向くと思います。一方、シェークハンドで自然な握り方でバックスイングをとるとラケットの先端は水平より上方を向くはずです。(私の場合、ほぼ真上を向きます)
ところがペンからシェークに変えた人やペンしか知らない人の指導を受けた人の中には、シェークなの...続きを読む

Q卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

Aベストアンサー

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打球する、そんな戦型の人もいない訳ではありません。

前置きが長くなりましたが、要するに、ラバーを両面に貼っていれば、ペンかシェークかにかかわらず、どちらの面でも打球出来ます。
ラケットの持ち方にルールは無いので、ペンホルダーグリップで裏面(3本指側)で打球してもかまいません。

ペンの代表的な選手は、中国の王皓選手と馬琳選手です。
特に王皓選手。
バックハンドの打球はツッツキ以外は裏面打法です。


★一つだけ注意
日ペンの場合、裏に半円コルクがありますが、それに重ねてラバーを貼ると違反です。
コルクを剥がして貼ってください。

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打...続きを読む

Q卓球 中国式ペンでシェイクハンドとペンの両方がしたい。

私は、ペンで卓球をしてましたが、自分のタイプなどを総合して、シェイクハンドに変更したいと思います。また、子供たちに卓球を教える機会もあるので、ペンにも持ち替えたりしたいと思います。
そこで質問なんですが。
中国式ペンで、シェイクハンドをすることは、OKでしょうか。遊びならできると思いますが、実際に大会などでそのような人はいるのでしょうか。

Aベストアンサー

試合で使うとなるとかなりの腕が無ければ厳しいと思います。
シェークハンドはしっかり握って打つのでラケットも分厚く作ってあります。ペンハンドは指で固定して打つためどうしてもシェークと同じ重量では使いこなせないと思います。
またペンハンドでは前方で打つのに対してシェークは体の近くになりがちです。体の近くつまり相手から距離のある状態で軽いラケットをいくら強く振り回しても強いショットが打てるとは思いません。
結局は大会のレベルですね。

Q初心者 自宅で卓球台練習は有効?

中年、卓球初心者です。
趣味で週に一回のレッスンに通い始めました。
自宅でも自分でできる練習で、素振り、フットワークは飽きが来るので、
卓球台を購入し、片方を立てて「壁打ち」をしたらどうかと考えています。

大きな物なので、購入してから「しまった」と思いたくなく、ご相談しました。
練習相手がいればいいのですが、無理ですので、一人で上達したいのです。

それとも、卓球台+マシーンがいいのでしょうか。
1年程度は週一回のレッスンと自宅トレーニングが続けられればいいのですが。

アドバイス、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は教室通い+卓球台とマシン購入から半年後クラブ(住所地の超弱小)に参加して卓球歴1年少々の者です。

【まずは結論】
1.マシンと同時なら卓球台購入はお勧め
補足として
2.早い段階でクラブに加入すると更に○
3.自力上達は困難、指導者の能力が重要
です。

【次は書き込みの練習方針?について】
私は、『壁打ち』と『素振り』に関して、県の連盟から派遣されたコーチや社会人の現役選手から「そんな事をするぐらいなら生きた球を打ちなさい」と指導を受けてきました。
クラブの先輩からは「暇ならやっとけ」と言われたぐらいです。

『フットワーク』は、私にとって地味で苦しい練習ですが、やらないなら上達しないよと指導されてきました。
球を打たないフットワーク練習なら台がなくても可能です、これだけなら台購入の必要はないでしょう。
ただ、コート全面を使った送球を(なるべく)強打で返すのが効果的とも言われています。
球出しをする人がいないのなら、マシンを使わなければこの練習はできません。

【以下マシン購入を検討する際の注意点】

1.効用
ドライブやブロック、フリック等一通りの技術を、教室やクラブのみの人と比べ格段に早く習得できます。
サーブについては台だけあればOKで、マシンは不要です(付属しているネットは重宝します)

2.欠点
球速、ピッチ、回転量、回転の種類いずれも設定したとおりに送球されるので、バラツキのある対人打ちと違う事。
従って実戦練習に不向きです。
人間なら失敗を指摘したりアドバイスをしてくれますが、機械ではそういった事がありません。
惰性で練習したり、モチベーションが低下しやすくなります。

3.条件
設置場所の奥行6メートル程度、幅3メートル程度必要です。
ランダム送球は必須、プログラム機能はお好みで(回転量と回転の種類をプログラムできないなら不要かと)

私は教室通い+卓球台とマシン購入から半年後クラブ(住所地の超弱小)に参加して卓球歴1年少々の者です。

【まずは結論】
1.マシンと同時なら卓球台購入はお勧め
補足として
2.早い段階でクラブに加入すると更に○
3.自力上達は困難、指導者の能力が重要
です。

【次は書き込みの練習方針?について】
私は、『壁打ち』と『素振り』に関して、県の連盟から派遣されたコーチや社会人の現役選手から「そんな事をするぐらいなら生きた球を打ちなさい」と指導を受けてきました。
クラブの先輩から...続きを読む

Q日ペンドライブのラバーについて

趣味で卓球を10数年程前から続けているものです。日ペンで前・中陣ドライブでプレーしていますが、現状よりもさらにドライブがかかりやすく、扱いもそれほど難しくないラバーを求めています。

現在、ラケットはコクタクの単板角ペンを使用しており、ラバーは「スレイバーEL 中」です。個人的に「スレイバー EL」はとても安定しているように感じるので、このまま厚か特厚を選ぶべきなのかなとも思っていますが、回転がかかりやすいという「テナジー・05」が気になっています。「スレイバー EL」と比べると「テナジー・05」の難易度はかなり高いのでしょうか。

また、それ以外のラバーでもおススメいただける候補がある場合にはお教えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは、私も日ペンです、
スレイバー系は安定はありますがスピードが弱いと思います
ラウンデルを使ったことがおありなら飛び、スピンの数値を比べてみてください
同じメーカですので大体分かると思いますがテナジーの05は今まで使ったラバーの中で
一番回転が掛かります、「相手の回転も強く受けるのは当然です」がペンドラなら
細かいコントロールはシェークより楽ですから(私はシェークもやります、最近は裏ペンもやります)

 心配ないと思いますテナジー05はラウンデルより、かなり重いので05FXを
使って見ましたが回転もスピードも05の方が良いです、友人も中厚を使っていますが威力がありまよ、
今はバタフライ製品は割引率が少ないのが残念ですが(^_^)  

それ以外ではヤサカのラクザ7か、ラクザ7のソフトが扱いやすいです
価格も手ごろで現在使用中です中ペンと日ペンで私は特厚を使っていますが  

Qテナジー05 テナジー64両方使った人

質問です。テナジー05と64を使った人に質問です

-前置き-自分の戦型、使用ラケット(当時)

(1)ドライブの「感触」「回転量」「スピード」「自在性」

(2)サーブの「感触」「回転量」「自在性」

(3)上回転&レシーブの「自在性」

(4)自分の使ってみての感想

これらを05と64を比較しながら教えてくださいおねがいします

Aベストアンサー

中3でシェーク裏裏ドライブ型です。
現在はティモボル・ALCにキョウヒョウ3NEO(特厚)とテナジー64(特厚)を使っています。
テナジー05はおととしの12月から去年の12月まで使ってました。

では本題に。

(1)
ドライブの感触は
05が球持ちが良く、本当に「ひっかける」という感じでした。
64は05よりも少し球離れが速くて、若干05よりスピードのあるボールを打てます。
どちらかというと64のほうが打球感が柔らかく感じました。
はっきり言って、パッケージに書いてある通りでした。
回転量は05のほうが上です。
05は両面、64は現在バック面に使ってますが、バックドライブをして
「回転かかってる」という感覚を持てました。
64も回転はかかるんですが、05には劣りますね。
64に変えてからはスピードは出るようになりましたが、
ゆるいバックドライブでも回転のかかってた05とは違い、64でゆるく打つとやっぱり軽々と返されます。
自在性は、05のほうが上ですかね。
05のほうが打っていて安定します。

(2)
サーブの感触はドライブと同じく05のほうがひっかけてるという感覚があります。
回転量も05のほうが上だと思います。
ただ、自在性という点では、個人的には64かなと思います。

(3)
上回転というのは普通にフォア、バックで打つということでしょうか?
自在性はフォアだと05、バックだと64かな。
64はバックのほうが使いやすいです。
レシーブは、ストップ・ツッツキの切れ味は05のほうが上です。
フリック、台上ドライブは64のほうが上です。
チキータはどちらかというと05のほうがやりやすいと思います。

(4)
05はやっぱり「回転がかかるな~」というのが第一印象でした。
両面05を使っていて、ループドライブなんかしたら相手はオーバーミスばかりしてました。
半年ぐらいは「ずっと05を使っていこう!」と思ってましたが、
秋ぐらいになってスピードに物足りなさを感じ64に変えました。
64を最初に使った感想は「球が速い」ということでした。
05は球持ちが良すぎて、引き合いなどになると思いきったボールが出せませんでしたが、
64にしてからはスピードのあるボールが打てるようになりました。
それに、64はブロックもやりやすかったです。


長々しく、かなり個人的な意見も多かったと思います。すみません。

僕の前に回答した人たちがおっしゃってるように
実際に打ってみることが一番です。
打ってみて「こういう感じなんだ」というのを体で覚えるのがいいと思います。
でも、実際に打つことができないならこういうふうに質問してみるのもいいと思います。
ただ、質問の回答はあくまでも参考程度に。

ラバー選び、楽しんでくださいね!

中3でシェーク裏裏ドライブ型です。
現在はティモボル・ALCにキョウヒョウ3NEO(特厚)とテナジー64(特厚)を使っています。
テナジー05はおととしの12月から去年の12月まで使ってました。

では本題に。

(1)
ドライブの感触は
05が球持ちが良く、本当に「ひっかける」という感じでした。
64は05よりも少し球離れが速くて、若干05よりスピードのあるボールを打てます。
どちらかというと64のほうが打球感が柔らかく感じました。
はっきり言って、パッケージに書いてある通りでした。
回転量は05のほうが上...続きを読む

Qシェークとペンの両刀使い

僕は卓球歴 3年ちょい、最初は ペンでしたが、
1年ちょい前にシェークに変更しました

毎週 練習してる友達(20台後半、♂) は元卓球部で
年齢からはシェークが多い世代なのに、部活ではペンで
2年前にシェークに変更しました

僕はフォアのドライブで、コーチから水平に近いラケット面
を求められ、ペンだと難しくて、簡単に面を作られるシェーク
にしました

最初は思ったのと全然 違う方向にボールが飛んでいき、
焦りましたが、1ヶ月で思った方向にボールが飛ぶようになり、

コーチから 「この前、シェークにしたばかりなのに、器用だなぁ」

と褒められました

でも、シェークに慣れちゃうと、今度はたまにペンを使うと、

思ったのと全然 違う方向にボールが飛んでいき、焦ります

毎週、練習してる友達も、「感覚が狂う」 と絶対、ペンを握ろうと
しません

でも、コーチ A も コーチ B も選手時代はペンで、今は生徒を
教えるためかどうか、普段はシェークが主なのに、たまにペンを
使っても、すごい自然で普通に打ってます

コーチA、B みたいに両方使えるとカッコ良いので、そうなりたい
です

でも、そうなるには、僕の場合、毎週 ペンとシェーク、両方 練習
しないとできそうもありません

ペンとシェーク、両方使える人は、元々卓球の才能があり、
できてるので、そんなマネしようとしない方が良いですか?

それとも、両方できるように練習するの、なんか良いこと
ありますか?

僕は卓球歴 3年ちょい、最初は ペンでしたが、
1年ちょい前にシェークに変更しました

毎週 練習してる友達(20台後半、♂) は元卓球部で
年齢からはシェークが多い世代なのに、部活ではペンで
2年前にシェークに変更しました

僕はフォアのドライブで、コーチから水平に近いラケット面
を求められ、ペンだと難しくて、簡単に面を作られるシェーク
にしました

最初は思ったのと全然 違う方向にボールが飛んでいき、
焦りましたが、1ヶ月で思った方向にボールが飛ぶようになり、

コーチから 「この前、シェ...続きを読む

Aベストアンサー

学生の頃、私の周りではシェイクが多く、実力者も大半はシェイクでした。
私はペンを愛用していましたが、その大きな理由はシェイクだとバックハンドの精度が低く、コントロールもいまいちだったからです。フォアはシェイクの方が好みでしたが。。

個人的には上達したいなら片方に絞ったほうがいいと思います。
どうしても細かい感覚が鈍ってしまうので。

両方上手な人はハイセンス!というのが自分では納得できます。

Q卓球ラケット。 単板 or カーボン

自分は趣味で卓球を始めて半年の大学生です。
中学・高校はまったく違うスポーツをしていたので
卓球の知識があまりなく、利用させてもらいました。

自分はペンホルダードライブ主戦型なのですが、
今ほどドライブがうまくない時期に現在のラケットを
選んだため、自分は速攻しか無理と思いこみ
速攻用のカーボンラケットを購入しました。
(バタフライのレピア-R〈角丸〉です。)

現在のラケットにも慣れていて使いやすいのですが、
ペンドラは単板で角ブレードの方がやはり良いと聞きました。
自分的にもカーボンは少し球離れが良すぎるし、
戦型の違うラケットをつかうのは少し気になります。

そこで質問なのですが矢張りペンドラの選手は
ドライブ用の角ブレード、カーボンより単板、のほうが
よいのでしょうか?

・・ラケット選びを何度も間違えて、4本もラケットを
購入してしまった私なので、〈見ていると腹が立つので
すべて知人にゆずりました(汗)〉このまま使うか
今度のを最後にしたいと考えています。アドバイスよろしく
お願いします。

自分は趣味で卓球を始めて半年の大学生です。
中学・高校はまったく違うスポーツをしていたので
卓球の知識があまりなく、利用させてもらいました。

自分はペンホルダードライブ主戦型なのですが、
今ほどドライブがうまくない時期に現在のラケットを
選んだため、自分は速攻しか無理と思いこみ
速攻用のカーボンラケットを購入しました。
(バタフライのレピア-R〈角丸〉です。)

現在のラケットにも慣れていて使いやすいのですが、
ペンドラは単板で角ブレードの方がやはり良いと聞きました。
自...続きを読む

Aベストアンサー

自分、ペンドラです。
エクストール(アリレートカーボン)と閃光スーパー95S(単板)を使ったことがあります。単板の打球感は独特で、打ち方次第で強烈な回転のドライブを打つことも球離れよくはじく感じで打つことも出来る感じです。確かにエクストールは回転をかけきる前に球が離れてしまう感じでした。ですがエクストールを使っている人で全国国公立の大会で男子シングルベスト8になったという話も聞きます。要は使い方だと思います。あえて気にするなら、バリバリのドライブ主戦型で行くならラケットの重心等を考慮するとやはり角形の方がいいかも知れません。
ラバーについては粘着系は一切使ったことが無いので何も言えません。ですが似たような経験があります。エクリプスとスレイバーはデータ上では硬度・スピードが同じでエクリプスの方がスピンが上回っています。実際の使用感は、打球のスピード・破壊力共にスレイバーが圧倒的に上、エクリプスはループドライブをがっつりかけるときには威力を発揮するといった感じで破壊力はスレイバーには及びませんでした。また打球感をどう感じるかは人によってだいぶ違うので自分で使ってみるのが一番だと思います。特にラバーは消耗品なので色々と試してみたらいいと思います。

自分、ペンドラです。
エクストール(アリレートカーボン)と閃光スーパー95S(単板)を使ったことがあります。単板の打球感は独特で、打ち方次第で強烈な回転のドライブを打つことも球離れよくはじく感じで打つことも出来る感じです。確かにエクストールは回転をかけきる前に球が離れてしまう感じでした。ですがエクストールを使っている人で全国国公立の大会で男子シングルベスト8になったという話も聞きます。要は使い方だと思います。あえて気にするなら、バリバリのドライブ主戦型で行くならラケットの重...続きを読む

Qドライブ時の手首の活用方法。

フォア、バックともに、ドライブ時に威力を出す為には、手首の活用が
重要とよく言われていますが、皆さん手首は使っていますか??

というのも、バックドライブはいいのですが、フォアドライブ時に
手首を使うと、ドライブが安定しません。コートに入らないというわけ
ではないのですが、ボールに横回転がかかり、かえってボールが遅くなってしまいます。どのように手首をつかうといいのでしょうか??
また、手首を活用できるようになるための「良い練習方法」が
あれば教えて欲しいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の場合、手首を使うことは意識していません。手首をリラックスした状態でスウィングすると自然と手首がしなるので、それに任せています。手首の動きを意識しすぎると、力が入って手首はもちろん体全体が滑らかに動かなくなります。(あくまでも私の場合です。サーブも手首を大きく使いません)
以前は足の力で打つことを意識してましたが、最近では中国選手を参考にして上半身の筋力でスウィングするようにしています。(腹筋や胸の筋肉)
手首を使うと横回転がかかる原因は、ラケットヘッドが下がっているからではないでしょうか?その状態から手首を大きく使ってドライブを打つと少しボールの外側を打つようになるからだと思います。ラケットヘッドを下に向けず、横向きの状態からスウィングすれば、まっすぐ飛びやすいはずです。

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む


人気Q&Aランキング