はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

素朴な疑問です。
なぜ山に囲まれた狭い京都が長らく日本の首都だったのでしょうか。
地形的に何か有利な点があったのでしょうか?
歴史には疎いので常識的な事なのかもしれませんが教えてください。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

京都・地形で必ず出てくる説明に「四神相応の地」であることが挙げられます。

URLをご覧下さい。

更に日本全体においての京都の位置、ということに関しての私見です。
・それ以前の都が奈良にあり、ある程度近い場所への移転が自然
・大雑把に言って奈良時代や平安初期の朝廷の範囲は現在の関東くらいまで、関東以北はしっかりした支配が及ぼせない範囲であるので、全体のなかの中心としては近畿地方が適当だろうと思う。
・当時は文明の進んだ大陸からの文物・人材の受け入れに積極的であったので瀬戸内海・敦賀湾などの海路で大陸との交流がしやすい場所が良かった。
(しかし日本海に面していると来襲も心配なので、ある程度内陸部に引っ込むことも大事)
というような理由で京都だったのではないでしょうか。
狭いことは狭いですけれど、奈良の都はもっと狭いですし、遷都当時は十分な広さに見えたのでしょう。

「長らく」を江戸の終わりまでだとするとその間に政治の中心は福原にちょっとだけ移ったり、鎌倉に移ったり江戸に移ったりしていますが、政治を担うことになった武士階級は、朝廷と物理的な距離を置きたかったのではないですか。だからこそ都は京都から動かなかった。
また、全ての機能が京都に集中していたら、人口が増えすぎて収容しきれなくなっていたでしょうが、
政治の中心を別に構えたことと、経済の中心としての大阪が発展していったこと(これはひょっとしたら京都が手狭だからこそ大阪が発展した、という側面もあるかもしれません。まあ港があったということが大きいのでしょうが)でうまく分散されたので、あえて都を移す必要性がなかったのだと思います。

いろいろ書きましたが、ご質問はひょっとして「四神相応」だけで解決できましたか?そうであれば、残りの部分はおまけだと思ってお読み捨て下さい。私見ですし。
では失礼します。

参考URL:http://www.unki-up.com/i/shishin.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
「四神相応の地」ですか。はじめて聞きました。
風水的に良い土地だったのですね。
そういえば奈良に都があったのも不思議に思います。
交易に便利だった土地が選ばれたという説もなるほどと思いました。
興味深いお話有難うございました。

お礼日時:2003/11/23 04:41

他の方の回答におおむね賛成ですが、No.4の方の意見にだけ


反論します。

>風水学も絡んできますが、要は守りやすい地形だったと
>言えるでしょう。
>平野部だと、四方から攻め込まれますが、
>今のように自動車や飛行機があるわけではなく、
>徒歩や騎馬での移動になるため、
>山岳部だと、おのずと侵攻ルートは限られてきます。

京都は実は、極めて守りにくい地形です。
周囲を山に囲まれているので、一見守るのが楽そうですが、
実は侵攻ルートが複数存在し、守備側はその全てに兵力を
手当てしなくてはいけないため、一ヶ所あたりの防御力が
低下します。

日本の歴史を振り返ると、京都をめぐる戦いは、ほとんどが
防御側が敗北しています。

源平合戦の時代の木曽義仲、南北朝時代の後醍醐天皇などです。

軍事に明るい武将は京都の防御の弱さに気づいており、
万が一攻められた際は、京都を逃げよという言葉を残して
います。

万が一の際は京都を捨て、福原(現在の神戸)に遷都せよ
といった平清盛、京都を逃げ比叡山にいくよう後醍醐天皇
に進言した楠木正成などです。

実は幕末の戊辰戦争でも、京都を攻める幕府軍は軍隊を分散させ、
複数ルートから京都に侵攻すれば絶対に勝てたはずなのですが、
大局を見据えた戦争指揮ができる人材が幕府側にいなかった
ため、鳥羽・伏見方面の一方向からしか侵攻しなかったため、
ここを重点的に固めた薩長側に負けてしまいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
京都は守りにくい地形なのですね。
私は兵法に詳しくないためよくわかりませんが色々あるのでしょうね。

ではなぜ守りにくい土地を都にしようと思ったのでしょう。
やはり風水の力が大きかったのでしょうか。
現代の考え方では推し量れないものがありますね。

お礼日時:2003/11/24 13:57

今日、京都駅で、昔の京都と、今の京都市の重なった地図をみたのですけれどもね、



盆地の真中4分の1ほどだったようですよ。
平安京って。

あと、できた当時は、少なくとも大阪は内陸湖のような海の下でしたしねぇ。

しかし、鎌倉時代は首都、鎌倉だったと考えた方がいいんでないでしょうか??

アフガンではカブールにディフェンスミニスターはいるけど、それ以上の元首はいないって時期があったわけで、征夷大将軍って英語ではディフェンスミニスターですもの。

イタリアにおけるローマとバチカンみたいに、
封建時代の京都って、飾り物の町だったのではないでしょうか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
京都駅に昔の京都と今の京都を比較できる地図があるのですか?
すみません、それはどのへんにあるのかもしご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
次回京都へ行く時は是非見てきたいと思います。

お礼日時:2003/11/24 13:53

 長らく京都が都であった理由についてはすでに述べられているので、奈良の都(平城京)から京都(平安京)に改められた理由だけ補足したいと思います。



 壬申の乱(672年)以後、天智天皇系の家系を抑えて、天武天皇系の家系が天皇として君臨し、聖武天皇から娘の孝謙天皇(のちに称徳天皇となる)へと政権は受け継がれました。ところが、孝謙天皇は結婚していなかったため、子孫が無く、より近い家系の人物に天皇は受け継がれることになります。その人物が天智系を引く白壁王なのですが、この人はいい加減もうジイサンで、その息子の他部親王(母親が聖武天皇の娘)に皇位を譲ることを目論んだのでした。母親が聖武の娘なら、天武の家系は危うくも保たれるからです。しかし、政権争いでこの母子は敗れ、他部親王は獄死します。
 
 そこへ、白壁王のもうひとりの息子、山部王が候補に上りました。この人の母親は渡来系の女性でした。白壁天皇が天智系である以上、ここで天武系の継承が完全に絶たれることになりました。こうして即位した山部王が、桓武天皇です。
 
 桓武天皇は、それまで優勢であった天武を破って新王権を立てた、という自覚・プライドのもと、中国の王朝交代になぞらえて、都も奈良から京都へと大規模な遷都を行ったのでした。
 京都が都に選ばれた理由は、風水思想によるものでした。地形の面、方角、あらゆる面を考慮した結果です。加えて、皇位継承に敗れた他部王の恨み・呪いから自分の立てた新都を守護する意味もあり、「平安の都」すなわち「平安京」と名づけたわけです。
 また、都の鬼門となる場所に比叡山延暦寺、羅城門の東西に東寺と西寺が控えることで、仏教の力で完全に悪鬼をシャットアウトし、都を守る役割を図りました。つまり、寺院を擁した「四神相応の地」だったのです。

 以上のことから、京都へと遷都されたのは、新王朝の樹立という桓武天皇の自覚、それに伴う地形の利便性が風水によって決定されたことが原因と言えます。
 以後、京都の強大な寺院と天皇家の結びつきの強さや正統性により、長く天皇家が住み着くことになります。 幕府が成立しても都は変わらなかったのは、幕府そのものの性質によります。幕府は、東北の蝦夷の討伐、国内の自治を守るための機関であって、根本の価値は都に置いたままで派遣された軍事グループという役目があったのです。幕府がいくら権力を振るおうとも天皇家が廃絶しなかったのは、天皇が日本書紀以来の「神の系統を引く者」という観念があったからこそでした。
(もちろん、鎌倉幕府が成立するまでの黎明期は軍事と政権と天皇が同じ京都にあり、分かちがたく結びついて一体を為していたわけですが。)
 
 このようなことから、幕府と天皇家(朝廷)の関係上、京の都は長らく首都としてその権威を保ち続けたと言えるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
なるほど、京都がその地に選ばれたのはやはり風水によるところが大きかったのですね。
鬼門となる場所に延暦寺などを配置したという部分、とても興味深く拝見しました。
有難うございました。

お礼日時:2003/11/24 13:51

風水学も絡んできますが、要は守りやすい地形だったと言えるでしょう。


平野部だと、四方から攻め込まれますが、
今のように自動車や飛行機があるわけではなく、
徒歩や騎馬での移動になるため、
山岳部だと、おのずと侵攻ルートは限られてきます。

ちなみに「日本の首都は東京」という法律は明治以降発布されていないので、
法律上はいまだに平安京が首都だったりします。
かつての国旗・国歌と同レベルのことですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。守りやすい地形、というのは頷けます。飛行機や自動車の無い時代、地の利を利用しての戦いが重要だったのでしょうね。

>ちなみに「日本の首都は東京」という法律は明治以降発布されていないので、
法律上はいまだに平安京が首都だったりします。

とのことですが、平安京というと桓武天皇の頃から変わっていない、という事でしょうか。
「天皇のいる場所=首都」と思い込んでいましたが少し混乱してきました。
でも首都が法律で定められているものならば、日本の法律が存在しなかった時代の詔勅がいまだ生きているというのはおかしな話のような気もします。

お礼日時:2003/11/23 11:55

こんにちは。



 #1,2さんが,ほぼ書きつくされていますので,別の観点から書かせていただきます。(私見です)

 私が思いますには,京都が長らく日本の首都だったのは天皇制に関係があるのではないかと思います。
 古代は,天皇が権力を握っていたので,天皇の座を巡っての骨肉の争いが当たり前で,度々,旧勢力から逃れるため,新政権は遷都をしてきました。また,京都方面へ来たのも,奈良の仏教勢力の力が強くなりすぎたのが一因と言われていますし。
 しかし,次第に天皇の継承方法も安定していき(一時南北朝の時期もありましたが),武家政権が実権を握るようになってからは,天皇家は飾り物になり遷都をする必要がなくなったからだと思います。
 それと,遷都には当然莫大な費用がかかりますから,実権を失った(したがって財力が低下した)天皇家が遷都をするのは無理だったと言うのも,理由の一つかもしれませんね。
 それと,今でいう首都という感覚は当時は無かったのではないでしょうか。(当初はあったと思いますが,だんだん,武家政権が成立してからは,天皇がいる場所という程度の感覚になったのではないでしょうか。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。なるほど、現代の日本では天皇のいる場所が首都となりますが、当時はそういう概念がなかったという事ですね。そう言われると「日本」という国の概念ができたのも明治以降のようですものね。

お礼日時:2003/11/23 11:49

なぜ、現在の京都に置かれたか?に関しては、1の方の通り「中国の観念論」からきています。


中国人は内陸人ですから、元々海に面して・・・という発想があり得ません。

狭い京都に・・・と今の感覚で見るとなりますが、広大な沖積平野が開発されたのは戦国時代以降、特に江戸時代になってからです。現代の日本人の感覚からすると便利な平野ですが、当時の感覚では、大暴れする大河の近くということになります。
※ 江戸時代初期に当時の利根川は東京湾に流れていましたが、付け替え工事で現在の銚子に流れるようになりました。

結果として長らく京都に首都があったというのは、歴史の偶然でしょう。天皇家が打倒されたら首都が変わったのでしょうが、武家政権は、「おいら、勝手に地方でやっていくから、天皇はそのまま ご自由に」という方針でしたので、朝廷があるところとしての首都は変わりませんでした。
また、京都盆地の地下には、琵琶湖に匹敵する規模の巨大な地下水系があるそうです。人口の集積地には、飲み水が大量に必要です。京都盆地の地下水系がふんだんにあったので、水不足にはならなかったというのも隠れた理由かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。なるほど、当時の関東は治水工事のされていない大河の近くでよろしくなかったのですね。
京都盆地の地下水系の話は初耳でした。
なるほど色んな理由があるわけですね。勉強になります。

お礼日時:2003/11/23 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都・奈良はなぜ文化の中心になったのか?

京都は、なぜ古くから文化の中心となり、栄えたのか?
奈良は、なぜ古くから文化の中心となり、栄えたのか?

Aベストアンサー

う~ん この質問に答えるには、とても短時間にかいつまんで、説明する自信は正直いってありません。日本史の中でも、奈良・平安が一番未知が多く、謎めいているからです。専門の大学教授ですら、いまだわからないことが、いくらでもあると思います。まず、このあたりから説明する必要がありそうです。なぜ、未知が多く、謎めいているのか。現在この時代を知る、一番の手がかりは、日本書紀にほかありません。日本書紀は、大化の改新に、かかわった 中臣鎌足のちの藤原鎌足ですが その鎌足の子、藤原不比等によって、作られました。しかし、この肝心の日本書紀が近年、かなり製作者の都合のいいように、改竄(かいざん)されているということが わっかってきたからです。
なぜ、かいざんしたのか、一言で言えば、その当時の大国、いまの中国を意識し、また 恐れていたからです。
ちょっと 話がよこ道にそれそうなので、質問の本題に戻りたいと思います。
奈良の前日本を統治していたのは、大和朝廷です。この大和朝廷もいまだ、九州説と、畿内(今の近畿地方)説の二通りありますが、いまだわっかっていません。
ここで難しい話をしても無駄だとおもいますので、・・・奈良は、なぜ古くから文化の中心となり、栄えたか。
それはずばり、蘇我氏の存在が一番です。蘇我氏の先祖は今の奈良県飛鳥地方だとされています。大阪市太子町あたりと言う説もあります。いずれにせよ、今の奈良地方を中心とするということには、まちがいありません。
その昔、日本は蘇我氏と物部氏の2大勢力があり、物部氏は、神を信仰し、蘇我氏は、その当時日本にはない、まったく新しい中国はたまたインドの輸入ものの仏教を信仰し、(蘇我氏が輸入した)天皇をまきぞいに、勢力争いをしており、最終てきに蘇我氏が物部氏を滅びしたことで、天皇の一番の側近が蘇我氏がにぎったことが大きい理由だと思います。(日本はその当時天皇を中心とする国家でありました。)
こうして勢力をもった、蘇我氏が天皇により近ずくため自分の娘または、それにちかい肉親を天皇家に嫁がせ勢力を維持・拡大したことにより、また蘇我氏が信仰した仏教を、天皇家が受け入れたことにより、奈良がその当時の文化の中心となり、栄えた一番の理由だとおもいます。
次に、京都なんですが、これも話が長くなりますので、簡単に説明します。
こうして繁栄した、奈良時代も後半になり、あちこちで、飢饉、干ばつ、疫病などの病気が流行り、国自体がおとろえはじめました。
昔のことです、こうしたことは、国家の場所が悪いとか、誰かの たたりだとか、
思うほかありません。そこで、その当時の天皇が国を、別の場所に移せば、この飢饉からのがれられ、国家を滅ぼさせずにすむといろいろあれこれ、考えたと思われます。新たな場所に、都を移すにあたり、一番参考にしたのが、中国の陰陽五行説。あるいは、風水を参考にしたと思われます。
陰陽五行説といえば、最近ブ-ムで映画化もされた、陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明もこの陰陽五行説をとりいれています。
この陰陽五行説に基ずき、一番理にかなった、場所がたまたま、今の京都であったと思われます。こうして、都を京都に移し、藤原鎌足、不比等の子孫 藤原一族と
天皇家の密接な関係が永遠700年あまりもつづいたことが、京都が文化の中心となり栄えた理由だと考えます。
もっとも、奈良から京都に都を移す前に、今の滋賀県長岡・近江に移したことがありますが(長岡京・近江京)ながつづきしませんでした。なぜか、方位が陰陽五行説の理にかなっていなかったいう説がありますが、さだかではありません。
それと、最後につけくわえるならば、その当時の日本は今の中部地方から東はまだ未開拓地でほとんど、人が住んでいません。
それは、日本人の祖先はもともと、中国、朝鮮(韓国)から、九州をへて渡ってきたということらしいからです。(さだかではありませんが)。
日本の東が栄はじめたのは、江戸時代以降のことです。
osakoさんの質問の回答になったかどうかは、わかりませんが
参考にしてください。

う~ん この質問に答えるには、とても短時間にかいつまんで、説明する自信は正直いってありません。日本史の中でも、奈良・平安が一番未知が多く、謎めいているからです。専門の大学教授ですら、いまだわからないことが、いくらでもあると思います。まず、このあたりから説明する必要がありそうです。なぜ、未知が多く、謎めいているのか。現在この時代を知る、一番の手がかりは、日本書紀にほかありません。日本書紀は、大化の改新に、かかわった 中臣鎌足のちの藤原鎌足ですが その鎌足の子、藤原不比等によ...続きを読む

Q平城京から平安京に移ったのはなぜ?

なぜ、奈良から京都に移したのでしょうか?
また、小学6年生に、「平安京」とは、どういうこと?と聞かれています。
建物、遷都したこと、時代、どう答えていいかわかりません。今で言うと平成時代ということでしょうけど、ピンとくる説明はどうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

奈良から京都に移ったのは首都です。

現在は(昔も)年号は「天皇」が変わったときに変わりますから、首都移転とは若干意味合いが異なります。

遷都の理由は、そのときの時代背景が関係しますので、参考URLをご参照ください。

参考URL:http://www.01.246.ne.jp/~reki127/index.rekitan-31.html

Q京都府と大阪府はなぜ「府」ですか?

他は「県」なのになぜ京都と大阪だけは「府」なのですか?経緯が知りたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
言葉の意味はshuhuaさんが詳しいので、都道府県の変遷の歴史を書きます。

明治の初めの廃藩置県の際には、「幕府の直轄地や戦略上重要な場所=府」、「以外=県」とし、多数の「府」が設置されました。
・東京(江戸)、大阪、京都-当時の3大都市
・箱館(函館)、長崎、神奈川-開国後の重要な港
・越後(新潟)、甲府(山梨)-金山、銀山
・奈良-古都(?)
と9個の「府」が設置されています。

しかしながら、3大都市以外は1~2年で合併や県への改称で姿を消し、東京、大阪、京都の3府時代が長く続きます。
第二次世界大戦中、首都の戦時中特別体制(警備の強化)のため東京市と東京府が合併し、「東京都」になり今に至ります。

蛇足ながら、北海「道」について
当初、函館県(箱館府が改称)、札幌県、根室県の3県が設置されましたが、当時未開の蝦夷地(北海道)開拓を目的に、県を統括する北海道庁が設置されました。
その後、函館、札幌、根室が道の支庁に格下げとなり「道」が「府県」と同格の位置づけになりました。

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q戦前は、なぜ経済の中心は東京ではなく大阪だったの?

戦前は、日本最大の経済地域は大阪だったと知りました。

私は、明治時代ころから今日まで、東京が経済の一番中心だと思っていました。

戦前は、なぜ経済の中心は東京ではなく大阪だったのでしょうか?

アメリカでいえば、ニューヨークとワシントンの関係みたいなものだったのでしょうか?

すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

戦国時代を通じて、国内の各国の交易が盛んになりましたが、経済をキーに自治都市で栄えた堺を潰す形で、豊臣秀吉が大坂に居を構えて、経済を振興しました。

江戸幕府ができても、この経済の拠点は動かず、政治は江戸、商業は大坂が中心でした。

これは、明治になっても変わらず、戦前まで続きました。

財閥系の古くからある会社の多くは、大阪やその近くに本社を構えていましたが、高度成長期に、官公庁の力が増すとともに、東京に本社を移転する会社が増えました。
経営のトップが東京にいないと、役人や政治家との接点が作りにくい、というデメリットが大きくなったんですね。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Qなぜ平安京に遷都したのでしょうか?

鳴くよ鶯平安京、とばかり覚えて、肝心の「なぜ平安京に遷都したのか」をまったく覚えていません。なぜなのでしょうか、原因を教えてください。

Aベストアンサー

学校で習ったのは、奈良の仏教勢力から逃れるため、ということでした。

しかし最近では奈良の都が怨霊であふれてしまったために
平安京に遷都したという説が有力なようです。

奈良時代、729年には長屋王の変が起こりました。
長屋王は謀反を企てていると讒言されて服毒自殺しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B1%8B%E7%8E%8B%E3%81%AE%E5%A4%89#.E9.95.B7.E5.B1.8B.E7.8E.8B.E3.81.AE.E5.A4.89

また770年には女帝の称徳天皇が急病で死亡していますが
暗殺されたとの説があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9D%E8%AC%99%E5%A4%A9%E7%9A%87

772年には光仁天皇の皇后だった井上皇后が光仁天皇を呪詛したとして皇后を廃され、
彼女の子であった他戸親王も廃太子となって幽閉されました。
ふたりは775年に幽閉先で逝去しました。
ふたりの死も陰謀によるもので、無実だったと考えられています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%86%85%E8%A6%AA%E7%8E%8B

そのほか、私は志貴皇子も暗殺された可能性が高いと思います。

当時、このように政治的陰謀によって不幸な死を迎えた人は
死後怨霊となって祟り、疫病の流行や風災害をもたらすと考えられていました。

そのため桓武天皇は784年に長岡京へ遷都したのですが

785年に藤原種継暗殺事件がおき、
桓武天皇の弟である早良親王がこれに関与したとされて
廃太子となり、淡路へ流罪となりました。
しかし早良親王は無実を訴えてハンガーストライキを決行し
淡路へ流罪となる船の上で憤死しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E9%81%93%E5%A4%A9%E7%9A%87

また大伴家持も関与していたとされて、
このとき既に家持は死亡していたのですが
死体が掘り出されて流罪となっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81

その後、桓武天皇の息子である安殿親王が皇太子となりましたが
病弱で、陰陽寮に占わせたところ、「病気の原因は早良親王の祟り」とされました。

せっかく造った長岡京も怨霊であふれてしまったために
794年、桓武天皇は平安京に遷都しました。

平安京は四神相応の地に造られました。
北-丘陵(船岡山)-玄武が棲む
南-湖沼(巨椋池:埋め立てられて現存しません)-朱雀が棲む
東-清流(鴨川)-青龍が棲む
西ー大道(山陰道)-白虎が棲む
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%A5%9E%E7%9B%B8%E5%BF%9C

また京の四隅には大将軍社をつくるなど
呪術的バリアがほどこされました。

http://www.genbu.net/zatu/zatu002.htm

学校で習ったのは、奈良の仏教勢力から逃れるため、ということでした。

しかし最近では奈良の都が怨霊であふれてしまったために
平安京に遷都したという説が有力なようです。

奈良時代、729年には長屋王の変が起こりました。
長屋王は謀反を企てていると讒言されて服毒自殺しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B1%8B%E7%8E%8B%E3%81%AE%E5%A4%89#.E9.95.B7.E5.B1.8B.E7.8E.8B.E3.81.AE.E5.A4.89

また770年には女帝の称徳天皇が急病で死亡していますが
暗殺されたとの説があります...続きを読む

Q京都・奈良の寺院について

京都及び奈良にはたくさんの寺院があるわけですが、なぜ京都・奈良だけこんなに多いのか基本的な質問ですが、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平城京・平安京時代の仏教は貴族の所有物でした。
したがって寺院の建立(こんりゅう)も、貴族の所在地である都や都周辺に集中したことが原因だと思います。

それ以降も一部の宗派を除き、権力と仏教は不可分な間柄にありましたので、
鎌倉や江戸のように幕府所在地もお寺が多いわけです。

京都が特に多いのは、平安時代~江戸時代初期まで、日本の政治の中心を長く占めていたことが大きいと思います。
(鎌倉時代でも幕府と朝廷の権力比は五分五分とはいきませんが七分三分でまだ朝廷に力がありました)。

Q旧陸奥国と旧出羽国は何故あんなに広いの?

 日本の地図を見て思ったことですが、廃藩置県前の行政区画で、現在の東北地方に当たる2国が異様なまでに広いことに気が付きました。これは何故なのでしょうか?分かる方、詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

もう遅いかな?
時代考証を元に意見を述べます。

私はNo6の方と同じ背景にたちます、

(1)~平安時代
東北地方(以下奥州)は朝廷の支配下ではなく、独立した地方政権だった。
公式に語られる史実は天皇を中心とした朝廷の史観で記載されていますが、
奥州が日本に組み入れられたのは、1189年の源頼朝による奥州征伐で、
平泉藤原氏の滅亡まで待たなくてはなりません。

朝廷と蝦夷(えぞ、えみし)の抗争は明らかに朝廷=侵略者、蝦夷=抵抗者
であり、西部開拓史の白人とインディアンの抗争といえば解りやすい。

平安時代までは、律令制の元で、地方管理は国郡制により朝廷が国司を
任命し管理していました。
支配権の確立していない奥州で国司を細分化して任命する必要性は無く、
段階的に支配下に置いた段階で出羽、陸奥、津軽と征服した土地を一括して
国司を任命すれば(=国の命名)事足りたと思います。

つまり、国の単位が大括りなのは、未開の地という意味ではなく。抵抗勢力
のすむ、敵地だったと言うことです。
史実の記録は、敵、従わない者は全て蔑視した言い方になりますし、征伐の
目的は奥州の豊かな、金を求めた侵略だったのかも知れません。

朝廷史観は坂上田村麻呂、源義家等の奥州征伐として史実は残ってますが、
蝦夷の側の記録は殆ど残されていません。
(研究が盛んに行われています調べるのも面白いかも)

(2)鎌倉時代~

源頼朝により奥州が政権下におかれてからは、国を細分化しそうですが、
政権の管理単位は、律令制の国郡制から守護地頭制→江戸時代の幕藩
体制→明治以降の都道府県制になり、国は管理単位ではなくなりました。
こうなれば、国を細分化する必要が無くなります。よって今に至るまで国の
は細分化は必要なくなりました。
事実、藩は弘前、津軽、南部と分かれても、だれも弘前国、津軽国、南部国
とは呼びません。国郡制ではなく藩制度だったからです。

新説の金山/馬ですが、、、、
(申し訳ない)否定するようですが、
・金は金山だけ中央政権が直轄し、地方行政官には決して委ねません
・石高を増やし国力を高めるため本当に必要だったのはむしろ牛です。
 馬は、歴史的に重要視されたのは軍事目的に尽きるのです。
   機動力なら馬、輸送力なら牛。
   馬-乗用車/新幹線、牛-トラック/貨物列車といったところ

もう遅いかな?
時代考証を元に意見を述べます。

私はNo6の方と同じ背景にたちます、

(1)~平安時代
東北地方(以下奥州)は朝廷の支配下ではなく、独立した地方政権だった。
公式に語られる史実は天皇を中心とした朝廷の史観で記載されていますが、
奥州が日本に組み入れられたのは、1189年の源頼朝による奥州征伐で、
平泉藤原氏の滅亡まで待たなくてはなりません。

朝廷と蝦夷(えぞ、えみし)の抗争は明らかに朝廷=侵略者、蝦夷=抵抗者
であり、西部開拓史の白人とインディアンの抗争と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング