平成16年に 住宅購入の為に 実の両親から 1200万を援助してもらいました。
その際 テレビなどで 住宅取得資金等の場合には3500万円まで非課税が拡大されることになる制度(平成17年12月31日までの特例)があることを知って 喜んで援助を受けました
しかし 最近になって  贈与を受けた翌年に 贈与税の申告をしなければいけなかった事を知りました。
贈与を受けてから 7年以上たっているのですが 今更 申告できるのでしょうか?

それとも しなくてもいいのでしょうか?

一度届け出ると相続時まで特例は継続すると言う事も 最近知りました。
今後 相続する時に 困ると言う事があるみたいなので 心配です。
是非 アドバイスお願い致します

A 回答 (2件)

残念ながら(?)7年も前の贈与を申告することはできません。


仮に贈与税が発生するものだとしても、最大7年で時効になりますし・・・
あ、まだ7年経過してないですね。今年の12月31日が終わると、完全に時効成立ですか。
いやいや、別に脱税していらっしゃるわけでもないですしね。大丈夫です。

ということで、ご質問の回答としては、
いまさらする必要もないし、することもできない。です。

相続の時に困るのではないか、というお話ですが、
実際に相続が発生するのは、まだ先の話ですよね?
1200万円を贈与してもらってから、10年20年経過してしまえば、
そんなお金、どこでどう遣ったかなんて、誰にもわからない話。
まったく気にする必要はないです。

相続で困るのは、例えば父親が亡くなった時に、母親と子供で相続し、
あまり年数が経たないうちに、母親も亡くなってしまい、再び相続が発生した場合でしょうか。
父親の時に相続税の申告をしていると、相続財産を税務署が把握できますから、
その後すぐ母親が亡くなってしまった場合、住宅資金として1200万円贈与を受けて無申告だったら、
ごそっと、母親の相続財産が減ってしまうじゃないですか。
「こないだ、いくらで相続していらっしゃるけど、そのお金はどこ行ったんですか?」
ということになる可能性は、ありうるってコトでしょうか。

この回答への補足

補足のつもりが お礼になってしまいました・・・
すいません・・・・

補足日時:2011/11/11 01:06
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解りやすいお答え ありがとうございます^^

質問の補足ですが 1200万をもらった時から 毎月決まった金額を 両親に返済しています。
 売買契約はしておりませんが。。。。

住宅資金として もらったのが 平成16年の10月なんですが
今年の12/31まで 時効にはならないんですね・・・・

実は この事を知ったのが 両親に援助してもらって購入した家を売って そのお金を頭金にして
新たに 家を購入しようと思い 色々調べたのがきっかけでした。

新たな家を 12/31までに購入するのは よろしくないですよね・・・・

ほんとに 無知で 申告しなかったのが 今更ながら悔やまれます。

お礼日時:2011/11/11 00:36

こちらに分かりやすく書いてありますが


参考になりますでしょうか?


http://www.gifttax.jp/column/prescription.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お答えありがとうございます^^

このサイトを見て 実は 不安になったんです・・・・
知らなかったとは言え 安易に考えずに きちんと調べて
対応すべきでした・・・・

新たな家の購入前に 頭をかかえております・・・

お礼日時:2011/11/11 00:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は4年前に相続時精算課税の贈与を受け2000万円ほどの土地建物の贈与

私は4年前に相続時精算課税の贈与を受け2000万円ほどの土地建物の贈与税の申告をしました。
が、その土地、家に未登録の増築物が(廊下など)が有り
贈与した建物の固定資産税は私が払っていますが、未登録の部分の固定資産税は親が払っていました。

4年前には未登録の物があるとは、知らなかったもので 法務局の登記申請をしたのは、私です。 
ですから、何も解らないまま自分で行ったもので、登記申請書はありますが、登記済書などはありません。 
(1)未登録の部分の法務局への申告と
(未登録の部分は、建ぺい率がオーバーしているそうです。ですから市役所にも手続きが必要だと思います)
(2)相続時精算課税の贈与の申告はどのようにしたら良いですか?
 
(3)司法書士にお任せした方が良いでしょうか?

よろしく お願いします。

Aベストアンサー

4年前に『固定資産税納税通知書』を確認すべきでしたね。
過ぎた話しをしても仕方ありません。
(1)法務局への登記申請は、司法書士に依頼されると良いでしょう。
増築年月日が分かる書類が必要になります。
市役所への手続きについては、建蔽率超過ですから取壊しか土地を広げるかとなります。
(2)相続時精算課税については、複数年に渡って利用できる特例ですから来年の申告時に増築分の贈与申告
をされると良いでしょう。この特例については、総額2,500万円が限度ですから残り500万円までは贈与税が掛かりません。固定資産税評価額からの算出となります。500万円を超える場合は、超えた金額に一律20%の贈与税がかかります。また、未登記の物件についても登記せずに贈与する事は可能なハズです。
司法書士へ確認して見てください。
(3)(1)については、司法書士へ依頼された方が良いと思います。

Q相続開始の年に財産の贈与を受けたとき

被相続人から相続開始の年に財産の贈与を受けたとき、贈与税の課税価格に算入しないということですが、相続開始の年というのはいつからいつまでを言うのでしょうか?
相続開始の日を平成18年4月10日とした場合、開始の年は、平成18年4月10から平成19年4月9日ですか?

ご存知の方、ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

>相続開始の日を平成18年4月10日とした場合、開始の年は、平成18年4月10から平成19年4月9日…

そうではありません。
税金に関する年の決め方は、特に断りのない限り、暦の 1年です。
元旦から大晦日です。

Q住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例について

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例により特別控除を受けようと思うのですが、下記のような住宅の購入契約後に贈与されるというタイミングの場合でも有効でしょうか?
現在のところ親は土地を持っており、その売却費用から必要な分を贈与してもらうように考えています。

つまり、
年内:住宅購入契約
年明けに土地売却&贈与
という順序になりそうです。

ご回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

贈与の住宅資金の特例を受けるためには、

○ もらった資金を住宅資金に充てること
  (借入返済に充てるのはダメ)

○ 贈与を受けた年の翌年3月15日までに入居すること

○ 贈与を受けた年の翌年3月15日までに特例を受ける旨の贈与税の申告書を必要書類とともに税務署に提出すること

が条件です。

契約が今年でも 代金支払いが贈与を受けた日よりあとであればOKです。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/4503.htm

Q相続時精算課税制度の住宅取得資金贈与の特例+住宅ローン減税

昨年1月に土地を購入し、その後建物を別会社にて契約、新築し昨年末に入居しました。その際、私の親より1000万円、主人の親より500万円の贈与を受けました。土地はこの一部と自己資金で購入し、建物は贈与を受けた残りとローンで購入しました。名義はお金の出所通りに、土地は2分の1ずつ、建物は主人6、私4になっています。

今年の確定申告で贈与税の申告をしようとした段階で土地の先行取得には贈与の特例は使えないことがわかりました。何かうまく贈与税がかからないようにする方法はないでしょうか?

また、住宅ローン減税の申告もする準備をしていたのですが、住宅取得の贈与の特例を受けた場合、「住宅のみ」にかかるローンに関しては、控除を受けることはできないのでしょうか? ネットにて申告書を作成していたところ、途中で上記メッセージではじかれてしまいましたので…。

いろいろと申し訳ありませんが、詳しい方教えていただければ助かります。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>同時の場合でも「ひとたび建築資金贈与がなされれば、相続時精算課税制度は適用」となるのでしょうか?

そうです。
なので、

建物資金:住宅資金贈与の特例を適用。1000万特別非課税枠使用
土地資金:上記により相続時精算課税制度が使えるので、「本則の2500万非課税枠」を使用


となります。土地取得が別契約の場合には上記のように特例1000万枠ではなく本則2500万枠にて申請します。

税務署にもこれが出来るのはくどいくらいに確認済みです。実際にこれで去年申告する人がいたので、何度も確認していますのでご安心を。(ちゃんと受理されていますよ)

建物資金贈与と土地資金贈与が同一年、あるいは土地資金が後であることが重要です。
(ちなみに確認したところ贈与時期が同一年で前後するのはかまわないそうです)

Q住宅取得等のための金銭の贈与の特例(相続時精算課税)の、【受贈者等の要件】について

住宅取得等のための金銭の贈与の特例(相続時精算課税)を利用しようと考えておりますが、【受贈者等の要件】の中に、『自己の配偶者、親族など一定の特別の関係がある人から住宅用の家屋の新築若しくは取得又は増改築等をしたものではないこと。』とありますが、意味がよくわかりません。どなたか詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

「身内はだめ」ということでしょうが・・


『租税特別措置法施行令』第40条の5 第5項より

5 法第七十条の三第三項第五号に規定する政令で定める者は、次に掲げる者とする

一 当該特定受贈者の直系血族
二 当該特定受贈者の親族(配偶者及び直系血族を除く。)で当該特定受贈者と生計を一にしているもの
三 当該特定受贈者と婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者及びその者の親族でその者と生計を一にしているもの
四 当該特定受贈者の配偶者及び前三号に掲げる者以外の者で当該特定受贈者から受ける金銭その他の財産によつて生計を維持しているもの及びその者の親族でその者と生計を一にしているもの

と、なっていますね。
参考になるとよいのですが・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報