【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

耐震壁に開ける開口についてですが、γo≦0.05およびLo/L≦0.05の小開口は開口とみなされないという基準があります。
小開口の場合梁に開ける設備開口のように平均径の3倍あければ問題ないと考えています。
ここで問題なのですが、窓などの開口上部に小開口を設ける場合、あまり開口近くに設けると小開口とみなしてよいのか疑問です。
窓などの開口と小開口はどのぐらい離せばよいのでしょうか?
何か基準などありますか?
教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「2007年版の建築物・・・基準書」に記載のある耐震壁に関するこの規定は,開口を含む耐力壁全体の耐力は,開口の形状及び位置によって低減する必要があるというものです。

ここで,壁筋を切断していない,且つ,十分に補強された,本体耐力壁の耐力に影響を与えない程度の小開口は,耐力壁の耐力低減の必要はない事を規定しています。「開口と見做さない・・・」ではなく,「開口として十分な補強がされていれば・・・」という条件が与えられています。

よって,小開口といえども,基本的には,RC規準及び配筋指針による開口補強が必要です。耐力壁の小開口の補強は,配筋指針に記載されていませんが,スラブの単独小開口及び連続している場合の規定がありますので,参考になると思います。ただし,配筋指針によって開口補強を配筋すると,相当な間隔が必要となる場合があります。例えば,開口補強筋の定着を35dとすれば,D10であっても,L=70×2+35d=490(mm)程度必要となります。

また,規準はありませんが,経験的に,小開口と近接した窓等の大開口を包絡線等を用いて一体として本体耐力壁の検討を行い,開口全体としての開口補強設計が行われているとすれば,小開口と窓等の間隔は,詳細な検討を行わなくても,設備貫通孔と同等と扱ってもかまわないと思います。

なお,ここでは「・・基準書」による判断についてのみ記載しました。開口を有する耐震壁は,腰壁,たれ壁,袖壁のモデル化等に絡んで,難しい問題を含んでいるので,単純な回答は難しいです。「RC規準」或いは「2007年版・・・解説書による判断」で割り切るのが最も簡単です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
十分な補強というのが判断が難しいですね。
配筋指針に従うと少し過剰過ぎる気がしますが・・・
床開口と同じで壁筋を切断せずにおさまるならそれでよしとすると言うことで良いのでしょうか?

窓との開口と包絡させて設計が成り立つというのが安全側で理想だと思いますが、
万一窓開口がぎりぎりの設計だった時急に配管を通すなんてことになった場合、どうするのだろうとちょっと疑問に思ったので質問してみました。

あとは設計者の判断ということですね。

お礼日時:2011/11/16 01:16

ここには構造の専門家はいませんので


こう言う質問は構造系の掲示板で質問するほうがいいですよ。
自分でも「γo≦0.05およびLo/L≦0.05」と来たらRC耐震壁のことだとくらいはわかるのですが
この質問を木造で回答するって・・・って感じですがここではそんなものなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。そうします。

お礼日時:2011/11/16 01:04

補足について


>RCでも開口上部の小壁を梁に見立てるということでしょうか?
小壁も梁に見立てるということです。
但し小壁が非耐力壁であれば、この限りでは無い。

>その場合、開口上の壁高さの1/2以上上なら開口を開けてもいいと言うことでしょうか?
耐力壁もしくは構造上壁梁と設計されているのなら開口可能範囲内に対する開口割合が定められています。
日本建築学会編「鉄筋コンクリート構造設計基準・同解説」を参照する事。

所見
構造計算した構造屋さんに問い合わせて開口位置を決めましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。

鉄筋コンクリート構造設計基準・同解説を見てみたいと思います。

お礼日時:2011/11/16 01:03

窓等の上の小壁に換気扇等の開口


原則的には梁同様に考えます。
引張を受ける範囲内の開口は厳禁です。
枠組壁構造2×4なら尚更厳守です。

梁スパンを四分割、梁高さを二分割して引張範囲を見定める事。
「構造設計に関する質問です。」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。返事が遅くなりまして申し訳ありません。

今回お聞きしたかったのはRCの場合です。
RCでも開口上部の小壁を梁に見立てるということでしょうか?
その場合、開口上の壁高さの1/2以上上なら開口を開けてもいいと言うことでしょうか?
重ねての質問ですがよろしくお願いします。

お礼日時:2011/11/14 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

QRC造 壁式ラーメンの耐震壁の貫通孔の大きさについて

以前の質問で、RC造の梁の貫通孔の大きさについては読ませていただきました。
耐震壁に 後から貫通孔を設ける場合について教えてください。
もちろん耐震壁に開口部を開ける際には構造計算をしなければいけないのを十分わかっております。
できれば、後から貫通孔や開口部を設ける際の目安を紹介しているサイト・構造参考書等ありましたら教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

今日は cyoi-obakaです。

>後から貫通孔や開口部を設ける際の目安を紹介しているサイト・構造参考書等ありましたら教えていただけると助かります。

これは無理ですよ!
むか~しの構造設計と、現行の設計(計算)は全く違うのですからネ!
個々に耐震壁の条件を考慮して、壁負担率を決めて建物全体を解析しているのですから、
この仮定条件が狂う事は原則構造計算のやり直しで検証するしかないですね!!

構造関係技術基準解説書(黄色本)P.281~を参考にすると、耐震壁の開口についての扱いが理解出来るでしょう!

以上です。
 

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q壁量計算。 耐力壁の定義、開口があるとダメか

素人なので見当違いの質問かもしれませんが、
木造住宅の壁量を計算するときにつかう、耐力壁の定義について質問です。

1、小さい開口部でもあれば耐力壁とみなせないような感じですが、そうですか。
2、吹き抜けは床面積に含めないでいいですね。
3、2階の南面の半分が開口部ですが、16MMくらいのブレースを入れれば壁倍率はどうなりますか。ブレースの端部金物はどこに売っていますか。

以上、教えて下さい。

Aベストアンサー

1、軸組で筋交いを入れる場合は、筋交いにかからず、間柱の間に入る大きさ(300角程度)であれば耐力壁とみなせます。また、構造用合板を貼る場合も、間柱にかからず、周囲を補強できれば300角程度の開口部はOKです。
2、吹き抜けは基準法では床面積に入りませんが、施工面積に入ります。(見積もりなどで)
3、9ミリ以上の鉄筋は壁倍率1.0として計算できます。(片筋交いの場合、たすきだとその倍)引張りには利きますが圧縮力は負担できません。建築金物を取り扱っている金物店などにもあるのでは?
http://www.minatoseiki.co.jp/hb/hb_index.htm
http://www.furusato.co.jp/products/architecture/brace/furubrace_02.html

Q鉄骨平屋 4号建物の確認申請

鉄骨平屋 4号建物の確認申請について質問します。
最大スパン 7.0m 
事務所の4号建物の申請で構造計算書は求められるでしょうか。
構造計算はしていて現在ルート1-2ですが、ルート3を採用した場合についても判る方がいれば教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
鉄骨造、構造設計について
質問文に最大スパン7.0mとありますね。
階数3階以下
スパン6m以上
延床面積が500m2以下
確認に添付する構造計算ルートは、ルート1-1が最低必要です。
あえてルート3で行う場合は、保有水平耐力計算が必要となります。
構造計算料が跳ね上がる事受け合います。(笑)
ルート1-2、ルート2、ルート3の選ぶ権利は、設計者の判断です。
すでにルート1-2で計算とあるので、延床面積は平屋の500m2以上の物件ですね。
平屋建物ですから、ルート3の計算は、やり過ぎかも・・・
貴方が意匠設計屋なら、構造計算料の価格くらい分かると思いますが・・・
ご参考まで

Q建築基準法上の「建物の最高高さ」とは?

自宅の南側に10階建てのマンションが建設中なのですが、建設業者の説明を聞いてもよく分からないところがたくさんあり、本当に困っています。
建物の高さに関して、下記の3点が分からないのですが、どなたか教えて頂けると助かります。

(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは、どこからどこまでの高さのことでしょうか?例えば、最上階にエレベーターが突出した所があるのですが、それも高さに含まれますか?
(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って、どういう違いがあるのでしょうか?

以上です。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで、仕方なしに「形だけこれを水平面と仮定しよう」という線を一本引くこ
とになります。これが設計GLです。(GLはグラウンドラインの頭文字です)

水平でない地盤がだらだらと長く続いてしまう場合は3メートルごとに「平均地
盤面」を算出する決まりになっています。
・・・なので、だらだら長い斜面に巨大なマンションが建つような場合には、
A地点の平均地盤面、B地点の平均地盤面、C地点の・・・と3メートルごとに
たくさん地盤面が登場することになってしまうことがあります。
(建築基準法施行令2条2項だったけど最近変わったかもしれません)

>(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは
これも私達にははてな印がいっぱい点滅してしまうんですが、「エレベーターが
突出した所」の面積が、マンション全体の建築面積の1/8以内のちいさいもの
だったら、12メートルまでは高さに含めなくてよい、といった免除の規定があ
ったりしてこれは非常に入り組んでますので、実地に図面を見る事のできる人に
相談して見てください。
(みんな12メートルかと思うと、実は低層の住宅専用地域だと5メートルとか、
変な但し書きがいっぱいありますので、掲示板だけではちょっと無理だと思いま
す)

〉(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って
これは普通の平地なら、軒の高さと最高高さしかないんですが、がけや坂に建っ
ている大きな建物だと、(1)のようにいろんな地点での高さがあることになる
ので、それで使い分けているんじゃないでしょうか。
ご質問のマンションは斜面に建っているんですね、きっと。

ちょっとネット検索して見たら、わりと私たちにも親切に書いてくれているサイ
トがありました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm
すごくいっぱい説明されていて嬉しいのですが、あまりに多すぎるので
↑ここで「平均地盤面」とかページ内検索してみてください。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで...続きを読む

Q鉄筋の継手位置とコンクリートの打継ぎ位置の違い

建築士を独学で勉強しています。
鉄筋の継ぎ手位置は、柱中央部、はり両端部近くの下端、はり中央部の上端となっています。
これは鉛直荷重や水平荷重が加わったときのモーメント図を描くとモーメントが小さい位置になるので納得できました。

一方、コンクリートの打ち継ぎ部は、柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で、はり・スラブではスパンの中央付近となってします。
モーメントが最大になりやすい箇所だと思うのですが、どういった観点から打ち継ぎ位置をこのように規定しているのでしょうか?
構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?

Aベストアンサー

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の理由ではないでしょう。

コンクリートは引っ張り力を負担しません。圧縮力とせん断力、曲げです。
圧縮力に関しては圧縮方向と直角に対する打ち継ぎ(梁軸方向圧縮力に対する垂直打ち継ぎ、柱に軸力における水平打ち継ぎ)は、完全に接着していなくとも、圧縮力がかかって利くので、それほど影響しませんので、主にせん断力を中心に考えます。

柱・壁のせん断力は一定ですので、同じように施工上の弱点となりやすい鉄筋継ぎ手がない位置から遠いところが望ましいでしょう。

梁の場合は等分布荷重を仮定するとせん断力は中央が一番小さくなるので好ましいです。
まお、梁中央は曲げモーメントが大きくなりますが、変形方向を考えると中心軸より下端に引っ張り力、上端に圧縮力が発生していることになります。
下端の引っ張り力は鉄筋が負担するものですのでコンクリートには関係ないですし、上端の曲げモーメントによる圧縮力は大きくなりますが、打ち継ぎ部を押しつぶす方向に働く力なので、問題ありません。
柱などは方向性は一定していませんが、同じように考えてみてください。

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の...続きを読む

Q積載荷重の考え方

今回は実務での質問です。

積載荷重の考え方ですが例えば事務所の場合、床用でm^2当り2900Nですが、
これは逆にその建築物の床にはm^2当り2900Nまでの荷重は載せてもいいものなのだと解釈していました。
しかし…
仮にm^2当り2900N目一杯載せてしまうと骨組み用と地震用がアウトになってしまいます??
あれ??どこの考え方が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

もう一度、書きますヨ!
積載荷重の原則:固定荷重に含まれない、人間や移動がそれほど困難でない家具、調度品、物品等の荷重を総称して積載荷重という!

>下敷き引いて住宅の床用の180kg/M^2以下になるようにして載せればOKなんだなって解釈をしている見たいなんですが、
>そもそもこの考え方が違うのでしょうか・・・
    ↑   ↑   ↑
この考え方は間違ってませんヨ!
ピアノは 足が点荷重になってしまうので、下敷きに依って面荷重にして対応する訳ですね!
要するに、ピアノを置くスペースには、ピアノ以外の積載荷重は無いのですから(演奏者1名分はプラスかな?)問題ないですよね。

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Qエアコン工事で構造体の耐力壁の柱に穴を空けられていました。

エアコン工事で構造体の耐力壁の柱に穴を空けられていました。
7年前に家を建てたのですが、その際のエアコンの配管工事で
柱に穴が空けられていたのが最近になって判明しました。
工事をしたのは請負業者が発注した下請け業者と思われます。
2×4工法なので致命的ではないとも思うのですが、
場所は2階建ての1階のコーナー。
しかも傾斜地に建つ家屋の、土地が最も低くなっている場所の耐力壁の構造材です。
最も強度が必要な場所なので心配になっています。
目視したところ、1本は完全にえぐられ、2本目も2.4センチのうち
半分はえぐられていました。
古いエアコンが不調になったので新しいものに取り換えたのですが、
その際の取り付け業者さんが見つけてくれ
「これはひどい。請負業者に連絡した方がいい」と言われました。
新しいエアコンは別の部分に穴をあけて設置しました。
その後、請負業者に来てもらい説明を受けると、
当該場所の使用材は通常は3本だが、4本入れてあり、
強度は大丈夫だろうとのことでした。
ただ本当に4本入っているのかすら分かりません。業者の提案は
(1)躯体の保障を20年に延長(2)当該場所は金物で補強(3)修復工事で生じる
クロスの張り替えは同一商品がないので、別のものを施工する壁1面だけ張りかえる
(4)エアコンは工事後に再取り付けする、とのことでした。
まあ、金物の補強しかないとしても、クロスは部屋全体(リビング20畳)の張り替えないと
不細工だと思い、納得いきません。
エアコンも新品を付け替えたばかり。再取り付けで真空引きなどの際、
不具合を出さないか心配です。
まあ、地場大手の業者さんなので無茶はしないと思いますが、
対応がよく分からないので、業者さんの対応が適切かどうかを含め、
アドバイスをいただければ助かります。どうぞよろしくお願いします

エアコン工事で構造体の耐力壁の柱に穴を空けられていました。
7年前に家を建てたのですが、その際のエアコンの配管工事で
柱に穴が空けられていたのが最近になって判明しました。
工事をしたのは請負業者が発注した下請け業者と思われます。
2×4工法なので致命的ではないとも思うのですが、
場所は2階建ての1階のコーナー。
しかも傾斜地に建つ家屋の、土地が最も低くなっている場所の耐力壁の構造材です。
最も強度が必要な場所なので心配になっています。
目視したところ、1本は完全にえぐられ、2本目も...続きを読む

Aベストアンサー

的を得ていなかったらすいません。
まずは、質問者様が何を求めているかであると思います。
(1)エアコンの穴により生じた耐震性能の低下を懸念し、耐震性能を元に戻したいという事を望むのであれば、耐震設計を行っている設計会社やその家を建ててもらった建築業者等に依頼をし、耐震診断と補強方法を提案してもらうのがベストと思います。もちろん有料なので、エアコン業者様との話し合いという事になると思いますが。裁判まで覚悟しなければならない場合もあると思います。ただ、質問者様の文面を見たところ、そこまでは…という感じを受けましたが。
(2)エアコン業者の誠意を見たいというのであれば、この対応は少々「?」と言った感じです。金物で補強とは、何か根拠があるのでしょうか。耐力壁の場合、壁の一部を開口して塞ぐだけでも耐震性能が変化すると聞いた事があります。どうも、その場しのぎ的な感じがします。おそらく、エアコンのスリーブくらいではそこまでの影響はないと考えての対応かと思います。正直、今回の件が原因で、将来重大な不具合が出てしまう可能性は低いとは思いますが。
私が考える好感のもてる対応としては、まずは工事した時に柱を一本ぶち抜いてしまった事の報告がなかったことの謝罪。補修方法は設計士さんと相談したうえでの提案。今回のミスで耐震性能がどの程度変化したと考えられるかの説明。こんな感じでしょうか。
また、質問者様の態度でも対応は変わってくると思います。臨戦態勢で構えてしまうと、相手もそのつもりで来てしまうと思います。譲歩できるところは譲歩して、少し余裕をみせると対応も少し変わるのではないでしょうか。相手によると思いますが。
以上ですが、少しでも参考になれば幸いです。

的を得ていなかったらすいません。
まずは、質問者様が何を求めているかであると思います。
(1)エアコンの穴により生じた耐震性能の低下を懸念し、耐震性能を元に戻したいという事を望むのであれば、耐震設計を行っている設計会社やその家を建ててもらった建築業者等に依頼をし、耐震診断と補強方法を提案してもらうのがベストと思います。もちろん有料なので、エアコン業者様との話し合いという事になると思いますが。裁判まで覚悟しなければならない場合もあると思います。ただ、質問者様の文面を見たところ、そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング